このキャンペーンは終了しました
宛先: マリアナ政府観光局

もっともっとサイパンへ!直行便再就航への嘆願書 - More direct flight to Saipan from Japan !

日本からたったの3時間。世界でもトップクラスの透明度を楽しめるダイビングパラダイスサイパン、テニアン、ロタ。

2006年の北マリアナ諸島(サイパン・テニアン・ロタ)への観光客数43万人の内の60%、約27万人を占めていた日本からの観光客ですが、9年後の2015年には約8万人、観光客全体(48万人)における17%と激減してしまいました。

原因は日本からの直行便が年々減少したことにあります。

今回、北マリアナダイビング事業組合(NMDOA)として、北マリアナ政府、マリアナ政府観光局に対し日本各都市からの直行便の増便(再就航)を嘆願します。

私達の愛するこの本当に素敵な海を皆様に是非見て頂きたい。近い将来サイパン、テニアン、ロタへのダイバーのアクセスが良くなることを祈り、多くの皆様のご署名をよろしくお願い致します。

 

Dear Director of MVA.


We, NMDOA (Northern Mariana Diving Operators Association)  are writing this letter to plead earnestly with you, and the government of C.N.M.I to pay mediate and intent attention to the problems with the reduction of direct flight from Japan.


The amount of tourists in 2006 was 430,494, and tourists from Japan occupied 63% of it.(269,780)9years later, in 2015, the amount of tourists increased as 478,592, however tourists from Japan decreased to 17% of it.(80,832) We believe the reason is the reduction of direct flight from Japan in recent years, in fact we heard the opinions from our guests.
They feel that the trip to Saipan become harder than before.

Please consider this request and help save NMDOA and Saipan!
Thank you for your cooperation.

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • マリアナ政府観光局

    NMDOA代表 ヤマグチヒトシ さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では1,066名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:ヤマグチヒトシさんがあなたを信じています

    NMDOA代表 ヤマグチヒトシさんは「マリアナ政府観光局: もっともっとサイパンへ!直行便再就航への嘆願書」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!ヤマグチヒトシさんと1,065人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。