Petition Closed

「風立ちぬ」が公開され話題になっていますね!
引退が正式に発表されr、宮崎監督の最後の作品となりました。

 スタジオジブリの美しいアニメーション映画は、日本の文化を再発見し、世界にも広く認められています。

宮崎監督の尊敬する映画監督の黒澤明氏にも贈られた国民栄誉賞。

国民栄誉賞は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったもの」に贈られます。

まさしくスタジオジブリに当てはまるものではないでしょうか?

もはやアニメーションは日本の文化にも関わらず、この分野ではまだ国民栄誉賞受賞者はいません。

日本のアニメーションへの誇りと感謝を込めて、

スタジオジブリに国民栄誉賞を贈りましょう!

 ==============

勝手にジブリ応援団「ジブリまみれ」 

のほほん運営者・中郷 智

ぼくもスタジオジブリの作品は大好きで、特に小学生の時に観た「もののけ姫」の衝撃は忘れられません。 
子供ながらに「生きろ。」という強い思いを受け取ったのかもしれません。 
他にも素敵な作品がたくさんあります。

1984年「風の谷のナウシカ」 
1986年「天空の城ラピュタ」 
1988年「となりのトトロ・火垂るの墓」 
1989年「魔女の宅急便」 
1991年「おもひでぽろぽろ」 
1992年「紅の豚」 
1994年「平成狸合戦ぽんぽこ」 
1995年「耳をすませば」 
1997年「もののけ姫」 
1999年「ホーホケキョとなりの山田くん」 
2001年「千と千尋の神隠し」 
2002年「猫の恩返し」 
2004年「ハウルの動く城」 
2006年「ゲド戦記」 
2008年「崖の上のポニョ」 
2010年「借りぐらしのアリエッティ」 
2011年「コクリコ坂から」 
2013年「風立ちぬ」 
2013年「かぐや姫の物語」(予定)

 ====【補足資料】====

(1) 

国民栄誉賞について-内閣府 

http://www.cao.go.jp/others/jinji/kokumineiyosho/

「この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的とする。」

国民栄誉賞は王貞治監督を始めとして、美空ひばり、なでしこジャパン等が受賞しており、最近では長嶋茂雄監督、松井秀喜選手のダブル受賞が話題となりました。
賞の基準に、特に規定はなく、みなさんの強い思いで受賞が決定される可能性があります。個人でも団体としてでも受賞は可能のようです。

(2) 

今回、対象を個人ではなくスタジオジブリにさせていただいたのは、監督だけでアニメーション映画を作っているわけではないという思いを込めています。宮崎監督、高畑監督、鈴木プロデューサーをはじめとし、「風立ちぬ」で色彩設定として再び活躍された保田道世さんなどの職人たちが結集して初めて形になっているのです。
ぼくは長年頑張ってきたジブリのスタッフ全員に、賞を贈りたいのです。

(3)

勝手にジブリ応援団「ジブリまみれ」とは

大学を卒業してふらふらしていたぼくに残っていたのは「ジブリが好き」という気持ちだけでした。
ネット上で「ジブリまみれ」という活動を始め、今ではFacebookページに12,000いいね!が付くほどになりました。
日々更新を続け、1年が経ちました。
そんなぼくが始めて行う大きなプロジェクトです。
ぜひ協力をよろしくお願いいたします。

This petition is available in English here
中文版在這裡

Letter to
内閣総理大臣 安倍晋三様
スタジオジブリのアニメーション映画は日本国内でたくさんの人に愛されています。また過去の受賞者である黒澤明監督亡き後ハリウッドで最も尊敬されている監督はスタジオジブリ宮崎駿監督とも言われ世界でも認められています。
日本の誇りであるスタジオジブリにぜひ国民栄誉賞を贈ってください。
よろしくお願いいたします。