農林水産省へ、FIPの新薬ムチアンを認可して欲しい。

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


初めまして、いさなと申します。私の愛猫みーちゃんは、昨年9月29日にFIPと言う不治の病で、3年間ステロイドで対処療法で治療し、亡くなりました。その頃は、ムチアンと言う新薬はまだ市場に出回っていなく、FIPは猫コロナウィルスの突然変異によりなると言う、不治の病と言われていました。今は、新薬ムチアンが日本では無認可ですが治療に使われる協力病院も出て来ました。しかし、ムチアンは猫ちゃんの体重により服薬するグラム数が変動します。身体の大きな成猫は高く、子猫は安い。それでも84日服薬が必要で、寛解したかの検索も必要です。猫によっては、1日1錠服薬で1万3000円かかる仔もいます。それを84日服薬なので1,092,000円かかってしまうこもいます。猫ちゃんによっては、再投薬もあると聞きます。FIPとわかるまでに数十万と検査費用がかかる場合もあります。個人では到底負担出来る額ではありません。今は、協力病院、個人輸入での入手方法しかありません。

農林水産省へ、FIPの治療薬ムチアンを認可して貰えるように署名をお願い致します。

CAMPFIREにて、慢性腎不全のくみん、腎不全、貧血、糖尿病(疑い)、ウィルス性の病気(白血病、猫エイズ、FIPの疑い)まぐろのクラウドファンディングをしています。ご支援頂ける方よろしくお願い致します。

https://camp-fire.jp/projects/view/321225

 

いさな