ペットショップ店頭1頭あたりにつき、飼養容積・配置人員数の数値基準を設けよ!

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


生体販売は今日明日に無くなるものではありません。まずは、儲かりにくい商売にしていき、従属する人や企業が少なくする事が重要です。そうして力が無くなった時、初めて「生体販売禁止」というものに、リアリティが生まれます。

まずは、生体販売が儲けにくい商売になるように、出来るだけ広い面積や大きな容積を必要とし、多くの人員を配置しないといけない数値規制を設ける事を要望する署名です。

店頭での生体展示販売が縮小すれば、自ずと競り市は活気を無くし、子犬工場はほろんでいきます。