オリバー・ストーンと語る核兵器廃絶!! 広島長崎原爆投下は必要なかった。破壊効果実験および、ソ連への警告だった。日本本土侵攻での米軍犠牲者数十万人削減は、後付け理由。

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


件名:オリバー・ストーンと語る核兵器廃絶!!  

 広島、長崎への原爆投下は、日本を無条件降伏させる目的では、必要なかった。原爆投下の目的は、破壊効果実験および、ソ連への警告だった。トルーマン大統領の「日本本土侵攻での米軍犠牲者数十万人を無くするために必要だった」は、原爆投下、大虐殺に対する米国内批判をそらすための後付け理由。 

 これら、真実の歴史映像がデイリーモーション動画にアップされている。紹介します。 オリバー・ストーンは、 次の時代を担う世代への教育的見地から、 ドキュメンタリを通じて、 アメリカ現代史を問い直す作業に取り組み、 その成果が2012年の映像作品『The Untold History of The United States』に結実した。 これを日本放送協会が放映権を取得して、NHK- BS1のBS世界のドキュメンタリにより『オリバー・ ストーンが語る もうひとつのアメリカ史』というタイトルで、 50分番組を10回に分けて、3週にわたり放送された。 このドキュメンタリ番組への反響が大きかったため、 ストーン監督に加え、 脚本を担当した歴史学者のピーター・ カズニックをNHKスタジオに招き、2013年8月25日に『オリバー・ストーンと語る 原爆×戦争×アメリカ』という、 インタビューをメインに据えた2時間番組が放送された。日本の全国民に、これら、真実の歴史を知ってほしい。

【オリバー・ストーンと語る “原爆×戦争×アメリカ”】
前編⇒ https://goo.gl/ard7Dy
後編⇒ https://goo.gl/Sqxu7Q

【オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史(真実の歴史映像全編)】
#01 第二次世界大戦の惨禍⇒ https://goo.gl/BapPhG
#02 ルーズベルト、トルーマン、ウォレス⇒ https://goo.gl/bjKTNx
#03 原爆投下⇒ https://goo.gl/r6pMpj
#04 冷戦の構図⇒ https://goo.gl/oNnZ2K
#05 アイゼンハワーと核兵器⇒ https://goo.gl/Nv8f59
#06 J.F.ケネディ 全面核戦争の瀬戸際⇒ https://goo.gl/bkZHRL
#07 ベトナム戦争 運命の暗転⇒ https://goo.gl/HgqVJo
#08 レーガンとゴルバチョフ⇒ https://goo.gl/t2WZpk
#09 “唯一の超大国”アメリカ⇒ https://goo.gl/vidMls
#10 テロの時代 ブッシュからオバマへ⇒ https://goo.gl/n05oW0

【オリバー・ストーンのウィキペディア】⇒ https://goo.gl/igpGOM
 ウィリアム・オリヴァー・ストーン(William Oliver Stone, 1946年9月15日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー、脚本家。ベトナム帰還兵である自身の実体験を生かし、 ベトナム戦争とそれが人間に与えた影響を描いた。 それに付随して、多くの作品の傾向として、 アメリカ合衆国政府やアメリカ政治の腐敗・欺瞞・ 矛盾を痛烈に批判している。
【オリバー・ストーンの経歴】
 ニューヨーク州ニューヨーク市出身。 父ルイスはユダヤ系の株式仲買人で、 母はフランス系のカトリック教徒であった。 折衷案として米国聖公会で育つ(しかし、のちに仏教徒となった) 。イェール大学で1年間学ぶが、中退してベトナム共和国に赴き、 英語を教えるなどして半年程過ごす。帰国後復学するが、 再び中退している。1967年からアメリカ合衆国陸軍に従軍し、 ベトナム戦争を経験。空挺部隊に所属し、 LRRPと呼ばれる偵察隊に加わっていた。 この任務は特殊部隊的な側面を持ち、 死傷率がもっとも高かった部隊のひとつである。
除隊後にニューヨーク大学でマーティン・ スコセッシに師事し映画制作を学んだが、 しばらくはシナリオが売れないなどスランプの時期が続いた。 1974年にホラー映画『邪悪の女王(英語版)』(日本未公開、 原題:Seizure、あるいはQueen of Evil)で長編監督デビュー。脚本を担当した1978年の『 ミッドナイト・エクスプレス』で、アカデミー脚色賞を受賞。
 『プラトーン』『7月4日に生まれて』 の2作品でアカデミー監督賞を2度受賞する。その他代表作には『 ウォール街』『JFK』『天と地』『ナチュラル・ボーン・ キラーズ』『ニクソン』など。
 特に『プラトーン』は、 自身のベトナム戦争での体験がベースになっていると言われ、 戦争という異常な状況下で人間はいかに醜く残酷になるか、 そしていかに戦争が非人道的なものであるかを痛烈に訴えている。 これらの作品についてはアメリカ国内では賛否が大きく、 特にオリバー・ストーンと同じ世代ではその傾向が顕著である。
 最近では、次の時代を担う世代への教育的見地から、 ドキュメンタリーを通じて、 アメリカ現代史を問い直す作業に取り組み、 その成果が2012年の映像作品『The Untold History of The United States』に結実した。 これを日本放送協会が放映権を取得して、NHK- BS1のBS世界のドキュメンタリーにより『オリバー・ ストーンが語る もうひとつのアメリカ史』というタイトルで、 50分番組を10回に分けて、3週にわたり放送された。 このドキュメンタリー番組への反響が大きかったため、 ストーン監督に加え、 脚本を担当した歴史学者のピーター・ カズニックをNHKスタジオに招き、2013年8月25日に『オリバー・ストーンと語る原爆×戦争×アメリカ』という、 インタビューをメインに据えた2時間番組が放送された。 来日した際には、オリバー・ストーンは広島市・長崎市・ 沖縄県を訪れ、 原爆資料館や米軍基地反対の沖縄住民の元を訪れた。

------------------------------ -----
☆藤原 節男(脱原発公益通報者原子力ドンキホーテ)のキャンペーン
◎大阪大学「報道の自由とは何か」講演会( 2016年9月13日)第一部:藤原節男「原発報道の虚偽と真実」 ⇒ https://goo.gl/qfYCjz
藤原節男「原発報道の虚偽と真実」の資料⇒ http://goo.gl/zFH8cm
 2016年9月13日、岸井成格講演会「報道の自由とは何か」が大阪大学学生会館にて開催され、第一部として、藤原節男が講演「原発報道の虚偽と真実」を行った。講演では「言論の自由」と「報道の自由」は、民主主義の両輪であること、また、福島3号機で核爆発があり、広島、長崎に次ぐ原子爆弾であったこと、原発が原爆になったことが、一切、報道されていないと訴えた。
【藤原節男講演の主旨】
★日本国憲法第二十一条
• 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、 これを保障する。
• 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、 これを侵してはならない。
★憲法では、言論の自由、表現(報道)の自由を謳っている。「 言論の自由」と「報道の自由」は民主主義の両輪。これは、 国民が、不断の努力で勝ち取るもの。 裁判官にゆだねてはいけない。
★「言論の自由」とは、権力の不正を告発、通報する自由であり、 「報道の自由」とは、告発、 通報された権力の不正を広く国民に知らせる自由。
★公益通報(内部告発)は、憲法21条「言論の自由」の根幹、 しかし、保障されていない。権力は、公益通報者を黙殺、 排除する。組織改革(是正処置)を実施しない。

◎ウィキペディア「科学的方法」⇒ https://goo.gl/aTrdFX
科学的な方法の古典的な基本は、17世紀にデカルトが『 方法序説』で示した以下の原則である。

★明瞭判明の規則: 明らかに真理と認められたものだけを判断の基準とする。 
★要素分解:解決可能な要素に分解して考察する。 
★具体から抽象へ: 単純なものから複雑なものへと順番に認識をすすめる。 
★総合:見落としがないことを十分に確かめて、 完全な列挙と再構成により全体を再構成する。

映像証拠こそ、「明らかに真理と認められたもの」であり、 映像証拠を判断の基準とすることが、科学的な方法である。

映像証拠キャンペーンについて:
 NHKドキュメンタリ番組「映像の世紀」でも明らかなように、 映像証拠が真実を語り、世界を動かします。映像証拠を見ないと、 だまされます。「沈黙の羊たち」になってしまいます。みなさん、 ぜひとも、映像証拠をごらんください。真実を知ってください。 ぜひとも【映像証拠キャンペーン】に賛同ください。 大拡散してください。みなさんの一人一人が、世界を動かします。 「民」という字の語源は「目を針で突いて目を見えなくした奴隷」 ⇒ https://goo.gl/D8F9eB

 【映像証拠キャンペーン】アメリカにお伺いを立てる裁判方針を止めてください。また、 裁判官人事操作による日本中の裁判官統制、 裏金作りを止めてください。⇒ https://goo.gl/ZHLA2m

【映像証拠キャンペーン】福島3号核爆発⇒ https://goo.gl/ji6Wlh
福島3号爆発は、チェルノブイリ爆発と同じ核爆発。 設計ミスによる原子炉格納容器外の核爆弾、 使用済燃料プールでの核爆弾。原発が原爆になった。広島、 長崎に次ぐ原子爆弾。「福島3号核爆弾の論拠集および証拠集( word版)」は、次のURL⇒ https://goo.gl/3pfXBF
映像証拠は、以下のURLです。

(1)【映像証拠】仏独共同の国営放送局ARTE 「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」 Part3/4⇒ http://www.dailymotion.com/video/x41nwqg

(2)【映像証拠】福島3号核爆弾の新証拠、 セシウムホットボール⇒ http://goo.gl/SHIrpw
 空中水蒸気が温度低下で凝縮し、表面張力で真球の水滴となり、 虹ができると同様、核燃料が核爆発でガス化、プラズマ化して、 爆発後は、断熱膨張で内部温度が下がり凝縮し、 表面張力で真球のセシウムホットボールができたと考えるのが自然 です。真球のセシウムホットボールは、核爆発以外では生じない。

(3)【映像証拠】福島3号核爆弾の証拠集⇒ http://www.dailymotion.com/video/x41nzc3

【映像証拠キャンペーン】市民が目指す司法改革:映画「 日独裁判官物語」⇒ https://goo.gl/wdW696

【映像証拠キャンペーン】憲法上、原子爆弾だって問題ない。 ワイマール憲法から学ぶ自民党憲法草案緊急事態条項の危うさ⇒ https://goo.gl/zOcQTq ⇒ http://goo.gl/CfVS7M

次の関連キャンペーンもよろしくお願い致します。

【キャンペーン】安保法制違憲訴訟の原告に加わりませんか⇒ http://sogakari.com/?p=1331

【キャンペーン】戦争法の廃止を求める統一署名⇒ https://goo.gl/HFyTR7

【キャンペーン】川内原発を止めてください⇒ https://goo.gl/YNyj9P

【キャンペーン】集団的自衛権を容認する解釈改憲に反対/ 戦争を助長する武器輸出に反対⇒ http://goo.gl/ydpXTf

【キャンペーン】 集団的自衛権という罠に嵌ってしまった時代錯誤の政治家達!!⇒ https://goo.gl/HZ71gY

【キャンペーン】秘密保護法廃止⇒ http://goo.gl/m11Zng

【キャンペーン】 さようなら原発1000万人アクション ⇒ http://chn.ge/1k7Mra5

【キャンペーン】原子力公益通報⇒ http://goo.gl/oZyN6M ⇒ https://goo.gl/fQqacA
 2011年3月8日、 いつまでも公益通報を記事にしない経産省記者クラブの記者たちに 、藤原節男は「このまま公益通報を記事にしないで、 無視している状態が続けば、 明日にでもチェルノブイリ級の大事故が生じる。 すぐに記事にしてください」と警告メールを送った。 東日本大震災、そして福島原発事故が発生したのは、その3日後、 3月11日のことだった。福島3号核爆発は、 まさに原子力公益通報[泊3号減速材温度係数測定検査] と同じ原理であった。東電の規制基準違反、業務上過失であった。
 原子力損害賠償法(原賠法)では、 日本だけが電力の無限賠償責任で、政府が資金援助。他国は、 政府が無限賠償責任。 福島原発事故原因が東電の業務上過失であれば、 無限賠償業務を東電に任せることは「泥棒に追い銭」になる。 東電の過失責任(犯罪)を明確にし、 東京電力の破綻処理をすることが必要。 福島原発事故後始末の手順をまちがえてはいけない。