本郷山村留学センターの男女差別をなくそう Girl's education rights

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


 岩国市本郷山村留学センターは33年に渡り、中学生の女子のみを受け入れておりません。何度も受け入れを訴えてきましたが、却下されました。市からの理由は「面倒だから」。施設の不足を盾に受け入れを拒否していますが、33年間、予算がなかったでは説明が付きません。(English is shown below.)

 私は岩国市に同センターの女子中学生受け入れを求めます。

追伸、私の投稿が10月6日(日)の朝日新聞、声に掲載されました。

 追加です。様々な質問を頂きました。下にお答えしていきます。慣れない活動でまだまだ未熟者です。皆さんの意見等をコメント欄に書いて頂けるとありがたいです。

1、山村留学とは?

 都市部の小・中学生が長期間に渡って親元を離れ、自然豊かな農山村や漁村で生活をすること。一年間単位で移り住み、地元の公立の小・中学校に通いながら、様々な体験を積むことです。

2、留学センターとは?

 山村留学の学生を受け入れる寮のことで、指導員と子供たちが共同生活を送ります。公立です。

3、今後の活動とゴールは?

 賛同者が100人を超えましたら、署名に要請書を添えて、岩国市長に提出します。さらに、現在、他のメディアでも取り上げていただけるように準備しています。ゴールは本郷山村留学センターの女子中学生の受け入れを岩国市に認めて頂くことです。

English version

  Hello, Thank you for paying attention my campaign.  I am Mikako Ando, Japanese  working as Dental Surgeon in Bhutan. I need your help because I experience such special story. I will share with you.

 My daughter joined the boarding school in Japan from April 2019. It is a public school. Then, when we went for interview,  I heard that they don't accept girls after class 7, but only boys are allowed. It has been like that for 33 years long. I found it is strange. Why it is OK for boys and not for girls...

 So, I decided I should do something for all girls who wanted to stay there but got kicked out and who want to continue there in future. Please please give me your help and let's give the opportunity for girls.

 Thank you and Khadinchey la (Bhutanese).