初代マクロスの再アニメ化を!あの独特なキャラたちにまた会いたい!新マクロスしか知らない若い世代にもぜひ!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


あなたは、初代マクロスを知っていますか?

 

テレビ作品が数多く製作されているマクロス・シリーズですが

最近のマクロスシリーズは知っていても、

元祖マクロスを観たことがない人もけっこういるのでは。

 

 

数々のヒット作を含む全マクロスシリーズの礎、

まさに伝説ともいうべき、初代マクロス。

 

その本放映が

30年も前だったことをご存知の方は、

今いったい、どのくらいいらっしゃるのでしょう。

 

リアルタイム世代ならきっと憶えているでしょう。

SFやロボットアニメの概念を突き破った

あまりにもリアルで斬新な設定とストーリーの

衝撃といったら!

 

またさらに、劇場版も大・大・大ヒットしましたね。

そのクオリティの高さと深い心理描写の恋愛ドラマは、

今でも充分見応えがあります。

 

 

こんな素晴らしい作品ですから、

もし今あらたに放映されても

昔からのファンはもちろんのこと、

マクロスFなどは知っていても、

まだ初代を観たことのない若い方々にも、

きっと新鮮な気持ちで楽しんでいただけるのではないでしょうか。

 

 

作品概要(引用させて頂きました):

“『超時空要塞マクロス』は1982年10月より翌83年6月までテレビ放映されたSFアニメ。

ファイター、ガウォーク、バトロイドと変形する可変戦闘機バルキリー、巨大戦艦の中の都市空間、文化を持たない巨大異星人、パイロットと女性上官、アイドル歌手との三角関係など豊富なアイディアを盛り込み、異星人との星間戦争という壮大なストーリーを主軸に、等身大の若者たちを描いた。

その人気を受けて、1984年7月に劇場公開された

『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』は映画化にあたり、全く新しいストーリーで構成され、全編新作で製作。キャラクター設定、メカ設定も刷新され、よりリアルでハードな設定で描かれた。

また、劇中の歌手が実際にレコードを出すという、メディアミックスの先駆的な作品でもあり、飯島真理の歌う劇場版主題歌「愛・おぼえていますか」は、アニメファンの枠を超え、多くの人々の記憶に残る楽曲となった。“

 

※初代マクロスについて、もっと詳細を知りたい方は

こちらを!(ウィキペディア)

 

 

 

どうですか?

 

初代マクロスを知らない新世代も、昔見ていた世代の方も、

またミンメイが活躍するマクロスを見てみたいと思いませんか?

 

もし今制作されるとすれば、

スタッフには監督河森正治さんを初め、

 

キャラクターデザインには、彗星のごとくアニメ界に現れ一世を風靡した美樹本晴彦さんに、再びあの美しい画風で。

(定かではありませんが、当時まだ珍しかった同人誌イベントでスカウトされたのだとか。今でこそよくあるケースですが、おそらくこの頃から始まったのではないでしょうか)

 

そして彼女抜きには語れない、ヒロインのリン・ミンメイを、ぜひぜひ、飯島真理さんに!

(彼女は、音楽大学在学中にミンメイ役として採用されたそうです。初めて声優としてキャスティングされたミンメイの役柄との見事なまでのマッチングで、このマクロス人気を大いに盛り立てました。その後、演技の勉強をしに米住されていたそうですが、その頃にアメリカでも大人気だったマクロスの英語版で、なんと、ミンメイの声をまた演じていらっしゃいます。同じキャラクターを、日本語版と海外吹き替え版でアテた声優さんは、おそらく彼女しかいないのではないでしょうか。)

 

 

もうこれだけでも、充分に異色で超豪華な要素が並びます。

そしてきっとまた数々の伝説を生むこと間違いなし!

 

 

実は、昨年はマクロスの30周年でした。

それを記念した一大イベント

『超時空管弦楽』

というのが開催され、そこには

監督・河森正治さんも出席されていました。

そのときに

~初代マクロスの続編を制作してほしい~

その気持ちを嘆願書に込めて、じきじきに手渡そうと計画していました。

そのための署名も募っていたのですが・・・

事情により突然イベントに参加することができず、手渡しと嘆願は見送りになってしまっていました。

 

・・・ところがです!

今年の8月25日に飯島真理さんのライブがあり、

河森正治監督は彼女のライブに

時折来られることがわかっています。

そして今回幸運にもこのライブのプレミアチケットを入手でき、

再度、手渡しのチャンスが訪れました!

 

飯島真理 Mari Iijima Live in Tokyo 2018 Summer “Be There”

■公演詳細■ 日時:2018年8月25日(土)14:00/18:30

2回公演(内容が一部変わります)

場所:渋谷・白寿ホール

料金:前売/5,800 当日/6,300 (全席指定・税込)

チケットぴあ  イープラス  ローソンチケット

発売中!!

 

 

 

ガンダムや最近のアニメに負けないマクロスの作品を

是非誕生させたいのです。

 

どうかどうか皆様のご賛同と共に、

よかったらこのページをできるだけ拡散して下さい。

 

 

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

~English translation~

 

Do you know the first macross?

 

 Although it is the Macross series in which many TV works are produced

 

Even though I know recent Macross series,

 

There are also many people who have never seen the original Macross.

 

 The cornerstone of all the macross series including numerous hits,

 

The first macross that should also be called a legend.

 

 That book's aired

 

Those who know that it was thirty years ago,

 

How long have you been at this time?

 

It will surely remember if it is a real-time generation.

 

I broke through the concept of SF and robot animation

 

Too realistic and innovative settings and story

 

Speaking of shock!

 

 

 

In addition, the theater version was also big, big, big hit.

 

The high quality and deep psychological depictions of love drama,

 

Even now it has enough spectacular appearance.

 

 

Because it is such a wonderful work,

 

Even if it is airing now

 

Not to mention old fans,

 

Even if you know Macross F and others,

 

To young people who have not seen the first generation yet,

 

Maybe you can enjoy it with a fresh feeling.

 

 

 Outline of the work (I cited it):

 

"" The Super Dimension Fortress Macross "is a sci-fi animation televised on TV from October 1982 to June 1983.

 

Fighter, Gowalk, Variable fighter that deforms with Batroid, Valkyrie, urban space in huge battleship, huge alien with no culture, pilot and female superior officials, triangular relations with idol singer and so on, including aliens and aliens With the epic story of interstellar war of the principal axis, I drew life-sized young people.

 

Received its popularity, the theater was released in July 1984

 

"Super Dimension Fortress Macross · Do you remember Love?" Is made into a movie, composed entirely of new stories, made entirely in a new work. The character setting and the mechanical setting were also renovated and drawn with more realistic setting.

 

In addition, it is also a pioneering work of media mix that singer in the play actually issues record, and the theme song "Do You Remember Love?" singing by Iijima Mari is beyond the framework of animation fans, many It became memorable music of the people of. "

 

 

 

※ For those who want to know more about the first Macross

 

Here! (Wikipedia)

 

how is it?

 

A new generation that does not know the first macross, too,

 

Do not you want to see Macross that Minmay is active as well?

  

If it is produced now,

 

To the staff, Mr. Masaharu Kawamori, the director,

  

In the character design, again with that beautiful style, Mikimoto Haruhiko who appeared in the animation world like a comet and breathed a life of the world.

 

(It is not certain but it was scouted at a doujinshi event that was still rare at that time.It is a common case now, probably has not started from this time)

 

 

 

And we can not speak without her, Lynn Minmay of the heroin, by all means, the voice actress and a singer; Mari Iijima!

 

(She seems to have been adopted as a mincee during the university of music university.The first match with the role of Lynn Minmay cast as a voice actress for the first time, I have greatly raised this macros popularity.After that, It seems that he was living in the United States to study, but at the time it is an English version of Macross which was extremely popular in the United States, and she has been playing the voice of Lynn Minmay again! The same character, in Japanese version and overseas dubbed version Perhaps she is the only voice actress who did that.

 

Even this alone, enough elements of sufficiently different colors and super luxuries line up.

 

And surely we will have many legends again!

 

 

 Actually, last year was the 30th anniversary of Macross.

 

One big event commemorating it

 

"Super Spacetime Orchestral Music"

 

It was held that there

 

Mr. Masaharu Kawamori; the director, was also present.

 

At that time

 

~ I want you to produce the sequel of the first macross ~

 

I was plotting to express my feelings in my petition and hand it forward.

 

I was also seeking a signature for that ...

 

Suddenly I could not participate in the event suddenly due to circumstances, personal delivery and pleas have been forced off.

 

 ... It is!

 

There is a live of Mari Iijima on August 25th this year,

 

The director Kawamori Masaharu may appear to enjoy her live

 

I know it will come occasionally.

 

And very luckily, we can get the premiere ticket for this live!

 

Again, the opportunity of personal delivery visited!

 

 

 

Mari Iijima Live in Tokyo 2018 Summer "Be There"

 ■ Details of the concert ■ Date and time: August 25, 2018 (Sat) 14: 00/18: 30

 Twice performance (contents change partly)

 Location: Shibuya · Shinku Hall

 Price: Advance / 5,800 Days / 6,300 (All seats specified · Tax included)

 

 

Works of Gundam and Macross that can not defeat recent animation

 

I want to make it come.

 

Whether or not, with everyone's approval,

 

Please diffuse this page as much as you can.



今日:雅友さんがあなたを信じています

尾崎 雅友さんは「初代マクロスの再アニメ化を!あの独特なキャラたちにまた会いたい!新マクロスしか知らない若い世代にもぜひ!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!雅友さんと179人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。