タクシードライバーによる女性客へのタメ口をはじめとした 不適切な言動の改善を求めます #タクシーハラスメント

0 人が賛同しました。もう少しで 35,000 人に到達します!


 残業で終電を逃して利用したタクシーで、「若い娘が遅くまで飲み歩いていいご身分だな」と怒鳴られた。

 生理痛がひどくて婦人科に行くためのタクシーで、「孕まされたの?」とニヤニヤしながら言われた。

 私がひとりで乗るときはタメ口なのに、男性と一緒のときは必ず敬語だ。


 これらは、Twitter上で「タクシー利用中にドライバーから受けたハラスメント」として寄せられた体験談のごく一部です。

 女性や若者であること、言葉の違いなどを理由に、タクシーで「弱者」が経験するハラスメントは数多く存在しています。


 移動するために、快適にタクシーを使いたい。安全運転で、無事に目的地に送り届けてくれればいい。私たちがタクシーに求めていることはただそれだけです。

 すべての人が安心してタクシーを利用できるようになるために。

 そして適切な応対をしているタクシードライバーの皆さんが誇りを持って業務にあたるため。これ以上、不適切な言動をおこなうドライバーを増やさないため。

 私たちは、以下を目的とする署名キャンペーンをはじめます。


===

  • 一部のタクシードライバーによる乗客への侮辱的言動について、各タクシー会社、及びタクシーセンター、運輸局などのタクシー関連組織が対策を講じ、その具体的内容を明文化し公表すること
  • 侮辱的言動が起こらぬよう、継続的な教育を定着させ、その具体的内容を明文化し公表すること
  • 侮辱的言動が起こった際に当該ドライバーへ課すペナルティについて、各タクシー会社、及びタクシーセンター、運輸局などの関連団体が具体的内容を明文化し公表すること

※ペナルティは「厳重注意」といった形式的なものでなく、減給や降格、解雇といった明確なものを求めます。

※対象を女性に限定する理由がないため、女性に限らずあらゆるマイノリティを含むすべての属性の乗客に対しての侮辱的言動を禁じることを求めます。


===


 上記の内容をまとめた公開質問状を、署名と共に各関連組織へ提出予定です。

 賛同していただける方はぜひ、署名へのご協力をお願いいたします!


 私たちタクシーハラスメント対策委員会は、タクシー業界との対立を望むものではありません。署名提出を通じて問題を可視化することで、タクシー業界と協同して「誰もが安心してタクシーを利用できる社会の実現」を目指せればと考えています。

このキャンペーンのより詳しい背景や問題意識、今後の活動等については、進捗投稿と下記のnoteをご覧ください。

(署名ステートメント全文)