このキャンペーンは終了しました
宛先: 長崎県知事

不要なダム建設から子ども達の故郷を守ろう!

1,823
人の賛同者

県へ提出するために2017年7月15日(土)で締め切らせて頂きます。


長崎県と佐世保市が、同県東彼杵郡川棚町に強引に建設を進めようとしている「石木ダム」。

“Ishiki Dam” is the dam which both Nagasaki Prefecture and Sasebo City have been trying to forcefully construct in Kawatana-cho、Higashi Sonogi-gun, Nagasaki Prefecture.

この地区を流れる二級河川川棚川の支流・石木川にダム建設の話が持ち上がってから半世紀が過ぎました。

Half a century has passed since the subject of building the Ishiki Dam on the Ishiki River, which is a tributary of the second grade Kawatana River that runs through this district.

 ご多分に漏れず、このダムも利水、治水において全く必要性がないことが明らかにされています。 

As is usually the case, it has been proven that there is no need for this dam from both objectives of securing municipal water and flood control.

しかしながら引く事ができない県と市は、この掛け替えのない豊かで美しい地に「自然を守り古里に住み続けたい」と願い暮らしている方々の土地を強制収用し、ダムの底に沈めようとしています。

However, the prefecture and city are not able to retract themselves from the plans to build this dam and are moving forth to take away the property of the residents, who are living on this rich, beautiful land with the hopes “to keep living in our birth place while protecting the natural environment”.

もうすでに、自然と共に持続可能な社会を築いていく…そのような新しい時代が始まっています。

A new era where nobody suffers and where people work to build a sustainable society together with nature has already begun.

必要のないダム建設を撤回させ、強制収用をさせないため、故郷を未来に繋ぐために署名にご協力ください。

We ask for your cooperation in signing the petition to have the dam construction revoked and to put a stop to the forced expropriation.

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 長崎県知事

    N -DOVE さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では1,823名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:-DOVEさんがあなたを信じています

    N -DOVEさんは「長崎県知事: 不要なダム建設から子ども達の故郷を守ろう!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!-DOVEさんと1,822人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。