12月大気汚染防止推進月間は野焼きを止めて下さい

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


12月は大気汚染防止推進月間です。
大気環境を守るための環境省からの提案として、
・自転車や電車の使用を心がけましょう
・暖房の使用を控えましょう
・エコドライブを実践してみましょう
の項目の他に、

・野焼きをやめましょう
『煙を伴う稲わら焼きなどの野焼き行為によって、PM2.5 質量濃度の上昇に、直接的に影響を与える場合があります。稲わら等の有機物は堆肥やすき込みなど有効利用に努めましょう。』

の項目を追加して下さい。

<理由>
稲わらや剪定枝等の一般廃棄物の焼却は害虫駆除等のやむを得ない場合を除いて原則禁止されていますが、地方都市では依然として焼却処分が行われています。
野焼き行為によってPM2.5 質量濃度の上昇に直接的に影響を与える場合があるだけでなく、発生するホルムアルデヒド等の有害物質により、喘息や化学物質過敏症等の各種アレルギー反応に寄与することが知られています。
特に、12月は気象条件の影響等により野焼きの煙が地表に停滞し、多くの市民から健康被害の苦情が寄せられています。
大気汚染防止推進月間を利用し、野焼きが大気汚染の原因になっていることを各都道府県・JA等の各機関に周知して下さい。

<参考>
環境省水・大気環境局大気環境課
環水大大発第 1803273 号
平 成 3 0 年 3 月 2 7 日
『微小粒子状物質(PM2.5)と野焼き行為との関連について(通知)』
https://www.env.go.jp/council/07air-noise/y078-07/ref805.pdf

<募集期間>
12月の周知に間に合うように、7月末に締め切り、8月に提出予定です。

 

環境省:大気汚染防止月間ホームページ

http://www.env.go.jp/air/osen/gekkan/#PAGETOP

 

野焼き被害者の会ホームページ

http://blog.livedoor.jp/str10-2020/



今日:野焼き被害者の会さんがあなたを信じています

野焼き被害者の会さんは「環境省水・大気環境局総務課: 12月大気汚染防止推進月間は野焼きを止めて下さい」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!野焼き被害者の会さんと31人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。