動物殺傷を0にするために、動物の販売に関する法改正を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


日本人がペットを飼う場合、気軽にペットショップで購入する事が出来ますが、動物愛護の意識が高い先進国では、ブリーダーに予約をしたり、アニマルシェルターから譲り受ける形になります。
例えば、スイスのように犬の飼い主となる方には、そのための試験を取り入れ、犬の生態、犬の飼い方などを、知識と実践を学んだ上で試験をパスした方のみ、動物を育てる権利を与えられます。
また、アニマルシェルター(ペットシェルター)で、捨てられたペット達の里親を探す非営利団体から、譲り受ける場合も同様に、厳選された飼い主が譲り受けたり、厳選されたブリーダーだけにする事で、動物殺傷の無いコミニュティを、実現することが出来ます。



今日:MOMONさんがあなたを信じています

MOMONさんは「杉本彩: 動物殺傷を0にするために、動物の販売に関する法改正を求めます!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!MOMONさんと396人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。