Topic

worklifebalance

11 petitions

Update posted 1 week ago

Petition to 安倍晋三, 加藤勝信

幼児教育・保育無償化は本当に必要な人から。圧倒的に足りていない保育の量と質の拡充を同時に!

先月の衆院選で自民党が公約として掲げた「幼児教育・保育無償化」。政府は2017年末までに実施のための方針をまとめています。 認可外保育所を無償化の対象とするかどうか検討中との報道もされています。 しかし、待機児童がまだまだ多くいる中で、そもそも保育所に預けられている人とそうでない人の格差をさらに激しくする可能性があります。 誰もが子育てしやすい社会になるよう、無償化は本当に必要な人たちから行い、保育士の処遇改善や保育施設を増やすといった待機児童対策に財源を充てるよう方針転換をお願いします! ________________________________ 私たちは、子育て中のママ・パパの集まりです。 みな子どもを保育園に入れるために苦労した経験を持ちます。 現在メンバーの多くは、希望の保育園に子どもを通わせることができています。 でも、仕事を続けられないかもしれないという恐怖と不安を常に抱えながら保活に走る育児休暇は、子育てを楽しむとはかけ離れたものでした。 少ない枠を奪い合うことに肉体的・精神的にも疲弊するパパママたち。 どこにも子どもを預けることができずやむを得ず退職し、しばらくして再び仕事を探すも、小さな子どもがいるというだけで就職が絶望的なママたち。 給与の低さや労働環境を理由に、本当は続けたい保育士の仕事から離れていく人たち。 そんな人たちを目の当たりにしてきた私たちには、保育料を無償にしてもらうことより望むことがあります。 - 無償化するお金があるなら、保活に苦しむ人がいなくなるよう、質の確保された保育園を増やしてほしい。 - 子ども達と本気で向き合い育んでくれる保育士さんたちに回してほしい。 ________________________________ 現在、待機児童としてカウントされていない認可外保育所を利用する人の大半は、認可に申請しても入れなかったり、正社員共働きでも入るのが難しい認可は無理だと諦め、初めから申請しなかった人たちです。所得に余裕のある人もない人も関係なく利用しています。そして認可外の利用者の半数近くは、毎年認可保育所へ申請し続けています。 認可保育所よりも高い保育料を負担しながら、毎年認可保育所への入所希望の書類を出し、終わらない保活に悩まされています。 このように私たちは、保育園を自ら選べる状況にはありません。  そもそも、待機児童数は現在政府試算でも32万人。2020年の無償化実施までに解消すると言っていますが、ここ数年毎年待機児童数が増加し解消の兆しがない中で、保育の受け皿増加の前に無償化を優先させることには無理があると感じます。 もちろん幼児教育や保育の無償化自体は素晴らしいことです。 しかし、その無償化の恩恵を受けることすらできない人をなくすことこそ、優先されるべきと考えます。 子どもを預けられるなら働きたいと思う人が今求めているのは、無償化よりもまず、安心して子どもを預けられる保育の場ではないでしょうか。 どんな状況であっても、希望すれば幼稚園や保育園にすべての子どもが入れるという前提があってこその無償化ではないでしょうか。   そこでこの署名では、みなさんからの賛同とコメントを集めて、以下の提案とともに政治の世界に届けたいと思います。 無償化は本当に必要とする人から実施してください 保育士の処遇改善および保育園・保育サービスの質と量の拡充を同時に進め、待機児童を解消してください   集まった署名とコメントは、子育て政策に関係する各省庁や政権与党に実際に届けに行く予定です。 子育て世代の私達の思いを、ぜひ直接伝えましょう! 子育てにこれ以上格差を作りたくない、待機児童問題を終わりにしたいという思いを共にする皆さんの賛同をよろしくお願いします!   【発起人】 希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会   【賛同して下さる方々】 ※賛同いただいた順 ◾︎NPO法人フローレンス 代表 駒崎 弘樹◾︎ジャーナリスト 堀 潤◾︎相模女子大学客員教授 白河 桃子◾︎ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 小林 りん◾︎ドイツ銀行グループ 柳沢 正和◾︎仏文化系ライター 高崎 順子◾︎京都大学 准教授 柴田 悠◾︎株式会社ブイキューブ 代表取締役社長 間下 直晃◾︎トランスジェンダー活動家 杉山 文野◾︎慶應義塾大学総合政策学部 准教授 中室 牧子◾︎前横須賀市長、早稲田大学環境総合研究センター招聘研究員 吉田 雄人◾︎株式会社ストライプインターナショナル 取締役CDO 松村 映子◾︎丸の内の森レディースクリニック 宋 美玄◾︎株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長 小室 淑恵◾︎株式会社アイレップ 代表取締役社長CEO 紺野 俊介◾︎宇宙飛行士 山崎 直子◾︎元陸上選手 為末 大◾︎セガサミーホールディングス株式会社 代表取締役社長 里見 治紀◾︎俳優 辰巳 琢郎◾︎サキコーポレーション 代表取締役社長 秋山 咲恵◾︎ボストン コンサルティング グループ シニア・アドバイザー 御立 尚資◾︎日本総合研究所 副理事長 翁 百合◾︎私立学校教員 阿部 しほこ◾︎HASUNA 代表取締役社長CEO 白木 夏子◾︎レッドフォックス 代表取締役 別所 宏恭◾︎コモンズ投資 代表取締役社長CIO 伊井 哲朗◾︎経営学者 牛尾 奈緒美◾︎東京大学教授 柳川 範之◾︎アイスタイル 取締役CQO 山田 メユミ◾︎MRT 代表取締役社長 馬場 稔正◾︎ヒューマンライツウォッチジャパン 代表 土井 香苗◾︎柳画廊 副社長 野呂 洋子◾︎ノンストレス 代表取締役 坂野 尚子◾︎ホットリンク 代表取締役社長 内山 幸樹◾︎都会計事務所 都 賢治◾︎本荘事務所 本荘 修二◾︎ダックビル・エンタテイメント 代表取締役社長 奥本 真一郎◾︎経営共創基盤 マネージングディレクター 木村 尚敬◾︎事業家・漁師 立花 貴◾︎東京一番フーズ 代表取締役社長 坂本 大地◾︎プロノバ 代表取締役社長 岡島 悦子◾︎ロフトワーク 代表取締役 林 千晶◾︎ドラマプロデューサー 丹羽 多聞アンドリウ◾︎陶芸家 大樋 年雄(十一代 大樋長左衛門)◾︎キッコーマン 事業開発部長 茂木 潤一◾︎株式会社ピリカ 代表取締役 小嶌 不二夫◾︎静岡県立大学 国保 祥子◾︎株式会社メルカリ 取締役社長兼COO 小泉 文明◾︎シリアル・アントレプレナー 孫 泰蔵◾︎認定NPO法人 Living in Peace 理事長 慎 泰俊◾︎慶應義塾大学経済学部 教授 赤林 英夫◾︎俳優、監督、REBIRTH PROJECT代表 伊勢谷 友介◾︎株式会社イー・ウーマン 代表取締役社長 佐々木 かをり◾︎サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野 慶久◾︎作家 乙武 洋匡◾︎NPO法人虹色ダイバーシティ 理事長 村木 真紀   ぜひ、ハッシュタグをつけてあなたの声も聞かせてください!#子育て政策おかしくないですか #保育園に入りたい https://twitter.com/hoikuenhairitai

希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会
19,603 supporters
Started 1 month ago

Petition to 文部科学大臣,全国の首長(知事,市長等)

教師の卵に『部活の顧問できますか?』の質問はしないで!教員採用試験

74パーセント。 これは「過労死ライン」を超えてサービス残業をしている中学校教師の割合です。 日本の教師の長時間労働は,ダントツの世界ワースト1位。サービス残業の最大の原因は「部活の指導」であることが明らかになっています。 放課後や土日の部活の指導は教師に不当に強制されており,部活は教師の不払い労働によって支えられています。 今や社会問題となっている,部活の顧問就任の強制などのブラック労働は,教員採用試験の段階から未来の教師に魔の手を伸ばしています。 今年も,教員採用試験のエントリーシートには「指導可能な部活動」を記入させる枠。 そして,面接官からは「あなたは部活の顧問はできますか?」という質問。 これらは,企業の就職試験での「あなたは当然サービス残業しますよね?」という質問と同じ意味をもつのです。 今どきブラック企業ですら就活生にこのような違反質問は行いません。 しかし,教育委員会は平然と就活生に問うのです。「あなたは当然サービス残業しますよね?」と。 教員採用試験でさえもこのような状況で,本当に優秀な人材が教師を目指してくれるのでしょうか? 日本の教育の質はどうなってしまうのでしょうか? 実際に,教員採用試験の倍率は激減の一途をたどっています。 ついには教師が見つからず,4月から授業が始まらない学校まで出てきている始末。 教職のブラック化は,日本の教育と子どもたちに大きな不利益をもたらしているのです。 今こそ全国の教育委員会は,就活生へのブラックな違反質問をやめ,教師に優秀な人材を確保する努力をするとともに,教師の労働環境の改善に努めていくべきです。 全国の教育委員会は,貴重な未来の教師にサービス残業を強制するような違反質問を即刻やめてください! 「部活の顧問はできますか?」「何部の指導ができますか?」等の違反質問をしないでください! ★ご安心ください!名前は非公開で賛同できます★ *お気を付けください*ご賛同後、Twitterで本署名を共有すると賛同者名が出てしまう場合があります。下記の場合です。1.賛同した後には、署名サイト上では「賛同!」ボタンが消えます。その代わりに「Twitterでシェア」等のボタンがあらわれます。ここで、署名サイト上で「Twitterでシェア」をすると、ご賛同者様の名前が出てしまいます。2.また、署名サイト上で「リンクをコピー」してツイートしても、ご賛同者様の名前が出てしまいます。ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。 まとめると『署名サイト上の機能を用いて拡散』しようとすると、ご賛同者様の名前が出てしまうようです。これを避けて拡散にご協力くださる方は https://goo.gl/BPcRvXをコピーしてご活用ください。この短縮URLであれば、ご賛同者様の名前が出ることはありません。▼要望の要約▼ 全国の教育委員会は,教員採用試験を受験する就活生に「部活の顧問や指導ができるか否か」の趣旨の質問をすることをやめてください。 文部科学省および全国の都道府県市区町村の長は,各教育委員会に,教員採用試験時に「部活の顧問や指導ができるか否か」の趣旨の質問を禁止するよう指導,指示してください。 採用後の教員と講師についても,サービス残業前提の働かせ方をさせないことを求めます。そのためにも,部活動の顧問をする・しないの選択権を保障してください。

部活問題 対策プロジェクト
11,029 supporters
Update posted 2 months ago

Petition to 安倍首相, 自民党, 民進党 , 公明党, 共産党, 社民党, 日本維新の会 , 自由党 , 日本のこころ

ブラック料亭にNOを!政治家・議員は、過重労働を強いる料理店の利用をやめてください!

 東京・銀座に本店がある日本料理店「瓢嘻」は、政治家がたびたび利用する高級料亭です。とくに安倍首相は、今年7月中にも「瓢嘻」赤坂店を二度訪れるなど、同店を頻繁に利用しています(文春オンライン「安倍首相のいきつけ 赤坂・日本料理店は超絶ブラックだった」を参照)。  実は、この日本料理店「瓢嘻」では、長年劣悪な労働環境によって従業員が使いつぶされていました。今年ブラック企業ユニオンへ相談に訪れた調理師3人によれば、1日15時間・月350時間にも及ぶ超長時間労働が入社以来続いていたといいます。こうした長時間労働により、多くの従業員が休職や退職に追い込まれています(ブラック企業ユニオンブログを参照)。  たとえば、「瓢嘻」に勤めていたAさんは、長時間労働によって2度入院に追い込まれたすえに退職しています。Aさんは長時間労働が続いていた頃、自転車での通勤中に視界が暗転し、危うく事故に遭いかけました。その後、病院に行き、幸い命に別状はなかったものの、現在も病気によって日常生活に支障をきたしています。  昨年度に新卒で入社した調理師は15人いますが、その全員がすでに退職しています。今年も新たに採用された調理師6人のうち5人が退職しています。また、中途採用で入社しながら1週間で退社した人もいました。多くの調理師が、この職場で長時間労働に苦しめられているのです。  そうしたなか、今年6月に労働基準監督署は、日本料理店「瓢嘻」を経営するstyle-RANGE社に対して、長時間労働・賃金未払いなど複数の項目で労働基準法違反を認定し、是正勧告を出しています。私たちブラック企業ユニオンも、今年6月にstyle-RANGE社に団体交渉を申入れ、労働環境の改善などを要求しています。しかし、長時間労働・残業代未払いなどの法違反は未だに改善されていません。  さて、現在安倍政権は、「働き方改革」と銘打って長時間労働対策に乗り出しています。それにもかかわらず、安倍首相自身が劣悪な労働条件で調理を使い潰す日本料理店を愛用してしまっているのです。首相はもちろんのこと政治家・議員は、過重労働の実態が発覚した場合は、すぐにその料理店の利用をやめるべきです。  政治家・議員がブラック企業の経営する飲食店を愛用し、ブラック企業を「支援」することは許されないことです。むしろ、政治家であるならば、先頭をきってブラック企業に対しNOを突きつけてほしいものです。安倍首相をはじめ政治家・議員は、国として「働き方改革」の推進を謳っておきながら、足元にある労働問題を無視してしまってよいのでしょうか。  ブラック企業を無くすために、過重労働や過労死を無くすために、安倍首相をはじめ政治家たちに訴えかけましょう。 「政治家・議員は、過重労働を強いる料理店での飲食や接待をやめてください!」と。 この訴えにぜひご賛同をお願いします!

ブラック企業ユニオン
15,012 supporters
Started 3 months ago

Petition to 総務省, 総務大臣 野田聖子

総務省は公用車で保育園の送迎ができるルールを作ってください

報道によって、金子めぐみ議員の公用車による保育園送迎が問題視され、その結果、公用車による通勤途中の送迎を自粛することになった風潮を憂慮します。 通勤途中に子供を保育園に送迎するー少しでも長く子供といたい、少しでも長く働く時間が欲しい、「 働くお母さん」には必要な行動です。 それが公用車では許されないなら、働くお母さんは、 政治家として他の人にないハンデをおってしまいます。 そもそも公用車は、 重要な仕事を担う人材を職業運転手によって安全に移動させ 、多忙の中、移動中だけでも休憩をとってもらい、 次の仕事への切り替えの時間をもってもらう、 多忙な人材に有効に働いてもらうために税金を使うもの です。 せっかく公用車を用意したほどの忙しい人材、さらに子育て両立中という忙しい人材に、わざわざ公用車を使わせずに、通勤とは別に子供を送迎させるのは、税金の非効率的な使い方にほかなりません。 現役で子育てを知る人材こそ、日本の少子化問題を考え、解決するために活躍しなくてはいけません。 通勤途中の公用車に家族や知人を同乗させることはケースバイケースで問題のない白に近いグレーなもののようです。 それをしっかりとしたルールを作ることで、白にして、心おきなく子育て世代が活躍できる、重責を担える環境を作っていただきたいと考えます。 そのルールは 同乗させる子供を登録する 未就学時期のみ、義務教育期間のみなど時期を限定する 送迎する場所を登録する(保育園) 送迎できる場所の適正な距離を定める(例 自宅か職場の5km以内など) 男女別なく送迎できるようにする(男性にも大いに子育て携わる必要がある) などが考えられます。 今回、総務大臣となった野田聖子氏は、金子問題の際に 「金子さんを子育て世代の代表として応援できる世の中であってほしい」と発言されていました。 https://mainichi.jp/articles/20170707/k00/00e/040/320000c 塊より初めよで、まず総務省から女性が安心して活躍できる環境を作って、全国、地方の模範としていただけるよう期待します。

鈴木 厚子
254 supporters