Topic

peace

23 petitions

Started 1 month ago

Petition to

#Stop Putin! challenge(ストップ・プーチン・チャレンジ)~宣言 or 寄付~

【Followed by English translation】 【注意:賛同後に寄付ページが出ますが、すぐにページを閉じてください。この寄付ページはウクライナ関連支援機関への寄付では無く、当署名の宣伝に使われる寄付であり、当事者には届きません】   かつて世界を席巻したアイス・バケット・チャレンジを参考にして「ストップ・プーチン・チャレンジ」を開始します。 ウクライナ侵攻および非人道的な戦争犯罪を続けるロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏に対して、世界中の「個人」が連帯して反対の意思を示す事が目的です。 国家や政府の力で止まらないのであれば「個人の力」でプーチンを止めましょう。 「私はウラジーミル・プーチンに決闘を申し込む。懸けるのはウクライナだ!…彼が恐れるなら私は左手だけで相手をしてもいい。私は左利きじゃないけどな」とツイートしたイーロン・マスク氏をはじめ、多くの著名人がプーチン氏に対して個人の立場からNOを突き付けるメッセージを送っています。 SNSの登場により「個人の力」が連帯すれば世界を変える事は可能です。手法はアイスバケットチャレンジを参考にして、個人の連帯を世界中に広めます。 一人でも多くの命を救う為に、下記ルールを参照して、Stop Putin! challenge(ストップ・プーチン・チャレンジ)をそれぞれ始めましょう。   ★ルール  ~概要~ 最初に「誰々から指名されてチャレンジを受ける」旨を宣言し、続けて「ストップ・プーチン!」という一言メッセージを宣言し、最後に次の人物を指名して終わる。宣言者は、この一連の宣言を動画撮影し任意のSNSにUPする ~順序~ 1. まず「ストップ・プーチン!・チャレンジ」を受けることを宣言し、続けて「ストップ・プーチン!」という一言メッセージを宣言する。そして次にこのチャレンジを受けてもらいたい人物を2人から3人程度指名する ※「ストップ・プーチン!」を宣言する時は強制では無いがポーズをつけて宣言する事を推奨。一例として手話で「STOP」を表すポーズは、片手を開いて上に向けて構え、その手に対して直角にもう一方の手をトンと乗せるポーズ 2. この様子を撮影した動画をフェイスブック、ツイッター、YouTubeなどのソーシャルメディアで公開してチャレンジ完了 3. 指名された人物はチャレンジを受ける場合「ストップ・プーチン!」の宣言、または10ドル(1000円)をウクライナ支援の関連機関に寄付する、あるいはその両方を行うかのいずれかを24時間以内に選択する ※ただし「ストップ・プーチン!」の宣言や寄付をすることは強制ではなく、無理なく、本人の意志に任されるものとする   【English】 We will start the "Stop Putin! challenge" with reference to the "Ice Bucket Challenge" that took the world by storm in the past. The purpose is for "individuals" around the world to show their solidarity and opposition to Russian President Vladimir Putin, who continues his invasion of Ukraine and his inhumane war crimes. If the power of the state or government does not stop Putin, let's stop him with the power of individuals. Many celebrities have sent  messages saying NO to Putin from individual position, as Elon Musk tweeted, "I challenge Vladimir Putin to a duel. Ukraine's at stake! ... If he is afraid, I can deal with him only with my left hand. I'm not left-handed." With the advent of SNS, "the power of individuals" can change the world if we work together. Using the Ice Bucket Challenge as a reference, we will spread individual solidarity around the world. To save as many lives as possible, supporters of this campaign can start the "Stop Putin! challenge" by referring to the rules below. ★Rules~summary~ First, declare that you have been nominated by whom to accept the challenge, followed by "Stop Putin!" and ends with the nomination of the next person. The declarant takes a video of this series of declarations and and uploads it to any SNS. ~order~ 1. First, he declares that he will accept his nomination for the “Stop Putin! challenge, ” followed by a one-word message that "Stop, Putin!". Next, nominate two to three people you would like to see accept the challenge.  ※It is recommended to take a pose when declaring "Stop Putin!" although it is not mandatory. For example, the sign language pose for "STOP" is a pose in which one hand is held open facing up and the other hand is placed at a right angle to the hand. 2. complete the challenge by publishing a video of this on Facebook, Twitter, YouTube, or other social media 3. If nominees accept the challenge, have in 24 hours to sellect to declare"Stop Putin!", or donate $10 (1000 yen) to organizations involved in assisting Ukraine,or both. ※However, it is not compulsory to declare "Stop Putin!" or to make a donation, and it is left to the will of the person without any pressure.     <参考>ウクライナ支援の関連機関・寄付先一覧 < Reference > List of organizations and recipients of support for Ukraine ◆ウクライナ赤十字社(The Ukrainian Red Cross Society)  URL:https://www.jrc.or.jp/contribute/help/ukraine/ ◆国連UNHCR協会URL:https://www.japanforunhcr.org/activity-areas/ukraine  ◆WFP(世界食糧計画) URL:https://ja.wfp.org/emergencies/ukraine-emergency ◆UNFPA(国連人口基金) URL:https://tokyo.unfpa.org/ja/events/71427 ◆日本ユニセフ協会 (Japan Committee for UNICEF) URL:https://www.unicef.or.jp/kinkyu/ukraine/ ◆国際NGO ADRA Japan URL:https://www.adrajpn.org/Emergency/Ukrine2022.html ◆在日ウクライナ大使館 (Embassy of Ukraine in Japan) URL:https://www.ua.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html ◆特定非営利活動法人 難民を助ける会(AAR Japan) URL:https://aarjapan.gr.jp/emergency/2022ukraine/ ◆認定NPO法人ワールド・ビジョン・ジャパン (World Vision Japan) URL:https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html ◆公益財団法人プラン・インターナショナル (Plan International Japan) URL:https://www.plan-international.jp/special/lp/emr_ukraine202203/ ◆一般社団法人ピースボート災害支援センター(Peace Boat Disaster Relief) URL:https://pbv.or.jp/donate/2022_ukraine

Bary Hiro Willhunting
17 supporters
Update posted 4 months ago

Petition to 欧州委員会委員長ウルズラ・フォン・デア・ライエン様 , 欧州議会議長ベルタ・メツォラ様 , EUメンバー国関係各位

「持続可能」でも「グリーン」でもない原発をEUタクソノミーに含めるべきではない

English follows Japanese.欧州委員会が、気候変動対策などへの投資を促進するための「EUタクソノミー」の案に原発を盛り込んだことについて、原発事故を経験した私たち日本の市民は大きな衝撃を受けています。原発は、ウランの採掘から原発の運転、廃炉に至るまで、放射性廃棄物を生み出し、環境中に放射性物質を出し続け、持続可能性や環境保全とは真逆のものです。もし、原発がEUタクソノミーに含められ、原発への投資にEUがお墨付きを与えることになれば、EUタクソノミーの信頼が損なわれるのみならず、EUおよび世界中の人々の将来に大きな負の遺産を残すものとなるでしょう。私たちとしては到底受け入れられるものではありません。 注)EUタクソノミーとは:気候変動など6つの環境分野に貢献する活動を明確にし、それらの事業に投資を促進するためのEU独自の仕組み。 1.福島第一原発事故は終わっていない東京電力福島第一原発事故は終わっていません。未だに少なくとも3万人を超える人たちがふるさとに帰れないまま暮らしています。多くの人たちがそれまでの生活、生業、生きがいを失いました。廃炉は遅々として進まず、日本政府は、敷地にためられている放射性物質を含んだ大量の水を海洋に放出し、また、除染によって発生した放射性物質を含む土を公共事業などに利用しようとしています。原発事故の原因解明も終わっていません。福島原発事故は、チェルノブイリ原発の深刻な事故のわずか25年後に発生しました。それまで、日本政府や電力会社は「原発は絶対に安全」として無責任に原発を推進してきました。EUはこうした原発事故の悲惨さに学び、ソ連や日本の二の舞を避けるべきです。 2.原発は深刻な環境汚染や人権侵害をもたらす原発は稼働し続ける限り、さまざまなレベルの核廃棄物を生み出します。高レベル放射性廃棄物は、地下深くで10万年以上も管理が必要だとされているのにもかかわらず、日本も、また多くの国々においても、処分地すら決まっていません。仮に地下深くに処分しても将来の環境汚染は避けられません。燃料の原料となるウラン採掘の際にも、環境汚染や人権侵害があとをたちません。原発は、電力を多く消費する都会ではなく離れた過疎地に建設されます。原発事故で被害を受けたのは、福島第一原発が電気を送っていた東京ではなく、電気を使っていなかった福島およびその周辺だったのです。また、運転や点検作業に直接従事する労働者は常に被ばくによる健康リスクを負うことになります。こうした意味で原発は、社会的な大きなひずみや不正義の象徴とも呼べるものです。 3.原発は気候変動対策にはならない以上のように、原発を気候変動対策とすることは、EUタクソノミーの「‘do no significant harm’ (DNSH):重大な害をもたらさない原則」に反しています。それと同時に、原発は事故やトラブルを起こしやすく、コストが高く、不安定な電源です。近年の異常気象により、水温上昇で炉心冷却に使う十分な水が取水できず原発を停止せざるをえないケースや、海岸沿いの原発の水没リスクが増大するなど、原発が気候変動に脆弱であることを示す報告が相次いでいます。大規模な原発の事故被害の深刻さは福島第一原発事故で明らかですが、小型モジュール炉にも解決不可能な問題があります。原発を使い続けることは、大量に電力を消費する社会構造を促し、EUはエネルギーや社会を持続可能なものとする機会を失うでしょう。 以上の理由から、私たちは原発をEUタクソノミーに含めないよう、強く要望します。 連絡先:国際環境NGO FoE Japan〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9TEL: 03-6909-5983  / FAX: 03-6909-5986E-mail: info@foejapan.org ※本要請書は、261の団体の連名にて、1月11日付で、欧州委員会委員長、副委員長、欧州議会関係委員会、EUメンバー国駐日大使館宛てに提出しています。今回はさらに個人署名を募り、関係各所にお送りする予定です。団体署名も継続することとしました。こちらからお願いします。 ※参考ブログ記事>EUタクソノミーと原発をめぐる議論https://foejapan.wordpress.com/2022/01/05/taxonomy_nuclear/ Nuclear energy that is neither "sustainable" nor "green" should not be included in the EU taxonomy The European Commission's plan to include nuclear power in the EU Taxonomy as contributing substantially to climate change mitigation has greatly shocked Japanese citizens who experienced the nuclear disaster. From uranium mining to nuclear power plant operations and decommissioning, nuclear power plants generate radioactive waste and continue to emit radioactive materials into the environment, in direct opposition to being environmentally sustainable. The inclusion of nuclear power in the EU Taxonomy and the EU giving its stamp on nuclear power as being green would not only undermine the credibility of the EU Taxonomy, but also leave a significant negative legacy for the future of the EU and the world. This is something that we cannot accept. 1.     The Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Disaster Is Not Over The disaster at the TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant is not over. More than 30,000 people still live as evacuees without being able to return to their hometowns. Many people lost their lives, livelihoods, and meaning of life. The decommissioning of the reactor has made little progress, and the Japanese government plans to release a large amount of water containing radioactive materials from the site into the ocean, and is trying to use the soil containing radioactive materials generated by decontamination for public works projects. Moreover, the investigation into the causes of the nuclear disaster is still ongoing. The Fukushima nuclear disaster occurred only 25 years after the serious accident at the Chernobyl nuclear power plant. Until this happened, the Japanese government and utility companies had irresponsibly promoted nuclear power plants, claiming that "nuclear power plants are absolutely safe." The EU should learn from the tragedy of such nuclear disasters, and avoid a repeat of what happened in the Soviet Union and Japan. 2.     Nuclear energy causes serious environmental contamination and human rights violations Nuclear power plants produce various levels of nuclear waste as long as they continue to operate. Despite the fact that high-level radioactive waste needs to be managed deep underground for more than 100,000 years, the final waste disposal site has not been decided upon in Japan, nor in many other countries. Even when the waste is disposed of deep underground, future environmental pollution is inevitable. Environmental contamination and human rights violations also continue to occur in the process of mining uranium, used as a fuel. Nuclear power plants are built not in the cities which consume much of the electricity, but in sparsely populated areas away from cities. The areas which suffered most from the nuclear disaster in Japan was not Tokyo, where the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant was sending electricity, but Fukushima and its surrounding areas, where the electricity was not used. Workers who are directly engaged in operations and inspections are also always exposed to health risks. In this sense, nuclear energy can be called a symbol of great social disparity and injustice. 3.     Nuclear energy cannot be used to combat climate change. As mentioned above, making nuclear energy a climate change measure is against the ‘do no significant harm’ (DNSH) principle of the EU Taxonomy. At the same time, nuclear power plants are prone to accidents and trouble, are expensive, and are unstable. In recent years, there have been a number of reports showing that nuclear power plants are vulnerable to climate change. For example, due to extreme weather events, there are cases in which water used to cool the reactor core cannot be extracted due to rising water temperatures, forcing nuclear power plants to shut down, and there is an increased risk of flooding of nuclear power plants along coastal areas. The severity of the damage caused by disasters at large-scale nuclear power plants is clear from the situation at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. At the same time, there are also problems with small modular reactors that cannot be resolved. Continued use of nuclear power will encourage a social structure that consumes large amounts of electricity, and the EU will lose the opportunity to make energy and society sustainable. For these reasons, we strongly urge that nuclear energy not be included in the EU taxonomy. Contact:Friends of the Earth Japan1-21-9 Komone Itabashi-ku Tokyo 173-0037TEL: (+81) 3-6909-5983 FAX: (+81) 3-6909-5986e-mail: info@foejapan.org >261 Japanese civil Society organizations send open letter to European CommissionNuclear energy that is neither "sustainable" nor "green" should not be included in the EU taxonomy

FoE Japan
20,242 supporters
Update posted 4 months ago

Petition to 日本政府、韓国政府、すべての国の政府

福島原発事故10年、汚染水を海に流さないで! 原発もうやめよう!

[English|French | Germany|Italian|Japanese|Korean|Russian | Spanish | Taiwan Mandarin | Turkish ] 日本政府は、福島原発の汚染水の海への放出調整を進めており、決定しようとしています。しかし、福島県をはじめとし、多くの人たちが大きく反発しています。福島県漁連、全国漁連、また、福島県の農協、森林組合など、福島県の43市町村議会の反対意見書、福島県民の提起した45万人の署名などです。海外からも、憂慮・反対の声が多くあがっています。 汚染水は、124万トンを超えており、魚介類の摂取を通じた人体への悪影響が懸念されます。放射能が十分に減衰するまでタンク保管を継続するか、モルタル固化することが望まれます。 韓国政府は、脱原発政策を標榜していますが、新規原発の建設を継続しています。ウォルソン原発のトリチウム漏れや、ハンビッ原発の格納容器の空隙など、重大な事件が起きています。台湾は、2025年原発ゼロ、アジア初の脱原発に向かって着実に進んでいます。しかし8月に「第四原発再開の是非を問う国民投票」が行なわれることになっています。トルコ、インドなどでは原発建設が続けられており、フィリピン、タイ、インドネシアのように原発計画がくすぶっている国もあります。そして、何万年もの間、未来の世代に残す核廃棄物の貯蔵・処分が、日本、韓国、台湾、オーストラリア、世界で問題となっています。 福島原発事故から10年、いまだに原発を維持しようという動きがあるのです。原発時代の「終わり」が始まり、世界は再生可能エネルギー時代に移行しているというのに! 私たちは要求します ・日本政府は福島原発の放射能汚染水を海に流すな・韓国政府はウォルソン原発の放射能漏れの実態を明らかにせよ・原発を建設せず、再生エネルギーを拡大せよ・老朽原発の寿命延長をするな、危険な原発を動かすな・現地と周辺の住民の合意のない核廃棄物貯蔵・処分をするな 【よびかけ団体】24か国、311団体 【Australia】Australian Conservation Foundation、Friends of the Earth Australia、Marrickville Peace Group、People for Nuclear Disarmament、Port Adelaide/Semaphore Amnesty International Australia Action Group、Remembering and Healing、Sydney Peace & Justice Coalition、Uranium Free NSW、Campaign for International Cooperation and Disarmament、Josephite SA (South Australian) Reconciliation Circle 【Austria】Independent Salzburg Platform Against Nuclear、Wiener Plattform Atomkraftfrei 【Belarus】Institute of Radiation Safety(BELRAD) 【Belgium】Fin du nucleaire、Nucleaire Stop Kernenergie 【Brazil】Coalition for Brazil free of Nuclear Plants、International Uranium Film Festival 【Bulgaria】Za Zemiata (FoE Bulgaria) 【China】Blue Dalian 【Czech】Javorice 【Finland】Women Against Nuclear Power、Women for Peace、 【France】Bure en Retz、CCOA-ADN75、ECHO-Echanges、Editions de Fukushima、Fukushima blog、Fukushima informations 福島新たな原子力、Nos Voisins Lointains 3.11、Pectine Nonuke、Reseau Sortir du Nucleaire、Sortir du nucleaire Sarthe、Sortir du Nucleaire Tregor in Brittany、The Fukushima Voices、Vosges Alternatives au Nucleaire、STOP NUCLEAIRE DRÖME ARDECHE、よそものネット・フランス(パリ)Collectif Anti-Nucléaire Ouest、La France Insoumise 44 【Germany】Aktionsbuendnis Energiewende Heilbronn、Arbeitsgemeinschaft AtomErbe Neckarwestheim、Buendnis Fukushima-Neckarwestheim、Buergerinitiative GegenGift Heilbronn/UnterLand、Bund der Buergerinitiativen Mittlerer Neckar、Bundesverband Bürgerinitiativen Umweltschutz、さよなら ニュークス デュセルドルフ、Sayonara Nukes Berlin、Anti Atom Berlin、ICHIMOKU 【India】National Alliance of People's Movements、Indian Social Action Forum、Indigenous Perspectives、Jharkhandi Organisation Against Redaition-JOAR-JADUGODA、Poovulagin Nanbargal、Socialist Party、SUTRA(Society for Social Uplift Through Rural Action) 【Indonesia】MANI(Indonesia Anti-Nuclear Society) 【Italia】Centro di documentazione(Semi sotto la neve)、日伊の架橋-朋・アミーチ 【Japan】会津放射能情報センター、Friends of the Earth Japan、大間原発反対現地集会実行委員会、核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団、核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会、柏崎刈羽原発反対地元三団体、柏崎巻原発に反対する在京者の会、上関原発止めよう!広島ネットワーク、9とよさかピースの会、熊本・原発止めたい女たちの会、グリーン・アクション、グローバリゼーションを問う広島ネットワーク、経産省前テントひろば、玄海原発プルサーマル裁判の会、原子力教育を考える会、原子力行政を問い直す宗教者の会、原発事故被害者団体連絡会、子ども脱被ばく裁判の会、これ以上海を汚すな!市民会議、Citizens’Nuclear Information Center、原水爆禁止日本国民会議、原発いらない福島の女たち、原発おことわり三重の会、原発さよなら四国ネットワーク、原発とめよう!九電本店前ひろば、再稼働阻止全国ネットワーク、さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト、さよなら玄海原発の会・久留米、さよなら島根原発ネットワーク、さよなら原発神戸アクション、さよなら原発なら県ネット、市民放射能監視センター(ちくりん舎)、ストップ秘密保護法かながわ、ソーラーネット、高木基金、脱原発アクションin香川、脱原発とうかい塾、脱原発福島ネットワーク、脱被ばく実現ネット、たまあじさいの会、たんぽぽ舎、とめよう原発!関西ネットワーク、豊橋いのちと未来を守る会、虹とみどりの会、No Nukes Asia Forum Japan、浜岡原発を考える静岡ネットワーク、Peace Boat、東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream、ふぇみん婦人民主クラブ、フクシマ・アクション・プロジェクト、ふくしま地球市民発伝所、プルトニウムフリーコミニケーション神奈川、ベクレルフリー北海道、放射能から豊中の市民・子どもを守る会、放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会、緑の党グリーンズジャパン、緑のハーモニー、緑ふくしま、みやぎ金曜デモの会、みやぎ脱原発・風の会、モニタリングポストの継続配置を求める市民の会・三春、若狭の原発を考える会 【Korea】후쿠시마 10주년 준비위원회 : 기독교환경운동연대, 노동자연대, 녹색당, 녹색연합, 대전탈핵희망, 불교생태콘텐츠연구소, 불교환경연대, 사회변혁노동자당, 삼척핵발전소반대투쟁위원회, 시민방사능감시센터, 아이쿱생협(강남, 강서, 도봉노원디딤돌, 서대문마포은평, 서울, 송파), 에너지기후정책연구소, 에너지전환포럼, 에너지정의행동, 영광핵발전소안전성확보를위한공동행동, 원불교환경연대, 월성원전인접지역이주대책위원회, 정의당, 정치하는엄마들, 제주탈핵도민행동, 참여연대, 천도교한울연대, 천주교 남자장상협의회 정의평화환경위원회, 천주교 예수회 사회사도직위원회, 천주교 의정부교구 환경농촌사목위원회, 천주교 창조보전연대, 초록을그리다, 탈핵경주시민공동행동, 탈핵부산시민연대, 탈핵신문, 탈핵에너지교수모임, 탈핵에너지전환전북연대, 한국YWCA연합회, 한국천주교여자수도회장상연합회 JPIC분과위원회, 한살림연합, 핵없는사회를위한대구시민행동, 핵없는사회를위한충북행동, 핵없는세상을위한고창군민행동, 핵없는세상광주전남행동, 환경운동연합, 환경재단, 환경정의 【Philippines】ABAKADA-MAPALAD KA、Nuclear Free Bataan Movement、KILUSAN Para sa Pambansang Demokrasya、Coal Free Bataan Movement、Young Bataenos Environmental Advocacy Network、KILUSAN Bataan、Nuclear Free Pilipinas、PEACE WOMEN PARTNERS 【Romania】TERRA Millennium III Foundation 【Russia】Socio-ecological union international 【Sweden】Naturskyddsforeningen i Alvsbyn、Swedish Antinuclear Movement  【Taiwan】台湾環境保護連盟(Taiwan Environmental Protection Union)綠色公民行動聯盟(Green Citizens' Action Alliance)地球公民基金會(Citizen of the earth)媽媽監督核電廠聯盟、守望文教基金會、台灣蠻野心足生態協會、北海岸反核行動聯盟、看守台灣協會、PAPA非核陣線、環境法律人協會、台灣環境資訊協會、彰化縣環境保護聯盟、主婦聯盟環境保護基金會、台灣媽祖魚保育聯盟、台灣千里歩道協會、台灣永社、人本教育基金會、新北市愛鄉協會、林口社區大學、台灣同志諮詢熱線協會、綠色和平、綠黨、台灣公民自主發電行動聯盟、主婦聯盟南部辦公室、台灣人權促進會、台灣綠能臨門一腳協會、台灣環境教育協會、台南新芽、荒野保護協會、美濃愛鄉協進會、屏東縣好好婦女權益發展協會、高雄市公民監督公僕聯盟、高雄市鳳山社區大學、全國教保產業工會、主婦聯盟環境保護基金會南部辦公室、台南社區大學、屏東縣教育產業工會    【Turkey】Nukleersiz. Org、Yesiller Partisi (Green Party)、Istanbul Nukleer Karsiti Platform(NKP) 、Mersin Nukleer Karsiti Platform (Mersin NKP)、Sinop Nukleer Karsiti Platform(SNKP)、Sinop Nukleer Karsiti Platform Dernegi (SNKP DER)、HDP Sinop、SYKP、Sinop Sol Parti、Emek Partisi、Sinop TIP、Elektrik Muhendisleri Odasi(EMO)、Yenifoca Forum、Sinop Cevre Dostlari Dernegi、Sinop Kent Haklari Dernegi (KENT SAV)、Egitim İs Sinop Subesi、Egitim Sen、Sinop Tip、Sinop Tukoder、Gerze Halkevi ve Gerze Bilim Kultur Sanat ve Spor Dernegi、Ataturkcu Dusunce Dernegi Sinop、Cagdas Yasami Destekleme Dernegi Sinop、Yeryuzu Dernegi、Yeni Insan Yayinevi、Samsun Cevre Platformu (SAMCEP)、Mersin Cevre ve Doga Dernegi (MERCED)、Bakirtepe Cevre Platformu、Kazdagi Dogal ve Kulturel Varliklari Koruma Dernegi、Divrigi Kultur Dernegi、Mezopotamya Ekoloji Hareketi,、Amed Ekoloji Dernegi,、Hevsel Koruma Platformu、Burhaniye Cevre Platformu (BURCEP)、Dogader、Artvin Cevre Platformu、Soke Cevre Platformu、Ordu Cevre Dernegi、Antalya Ekoloji Meclisi、Kusadası  Cevre Platformu、Yesil Artvin Dernegi、Mardin Ekoloji Dernegi、Aydin Cevre ve Kultur Dernegi(AYCEP) 、Ekoloji Birligi、Heryer Kazdaglari、Kazdaglari Kardesligi、Mugla Cevre Platformu、Datca Kultur Sanat Dayanismasi、Doganin Cocuklari、Cesme Cevre Platformu、Ayvalik Tabiat Platformu、Agonya Doga Koruma Girisimi、Munzur Cevre Dernegi、Gokova Ekolojik Yasam Dernegi、Cine Yasam Platformu(CIYAP)、Bozcaada Forum、Munzur Koruma Kurulu (DEDEF)、Troya Cevre Dernegi、Karadeniz Isyandadir、Didim Cevre Platformu、Ege Cevre ve Kultur Platformu(EGECEP)、Karaburun Kent Konseyi、Yarimada Yesilleri ve Cesme,Urla,Seferihisar, Karaburun Cevre Platformu、Kazdaglari Istanbul Dayanismasi、Didim Egitim ve Cevre Dernegi、Yenisehir Cevre Platformu、Yalova Platformu、Validebag Gonulluleri Dernegi、Emirdag Yaylalari Doga Platformu、Yasam ve Dayanisma Yolculari、Didim Dernegi、Didim Egitim ve Cevre Dernegi、Ankara Artvin Kultur Yardimlasma Dernegi 【UK】Campaign for Nuclear Disarmament、CND Cymru-the Campaign for Nuclear Disarmament in Wales、JAN (Japanese Against Nuclear)、Rochdale and Littleborough Peace Group、South Lakeland and Lancaster District Campaign for Nuclear Disarmament、Suffolk Coastal Friends of the Earth、People Against Wylfa B 【USA】able、Beyond Nuclear、All-African People's Revolutionary Party、Indian Point Safe Energy Coalition、NO Nukes Action,California、Nuclear Information and Resource Service、Nuclear Watch South、Samuel Lawrence Foundation、the Manhattan Project for a Nuclear-Free World、Veterans For Peace - NYC Chapter 34、Coalition Against Nukes、San Luis Obispo Mothers for Peace

福島原発事故10年国際署名実行委員会
80,532 supporters
Update posted 9 months ago

Petition to トーマス・バッハ , アンドリュー・パーソンズ , 菅 義偉, 丸川珠代 , 小池百合子 , 橋本聖子

危険性がますます明らかになっている東京五輪開催の中止を訴えます!

English  / Français /  Español / Deutsch 呼びかけ人(五十音順) 浅倉むつ子(法学者)・飯村豊(元外交官・幹事)・上野千鶴子(社会学者)・内田樹(哲学者)・大沢真理(東京大学名誉教授)・落合恵子(作家)・三枝成彰(作曲家)・佐藤学(東京大学名誉教授)・澤地久枝(ノンフィクション作家)・田中優子(前法政大学総長)・津田大介(ジャーナリスト)・春名幹男(ジャーナリスト)・樋口恵子(評論家)・深野紀之(著述家) 賛同者:高橋源一郎(作家)・日向敏文(作曲家)・三浦まり(政治学者) 東京五輪開催の危険性がますます明らかになっています。私たちは五輪主催者が状況をしっかりと直視し、開催を中止することを緊急に求めます。 この内閣総理大臣、IOC,  JOC、都知事への要望書にご賛同の署名を頂ければ幸いです。 いよいよ五輪開催が予定される期日が迫ってきました。私たちは昨年の開催延期の決定以来、日本政府と五輪主催者が「安心安全」のスローガンをどのように実現するのか、国民に納得のいく説明を行うのを待ってきました。残念ながらそのような説明が行われていないどころか、逆に感染防止体制の様々な欠陥が明らかになってきました。また、現在首都圏ではコロナの感染者数が再拡大する傾向にあり、感染力の強いデルタ株の割合も増えています。高齢者以外の方々にあまねくワクチン接種をおこなうことも不可能であると報道されています。このように低いワクチン接種率で行うことになろうとは1年前に考えてもみませんでした。私たちの不安は急速に高まっています。 私たちの怒りも深くなっています。日常生活の抑制を求めながら、数限りないコロナクラスターを無数につくる可能性を秘めた五輪開催を強行しようとする不条理に、また子どもたちから運動会を奪いながら観戦を求めようとする大人の身勝手に怒っています。 中止を訴えるデモや署名運動が各地で行われています。当然のことです。  このように1年前に延期を決めたときと現在では、開催をめぐる条件が変化しているにもかかわらず、IOCと日本政府は開催ありきで、市民の声を聞く気が全く無いようです。市民の間には今さら何を言ってもと無力感が拡がっていますが、それでもこの切迫した時期だからこそ、最後のチャンスと考え、あえて言うべきことを言っておきたいと、私たちもこの署名をもって、その隊列に加わります。 日本国民の健康と命、そして世界の人々の健康と命が守られなくてはならないと考え、政府に改めて訴えます。歴史的暴挙ともいうべきこの東京五輪が中止されることを求めます。   心配しているのは日本人だけではありません。世界の人々が心配しています。それは感染のくり返しは新たな変異株を生み、世界中に広がるからです。菅総理大臣は、"安心安全"のオリンピックにすると言われますが、世界の方々も納得していません。日本は世界に迷惑をかけようとしています。この心配が海外のメディアから伝わってきます。これは「スーパー感染拡大イベント」だ、なぜ中止しないのかと。  感染を防ぐためには入国、移動、競技場のアレンジ、選手村やホストタウンでの生活、病室の確保、保健所による体制作り等、極めてきめ細かな対策が取られる必要があります。 すでに海外の選手6名が実は陽性者であったとのニュースが流れています。これから10万人近くの海外の選手やオリンピック関係者が入国してくると何が起きるのかを予想させるのに充分です。「スーパー感染拡大イベント」にならないようにすることはほぼ不可能だと思われます。バブル方式は空想の産物です。   もはや残された時間は少なくなってきました。私たちは切羽詰まったお願いをしております。遅くなる前にこの暴挙を中止する決断をしていただきたいと。

東京五輪開催に反対する作家/小説家/作曲家/学者/ジャーナリスト/元外交官の集まり
143,567 supporters