Topic

olympics

8 petitions

Update posted 10 months ago

Petition to トーマス・バッハ , アンドリュー・パーソンズ , 菅 義偉, 丸川珠代 , 小池百合子 , 橋本聖子

危険性がますます明らかになっている東京五輪開催の中止を訴えます!

English  / Français /  Español / Deutsch 呼びかけ人(五十音順) 浅倉むつ子(法学者)・飯村豊(元外交官・幹事)・上野千鶴子(社会学者)・内田樹(哲学者)・大沢真理(東京大学名誉教授)・落合恵子(作家)・三枝成彰(作曲家)・佐藤学(東京大学名誉教授)・澤地久枝(ノンフィクション作家)・田中優子(前法政大学総長)・津田大介(ジャーナリスト)・春名幹男(ジャーナリスト)・樋口恵子(評論家)・深野紀之(著述家) 賛同者:高橋源一郎(作家)・日向敏文(作曲家)・三浦まり(政治学者) 東京五輪開催の危険性がますます明らかになっています。私たちは五輪主催者が状況をしっかりと直視し、開催を中止することを緊急に求めます。 この内閣総理大臣、IOC,  JOC、都知事への要望書にご賛同の署名を頂ければ幸いです。 いよいよ五輪開催が予定される期日が迫ってきました。私たちは昨年の開催延期の決定以来、日本政府と五輪主催者が「安心安全」のスローガンをどのように実現するのか、国民に納得のいく説明を行うのを待ってきました。残念ながらそのような説明が行われていないどころか、逆に感染防止体制の様々な欠陥が明らかになってきました。また、現在首都圏ではコロナの感染者数が再拡大する傾向にあり、感染力の強いデルタ株の割合も増えています。高齢者以外の方々にあまねくワクチン接種をおこなうことも不可能であると報道されています。このように低いワクチン接種率で行うことになろうとは1年前に考えてもみませんでした。私たちの不安は急速に高まっています。 私たちの怒りも深くなっています。日常生活の抑制を求めながら、数限りないコロナクラスターを無数につくる可能性を秘めた五輪開催を強行しようとする不条理に、また子どもたちから運動会を奪いながら観戦を求めようとする大人の身勝手に怒っています。 中止を訴えるデモや署名運動が各地で行われています。当然のことです。  このように1年前に延期を決めたときと現在では、開催をめぐる条件が変化しているにもかかわらず、IOCと日本政府は開催ありきで、市民の声を聞く気が全く無いようです。市民の間には今さら何を言ってもと無力感が拡がっていますが、それでもこの切迫した時期だからこそ、最後のチャンスと考え、あえて言うべきことを言っておきたいと、私たちもこの署名をもって、その隊列に加わります。 日本国民の健康と命、そして世界の人々の健康と命が守られなくてはならないと考え、政府に改めて訴えます。歴史的暴挙ともいうべきこの東京五輪が中止されることを求めます。   心配しているのは日本人だけではありません。世界の人々が心配しています。それは感染のくり返しは新たな変異株を生み、世界中に広がるからです。菅総理大臣は、"安心安全"のオリンピックにすると言われますが、世界の方々も納得していません。日本は世界に迷惑をかけようとしています。この心配が海外のメディアから伝わってきます。これは「スーパー感染拡大イベント」だ、なぜ中止しないのかと。  感染を防ぐためには入国、移動、競技場のアレンジ、選手村やホストタウンでの生活、病室の確保、保健所による体制作り等、極めてきめ細かな対策が取られる必要があります。 すでに海外の選手6名が実は陽性者であったとのニュースが流れています。これから10万人近くの海外の選手やオリンピック関係者が入国してくると何が起きるのかを予想させるのに充分です。「スーパー感染拡大イベント」にならないようにすることはほぼ不可能だと思われます。バブル方式は空想の産物です。   もはや残された時間は少なくなってきました。私たちは切羽詰まったお願いをしております。遅くなる前にこの暴挙を中止する決断をしていただきたいと。

東京五輪開催に反対する作家/小説家/作曲家/学者/ジャーナリスト/元外交官の集まり
143,576 supporters
Started 12 months ago

Petition to Akio Toyoda, 豊田章男

トヨタ自動車によるオリンピックへのスポンサーシップ中止を求めます Toyota Motor Must Suspend Its Sponsorship of the Olympics

(English follows Japanese) 混迷を極める東京五輪大会 東京2020オリンピック競技大会は、国際オリンピック委員会 (IOC)、大会組織委員会、そして日本政府がパンデミックの中での開催を強行しようとしたことで、社会を大きく分断しました。新型コロナウイルス感染症拡大が懸念される中、オリンピックの中止を求める署名活動にはこれまで45万件が集まったほか、国内外の専門家からもパンデミックの中でオリンピックを開催することへの強い懸念が示されています。7月10日にはほぼ全試合が無観客で実施されることが決まり、オリンピックがそもそも誰のための大会なのかについて大きな疑問符がつきました。今回のオリンピックにまつわる一連の騒動は、一国の公衆衛生という重要な議論が、IOCの資本の論理のみによって決まってしまうことを如実に示しました。これは「スポーツを通じて様々な差異を超え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって理解しあうことで、平和でより良い世界を実現する」というオリンピックの理想とは程遠いものです。 IOCの財政はスポンサー企業が支えている IOCは回を重ねるごとに商業主義を強め、放映権料で巨額の収入を得るようになっています。これ以外にIOCを支える主な資金源はパートナー企業から提供されるスポンサーシップ料です。例えばトヨタ自動車は最上位のスポンサーであるワールドワイドオリンピックパートナーですが、2015年から2024年までの期間の契約は2,000億円にのぼると見られています。しかしながら、この金額には本当にその価値があるのでしょうか。先に述べたように、IOCは日本の国民を感染症の危険に晒し、結果的にその恩恵に浴する一握りの人々とそれ以外の人々との間に社会的な分断を広げました。このような組織を支援することが倫理的な企業と言えるでしょうか。資本の論理のみによって動くIOCに対する批判は日に日に強まっており、そのIOCへのスポンサーシップを与える企業にも、この先厳しい目が向けられることは容易に想像できます。 トヨタ自動車に対して、オリンピックスポンサーシップの中止を求めます 商業化しすぎた、そして資本の論理でしか動かなくなってしまったオリンピックに対して軌道修正を迫るため、トヨタ自動車に対して、オリンピックへのスポンサーシップを直ちに中止するように求めます。トヨタ自動車は日経ESGによるESGブランド調査2020でも1位となっており、日本を代表する、かつ多くの尊敬を集める企業です。2021年のスーパーボウルではパラリンピック水泳の金メダリストの半生を振り返るCMを流し、全ての人々が希望を持って活躍できるインクルーシブな社会を描きました。資本主義の論理のみによって動き、日本の国民を危険に晒し、さらに社会を分断してしまうというIOCの行動は、トヨタが示すこのような理念とは真っ向から対立しています。IOCの暴走に対して、良心的な企業が待ったをかけ、オリンピックが当初の理想に近いものに戻るために力を貸してください。   The extremely confused Tokyo Olympic Games The Tokyo 2020 Olympic Games have severely divided society as the International Olympic Committee (IOC), the Tokyo Olympics Organizing Committee, and the Government of Japan have tried to insist that they be held during a pandemic. Amid concerns about the spread of the novel coronavirus, 450,000 signatures have been collected to call for the cancellation of the Olympic Games, and experts from Japan and overseas have expressed strong concerns about holding the Olympic Games during this health crisis. On July 10th, it was decided that almost all games would be held without spectators. More broadly, the controversy has raised a big question mark as to who the Olympic Games are for in the first place. The turmoil surrounding the Olympics has shown that a debate with important consequences for a country’s public health is determined solely by the capitalist logic that the IOC subscribes to. This is far from the Olympic motto of "realizing a peaceful and better world by understanding each other with a spirit of friendship, solidarity and fair play, transcending various differences through sports." Sponsoring companies support the IOC financially The IOC has strengthened its commercialism with each Games, and has come to earn huge income from broadcasting rights fees. Another major source of funding for the IOC is sponsorship fees provided by partner companies. Toyota Motor, for example, is one of the top-level Worldwide Olympic Partners: contracts for the period 2015-24 are expected to amount to 2 billion USD. However, is this amount really worth it? As mentioned earlier, the IOC has put the Japanese people at risk of infection and, as a result, has widened the social division between a handful of people who benefit from the Games and others. Would an ethical company support such an organization? Criticism of the IOC, which is driven solely by the logic of capital, is growing day by day. It is easy to imagine that the companies that sponsor the IOC will also be scrutinized in the future. Call on Toyota to cancel its Olympic sponsorship We request that Toyota Motor Corporation immediately discontinues its sponsorship of the Olympics in order to stop the over-commercialized IOC from being driven solely by the logic of capital. Toyota ranked first in the ESG brand survey 2020 by Nikkei ESG, and is one of Japan's leading and most highly-respected companies. At the 2021 Super Bowl, a CM was shown that looked back on the life of a Paralympic swimming gold medalist, showing an inclusive society in which all people can play an active role with hope. The IOC's move to endanger the Japanese people and further divide society according to the logic of capitalism is in direct opposition to Toyota's philosophy. Please help conscientious companies to stop the IOC from running out of control and help the Olympics return to their original ideals.

Kenji Tanaka
174 supporters
Update posted 1 year ago

Petition to Tokyo Governor Koike

Cancel the Olympic public viewing venues planned for Inokashira Park and other locations!

|日本語| We call for the cancellation of the Olympic public viewings to be held at the Inokashira Park Live Site. We also call for the cancellation of the large-scale public viewings planned by local governments across the country. In spite of the government's policy that it is important to control the flow of people during the pandemic, large-scale public viewings are scheduled to take place at locations nationwide. After Rochelle Kopp started a petition on change.org,  many people shared their opinions on Twitter and articles appeared in the press, leading to cancellation of the public viewing planned for Yoyogi Park. However, the public viewing at the Inokashira Park Live Site, which is expected to have 20,000 people, is still being prepared. While there are problems with all the public viewings planned by municipalities, where thousands or tens of thousands of people will be crowded into one place and screaming, we hope that the Tokyo Metropolitan Government will first cancel the planned public viewing at Inokashira Park, which is the largest one. And we hope that those in charge of the operations of the other public viewing venues will reconsider whether to hold theirs. Tokyo Governor Koike has said that it is important to "control the flow of people" and furthermore, "I ask all residents of Tokyo to refrain from going out. In particular, please refrain from going out after 8 p.m. on weekdays, and on Saturdays and Sundays. Please refrain from traveling between Tokyo and the surrounding prefectures.” There is no consistency between these statements and plans for holding a public viewing, as a public viewing creates unnecessary movement of people. Public viewing of the Olympics should be absolutely cancelled for the following reasons 1. 20,000 people gathered in one place to "shout” It is said that loud cheering will be prohibited at the public viewings, but when the Japanese team scores or turns the game around, how will people restrain themselves from cheering or shouting?  Of course there are going to be a lot of droplets flying. 2. Not only the venue, but also the area around the nearest station and the downtown area will be packed with people Everyone knows about the huge crowds in Shibuya, Roppongi, etc. after the public viewing of Japan's national soccer team matches, and how rough it was on the surrounding streets, and in pubs, sports bars, etc. Can the hustle and bustle in Kichijoji and Mitaka after 20,000 people gathered in Inokashira Park, and the overcrowded trains, be tolerated? There are at least three games scheduled for the Japanese men's national soccer team alone, and three baseball games and many other games that are expected to draw large crowds. 3. Games ending at 10 pm Due to consideration of broadcasting times in the U.S., the soccer and baseball games will not end until 10 pm. At that hour, 20,000 people will leave the public viewing venue. With either the state of emergency or “manen boshi” rules likely to be in place, most restaurants and bars will be closed. Probably many people will buy liquor at convenience stores and drink in the streets. This could lead to a fifth wave of infection in the areas of Kichijoji and Mitaka surrounding the Inokashira Park public viewing. 4 It is difficult to keep social distance in the standing space In the planned public viewing venues, some or all of the spaces will be standing room only. True distance management will be impossible. 5. Large-scale public viewing attracts people from a wide geographical area It is fundamentally contradictory for the Tokyo metropolitan government to conduct large-scale public viewing at the same time that it is advocating that citizens refraining from crossing the borders between Tokyo and the surrounding prefectures. For these reasons, large-scale public viewing of the Olympic Games is extremely dangerous and poses a risk not only to the participants but also to the surrounding residents and users of the nearest train station. We strongly urge cancellation of the planned public viewing in Inokashira Park. We also urge the cancellation of the large-scale public viewings being organized by local governments scheduled nationwide. The Inokashira Park live site can be cancelled at the discretion of Governor Koike, the Organizing Committee and the sponsors. Other municipalities can also stop their public viewings if the head of the municipality decides to stop it. The decision should be able to be made independently from the IOC. If you are new to change.org, you will need to enter your name and email address. Don't worry, you don't need to donate to support this campaign. If you click on the "Share" button, a link will appear so that you can easily share this campaign on social media. In addition to the public viewing, we are also collecting signatures on a petition to call for the cancellation or postponement of the Olympics itself.  Members of the press and others who have questions, please contact us via Twitter or email. https://twitter.com/_watashitachi info@watashitachi.org We are a voluntary organization. Watakushitachi is a voluntary organization. We started this campaign with the aim of "manifesting the majority" in order to prevent the government from going in the opposite direction of what the majority of the people support.

任意団体「わたしたち」
39,810 supporters
Update posted 1 month ago

Petition to トーマス・バッハ , アンドリュー・パーソンズ , 菅義偉 , 丸川珠代 , 小池百合子 , 橋本聖子

人々の命と暮らしを守るために、東京五輪の開催中止を求めます Cancel the Tokyo Olympics to protect our lives

EN / FR / DE 【ご署名前に必ずお読みください】 *注意  ご署名いただくと、本署名サイトChange.org様から寄付の呼びかけが表示されますが、宇都宮けんじへの寄付にはなりませんのでご注意下さい。あくまでもオンライン署名サイトChange.org様への寄付であり、寄付はチーム宇都宮けんじとは関係はありません。申し訳ございませんが、Change.orgさんのサイトのシステム上、チーム宇都宮けんじでは寄付について対処することはできません。寄付についてのお問い合わせや解除は、Change.org様へご連絡をお願い申し上げます(お問い合わせフォームはこちら)。また、「寄付なし」でも署名としてカウントされますのでご安心ください。 また、数名の無償ボランティアによって運営しておりますため、東京五輪中止に関する個別のご意見・ご要望やお問い合わせにつきましては、ご返答が難しい状況にあります。ご了承いただけましたら幸いです。 *お詫び インターネットを使わない方が署名できるよう、直筆署名をしてほしいというご要望をいただいておりますが、複合的な事情によってオンライン署名のみにしております。主な理由は下記2点です ① 新型コロナウィルスの感染防止のため② 署名者の重複を避けるため 署名サイトChange.orgさんは、同一人物が複数回署名できないよう厳重なシステムになっています。直筆署名も含めてしまうと、その中にオンライン署名をしている方もいる可能性も生じてしまいますので、そうした不正を防ぐためにもChange.orgさんでのオンライン署名に一本化させていただきます。 なお、インターネットの操作が不得意な方々向けに、添付のチラシを作成して署名方法をご案内しております。下記サイトをご覧いただけましたら幸いです。https://utsunomiyakenji.jp/wp-content/uploads/2021/05/print.pdf ============================================= 「人々の命と暮らしを守るために、東京五輪の開催中止を求めます」  現在、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、政府、東京都、および公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、2021年の東京オリンピック・パラリピック開催を強行しようとしています。 ところが、周知のように東京都のみならず、国内各地、さらには世界各国では今日に至るまで新型コロナ感染拡大はまったく止まっておりません 。昨年末から開始されたワクチン接種も、現在のところ欧米などの一部地域で普及しているにすぎず、感染防止の決定打とはなっておりません。 ── 命や暮らしを危険にさらしてまで東京五輪を開催するのか  このような状況下で、本年7月に東京オリンピック・パラリンピックを安全に開催できると考えることは極めて難しいと言わざるをえません。この状況で開催すれば、「平和の祭典」であるはずの五輪は、その理念から大いに逸脱することになります。出身国によって、満足のいく準備をまったくできなかったアスリートとそうでないアスリートのあいだに、多大な格差が生じます。また、東京に来たところで、感染のストレスにたえずさらされ、厳しい制限を課せられては、満足のいくパフォーマンスを発揮することは不可能です。 東京オリンピック・パラリンピックを7月に開催するためには、大勢の医療従事者の方々、また医療施設や医療設備などの貴重な資源、その他のさまざまなリソースを割かなければなりません。しかし、すでに各種団体が指摘するように、現在の東京都および日本全体にその余裕はまったくありません。外国からの観客を制限したところで、五輪は大規模な人の移動と接触を引き起こします。五輪によって感染状況が悪化することは大いにありうると言えます。 ただでさえ深刻な不足に直面している医療資源を五輪に回すことは、コロナ禍で疲弊している医療従事者の方々をさらに苦しめ、住民および参加者の命と暮らしを危険にさらすことになります。 ── 五輪中止で利用可能となった資源を人々の命や暮らしを守ることに使おう  また、新型コロナ感染症により、多くの人々は命を脅かされると同時に、経済的にも困窮を強いられています。とりわけ、非正規雇用で働くことの多い女性・若年層・高齢者の暮らしは、わずか一年たらずで劇的に悪化しました。現在、多くの方が、民間団体の主催する食糧や住居の各種支援に頼って暮らしています。このような状況のなか、五輪の延期にともなう追加費用は3000億円にも上りました(経費総額は1兆6440億円)。 人々の命と暮らしを守ることが自治体の本義であるならば、東京五輪は一刻も早く開催中止を宣言し、窮乏にあえぐ人々に資源を割くべきではないでしょうか。 ── 国内外から高まる五輪中止の声に耳を傾けて即刻中止判断を  すでに国内外での新聞等による各種世論調査では、五輪開催の中止または延期を求める声がいかに多いかが繰り返し示されています。また、国内外のメディア、多くの政治家たち、またアスリート自身も五輪開催を難しいとするとの意見を繰り返し発表してきました。 政府や都、組織委員会がいまだに五輪中止の判断や要請をしていないことはあまりに遅い失策ですが、今からでも東京オリンピック・パラリンピックの今夏開催中止を即刻決断し、五輪中止によって利用可能になった各資源を、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぎ、人々の命と暮らしを守るために向けることを強く求めます。   宇都宮けんじ(弁護士)〈宇都宮けんじ公式HP〉 1946年愛媛県生まれ。1969年東京大学法学部中退、司法修習所入所。1971年弁護士登録、東京弁護士会所属。弁護士として、クレジット・サラ金問題に早くから取り組み、多重債務に苦しむ多くの人を助けてきた。また、反貧困ネットワーク代表世話人として、貧困問題の解決に向けた運動にも取り組んでいる。コロナ禍においては、仕事を失う、住宅を失う、大学に通えない方が増える状況を踏まえ、「新型コロナ災害緊急アクション」として 、支援活動や「大人食堂」での生活相談などを行っている。 ▼本署名運動詳細は下記をご覧くださいhttps://utsunomiyakenji.jp/stoptokyoolympic/ ▼報道関係者さまは下記をご覧ください  https://utsunomiyakenji.jp/pressrelease-stoptokyoolympics-jp/  

宇都宮けんじ Kenji Utsunomiya
462,733 supporters