Topic

human rights

9 petitions

Update posted 1 week ago

Petition to pemot2011@gmail.com

水田先生を私たちに返してください! We want our Teacher Dr. Mizuta back!!

私たちは、城西国際大学大学院の学生です。同大学院人文科学研究科で水田宗子先生の比較ジェンダー論の研究指導を受けており、皆本年度中の論文提出を予定しています。  ところが、本年の新学期開始以降の4月3日、突然水田先生は大学からの一方的な通知によって、本年度の授業を開講できなくなり、私たちの論文指導を行うことができなくなってしまいました。  しかし、城西国際大学は、この件を私たちにすぐに知らせることもなく、論文完成間近に指導教員を失うという私たちの緊急事態に対して、個別具体的なサポートを提示することもなく、指導教員の変更を示唆した上で、現在に至るまでただ漠然とした支援を表明するだけです。事実上、私たちは指導中止の状態で放置されたままです。  一方、私たちは、博士論文の指導は高度な専門性に基づくものであり、水田先生の専門性を頼って指導をうけている私たちにとって、先生以外の指導教員は考えられないこと、突然の指導教員の変更は、論文の完成を妨げ、論文の価値を著しく損なうこと、論文完成間近の指導教員の変更はありえないことを訴え、何度も水田先生の指導継続を訴えました。しかし、これについて大学側は一貫して拒否しています。 水田先生は、比較ジェンダー論、女性学、フェミニズム批評をリードしてきました。私たちは皆、その学問的な業績を頼って遠路はるばる水田先生の指導を仰ぎに来たもの、積年の研究課題を抱え、指導教員を捜しまわったあげく、先生に出会ってやっと論文作成に着手できたものなど、水田先生の教員としての高い知識や経験、技能、指導力を頼りにしてきたものばかりです。  こんな私たちに対して、先生は熱心に指導してくださいました。その熱意溢れる指導の下、私たちは長年にわたって論文完成への試行錯誤を続けてきました。そこには長年の信頼関係があります。そして、私たちもそれぞれ、激務の職業との両立で、睡眠時間を削って研究に打ち込んだもの、家族の介護等の心身に堪える状況下で、体調不良を乗り越えてきたもの、これまでのキャリアを断念して論文に打ち込んでいるものなど、苦難を乗り越えながら自分たちの論文に賭け、完成へと邁進してきました。この結果、私たちは本年度に論文の提出を計画できるところまでこぎつけました。  ところが、今回の大学側の突然で一方的な決定と、その後の大学側の水田先生の指導継続拒否及び私たちの放置によって、私たちの論文提出計画は壊滅的な打撃をうけることになってしまいました。本年6月に論文の提出が行えないと、現職に深刻な影響がでるものもおり、私たちの研究者生命は危機に瀕しています。現在も城西国際大学は私たちに対して誠意ある態度を見せていません。もう私たちにはあまり時間がありません。この段階で指導教員をわたしたちからとりあげるのは、ネグレクトという名のアカデミックハラスメントと言わざるをえず、大学側に強く抗議したいと思います。 このように私たち学生に対するハラスメントがたやすく行われるのは、城西国際大学による、自校生や自校出身者に対する軽視の構造があるからだと思います。私たちはこの絶望的な状態を打破しなければなりません。ぜひ皆さまにこの私たちの苦境を知っていただき、現状を変えるべくご支援を賜りたく、ここにお願い申し上げます。ご賛同くださる方は署名にご協力ください。よろしくお願いいたします。   追記:以下に英訳版を記します。 We want our Teacher Dr. Mizuta back!! We are a group of graduate students of Josai International University (Tokyo, Japan) affiliated to the Graduate School of Humanities, scheduled to submit our doctoral dissertations during this academic year and our thesis advisor has been Dr. Noriko Mizuta ever since we entered this university.  To our surprise, on April 3rd, 2017, as the new academic year started, the University (Josai International University) sent a notification to Dr. Mizuta to stop teaching, resulting us to lose our long-time teacher and thesis advisor.  However, the University neglected to notify us immediately about this sudden change, resulting us to be left in an emergency without our thesis advisor just when we are reaching the stage of dissertation completion.  The University suggested to change our thesis advisor, without any concrete plans of support for us, repeating their vague generalities of support provisions to this day.  This means that we are left without our thesis advisor, or rather we are left suspended and deprived of any formal guidance provided by the University. On one hand, we can never think of any other thesis advisor than Dr. Mizuta since doctoral theses guidance should require highly specialized academic qualification, and therefore, we made our decision to enter this university seeking specific academic guidance by Dr. Noriko Mizuta.  Therefore, this sudden suggestion by the University to change the thesis advisor at this point of time means interference, disturbance, and moreover devaluation of our doctoral dissertations.  So, we protest against this change of dissertation advisor by the University at the final stage of completion, repeatedly appealing to the University to continue to provide the thesis guidance by Dr. Mizuta, to which the University has consistently rejected us.  On the other hand, Dr. Mizuta has consistently played the leading role in Japan and beyond in the field of Comparative Gender Studies, Women’s Studies, and Feminism Criticism.  We came to this university from afar and near, not only in Japan, but from abroad, to seek academic guidance by Dr. Noriko Mizuta.  All of us here, have had past long and difficult history as individuals wandering and searching life journey with our research theme, and finally found our teacher Dr. Mizuta, under whose commitment in teaching, excellent academic achievement, long-time teaching experience, and exceptional teaching ability, we at last could have found the way to writing the actual dissertation writing.  We want you to understand how Dr. Mizuta taught us and provided enthusiastic guidance toward us.  We want you to understand how we at last found our teacher in the person of Dr.  Mizuta, for our life-long research theme.  Together, we have discussed our research themes, many a times in trial-and-error, but some gratifying moments of “Eureka!” We want you to understand our long-time mutual trust relationship in our learning processes.  We all did this while as a working students trying to perform both job duties as well as our student life, sacrificing many sleeping hours, or performing our double duties for our ailing family members, overcoming physical difficulties, stopping our carrier path in order to concentrate in dissertation writing, thusly we have reached at our final completion stage.  As a result, we have come to the final stage of submitting our dissertations within this academic year. We would like you to see how devastating our situations are caused by such one-sided decision by the University to stop Dr. Mizuta to teach, continue to be our thesis advisor.  Now, since we cannot submit our dissertations in June, 2017, some of our job path will be forever damaged, and that means our life as academic scholar will be choked to death.  The impact is grave!  Still the University has not shown any sincerity toward our situations.  Our time is running out! We do not have time!  To take up our thesis advisor, Dr. Mizuta, from us at this last stage of Dissertation-writing completion, therefore means nothing but an act of neglect, one type ofacademic harassment on the part of the University.  We strongly protest against the University. Now we would like to change the attitude of the University against us, since we suspect that incurable disregard of its students by the University easily causes such harassment.   We urge you, we appeal you know what is happening to us. We are requesting your favor to extend your moral support. Thank you for your powerful moral support for us.     

水田ゼミ院生一同
439 supporters
Started 2 months ago

Petition to ロシア検事総長 Yury Chaika

チェチェンで100名以上の同性愛者が強制収容所へ拉致・殺害されています!今すぐ止めてください!

Русский/English/Deutsch/Español/Polski/Japanese 今ロシア連邦の一部であるチェチェン共和国内では、100名以上の男性たちが、同性愛者と疑われただけで強制収容所に拉致され拷問を受け屈辱され、命の危険に晒されています。 一部報道では、大量殺戮も起きているのではないかと言われています。現在少なくとも3人の男性の死亡が確認されています。4月上旬、地元の独立紙Novaya Gazetaは2つの記事を公開し、「拘留された人たちは拷問され、辱められ、暴行を受けている。何人かは瀕死の状態まで殴られ、骨と皮のような状態で親戚の元に戻された。2人は確実に死亡した」という目撃者の証言と共に事件を報じました。 同紙によると、地元の警察により、「予防的措置」として「同性愛者狩り」が実施されているとのことです。チェチェン共和国内でのこのような「予防的措置」は、アルコール飲用者、薬物使用者、不倫関係の者、不適切な外見、過激思想主義者、あるいは単なる交通違反者までターゲットにされています。 今回の事件では、同性愛という地元では伝統的にタブーとされてきた問題がターゲットになっています。そのため、被害者は死の危険にまで晒されても、家族の名誉が傷つく事を恐れ、警察などに被害を名乗り出る事ができません。また、タブーである同性愛者を家族の恥と捉える人による「名誉殺人」を、権力側も暗に肯定していることも事態の発覚を遅らせています。より詳細な報道はこちらからもご覧いただけます(英語)。 私たちは、チェチェンで起きているLGBT当事者たちへの不当な抑圧の事実を明るみにするための捜査と、不当な暴力や殺人を犯した者たちへの罰則、そして権力により行われている法的根拠のない暴力と殺人を一刻も早く止めることを求めます。 皆さんの賛同をよろしくお願いします!

Игорь Я.
506,768 supporters
Started 4 months ago

Petition to 学園の先生方

制服を選択制に変える!For a school without gendered uniforms

私たちの学校では、制服は男女別の指定であり、性的少数者やLGBTQ+として意識する生徒に対しての考慮がない状況です。生まれ持った性別において期待される役割に対し不快に感じる学生が存在します。そのため、女子生徒はスカートを着用し、男子生徒はスラックスを着用するという義務づけは、戸籍上の性別に対して違和感を感じる生徒が自らのアイデンティティーを表現できなくさせてしまいます。 近年、日本ではLGBTQ+当事者の権利についての意識が急速に高まっています。文部科学省では、2015年に「性同一性障害や性的指向・性自認に係る、児童生徒に対するきめ細かな対応等の実施について」の報告書を発行し、生徒が着心地良い服を着用できる権利を全国の学校に検討するよう呼びかけました。その翌年、ヒューマン・ライツ・ウォッチでは「出る杭は打たれる:日本の学校におけるLGBT生徒へのいじめと排除」という報告書を発表しました。さらに、朝日新聞ではスカート・ズボンの選択制を導入した女子校を紹介し、愛知県にある学校でこの「制服改正」について総会を通した議題になったことを記事にしました。なお、当校は文部科学省の人権教育研究指定校として、この白書に基づいた課程を実行していました。 私たちの目標は、本校の生徒全員がスラックス、スカート、ネクタイとリボンを着用することができる上、髪型の規制も男女別にしないよう、制服の規定を学校に見直してもらうことです。 現在の制服の規定はすべての生徒が「本学園の生徒らしい品位と姿勢を持って、清潔感のある身だしなみ及び行動」をとるという前提に基づいています。しかし、学校に「スカートを履いてくる」ことや「ズボンを履いてくる」ことよりも多くの選択肢を生徒に与えることは、生徒がだらしない格好をするためではなく、生徒全員の基本的人権を考慮するためです。学校は抑制される場所と認識する生徒がいてはなりません。 このキャンペーンは、性的少数者やLGBTQ+当事者の権利を念頭に置いて本校の制服の規定を見直してもらい、そのために以下の対応を求めます: 本校の保健の授業課程に性自認(ジェンダー)や性的指向など、LGBTQ+に関する教育を実施すること。 制服の選択制を導入することについて学園規模の調査を行うこと。 制服の選択制の導入について、LGBTQ+の生徒代表者を含むPTA会議を開催すること。 性的区別のない制服の可能性において、伊勢丹と協議をすること。 本学園の生徒全員がより快適で寛大な環境で学ぶために、ご協力をお願い致します。 ****************************** At our school, uniforms are based upon the gender binary that is not supportive of students who are sexual minorities or identify themselves as LGBTQ+. There are students who do not feel comfortable with their assigned gender expectations, which is why obliging female students to wear skirts and male students to wear trousers may prevent them from expressing their true identities. In recent years, awareness over LGBTQ+ rights has been rapidly increasing in Japan. In 2015, MEXT published a report called "Guideline for Students with Gender Identity Disorder or Varied Sexual Orientation/Gender Identification" calling out for schools to consider the rights of gender dysphoric students to wear what they’re comfortable in. The very next year, Human Rights Watch released a report called, “The Nail That Sticks Out Gets Hammered Down”, which explored the struggles LGBTQ+ students experience within a Japanese school environment. Asahi Newspaper has also introduced an all girls’ school that has implemented a selection system to wear skirts or trousers, while presenting how a school in Aichi held a school-wide discussion over this uniform policy. This school actually is a MEXT designated human rights education school, which follows the guidelines and curricula presented by this white paper. Our mission is for our school to reconsider gendered uniform regulations, so that trousers, skirts, neckties, and ribbons will be available wear for all students, and hairstyle choices will be non gendered. Our school’s uniform regulations are founded upon the premise that all students must “straighten their appearance as well as take actions that holds a sense of cleanliness”. However, offering students with more options than “skirts or trousers” or “ribbons or ties” is not a way for students to be foolish, but a basic human right for all students to be considered, as schools should not be a place to feel restricted. This petition requests for our school to reconsider these regulations in mind of transgender and sexual minority rights, through actions including: Implementing education on gender identity, sexual orientation, and other LGBTQ+ matters in the health class curriculum. Conducting a school-wide survey regarding a selection system for uniforms. Organizing a PTA meeting with LGBTQ+ student representatives about this new uniform policy. Consulting Isetan about the possibility of all-inclusive uniforms. We ask for your cooperation in creating a more accepting and open environment for all students.

VOICE
301 supporters