Topic

human rights

10 petitions

Update posted 4 days ago

Petition to 内閣総理大臣 安倍晋三, 厚生労働大臣 塩崎恭久, 加藤勝信

息子の死を無駄にしないために日本の精神科医療の身体拘束を見直してください。

去年の五月、日本で英語教師として働いていた私の息子、ケリー・サベジが神奈川県の精神科病院で入院中に心肺停止で見つかり、その後亡くなりました。 10日あまり精神科病棟で入院していたところの、突然の出来事でした。 ケリーが入院していた病院に、亡くなった原因の調査や、身体拘束の方針の見直しについて求めていますが、満足の行く回答をもらえていません。 交換留学で日本人の高校生を家族で受け入れて以来、ケリーは日本が大好きになり、折り紙やトトロなど日本の映画を見ては、日本文化に魅了されていきました。高校、大学を通して日本語を学び、日本で英語教師になるため資格を取り、鹿児島の小中学校で2年ほど子供たちに英語を教えてきました。同僚の先生方や生徒たちにもとても好かれていました。 そんな中うつ病が再発し、日本の病院で入院しましたが、2週間経たないうちに心肺停止で発見されました。入院直後から足、腰、手首を拘束されてベッドに寝かされていたようです。 実は日本の精神科医療の現場では、他国に比べて身体拘束の時間が著しく長いことが調査でわかっています。 日本での身体拘束の平均実施日数は、11病院の689の患者を対象に行った調査によると96日でした[1]。一方、諸外国の実施時間はせいぜい数時間から数十時間です。 精神科に入院する人は一握りだと思われるかもしれませんが、実は日本の精神科医療で身体拘束を受ける人の数は増加を続けています。 厚生労働省の調査によれば、身体拘束を受ける患者は2014年度に1万人を超え、過去最高を更新しています。ここ10年で2倍のペースです[2]。 長時間の身体拘束は、精神的な苦痛を与えるだけでなく、エコノミークラス症候群とも呼ばれる「深部静脈血栓症」を引き起こし、死に至る可能性があります[3,4]。これだけの患者の方々が入院する中で、適切な治療が行われるためにも、今、日本でも精神科医療の身体拘束のあり方を見直すことが必要ではないでしょうか。 そこで精神科医療の身体拘束について詳しい杏林大学保健学部教授の長谷川利夫氏とともに、精神科医療の身体拘束を考える会を立ち上げ、日本の身体拘束を改善するための要望を国などに訴えていくことにしました[5]。 長谷川教授によれば、同じような経験は日本のみなさんにも多く見られると聞きます。 せめて、ケリーに起きたことをもとに、こういったことが繰り返されないようにと願っています。日本に魅了されたケリーは日本から様々な経験や楽しい思いをもらってきたに違いありません。彼に起きた出来事が、今度は日本の精神科医療の改善につながるようにと願っています。 この要望を厚生労働省に届けられるよう、皆様もぜひご賛同をよろしくお願いいたします。 【要請項目】 精神科病院内において、長時間(24時間以上)の身体拘束を禁止すること。 精神科病院内において、身体拘束による人権侵害が起きていないかを早急に調査すること。 精神科医療における身体拘束による人権侵害や死亡が起きることがないように、精神医療の現場において、身体拘束の実施過程を録画などで可視化し、実施後に検証できるように14日間以内に患者本人もしくは遺族に公開すること。 身体拘束の実施人数の縮減し、実施期間の圧縮が図られるよう、目標値を設置し、実現向けて政府としてリーダシップを発揮すること。 患者、遺族への診療情報の提供については、厚生労働省の「診療情報の提供の指針」に基づき、情報の開示がなされるよう、病院に対し、強力に指導すること。 日本の精神科医療を受ける方々が必要以上に身体拘束をされ、命を落としたり、適切な医療を受けられないということがないよう、ぜひ、皆さんの賛同をよろしくお願いいたします。   参考資料:[1]長谷川利夫. (2016). 精神科医療における隔離・ 身体拘束実態調査 ~その急増の背景要因を探り縮減への道筋を考える~. 病院・地域精神医学, 59(1), 18–21.[2] https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170201-OYTET50013/[3] Dickson BC, Pollanen MS: Fatal thromboembolic disease: A risk in physically restrained psychiatric patients. J Forensic Leg Med 2009; 16:284–286.[4] https://www.e-rapport.jp/team/action/sample/sample07/01.html[5] 【ホームページ 精神科医療の身体拘束を考える会】https://www.norestraint.org English version: https://goo.gl/UBSyzd 【精神科医療の身体拘束を考える会】https://www.norestraint.org

Alliance against physical restraint in psychiatric care (精神科医療の身体拘束を考える会)
7,923 supporters
Update posted 3 weeks ago

Petition to 法務省入国管理局 , 東日本入国管理センター

#FREEUSHIKU 東日本入国管理センターはインド人男性の死の責任を明らかにし、無期限長期収容をやめよ。【5月28日東日本入国管理センター提出済、法務省提出に向けて継続中】

English Petition: https://www.change.org/p/immigration-bureau-of-japan-freeushiku-stop-long-detention-by-japan-immigration-bureau-investigate-suicide-incidents 【5月28日、本署名を東日本入国管理センターに提出しました。法務省への提出に向けて署名を引き続き募っています。】 牛久の入国管理センターは長期収容を直ちにやめてください。ディパク・クマルさん(享年32歳)の死の経緯と責任を第三者委員会によって明らかにし、収容者に対する医療を保障してください。 4月15日ころから、茨城県牛久にある東日本入国管理センターで、収容されている外国籍の人々がハンガーストライキを行っています。昨年5月のハンガーストライキよりも大規模になっており、現時点での詳細な状況は分からないものの、決死の覚悟で人権剥奪に抗議している深刻な事態です。私たちは日本が批准している国連人権規約および難民条約の人権規定にもとづき、収容者の求めに強く賛同して、以下の三点をもとめます。 1. 4月13日に同センター内で自死したディパク・クマルさん(享年32歳)の死に関して、人が死に追い込まれるほどの収容を継続した責任の所在を第三者委員会によって調査させてください。日本の入管に収容された方の自殺は2006年以来4人目です。 2.入国管理センターは刑務所ではありません。半年から3年以上にも渡って期限も知らせずに強制収容する習慣をやめ、長期収容されている人々を仮放免し、PTSDのケアについて責任をもって方針を明らかにしてください。 3. センター内における医療アクセスを改善し、これまでのように病人がセンター内で十分な医療を受けられず死に至る状況を直ちに変えてください。同施設では、2014年にはイラン人(33歳)とカメルーン人(40代)が病死しています。東京弁護士会も、第三者機関による検証と再発防止策を求めています。https://www.toben.or.jp/message/seimei/2-1.html   にもかかわらず、2017年にはさらにベトナム人が同じセンターで激しい体調不良を訴えても医療を受けさせてもらえないまま亡くなりました。https://www.asahi.com/articles/ASKD45CXYKD4UTIL04Q.html  説明:少なくとも100名以上の収容者による今回のハンガーストライキのきっかけは、4月13日に仮放免申請の却下を受けたディパク・クマルさんという32歳のインド人男性が、翌日センター内のシャワールームで自死したことでした。2017年4月に来日してから難民申請を行い、同年7月から今月まで入国管理局に無期限収監されていました。今回のクマルさんの事件は、インドでもすでに報道されています。http://www.tribuneindia.com/news/punjab/ludhiana-man-dies-in-japan-kin-seek-probe/574469.html ロイターによれば、2006年以来、日本の入国管理局に収容された外国人の自殺は4人目です。その他、医療へのアクセス不良などを背景として収容中に10人の方が亡くなっています。https://www.reuters.com/article/us-japan-detention-death/indian-man-dies-in-japanese-immigration-detention-center-in-apparent-suicide-idUSKBN1HK18Z 「牛久の会」によれば、東日本入国管理センターの収容者たちは、今年3月にはセンター所長宛の「嘆願書」で、国連人権規約が「犯罪により処罰される場合を除き、肉体的、精神的な苦痛を受けない」としているにもかかわらず、センターで人権を剥奪されていることを訴えています。http://www011.upp.so-net.ne.jp/ushikunokai/ Since the death of an Indian man on April 13 at the East Japan Immigration Center in Ibaraki Prefecture, detainees have been refusing to eat. The number of participants is much larger than the previous such strike at the same facility in May 2017. The detainees are currently protesting against the deprivation of human rights at the risk of death. In light of the International Bill of Human Rights and Convention relating to the Status of the Refugees, we strongly approve the detainees’ requests and urge the East Japan Immigration Center and the Immigration Bureau of the Ministry of Justice to fulfill the following demands. 1. Set up a third-party committee of investigation to clarify who have been responsible for continuing the dehumanizing detention, which led Mr. Deepak Kumar to take his own life at the age of 32 at the detention center on April 13th. 2.The Immigration Center is not a prison. The habit of detaining people indefinitely from 6 months up to more than 3 years should be immediately halted, and the detainees, especially those who have been subject to long detentions, should be granted a temporary release status. Moreover, the center should clarify the ways in which it will care for the Post Traumatic Stress Disorder many ex-detainees suffer upon release. 3.Improve access to medical care inside the detention center, where the detainees are not allowed to see a doctor even when they are in urgent need of medical attention. As a result, a 33 year-old Iranian and a Cameroonian person have died during detention in 2014 at the East Japan Immigration Center. Tokyo Bar Association has issued a statement about the incident, indicating the grave responsibility of the Immigration Bureau of the Ministry of Justice. Last year, a Vietnamese man died in the same facility after his pleas for medical attention have been ignored by the center staffs. More than a hundred detainees at the East Japan Immigration Center have launched a hunger strike following the apparent suicide of Mr. Deepak Kumar, a 32 year-old Indian man who was informed of the denial of temporary release status the previous day after 9 months of detention. Mr. Kumar came to Japan in April 2017. He was denied a refugee status and had been detained by the Immigration Bureau since July 2017. His family is demanding the Indian government to probe into the case. The family is waiting for his return. Reuters reports that this is the fourth case of suicide committed by the detainees held by Japan’s Immigration Bureau since 2006. In addition, 10 people have died during detention in facilities notorious for the difficult access to medical care.In March 2018, the detainees at the East Japan Immigration Center have sent its chief manager a letter of petition and requested to end the system of long and dehumanizing detention by which the Immigration Center effectively violates the International Bill of Human Rights.

#FREEUSHIKU
17,353 supporters
Update posted 1 month ago

Petition to pemot2011@gmail.com

水田先生を私たちに返してください! We want our Teacher Dr. Mizuta back!!

私たちは、城西国際大学大学院の学生です。同大学院人文科学研究科で水田宗子先生の比較ジェンダー論の研究指導を受けており、皆本年度中の論文提出を予定しています。  ところが、本年の新学期開始以降の4月3日、突然水田先生は大学からの一方的な通知によって、本年度の授業を開講できなくなり、私たちの論文指導を行うことができなくなってしまいました。  しかし、城西国際大学は、この件を私たちにすぐに知らせることもなく、論文完成間近に指導教員を失うという私たちの緊急事態に対して、個別具体的なサポートを提示することもなく、指導教員の変更を示唆した上で、現在に至るまでただ漠然とした支援を表明するだけです。事実上、私たちは指導中止の状態で放置されたままです。  一方、私たちは、博士論文の指導は高度な専門性に基づくものであり、水田先生の専門性を頼って指導をうけている私たちにとって、先生以外の指導教員は考えられないこと、突然の指導教員の変更は、論文の完成を妨げ、論文の価値を著しく損なうこと、論文完成間近の指導教員の変更はありえないことを訴え、何度も水田先生の指導継続を訴えました。しかし、これについて大学側は一貫して拒否しています。 水田先生は、比較ジェンダー論、女性学、フェミニズム批評をリードしてきました。私たちは皆、その学問的な業績を頼って遠路はるばる水田先生の指導を仰ぎに来たもの、積年の研究課題を抱え、指導教員を捜しまわったあげく、先生に出会ってやっと論文作成に着手できたものなど、水田先生の教員としての高い知識や経験、技能、指導力を頼りにしてきたものばかりです。  こんな私たちに対して、先生は熱心に指導してくださいました。その熱意溢れる指導の下、私たちは長年にわたって論文完成への試行錯誤を続けてきました。そこには長年の信頼関係があります。そして、私たちもそれぞれ、激務の職業との両立で、睡眠時間を削って研究に打ち込んだもの、家族の介護等の心身に堪える状況下で、体調不良を乗り越えてきたもの、これまでのキャリアを断念して論文に打ち込んでいるものなど、苦難を乗り越えながら自分たちの論文に賭け、完成へと邁進してきました。この結果、私たちは本年度に論文の提出を計画できるところまでこぎつけました。  ところが、今回の大学側の突然で一方的な決定と、その後の大学側の水田先生の指導継続拒否及び私たちの放置によって、私たちの論文提出計画は壊滅的な打撃をうけることになってしまいました。本年6月に論文の提出が行えないと、現職に深刻な影響がでるものもおり、私たちの研究者生命は危機に瀕しています。現在も城西国際大学は私たちに対して誠意ある態度を見せていません。もう私たちにはあまり時間がありません。この段階で指導教員をわたしたちからとりあげるのは、ネグレクトという名のアカデミックハラスメントと言わざるをえず、大学側に強く抗議したいと思います。 このように私たち学生に対するハラスメントがたやすく行われるのは、城西国際大学による、自校生や自校出身者に対する軽視の構造があるからだと思います。私たちはこの絶望的な状態を打破しなければなりません。ぜひ皆さまにこの私たちの苦境を知っていただき、現状を変えるべくご支援を賜りたく、ここにお願い申し上げます。ご賛同くださる方は署名にご協力ください。よろしくお願いいたします。   追記:以下に英訳版を記します。 We want our Teacher Dr. Mizuta back!! We are a group of graduate students of Josai International University (Tokyo, Japan) affiliated to the Graduate School of Humanities, scheduled to submit our doctoral dissertations during this academic year and our thesis advisor has been Dr. Noriko Mizuta ever since we entered this university.  To our surprise, on April 3rd, 2017, as the new academic year started, the University (Josai International University) sent a notification to Dr. Mizuta to stop teaching, resulting us to lose our long-time teacher and thesis advisor.  However, the University neglected to notify us immediately about this sudden change, resulting us to be left in an emergency without our thesis advisor just when we are reaching the stage of dissertation completion.  The University suggested to change our thesis advisor, without any concrete plans of support for us, repeating their vague generalities of support provisions to this day.  This means that we are left without our thesis advisor, or rather we are left suspended and deprived of any formal guidance provided by the University. On one hand, we can never think of any other thesis advisor than Dr. Mizuta since doctoral theses guidance should require highly specialized academic qualification, and therefore, we made our decision to enter this university seeking specific academic guidance by Dr. Noriko Mizuta.  Therefore, this sudden suggestion by the University to change the thesis advisor at this point of time means interference, disturbance, and moreover devaluation of our doctoral dissertations.  So, we protest against this change of dissertation advisor by the University at the final stage of completion, repeatedly appealing to the University to continue to provide the thesis guidance by Dr. Mizuta, to which the University has consistently rejected us.  On the other hand, Dr. Mizuta has consistently played the leading role in Japan and beyond in the field of Comparative Gender Studies, Women’s Studies, and Feminism Criticism.  We came to this university from afar and near, not only in Japan, but from abroad, to seek academic guidance by Dr. Noriko Mizuta.  All of us here, have had past long and difficult history as individuals wandering and searching life journey with our research theme, and finally found our teacher Dr. Mizuta, under whose commitment in teaching, excellent academic achievement, long-time teaching experience, and exceptional teaching ability, we at last could have found the way to writing the actual dissertation writing.  We want you to understand how Dr. Mizuta taught us and provided enthusiastic guidance toward us.  We want you to understand how we at last found our teacher in the person of Dr.  Mizuta, for our life-long research theme.  Together, we have discussed our research themes, many a times in trial-and-error, but some gratifying moments of “Eureka!” We want you to understand our long-time mutual trust relationship in our learning processes.  We all did this while as a working students trying to perform both job duties as well as our student life, sacrificing many sleeping hours, or performing our double duties for our ailing family members, overcoming physical difficulties, stopping our carrier path in order to concentrate in dissertation writing, thusly we have reached at our final completion stage.  As a result, we have come to the final stage of submitting our dissertations within this academic year. We would like you to see how devastating our situations are caused by such one-sided decision by the University to stop Dr. Mizuta to teach, continue to be our thesis advisor.  Now, since we cannot submit our dissertations in June, 2017, some of our job path will be forever damaged, and that means our life as academic scholar will be choked to death.  The impact is grave!  Still the University has not shown any sincerity toward our situations.  Our time is running out! We do not have time!  To take up our thesis advisor, Dr. Mizuta, from us at this last stage of Dissertation-writing completion, therefore means nothing but an act of neglect, one type ofacademic harassment on the part of the University.  We strongly protest against the University. Now we would like to change the attitude of the University against us, since we suspect that incurable disregard of its students by the University easily causes such harassment.   We urge you, we appeal you know what is happening to us. We are requesting your favor to extend your moral support. Thank you for your powerful moral support for us.     

水田ゼミ院生一同
1,144 supporters
Update posted 4 months ago

Petition to 法務省入国管理局 , 東京入国管理局

3月22日(木)緊急抗議@品川東京入管【#FREE MEHRIBAN】東京入管はメルバンさんに対する非道な扱いをやめろ!

【メルバンさん面会&入管への署名提出を行う抗議スタンディングのお知らせ】 以下の日程で、現時点であつまった分の署名を入管に渡して、メルバンさんの即時解放と処遇改善を求める抗議スタンディングを行います。 [概要] 日時:2018年3月22日(木曜日)  ①14:30~15:30メルバンさんと面会(要身分証、混雑状況により人数制限、時間の前後あり。面会を希望される方は13:30までに入管前に集合してください。14時までに面会受付を済ませるためです。)  ②15:30 署名提出  ③18:00~19:00 入管前での抗議スタンディング 場所: 東京入国管理局(品川)  アクセス: http://www.immi-moj.go.jp/soshiki/kikou/map/tokyo_tokyo.html   ※品川港南口からバスで約13分「東京入国管理局前」下車 急な呼びかけとなり誠に恐縮ですが、ご署名いただいた方の多くに集まっていただき、メルバンさんを激励し、そして入管当局にメルバンさんの即時解放と処遇改善を働きかけたいと思います。 面会と署名提出については人数を制限される可能性が高いため、また、平日の開催ということもありますので、③の抗議スタンディングからのご参加も大歓迎です。 なお、こちらの署名のことは支援者の方を通じてメルバンさんにもお伝えいただいており、メルバンさんご本人も、こんなにも多くの人が関心を持ってくださっていることについて喜んでくれているとのことです。 ====== 1.メルバンさんを今すぐに解放しろ メルバン・ドゥールスンさんは6歳の頃からずっと日本で暮らしてきた22歳の女性です。メルバンさんはの両親はトルコで弾圧されていた少数民族のクルド人でした。 メルバンさんはその両親に連れられて6歳の頃に来日しました。メルバンさんの両親は難民認定の申請をしましたが認定されませんでした。メルバンさんはそれ以来仮放免という扱いで日本に適法に滞在し続けて、現在まで日本で暮らしてきました。メルバンさんは昨年(2017年)、適法な在留資格を有する外国人男性と日本で結婚し、幸せに暮らしていました。 メルバンさんは今まで何らの犯罪に関わったこともなく、また、仮放免として日本に適法に滞在するための手続も全て入管の指示に従って履践してきました。 ところが、入管当局は昨年(2017年)11月に、突如としてメルバンさんを拘束し、入国管理局の収容施設に強制収容したのです。 入管当局のこのような対応には合理性がなく、強制収容は違法です。したがって、法務省入国管理局及び東京入国管理局はメルバンさんを直ちに解放すべきです。   2.メルバンさんに対する非道な取り扱いを今すぐにやめろ 東京入国管理局の職員は以下のような非人道的、非道な取り扱いをしています。 パニック障害の持病を有するメルバンさんに薬の持ち込みを禁止しています。そのためメルバンさんはパニック障害に適切に対処することができず発作を度々起こしています。 パニック障害の発作を起こして吐血、痙攣を起こしているメルバンさんを独房に押し込め、助けを求めても放置しています。 メルバンさんの解放と待遇改善を求める人が入管にFAXや電話で要請を行っていることに対して、「あなたの解放を求めるFAXや電話をやめさせなさい。さもなければ、家族や友人との面会も出来なくするし、自由時間に共同スペースに行くことできず、ずっと独房にいることになりますよ」と脅迫しています。これによりメルバンさんのパニック障害が悪化しています。 収容者に対するこのような非人道的取り扱いは日本が批准する国際条約及び国内法に違反するものです。直ちにメルバンさんを非人間的に、非道かつ残酷に取り扱うことをやめるよう求めます。 3.最後に メルバンさんを苦しめている入管当局及び職員の残酷な対応は、私達日本国民の大部分の無視、無関心、あるいは、あきらめによってここまで支えられてきたのではないでしょうか。 これは入管行政の問題ではない。それを見過ごして許してきた「わたしたち」の問題です。しかし、私達はこれ以上黙って見過ごすことはしません。立ち上がりましょう。声をあげましょう。メルバンさんを救いましょう。 今すぐ、メルバンさんを解放しろ! 今すぐ、メルバンさんに対する非道な取り扱いをやめろ!   【#FREE MEHRIBAN】Demand the Immigration Bureau of Japan to stop inhumane treatment of Mehriban Dursun 1. Free Mehriban Dursun Right Now Mehriban Dursun is a 22 year-old woman who has lived in Japan continuously since she was 6 years old. Her parents are Kurdish, an ethnic minority group persecuted in Turkey. Mehriban came to Japan with them when she was 6. Her parents’ applications for refugee status were summarily denied by the Japanese government. Since then, however, Mehriban has lived in Japan legally on a provisional release status. Last year, she has married her husband who is also from another country. He lives in Japan legally as well. Mehriban has never been involved in any kind of crime. Moreover, she has meticulously followed all the procedures for maintaining her legal status in Japan according to the instructions of the Immigration Bureau. Despite all this, the Immigration Bureau of Japan suddenly apprehended her in November 2017. They have forcibly detained her in the notorious detention center. The detention of Mehriban is illegal and lacks rationality. The Immigration Bureau of the Ministry of Justice and its Tokyo regional branch must immediately free Mehriban Dursun. 2. Stop Inhumane Treatment of Mehriban Dursun Right Now The Tokyo Regional Immigration Bureau has been subjecting Mehriban to a severe maltreatment in the dehumanizing condition of the detention center. They have prohibited Mehriban to bring in her medications for her panic attacks. Consequently, Mehriban has suffered multiple panic attacks helplessly. While she has convulsions and vomits blood, the Immigration Bureau keeps her in a solitary confinement and refuses to respond to her plea for a medical help. While many people including her family have been requesting a humane treatment and the release of Mehriban, the Immigration Bureau staffs have threatened her by saying “we will no longer permit your meetings with the family and friends, and we will lock you in the solitary cell indefinitely without a chance to visit a common space in the detention center, unless you tell them to stop requesting things for you.” The threats have aggravated her panic disorder. Such inhumane treatments of a detainee constitute a clear violation of the domestic laws of Japan and the international treaties Japan has ratified. We demand that the Immigration Bureau immediately stop this inhumanity and cruelty. 3. This is our problem. The majority of Japanese people including ourselves have long neglected this problem. We did not pay enough attention, and assumed there is nothing we could do about it. We have allowed the Immigration Bureau and its staffs to inflict cruelty upon Mehriban Dursun. So this is not just the problem of the Immigration Bureau. This is our problem, because we have allowed this to go on until now. But we will no longer remain silent. Let us stand up. Let up raise our voice. Let us save Mehriban Dursun. Free Mehriban right now ! Stop inhumane treatment against Mehriban !

#FREE MEHRIBAN
3,183 supporters