Topic

environment

6 petitions

Update posted 5 days ago

Petition to 中国電力、経済産業省・環境省、香川県、土庄町

豊島(てしま/瀬戸内海)にメガソーラー、自然を壊す建設反対(Japanese&English)

 私たちは、日本の瀬戸内海、香川県豊島に建設されようとしている大型太陽光発電計画に反対しています。太陽光発電そのものを否定しているわけではありません。 景観の優美なこの場所に作られること 儲かりさえすれば良いという事業者が継続して事業を維持できるのか未知数であること 不安定な土地に作られる事による災害や海洋汚染のリスクに対して反対しているのです。  シルクロードの名付け親として知られるドイツの地質学者フェルディナント・フォン・リヒトホーフェンは、1868年、アメリカから中国への航行中、瀬戸内海を初めて目にしました。彼は「支那旅行日記」で、その美しさを世界に伝えるとともに今日の私たちに警鐘を鳴らしています。 「優美な景色で、これ以上のものは世界の何処にもないであろう。将来この地方は、世界で最も魅力ある場所の一つとして高い評判を勝ち得、沢山の人々を引き寄せることであろう。(中略)かくも長い間保たれてきたこの状態が今後も長く続かん事を私は祈る。その最大の敵は、文明と以前知らなかった欲望の出現である」 と。  そして、1934年3月豊島を含む備讃瀬戸は日本で初めての国立公園の1つに指定されました。つまり日本が後世に残すべき景勝地として指定されたのです。 ================== 豊島は42年にわたって、自分さえ儲かればよいという悪質な事業者によって行われた有害産業廃棄物不法投棄事件と闘ってきました。かつてはごみの島と呼ばれたこともありました。この歴史は世界に知れわたることとなりました。 2017年3月、91万トンという廃棄物と汚染土壌の撤去が完了しました。これでごみの島という汚名を返上し、ごみを乗り越えた島として歩み始めることに確信が持てると感じ始めています。  【豊島 てしま】 豊島は人口800人余りの小さな離島です。しかし今では、瀬戸内国際芸術祭を通して西沢立衛・内藤礼らによる豊島美術館や、クリスチャン・ボルタンスキーの心臓音のアーカイブなどアートの島として世界中から多くの人々に訪れてもらえるようにもなりました。================  私たちは最大限豊島の自然を温存し、自然と共存する島を目指しています。そこへ太陽光発電所計画が持ち上がったのです。自然を守る太陽光発電を自然を壊して建設して良いのでしょうか。 まさに、リヒトホーフェンの言葉の通り、今や豊島は世界の豊島となりつつあります。 私たちは、この島を守り後世へと継承していきたいのです。今島民が一丸となって太陽光発電計画と闘っています。どうぞ皆さんのお力をお貸し下さい。電子署名にご協力下さい。私たちは、その署名を電力会社、政府(経済産業省、環境省)、香川県、土庄町等に提出し皆さんの声を活かしたいと考えています。島民と共に皆さんの力でこの自然を守って下さい。皆さんの助けが必要なのです。   We oppose the plan to develop large-scale solar power production on the island of Teshima of the Seto Inland Sea in Kagawa Prefecture, Japan. That is not to say that we are opposed to solar power itself. However, we oppose the project for three reasons. First, building in this location would take away from the area's exceptional scenic beauty. Second, it is uncertain if a business only interested in making money will be able to continue in the long term, and third, it poses a risk of causing disasters or polluting the sea by being built on unstable land.  German geologist Ferdinand von Richthofen, known for coining the term "Silk Road," saw the Seto Inland Sea for the first time while sailing from the US to China in 1868. In his "Tagebucher aus China," he communicated its beauty to the world, and also gave a warning for the future:  “With such majestic scenery, could there be anywhere in the world more beautiful than this? In the future, this place will be celebrated as one of the most charming in the world and attract many visitors ... I pray that it can remain like this forever. Its greatest enemy will be civilization and the emergence of a human desire unlike anything before.”  Then, in March of 1934, the Bisan-Seto Strait, including Teshima, was designated one of the first national parks in Japan. In other words, it was designated as a beautiful part of the natural world that Japan must preserve for the future generations.  For 42 years, Teshima has fought against the illegal dumping of industrial waste by malicious business operators only interested in turning a profit. It had received the unfortunate nickname Garbage Island. This tragic history became known to the world, but the removal of 910,000 metric tons of waste and polluted soil was eventually completed in March 2017. With this, the stigma of being Garbage Island was removed, and the first confident steps were taken as the island began to overcome this unfortunate part of its past.  Teshima is a small, remote island with a population of about 800 people. Now, thanks to the Setouchi Triennale international art festival, many people come to visit from all over the world. Teshima has become an island of art featuring locations such as the Teshima Art Museum and Les Archives du Cœur. We wish to preserve the natural state of Teshima, and hope for an island that celebrates coexistence with nature. This is where the plan to build a solar power plant has arisen. But what good is it if building a solar power plant to protect nature ends up destroying nature in the process?  It is indeed as Richthofen said: Teshima is now opening up to the world. We want to preserve the island, so that it can last for future generations. Now, the residents of the island are fighting the plans for a solar power plant together. We ask for everyone to lend us their support. Please aid us by providing your electronic signature. Raise your voice together with ours. We will present everyone's signatures to the power company, the government (Ministry of Economy, Trade and Industry; Ministry of the Environment), Kagawa Prefecture, Tonosho Town, and other agencies involved. Please work together with the residents to protect the island’s natural beauty. We need your help.

豊島 自治連合会
12,386 supporters
Update posted 1 month ago

Petition to 荒井正吾

「奈良公園」内におけるリゾートホテルの建設反対 Petition to stop resort construction in Nara Park

「奈良公園」内におけるリゾートホテル建設反対署名にご協力ください。 2013年、奈良公園の景勝地「若草山」にモノレールを建設する計画を発表した奈良県荒井知事が、再び奈良公園にリゾートホテルを建設しようとしています。 当該地は「国指定の名勝」であり、「文化財保護法」や「古都保存法」に基づいて「歴史的風土特別保存地区」に指定されています。このような厳しい規制地域には本来一切の建造物を構築することは認められないはずです。 また、当該地は「奈良市風致地区条例」によって「第一種風致地区」に指定され、一切の商業施設の営業は認められていない地域でもあります。 さらに、この地は奈良公園が「ユネスコ世界遺産」の認定を受けるにあたって、住民の住居地区とのバッファーゾーンとして位置づけられており、世界遺産登録に関する違約行為の疑念があります。 県は国から当該地を購入し、奈良公園に編入した上で、県の裁量でホテルを建設しようというものです。公園法によれば、公園の用に呈する建造物以外は建てられないことになっているはずです。県は、さまざまなルールを捻じ曲げてでもホテルを建設しようとしているのです。 自然環境を観光資源として活用する事業が、ムササビや野鳥の生息するこの自然環境を壊すのは本末転倒です。 奈良公園は、日本国の宝であり、世界遺産の登録を受けた世界の財産です。子々孫々に悔いを残さないため、そして「反対意見」が少数ではないことを示すために、日本全国の見識ある皆さんの民意として「署名」をいただきたく存じます。 何とぞ、ご賛同・ご協力をお願いいたします。 要請事項奈良市高畑町の県有地(裁判官官舎跡地)における「リゾートホテル建設計画」の速やかな中止を求めます。 署名呼びかけ団体/呼びかけ人奈良公園の環境を守る会・高畑町住民有志の会辰野勇(代表)、田中幹夫、椎名誠、夢枕獏、野田知佑、渡辺一枝、天野礼子、風間深志、大場隆博 、佐藤秀明、林家彦いち、寺田克也、吐山 真、藤森善正、小宮みち江、大尻育子、桧垣泰弘、波多野武司 署名用紙による署名活動も行っています。署名用紙をダウンロードしてご協力お願いします。 奈良公園の環境を守る会・高畑町住民有志の会http://www.nara-park-mamoru.jp/ Petition to stop resort construction in Nara Park Background      In 2013, Governor Arai of Nara Prefecture announced plans for the construction of a monorail at Nara Park's scenic spot Mt. Wakakusa, and he is again announcing plans for construction of a resort in Nara Park. Nara Park is designated as a "Place of Scenic Beauty," and a "Preservation District for Historic Landscapes" based on Law for the Protection of Cultural Properties and Law for the Preservation of Ancient Capitals. In such a strictly regulated area, new construction should not even be possible, regardless of the type of building. In addition, Nara Park is designated as a "Scenic Site" by Nara City ordinance which means that commercial facilities are not permitted to do business in this area. Furthermore, when the Historic Monuments of Ancient Nara were designated as a “UNESCO World Heritage Site,” areas around Nara Park were designated as buffer zones to separate Historic Monuments from Nara’s residential areas and protect their integrity. This raises the question that new construction could jeopardize the World Heritage Site designation. Nara prefecture purchased this land from the national government, incorporated it into Nara Park, and now intends to construct a resort. Based on regulations set out in the Parks Act, construction is only possible if the building is for park use. The prefecture is trying to build a resort even if that means it must bend various rules and laws.      Even though there is a need for hotels in Nara due to a projected increase in inbound tourism for the Tokyo Olympics in 2020, there is no need for the construction of a resort in Nara Park. It is contradiction to say they want to utilize this natural environment for tourism, because their actions to realize that goal will end up destroying the very same natural environment. When responding to questions from the Prefectural Assembly, the governor stated “There are only a few voices of opposition from the community,” ignoring those opposing construction and proceeding with construction plans.     Nara Park is a treasure of Japan and registered as a World Heritage Site making it a treasure of the world. In order to preserve this place for our children and grandchildren, and show that we are not merely a “few voices of opposition,” we humbly ask for your signature. PetitionCall for the immediate suspension of resort construction on prefectural land in Takabatake-cho Nara City (designated as an official residential area). PetitionersAssociation for the Preservation of Nara Park, Takabatake-cho Residents Association of VolunteersIsamu Tatsuno (Representative), Mikio Tanaka, Makoto Shiina, Baku Yumemakura, Tomosuke Noda, Ichie Watanabe, Reiko Amano, Shinji Kazama, Takahiro Oba, Hideaki Sato, Hikoichi Yayashiya, Katsuya Terada, Shin Hayama, Yoshimasa Fujimori, Michie Omiya, Ikuko Ojiri, Yasuhiro Higaki, and Takeshi Hatano http://www.nara-park-mamoru.jp/

「奈良公園の環境を守る会」 「高畑町住民有志の会」
21,943 supporters
Update posted 1 month ago

Petition to 翁長雄志, kouhou@pref.okinawa.lg.jp

10月5日を「ジュゴンの日」に定め、ジュゴンを沖縄県の「県獣」にしよう!

沖縄県知事 翁長 雄志 殿  全国の都道府県には象徴的な樹木や花、生きものを選び、親しみ大切にする制度があります。著名 なものでは新潟県のトキ、富山県のライチョウなどがあります。このような制度は、日本列島の生物 の多様性を示す例といえます。  県民にはよく知られているように、沖縄県では、グルクン(たかさご)が「県魚」、ノグチゲラが 「県鳥」、デイゴの花が「県花」、リュウキュウマツが「県木」として指定されています。しかし「県 獣」は不在です。その「県獣」として、ジュゴンを指定したいというのが私たちの願いです。  沖縄県は現在、日本で唯一のジュゴンの生息地であり、世界の分布の北限でもあります。沖縄島北 部の沿岸に少なくとも3頭のジュゴンが棲んでいることは、報道等でも知られているとおりです。ま た、継続的な市民調査によって、特に辺野古・大浦湾周辺海域が沖縄のジュゴンにとって重要な餌場 であることも明らかになっています。  ジュゴンは国の天然記念物に指定されてはいますが、絶滅の危険と保全の緊急性にもかかわらず、 政府による保護策は皆無に近いのが現状です。それどころか、いま、日米政府による辺野古新基地建 設のために、この希少な『北限のジュゴン』の餌場が埋め立てられようとしています。日本政府は法 を軽視し、また科学的知見も無視してジュゴンが回遊する海域での工事を強行しています。このまま ジュゴンの生息地の撹乱が続けば、わずかな数で個体群を維持している沖縄ジュゴンの絶滅は必至と 思われます。  私たちはそのような事態を望みません。ジュゴンは県民が将来の世代に伝えるべき大切な財産であり、沖縄の人と自然の共生の象徴です。と同時に、ジュゴンは現代において平和の象徴ともなりつつ あります。このジュゴンを「県獣」として指定し、県の保護条例を制定するとともに、毎年10月5日を 「ジュゴンの日」と定めるよう要望します。 よびかけ人エレン・ハインズ(サンフランシスコ州立大学教授・北米海生哺乳類研究者)加藤 登紀子(ミュージシャン)古謝 美佐子(ミュージシャン)田島 征三 (絵本作家)盛口 満(沖縄大学人文学部子ども文化学科教授「ジュゴンの唄」2003著))葉 祥明(絵本作家)横井 謙典(水中カメラマン) 問い合せ・連絡先 北限のジュゴン調査チーム・ザンhttps://www.facebook.com/teamzanokinawa〒905-0011沖縄県名護市宮里4-12-8電話:FAX 0980-43-7027 携帯:090-8032-2564 <ジュゴンの県獣指定への趣意書>  ジュゴンは暖かい海に棲息する海牛目に属するほ乳類で、太平洋とインド洋にかけてのかなり広い範囲に生息していますが、生息数が減少しているため国際保護動物に指定されています。そのうち、沖縄島近海に生息しているジュゴンは、分布の北限にあたる個体群です。  古くから沖縄の人とジュゴンは深い関わりがありました。多くの遺跡からジュゴンの骨が出ており、かつては重要な食料源であったことがわかります。琉球王府時代になると、ジュゴンの捕獲は王府の管理下に置かれるようになり、八重山では新城島民によってジュゴンが捕獲され、王府に献上されました。このような歴史があることから、新城島の豊年祭においては、ジュゴン猟の様子を歌い込んだ唄による踊りが披露されます。  ジュゴンは、満潮時にはリーフ内に生える海草を餌としていますが、干潮時にはリーフのクチ(口)と呼ばれる部分を通って外洋へ移動します。このようにリーフと外洋を行き来することから、ジュゴンは神の使いや、津波を予知する不思議な生き物としても認知されてきました。このことから、各地の祈り唄や昔話にもジュゴンは登場しています。沖縄の多くの集落は、海を前にし、山や野を背にしています。人々は陸域で生産される作物や、野山の動植物の幸とともに、目の前の海の幸によっても生かされてきました。また、海の彼方にはニライカナイと呼ばれる、神や祖先たちのいる場所があるという信仰も今に続いています。このように見ていくと、ジュゴンは、沖縄の人と自然のつながりの象徴と言えるでしょう。  一方、明治政府によって琉球王府が廃された後、ジュゴンの捕獲はいわゆる無政府状態に陥りました。このため、八重山・宮古海域に生息していたジュゴンは大正時代に捕獲の記録が途絶え、絶滅したと考えられています。沖縄島近海のジュゴンも、沖縄戦直後の食糧難の中で捕獲され食料とされただけでなく、その後も人間活動による生息環境の悪化にさらされています。そうした中、沖縄島北部の沿岸になおも生き続けるジュゴンは奇跡であり、希望とも言えます。  沖縄近海に生息している「北限のジュゴン」への国際的な関心は高く、世界中からジュゴンの保護と生息環境の保全が要望されています。また、米国におけるジュゴン訴訟(2003年提訴)においても、NHPA(国家歴史保全法)に基づき、ジュゴンは当事国において保護されるべき対象であると認められています。しかし、日本政府によるジュゴンの保護策は天然記念物指定にとどまっており、十分とは言えません。現在、奄美・沖縄諸島の「世界自然遺産」登録に向けての機運が高まっています。また、県は生物多様性おきなわ戦略も立ち上げています。であるならば、沖縄の人と自然のつながりの象徴であるジュゴンの重要性について、県民が認識を新たにするとともに、県が主体となってジュゴンの保全についてよりいっそうの努力を推し進める必要があると考えます。   The Okinawa dugong should be designated as the prefectural animal and October 5 designated as ‘Dugong Day’  Each prefecture in Japan may pick certain species of flora or fauna and “brand” them under the prefectural name. The ibis of Niigata Prefecture, the grouse of mountainous prefectures and the seagulls of maritime prefectures are among well-known prefectural birds. These specially designated flowers, trees and animals are symbols of the local biodiversity. In Okinawa Prefecture, “Gurukun" ( Bartail fusilier (Pterocaesio tile)) is the prefectural fish, Noguchigera (Pryer’s woodpecker (Sapheopipo noguchii)) is the prefectural bird, Deigo (Erythrina variegate) is the prefectural flower and Ryukyu Matsu (Ryukyu Island pine (Pinus luchuensis) is the prefectural tree but we have yet to have a prefectural animal. It is well-known in Okinawa that at least three dugongs (Dugong dugon), the northernmost individuals of the species, still survive along the northern coast of Okinawa island. Years of field work by NGOs has shown that the waters of Henoko and Oura Bay are of vital importance as feeding areas for the Okinawa dugong. The Okinawa dugong, designated a Natural Monument of Japan, is in dire threat of extinction and in urgent need of conservation. However, our Ministry of the Environment has taken almost no measures whatsoever. On the contrary, the water areas around Henoko and Oura Bay are now being landfilled to construct a new airbase for the US military. The Japanese Government is ignoring the scientific facts and disregarding its own laws as it pushes ahead with this project to landfill the dugong’s feeding areas. If the current disruption to the areas where dugongs have been observed continues, the surviving dugong will certainly be driven to extinction. We do not want to see our precious marine life harmed. It must be conserved for future generations. The Okinawa dugong is a symbol of the coexistence of people and Nature in Okinawa and is also regarded as a symbol of peace. We sincerely ask you to designate the dugong as the prefectural animal of Okinawa, to establish a prefectural ordinance to protect the dugong and to designate October 5th as ‘Dugong Day’. This petition is endorsed by: Ellen Hines, PhD (Professor at San Francisco State University, Marine Mammal Specialist), Kato Tokiko, (musician), Koja Misako, (musician), Tajima Seizo, (picture book author), Moriguchi Mitsuru, (Professor at Okinawa University Department of Humanity, Child Culture Section, author of “Song of Dugong”(2003)), Yo-u Shoumei, (picture book author), Yokoi Kensuke, (underwater photographer)  Contact us at: The Northernmost Dugong Observation Team-Zan (Representative: Suzuki Masako), Miyazato 4-12-8, Nago City, Okinawa Prefecture, Japan 905-0011, info@sea-dugong.org 「 듀공의 날 」 제정과 듀공을 오키나와현의 「 현수 」 로 ! 서명 을 부탁드립니다 . 일본 도도부현(都道府県)에는 상징적인 수목이나 꽃, 생물을 선정하여 친밀감을 갖고 소중하게 여기도록 하는 제도가 있습니다. 유명한 사례로 니이가타현의 따오기, 도야마현의 뇌조 등이 있습니다. 이러한 제도는 일본열도의 생물다양성을 보여주는 예라고 할 수 있습니다. 현민들에게는 잘 알려진 것처럼 오키나와현에서는 구루쿤(타카사고, Pterocaesio digramma )이 「현어」, 노구치게라( Sapheopipo noguchii )가 「현조」, 데이고( Erythrina variegata )가 「현화」, 류큐마츠( Pinus luchuensis Mayr)가 「현목」으로 지정되어 있습니다. 하지만 「현수(県獣)」는 아직 없습니다. 이「현수」를 듀공으로 지정하고자 하는 것이 우리들의 바람입니다. 오키나와현은 일본에서 유일한 듀공 서식지로 세계 분포의 최북단이기도 합니다. 오키나와섬 북부 해안에 적어도 3두의 듀공이 살고 있다는 것은 이미 언론 보도 등으로 알려진 바 있습니다. 또한 지속적인 시민조사에 의해 특히 헤노코・오우라만 주변 해역이 오키나와의 듀공에게 있어 중요한 취식지라는 것이 명확해졌습니다. 듀공은 일본의 천연기념물로 지정되어 있지만 멸종의 위협과 보전의 긴급성에도 불구하고, 정부의 보호책은 거의 전무합니다. 그 뿐 아니라 현재 미-일 정부의 헤노코 신 미군기지 건설을 위해 희소한 『최북단의 듀공』의 취식지를 매립하려고 합니다. 일본 정부는 법을 경시하고 또한 과학적 지식도 무시한 채 듀공이 회유하는 해역에서 공사를 강행하고 있습니다. 이렇게 듀공의 서식지의 교란이 계속된다면 그나마 적은 수로 개체군을 유지하고 있는 오키나와 듀공의 멸종은 불가피할 것으로 예상됩니다. 우리들은 위와 같은 사태를 원하지 않습니다. 듀공은 현민이 미래세대에게 전해주어야 할 소중한 유산이며, 오키나와 사람과 자연 간 공생의 상징입니다. 동시에 듀공은 현대에 들어 평화의 상징이 되고 있습니다. 듀공을 「현수(県獣)」로 지정하여 현 보호조례를 제정함과 동시에 매년 10월 5일을 「듀공의 날」로 지정하는 것을 요청합니다. 요청인: Ellen Heinz((샌프란시스코 주립대학교수·북미바다포유류연구자), Tokiko Kato(뮤지션), Misako Koja(뮤지션), Seizo Tajima(그림책작가), Mitsuru Moriguchi(오키나와 대학 인문학부 아동문화학과 교수, 『듀공의 노래』.2003 저자), Shaoming Yang(그림책 작가), Noriko Matsui(수중카메라맨) 문의・연락처:北限のジュゴン調査チーム・ザン(代表・鈴木雅子 최북단의 듀공 조사팀・잔(대표 스즈키 마사코) 주소:〒905-0011 沖縄県名護市宮里4-12-8 4-12-8, Miyazato, Nago-city, Okinawa, Japan (우편번호 905-0011) E메일:n-hokugen.19@kjd.biglobe.ne.jp 전화・FAX:0980-43-7027 휴대전화:090-8032-2564  

鈴木 雅子
1,834 supporters
This petition won 1 year ago

Petition to 三反園訓 , 徳田康光

奄美大島のすばらしい自然を残すため、中国人客5,400人を乗せた22万トン級クルーズ船の寄港地建設計画をやめてもらいたい!

この署名は奄美大島龍郷町芦徳に持ち上がったロイヤルカリビアン(RCL社)22万トン巨大クルーズ船寄港地建設計画に反対するために立ち上げました。いまの美しい奄美の自然と居心地の良いコミュニティは私たちにとって宝であり、どうしても守りたいのです。まずは、RCL社側の資料をもとに情報をまとめてみました。 【RCL社による奄美大島へのクルーズ船寄港計画の概要】現在建造中で2018年完成予定の世界最大級のクルーズ船が上海から九州に向かう途中で奄美に寄港する計画。そのために奄美大島龍郷町芦徳の浜に350mの桟橋を建造し、中国人観光客のために芦徳半島はテーマパークにするという。寄港を予定しているクルーズ船…226,000トン、全長362m、幅65m、高さ72m、81,500馬力のエンジン(比較として、世界最大のニミッツ級原子力空母より大きい)乗客は中国人5,400名(乗組員2,100名)奄美大島の総人口約60,000人龍郷町の人口約6,000人(65歳以上は1,800人)芦徳集落の人口約300人つまり、寄港日は龍郷町にいる人の半分以上が中国人になります。また、建設予定地とその周辺地域は”今の奄美が好き”な地元住民や観光客の憩いの場。静かな生活環境が人気のエリアです。 ≪2016/7/13加筆≫RCL社は本計画にてWWFと連携して環境問題に取り組んでいると住民・町長等に文書や口頭で説明してきましたが、7/6WWFジャパンHP上でWWFが正式に本計画におけるRCL社との連携を否定する声明を出しました。RCL社もこれを認め”誤解を与えたなら遺憾である”とコメントを出しました。にもかかわらず徳田町長は7/11取材に対し”地元推進派関係者が’WWF内の連携が取れていないようだ’と言っている。推進の方針に変わりはない”と述べました。7/12サイト管理者(私)がWWFジャパンに問い合わせたところ、『7/6のWWFの声明が正しい』と確認が取れました。詳しい情報は芦徳集落住民有志のHP http://ashitoku.com/cruise/龍郷湾を守る会ブログ http://tatsugouwan.amamin.jp/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   “龍郷湾を守る会”は、龍郷湾における巨大クルーズ船寄港地建設計画に以下の理由から反対します。 1.龍郷町の誇りである、手つかずの自然を守りたいからです。 奄美大島は、環境文化型国立公園の指定、世界自然遺産への登録を目指しています。地域住民は日常生活の中に自然を感じることのできる現在の環境に満足しています。奄美に観光で訪れる方は、素朴な情景を求めて来島しており、きらびやかさや豪華さは求めていません。龍郷町民約6,000人に対して、中国人観光客5,400人プラス乗組員2,100人という、島のキャパシティを超えた規模の船が来たなら、奄美ならではの心地良さを壊してしまうでしょう。雇用拡大や移住促進のために行おうとしているクルーズ誘致は、反対にこれらから遠ざける方法です。  また建設予定地は“2015年世界の新種トップ10”に選定されたアマミホシゾラフグ(求愛のためミステリーサークルを作るフグ)の繁殖地であり、極めて貴重な海域です。   2.現在も住民が利用している海域だからです。 龍郷湾は現在もダイビング、シーカヤック、ウインドサーフィン、SUP等のマリンスポーツが盛んです。建設予定地には漁協の“サンゴ育成場”“モズクの藻場養成場”があり、現に漁業者が使用している場所です。このような場所で自然環境を破壊する計画はもってのほかです。   3.周辺住民(芦徳・赤尾木等)への対応が極めて不誠実だからです。 町民への説明もせず、建設予定地の芦徳集落の住民投票に責任を押し付けたり、一部の建設業者や推進派町議が結託し、龍郷町長も民意を聴く前に賛成表明をするなど、ずさんな対応のまま計画が進行しています。本計画で利益を受ける一部の業者の意のままに動く行政の対応は、決して許されるものではありません。   ーーーーーーーーーーーー この計画、様々な面で奄美大島の受け入れキャパシティをはるかに超えていると思います。自然環境ももちろんですが、特に一般住民への生活面での悪影響が大きすぎます。 一部の業者のメリットが、その他大勢のデメリットの上に成り立つような計画はやめるべきです。 ”中国人の観光地”のイメージがつくと、日本人観光客や日本人移住者は必ず減少します(差別的な考えではなく、島の規模と対応力の問題です)。現在移住してきているIターン者も、生活環境の悪化があれば島外への転居を考えざるを得ません。 この計画でブランド力がつくのはロイヤルカリビアン社だけで、奄美のブランド力は低下します。 素晴らしい自然とコミュニティ、集落行事を大切に維持・復活し、すべての住民が幸福に穏やかに暮らせるような“身の丈に合った”地域づくりを目指していきますので、ぜひ署名よろしくお願いします。  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー Tatsugo bay protection group. Due to the below reasons, we reject the mega cruise & port project. 1. Tatsugo bay is a precious gem. And shall be preserved as such. Amami Oshima is on track to be listed as Unesco world heritage site and to be protected as such. And to be taken up as National park and to be protected as such. We are satisfied with the current state of our environment where nature is merged with our daily life. Why tourists come to Amami is to see the beautiful and unspoiled nature, Not for seeing fancy architecture. For a town like Tatsugo with a population of 6000 citizen. It would be to exceed our capacity to bring cruise ships with 5400 passangers and 2100 crew members. It would destroy our environment witch we hold dear. Local town administration of Tatsugo have been positive towards this project arguing that Tatsugo needs to attract more people to move in and to create more jobs. We believe this project will do the opposite in both regards. On the location of the project is directly on the breeding area of the extremely rare Torquingener albomaculosus Matsuura puffer fish. On the top 10 new species for 2015. The area is regarded as most precious.  2. The Tatsugo bay is currently being utilised by locals. Every day it is being used for Marine sports, including Diving, sea kayaking, wind surfing, Stand up paddling etc. Fisherman’s cooperative is using the bay for farming mozuku seaweed. And farming chorals. We can not allow the destruction of this natural environment. 3. Local town administration of Tatsugo is being extremely dishonest to its residents. They didn’t provide very limited information and no unbiased information regarding the project and delegated the responsibility to take a decision onto the residents of Ashitoku. ( Ashitoku is the location of the project ) One of the appointed construction companies for the project and local politicians positive to the project team up and Tatsugo Town mayor showed his approval of the project before listening to any of residents opinion. This project was not started correctly and is still ongoing. The only direct benefactor of this project is the construction company. Its unacceptable to have local politicians only to support one construction companys benefits and disregard the effects of other businesses and residents. This project size is on several aspects well out of Amamis capacity. Ofcourse our natural environment is threatened, but also strongly affect the normal life of residents in an undesirable and unacceptable way. This project must be stopped. The downsides of this project are considerable and affect the many.the upside of this project are for the very few. If the image of Amami being a sightseeing spot for Chinese. The amount of people moving in will be negatively affected. This is not derived from peoples prejudices about the Chinese but rather the overly large volume of cruise tourists. Currently we are seeing people move in to Amami, but if the living environments are changed to worse we can expect people moving out of Amami instead than in. With this project, the brand of Amami will loose value. The only winner on brand strengthening is Royal Caribbean international. Our target is a fabulous nature and to continue and revive local traditional activities for every residents happy and peaceful life in our local community. If you agree, please sign.

龍郷湾を守る会
46,834 supporters