Topic

education

9 petitions

Started 2 months ago

Petition to 文部科学省, 日本私立大学協会 , 教育委員会, 日本女性学習財団 , 日本女性学会

Women's Studies を日本でも!女性が女性らしさを考え、行動できる社会を目指すために Japanese&English

私は現在、アメリカのカリフォルニア州立大学でWomen's Studies (女性学)を専攻しています。人種のサラダボウルであり、様々な価値観が多様に受け入れられているアメリカでジェンダーについて学びたいと考え、日本の大学から認定留学をして学んでいます。 *女性学 (Women's Studies)とは? 性差別意識や男性中心の視点にとらわれた既存の学問のあり方を批判し、女性の視点から問い直す研究 (大辞林 第三版の解説) この授業や、私の大学内の有志の女子学生が集まり、アメリカ社会における女性のあり方について討論し合うキャンプに参加し、私の価値観は大きく変化しました。女性には無限の可能性があるということ。性を理由に自分の将来にリミットを作るのは間違っていること。実際にアメリカの大学には、既婚者の学生や、子供を連れて大学に来る学生などが当たり前に見受けられます。また広くアメリカ全土から見ても、女性のセレブがフェミニズムの必要性を訴えたり、#ME TOOなどのセクハラに対するムーブメント、女性の存在を尊重するデモなどが各地で行われています。男女が隔たりなく平等に教育を受けて生活し、女性の権利を訴えることが当たり前になっている社会がアメリカにはあります。 では、対して日本はどうでしょうか?アメリカで学んでいくうちに、日本における女性のあり方について深く考えるようになりました。男女雇用機会均等法などが制定されて、確かに女性が働きやすい環境や状況のは少しずつ変化して来てはいます。しかし、未だ結婚しない女性やシングルマザーの生活の苦しさ、女性の管理職比率、大半の夫婦が結婚したら姓を変える、などなど、根本的な部分、ステレオタイプは変化していないと考えるのが20年間日本で生きて来た女性としての見解です。 根本的なステレオタイプを変えるにはどうすれば良いのか、私はやはり教育の面から考えることが根本的な変化を起こすのに一番最善の方法であると考えました。もちろん日本にも研究している学会、大学は存在します。しかし主流になっていないことこそが問題であると私は考えています。 そこで具体策として、女性学をもっとたくさんの高校や大学で取り入れ、学び、研究できる環境を日本でも作ることを提案します。このキャンペーンを通じ、日本の女性が自身の性について問い直し、もっと輝くことのできる日本社会に変化していくように、ほんの一握りでも変化をもたらすことができれば幸いです! (Women's StudiesのAction Projectでの1アイディアとしてこのキャンペーンを行なっています。) 以下英文  In English ↓  I study Women's Studies at CSUDH.  Women's studies is one of academic field in sociology, history, literature and psychology that focuses on the roles, experiences and achievements of women in a society. My perspectives concerning women’s right and issues ( ex feminism, social construction, the gender spectrum etc.) have changed throughout this class. All students who are taking this course have strong opinions about the problems surrounding women, I was surprised and inspired by them. In addition, in the United States, women participate in demonstrations and movements that to be heard and have changes in women's rights.  Japanese women's social advancement is far behind compared to other developed countries. Against this issue, Japanese government made believed the solution was establishing law. These laws had very little effect on women rights in Japanese society. Women still find it hard to get a managerial position, single and unmarried mothers find it hard to make ends meet. Japanese have "stereotypes" about women which are: women must do housework,  get married, raise children and so on. Not so surprisingly, women's studies is not common in Japan. For example, my Japanese university has not Women studies academic field. So I want to change this and help to create a Women’s Study degree. I think it will begin the change of our "stereotypes". ​ (This campaign for action project of Women's studies class)  

磨采 高橋
1,720 supporters
Update posted 3 months ago

Petition to TIU Alumni, E-track Students, TIU Faculities, gti, E-Track Professors, Tokyo International Univeristy

Give student email a chance! Help us get a EDU email account from TIU!

Student emails have many benefits that students and staffs are entitled to when they enter the university.  With great programs in E-track, the implementation of EDU email service will help to build TIU brand image and help to provide advantages that university students from all over the world are getting from their respective educational institutions.  STUDENTS:  With a EDU email account, you can get huge discounts on services and free offers from products such as Microsoft Office, Dropbox, OneDrive, Amazon Prime, and many exclusive offers.   It will help you to organize your school-related information in one mail account and save your time organizing your main email. It helps to create time-efficiency as finding and searching for information about the university would be easier in one specific account.  Student emails not only provide benefits for the students, but it creates a brand image for the university and helps to establish the university image and gain legitimacy and credibility from other educational institutions.   PROFFESORS:  Having an institution email can help to provide materials and resources to better assist your students and yourself.  TIU has granted access to journals however some are still not accesible, limiting the articles that professors can provide for the students or for their own reference. This is because there is no institution email provided in TIU, limiting benefits for not only students but for the proffesors and staffs.  There are still numerous articles that are not accessible in the library. You will have better access to journals, and the assignments and papers for the students will also become better therefore cementing further the credibility of the school.  So why does TIU not have its own email account? We have a POTI registered email system which provides us with informations and updates about our classes and school events. But is that what we really want? As international students, a lot of students can benefit from having discounts on education-related items and to better help in productivity by providing a school email which has so many benefits.  So! Let us sign a petition to start a movement! We want you to sign this petition with your name, school ID, and email address if want to support this change! The more signature and support we get, the more likely we can convince the board of education to assign an email for TIU students. THIS is our petition and WE can make a difference. Let’s help each other to make this happen! 

Shrestha Shinab
67 supporters
Update posted 6 months ago

Petition to 酒井正三郎 , 福原紀彦 , 大村雅彦 , 篠原正博 , 中央大学, 中央大学 経済学部

中央大学 休学費用減額 〜大学を一年間「休学」するのに「施設設備費」を約19万円も払う必要はありますか?〜 I propose an absence fee reduction.

(English version will begins from the middle part on this page.)(英訳版は後半部にあります。) 私がこの署名活動により実現したいことは ・休学を希望する学生に対する高額な「施設設備費」の請求の廃止に伴う、安価な「在籍料」の新設 ・休学費用の減額  の2点です。    中央大学経済学部に所属する私は、2018年4月より台湾の高雄にてワーキングホリデーおよびボランティア活動を行うため、一年間休学をする予定です。しかし休学をするためには、約19万円(188,900円)もの大金を「施設設備費」として大学に払わなければなりません。  休学中の学生は、授業や実験・実習を受けることはなく、施設設備を使うことはほとんどありません。しかしながら一年間休学する経済学部の学生は、約19万円もの大金を「施設設備費」のために払わなければなりません。施設を使わないのに、「施設設備費」を払う必要はどこにあるのでしょうか。 ところで、都内の有名私立大学「MARCH」と称される明治・青山学院・立教・中央・法政大学は、一年間休学する際にいくら必要だと思いますか?そして、その中で費用が一番高い大学はどこの大学だと思いますか? 以下、まとめましたのでご確認ください。 ・明治大学 「休学在籍料」16万円 ・青山学院大学 「在籍基本料」6万円 ・立教大学 「在籍料」12万円 ・中央大学(学部によって異なります) 文、商、法、経済学部:「施設設備費」188,900円 総合政策学部:「施設設備費」237,100円 理工学部:「施設設備費」267,700円 ・法政大学 「休学在籍料」10万円 (以下のサイトに各有名私立大学の「休学費用」が掲載されています。併せてご確認ください。) https://conpath.net/columns/comparison-university-absent-cost/ そう、中央大学です。その額、青山学院大学の3倍以上です。  それでは、この費用は休学する学生に対して正当な金額なのでしょうか。そして、中央大学以外の大学が「在籍料」を要求する中、中央大学だけが「施設設備費」を要求しています。休学するのですから「在籍料」だけで良いはずなのに、中央大学は「施設設備費」を払えと命じます。   現在の中央大学の休学費用の制度は、学生の選択肢や可能性を、経済的な理由で剥奪しています。意欲ある学生が、この高額な「施設設備費」のために休学を断念してしまう状況は学生・大学にとってもマイナスでしかありません。  そこで私は 中央大学、 中央大学経済学部、 中央大学 学長 福原紀彦氏、 総長 酒井正三郎氏、 理事長 大村雅彦氏、 および中央大学 経済学部長 篠原正博氏 に対して ・休学を希望する学生に対する高額な「施設設備費」の請求の廃止に伴う、安価な「在籍料」の新設 ・休学費用の減額 を求めます。 残念ながら、私は約19万円という高額かつ理不尽な「施設設備費」を払って台湾へ行くこととなるでしょう。しかし、今回の署名を通じて休学の際に必要となる費用が「施設設備費」としてではなく「在籍料」へと変わり、休学費用が減額され、休学しやすい環境が整備されることを望みます。 この署名活動は私のために行うのではありません。次の「休学希望者」のために、よりよい環境を整備するために行われます。署名なんて無駄だと思う人もいるかもしれません。しかし、行動しなければ何も変わりません。声を上げることで、何かが変わるかもしれません。私は、そこにわずかな希望を持ち、署名活動を始めようと決意いたしました。  私の思いに賛同してくださる方は、ご署名のほどよろしくお願いいたします。 須郷利貴   English version:英訳版 “Signature-collecting campaign”   “I propose an absence fee reduction to Chuo University.” ~Should I pay about 1900,000 yen ($1,744) to Chuo University as a "facility cost"? I would like this to be renamed to “absence expenses”.~   What I‘d like to achieve with this Signature-collecting campaign is: •To abolish "facility cost" fee for the students who want to be absent, and instead introduce the "absence expenses" fee. •To reduce the "absence expenses" as much as possible. I belong to the Faculty of Economics at Chuo University and I’m planning to be absent from University until March next year in order to go to a working holiday and volunteer activities in Kaohsiung, Taiwan. However, in order to be absent, I have to pay as much as about 190,000 yen (188,900 yen, $1,730) as a "facility cost" to Chuo University. Absent students don't attend classes, experiments and practical training. And they don’t use the facilities like the other students. However, absent students majoring in Economics at Chuo University must pay about 190,000 yen (188,900 yen, $1,730) for the "facility costs". I think there is no need to pay any "facility costs" as they don’t use the said fascilities. By the way, can you guess how much is the “absence fee” among famous private universities (Meiji, Aoyama, Rikkyo, Chuo, Hosei) in Tokyo? Can you guess which University is “worst” (as in most expensive) University? I made a list of prices below, please check it. · Meiji University "Registration for leave of absence" 160,000 yen ($1,465) · Aoyama Gakuin University "basic enrollement fee " 60,000 yen ($549) · Rikkyo University "Registration fee" 120,000 yen($1,099) · Chuo University (it depends on facility) Literature, Commerce, Law, Economics: "facility costs" 188,900 yen ($1,730) Faculty of Policy Management: "facility cost" 237,100 yen ($2,171) Department of Science and engineering: "facility cost" 267,700 yen ($2,452) · Hosei University "Registration for leave of absence" 100,000 yen ($916) (The "absence expenses" of each well-known private university are posted on the following site. (Sorry! Japanese version only.) https://conpath.net/columns/comparison-university-absent-cost/ Yes, the answer is Chuo University. That amount is more than three times that of Aoyama Gakuin University. So then, is this fee legitimate for the students who are going to be absent? And while Universities, other than Chuo University, do request "enrollment fee", only Chuo University requests "facility costs" fee. Do you think that absent students shouldn't pay for "fasclity costs"? Well, Chuo University doesn't think so, as their view is that “You must pay facility costs even if you are absent!”. At present Chuo University's leave of absence fee system deprives students of opportunities and possibilities for economic reasons. This situation regarding the expensive "facility cost" discourages the students from participating in other useful activities. It is not good for students, not for the University. So, I’d like Chuo University, Chuo University Economics Department, President Dr. Tadahiko Fukuhara,  President Dr. Shozaburo Sakai, Chief Executive Regent Dr. Masahiko Omura, Dean Faculty of Economics Dr. Masahiro Shinohara   •To abolish "facility costs" for the students who want to be absent, and instead set an "enrollment fee" for the said students •To reduce “absence expenses”. Unfortunately, I will go to Taiwan only after paying about 190,000 yen (188,900 yen, $1,730) for a very expensive "facility cost". However, I am hoping that this Signature-collecting campaign will help make a new system. I DO hope this campaign will help introduce the "enrollment fee" instead of "facility expenses". I DO hope the absence fee will also be reduced with this campaign. I DO hope to create a nice environment (a low absence fee) for the other absent students with this campaign. This petition is not for me but for the students who will be absent from Chuo University in the future. Some people think that this campaign is useless. However, if we do not act, nothing will change. Something may change by raising our voices. That is why I decided to take action while and hope for this change. Those who agree with mr, please sign the petition and share this post. Thank you. Toshiki Sugo (Lee)

須郷 利貴
1,417 supporters
Update posted 6 months ago

Petition to 東京都教育委員会 Tokyo Metropolitan Board of Education, 東京地方裁判所 Tokyo District Court

都立高校教員の不当な再任用拒否の撤回を!

今回、こちらで提起したいのは、高校教員の再任用制度(60歳で定年退職となる職員等が再任用を希望する場合、退職日の翌日から公的年金の報酬比例部分の支給開始年齢に達するまでの間、再任用することにより雇用と年金の接続を図るもの{http://www.jinji.go.jp/shougai-so-go-joho/work/qa.html})についてです。経緯をご説明します。私たち(署名発起人)が大変お世話になった高校教員が、再任用の更新を希望したところ拒否されました。過去にすでに再任用教員として働いていた、にもかかわらずです。現在当該教員は、職を失い、この再任用拒否は不当として裁判を起こしています。今回の再任用拒否根拠が、当該教員が以前再任用教員として働いていた高校の校長から「再任用には値しない」という主旨の書類が提出されたことにあります。その書類の内容は「平成26年4月~5月にかけて、頭髪指導徹底の指導方針が決まった際、当該教員は職員会議の中でこれをやめさせる趣旨で、校長を詰問するような口調で発言を行った。同時に頭髪指導徹底を推進していた生活指導部や学年主任にも食って掛かり、学校運営に重大な支障を生じさせた。」「教員としての業務に消極的であり、生徒のためにやろうとした取り組みをこどごとく否定した。」となっています。その問題となった職員会議が行われた当時は、生徒の間でも頭髪指導に関して意見が二分していた問題でした。それに対して反対意見を述べることが拒否根拠になるということが到底理解できません。会議で反対意見を述べることが「学校運営に重大な支障を生じさせる」のでしょうか?むしろ、賛成、反対意見を通して「生徒にとって本当に良いこと」が導き出されるのではないのでしょうか。また、「詰問するような口調で」「生活指導部や学年主任にも食って掛かり」、これも校長から出された書類のみで判断されており、客観的な根拠に欠けます。さらに、「教員としての業務に消極的であり、生徒のためにやろうとした取り組みをこどごとく否定した。」に関しては、まったくの見当外れであります。私たちを含め、多くの文系学生は当該教員に大変お世話になりました。具体的には「冬休みなどの長期休みに、ほぼ毎日受験に向けて個人的な指導」「論述問題などの添削、および指導」「不安ごとや、将来に関する相談」などです。これらは、授業時間以外に行われていたことであります。このような教員が「教員としての業務に消極的」かつ「生徒のためにやろうとした取り組みをことごとく否定する」教員であると言えるでしょうか?私は「違う」と思います。この問題を通して、変えたいことを書きます。1.当該教員の再任用拒否を撤回2.会議で意見を述べることにより、不利が生じるという「物言えぬ学校」を作ることの阻止です。ご賛同いただける方は、署名にご協力ください。宜しくお願い致します。お問い合わせは、ueno.high.graduates.official@gmail.comまでお願いします。 

東京都立上野高等学校卒業生有志
906 supporters