Topic

COVID19jp

47 petitions

This petition won 2 years ago

Petition to 政府

#SaveTheCinema 「ミニシアターを救え!」プロジェクト

新型コロナウィルスによって大きな打撃を受けている小規模映画館(ミニシアター)等への緊急支援を求めます   #SaveTheCinema (English below) ロゴをダウンロード 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、政府の要請を受けて映画館の上映自粛が広がっていますが、特に小規模映画館(ミニシアター)は存続の危機を迎えております。このまま緊急事態宣言が出されたら、閉館せざるを得ない映画館も出てくると思われます。映画は人に観てもらって、初めて完成すると言います。そういう意味で、映画館は、映画と観客を結ぶ架け橋、映画という表現の最前線なのです。それをどうしても守りたい。 その想いから、この度有志の呼びかけ人、賛同者により緊急支援を求める要望書を作成しました。change.orgによる賛同者の募集、政府への要望書提出、クラウドファンディングなどを活用した具体的な施策を断続的に実施していく予定です。またすでにスタート準備に入っている「ミニシアター・エイド基金」とも連携しこの困難な状況を打開すべく総力をあげて活動してまいります。 つきましては、一人でも多くの方に署名に加わっていただきたいと思っています。映画の制作、配給、上映のみならず、映画文化に関わり「ミニシアターを救いたい」という思いを共有できる方であればどなたでも参加いただけます。 全国のミニシアターを救うため、是非ご協力をお願いいたします。 *2020年7月15日(水)12時をもって署名活動を終了します。 *このサイトでは署名のみを集めています。 *チェンジオーグ上のお金の応援はチェンジオーグの運営への応援になります。     <要望書全文> 日本政府、国会議員の皆さまへ    現在、新型コロナウィルスによる影響は、芸術文化の一翼を担う映画の企画、制作、配給、上映などに関わるすべての映画人にも甚大な被害を与えています。とりわけ、映画文化の多様性を担うインディペンデントの小規模映画館(ミニシアター)は存続の危機を迎えており、私たちは大きな危機感を抱いています。  新型コロナウィルスが大きな社会問題となり、まず映画館の集客は30〜50%以上減少しました。3月26日にイべントや不要不急の外出の自粛が要請されて以降は観客の減少は急激に加速し、集客80%減や観客ゼロでの上映という悲鳴のような声も聞かれるようになりました。ミニシアターの上映を支えている良質な映画の配給者も、このような状況の中で配給を延期せざるを得ず、ミニシアターの今後の状況はさらに悪化してゆくものと思われます。  この状況のもと、映画館や上映事業者は、感染防止の観点から、あくまで自らの責任で運営や活動の休止を決断するよう迫られています。しかし、何の経済的補償もない中での「休館」は、そのまま「閉館」に繋がってしまうことになりかねません。今の状態が 6 月まで続けば、夏を待たずに閉館する映画館が続出することが予想されます。  ドイツの文化相は「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ。特に今は」と述べ、「文化機関や文化施設を維持し芸術文化によって生計を立てる人々の存在を確保することはドイツ政府の文化的、政治的最優先事項である」と明言しました。地域やコミュニティに根ざし、日本の映画文化の中核を担うミニシアターは、単なる娯楽施設ではなく、地域に多様な文化芸術体験を提供し、コミュニティの「文化権」を確保する重要な文化芸術拠点であり、美術館、劇場、音楽堂等の公立文化施設や劇団、楽団、美術家、音楽家等と同等に民主主義社会に欠くことのできない存在です。  いま、「映画」を人々に届ける文化芸術拠点が地域から消滅してしまう危機に瀕しているのです。  私たちは映画文化に関わる映画人として政府に対して以下の支援が得られることを強く求めます。   ・  緊急的な支援として 新型コロナウィルス感染拡大防止のための自粛要請・外出自粛要請、また、拡大防止対策 (時短営業や客席数を減らす等)によって生じた損失(観客数の大幅な減少)を補填することに よる支援を求めます。   ・   終息後の支援として 集客を回復させるための広報活動の充実、ゲスト招聘、特集上映などのイベントに対する支援を求めます。   2020年4月6日                                      SAVE the CINEMA 呼びかけ人 (五十音順) 荒井晴彦(脚本家 映画監督) 安藤サクラ(俳優) 井浦新(俳優) 井上淳一(脚本家 映画監督) 入江悠(映画監督) 岩崎ゆう子(一般社団法人コミュニティシネマセンター事務局長) 上田慎一郎(映画監督) 枝優花(映画監督) 柄本明(俳優) 大高健志(プロデューサー MOTIONGALLERY代表 POPCORN共同代表   Incline) 上村奈帆(映画監督) 是枝裕和(映画監督) 佐伯俊道(脚本家 協同組合日本シナリオ作家協会理事長) 志尾睦子(シネマテーク高崎映画総支配人 高崎映画祭プロデューサー 一般社団法人コミュニティシネマセンター理事) 白石和彌(映画監督) 諏訪敦彦(映画監督) 想田和弘(映画監督) 田井肇(大分シネマ5代表 一般社団法人コミュニティシネマセンター代表理事) 塚本晋也(映画監督) 土屋豊(映画監督 独立映画鍋) 寺井隆敏(CINEMA PLANNERS代表) 西原孝至(映画監督) 濱口竜介(映画監督) 深田晃司(映画監督 独立映画鍋) 藤井道人(映画監督) 舩橋淳(映画監督 独立映画鍋) 北條誠人(ユーロスペース支配人 一般社団法人コミュニティシネマセンター理事) 松本正道(アテネ・フランセ文化センター 一般社団法人コミュニティシネマセンター理事) 馬奈木厳太郎(弁護士 プロデューサー) 森達也(映画監督) 渡辺真起子(俳優) 一般社団法人コミュニティシネマセンター(代表理事 田井肇) 太秦(配給会社 代表 小林三四郎) NPO法人独立映画鍋            賛同者 青木基晃(プロデューサー)/青山エイミー(プロデューサー)/穐山茉由(映画監督)/浅井隆(アップリンク)/浅沼直也(映画監督)/足立晃子(自営業)/足立紳(映画監督)/荒井南(シネマコリア)/石坂健治(東京国際映画祭「アジアの未来」部門ディレクター/日本映画大学教授)/石田健司(照明)/磯見俊裕(美術監督)/今泉力哉(映画監督)/今関あきよし(映画監督)/芋生悠(俳優)/上野遼平(プロデューサー)/臼井勝(録音)/大内靖(あまや座 支配人)/大久保賢一(映画評論家)/大崎章(映画監督)/大島葉子(俳優)/大西信満(俳優)/岡本英之(Inclineプロデューサー)/小川直人(せんだいメディアテーク学芸員)/小川茉侑(コミュニティシネマセンター)/奥山大史(映画監督)/梶谷由里(パブリシスト)/片岡礼子(俳優)/片嶋一貴(映画監督)/加藤一枝  邑の映画会)/加藤ひとみ(編集)/金子修介(映画監督)/川瀬陽太(俳優)/河原大輔(同志社大学)/川村健一郎(立命館大学映像学部教授)/川村岬(Inclineプロデューサー)/神田麻美(映写技師)/韓英恵(俳優)/北原豪  Incline  プロデューサー)/金原由佳(映画ジャーナリスト)/櫛桁一則(みやこ映画生活協同組合理事)/熊谷睦子(株式会社ムービー・アクト・プロジェクト)/小泉徳宏  (映画監督) /古賀太(日本大学芸術学部映画学科教授)/後藤睦文(ゆふいんこども映画祭)/小中和哉(映画監督)/小宮山芽以(スタイリスト)/小柳大侍(東北新社)/近藤笑菜(俳優)/近藤恭代(公益財団法人としま未来文化財団/豊島区立芸術文化劇場)/坂本安美(映画プログラマー・映画批評家)/坂本英紀(20世紀アーカイブ仙台)/佐藤貢三(俳優)/澤佳一郎(映画監督)/汐田海平(MOTIONGALLERY STUDIOプロデューサー)/(汐巻裕子(米アカデミー財団/株式会社ピクチャーズデプトプロデューサー)/篠原哲雄(映画監督)/下向拓生(映画監督)/尚玄(俳優)/杉原永純(Inclineプロデューサー)/鈴木徳至 (MOTIONGALLERY STUDIOプロデューサー)/瀬々敬久(映画監督)/曽我真臣(俳優)/戴周杰/高木悠衣(俳優)/高田聡(Inclineプロデューサー)/髙間賢治(撮影監督)/高見亘(二十代映画欲求プロデューサー/ディレクター)/田口トモロヲ(俳優)/武石昂大(映画監督)/立木祥一郎(合同会社teco llc代表)/田中俊介(俳優)/田中要次(俳優)/田辺高英(とさりゅう・ピクチャーズ)/蔦井孝洋(撮影監督)/土田環(早稲田大学)/寺門義典(310+1 cinema project)/戸田彬弘(株式会社チーズfilm 映画監督)/とちぎあきら(フィルムアーキビスト)/長久允(映画監督)/中村和彦(映画監督)/夏目志乃(俳優)/鍋島淳裕(撮影監督)/西嶋憲生(映画研究者)/西原多朱/根矢涼香(俳優)/橋本つむぎ(俳優)/長谷川葉生(俳優)/髭野純(プロデューサー)/菱沼康介(映画監督)/平井諒(映画監督)/平見優子(撮影)/蛭田智子(編集)/深作健太(映画監督)/藤井誠二(ノンフィクションライター)/福田浩三(シネマテーク茅ヶ崎)/藤本美津子(鎌倉で映画と共に歩む会)/古舘寛治(俳優)/穂志もえか(俳優)/堀越謙三(ユーロスペース代表)/堀三郎(アテネ・フランセ文化センター)/松尾豪(映画監督)/松倉大夏(映画監督)/松永大司(映画監督)/三島有紀子(映画監督)/三島諒(有限会社ハーモニック・俳優)/道川昭如(撮影)/光岡愼二(neoアジア映画祭 in あさひかわ)/三留まゆみ(イラストライター)/湊本陽夫/峰川佳子/宮嵜善文(NPO松本シネマセレクト代表理事)/宮島真一シアタードーナツ)/宮嶋風花(映画監督)/村田唯(映画監督・俳優)/村山匡一郎(映画研究者)/森厚 /森宗厚子 /山内敬(トランシネマ)/山口吉則(一般財団法人福岡ユネスコ協会事務局長)/山崎紀子(シネ・ヌーヴォ大阪支配人)/山田佳奈(映画監督、舞台演出家、脚本家)/山田笑子(撮影)/行定勲(映画監督)/吉村元希(映画監督・脚本家・俳優)/リム・カーワイ(映画監督)/ 川原杏奈(脚本家)/札内幸太(俳優/映画監督)/安楽涼(映画監督/俳優)/秦俊子(アニメーション監督)/中山剛平(映画監督)/松本純弥(映画監督)/西川達郎(映画監督)/品田誠(俳優)/小川賢人(アップリンク渋谷)/横田光亮(映像作家)/岩永祐一(映画監督)/日高七海(俳優)/本田拓海(俳優)/斎木ひかる(俳優)/藤村明世(映画監督)/結城貴史(KURUWA.LLC/俳優)/望月衣塑子(新聞記者)/安川有果(映画監督)/小山田サユリ(俳優) /佐伯日菜子(俳優)/杉田協士(映画監督)/隅田靖(映画監督)/中島京子(小説家) /矢内裕子(編集・ライター) /武井由紀子(弁護士) /南彰(日本マスコミ文化情報労組会議議長)/堀潤(ジャーナリスト)/内田樹(神戸女学院大学名誉教授・凱風館館長)/山崎雅弘(戦史・紛争史研究家)/若林直子(ソーシャルピーアール・パートナーズ株式会社代表取締役)/伊藤詩織(ジャーナリスト・ドキュメンタリー映像作家)/盛田隆二(小説家)/阿部岳(沖縄タイムス編集委員)/西谷修(哲学者)/宍戸開(俳優・写真家)/浜田敬子(ジャーナリスト/元AERA編集長)/茂木健一郎(脳科学者)/松尾貴史(俳優・放送タレント)/渡瀬夏彦(ノンフィクションライター) /四方智子(映画美学校)/市沢真吾(映画美学校)/ 佐藤玲(俳優) / 加藤才紀子(俳優)/野島健矢(俳優) /守谷周徒 (俳優) /佐久間啓輔(映画監督)/寒川聖美 (録音技師) / 井口理 /  江森弘和 (プロデューサー TALTO) /八坂直也 (ファッション事業運営者) /瀧澤日以(PHABLIC×KAUZI コスチュームデザイナー)/岡本大陸 (DAIRIKUデザイナー) / 井上 樹(フラワーアーティスト)/ キクチリョウタ(ミュージシャン)/ 竹澤汀(シンガーソングライター)/ 陽田奈緒(俳優)/ 村田敦子 (ミモザフィルムズ代表) / 広瀬奈々子(映画監督)/ 中神円(俳優/映画監督)/ 雨無麻友子(プロデューサー)/ 小川紗良(映画監督・俳優)/ 松本花奈(映画監督)/ 辻凪子(俳優)/ 山元環(映画監督)/ 磯部鉄平(映画監督)/ 越川道夫 (スローラーナー/プロデューサー・映画監督)/ 竹石研二(深谷シネマ支配人)/ 富山省吾(プロデューサー/日本映画大学理事長)/ アルノー・デプレシャン Arnaud Desplechin(映画監督/フランス)/ オリヴィエ・アサイヤス Olivier Assayas(映画監督/フランス)/ オリヴィエ・ペール Olivier Père(アルテ・フランス・シネマディレクター、元ロカルノ映画祭ディレクター)/ ギヨーム・ブラック Guillaume Brac(映画監督)/ リチャード・ペーニャ Richard Peña(コロンビア大学映画学教授/ニューヨーク映画祭名誉デイレクター)/ 洪 相鉉(홍 상현) (全州国際映画祭プログラム アドバイザー 日本ㆍアジア映画担当)/ 丸山靖博(ROBOT)/ 川岡大次郎(俳優・なすしおばら映画祭プロデューサー) / 渋川清彦(俳優)/ 日向朝子(映画監督)/ 斉藤陽一郎(俳優)/ 森谷雄(株式会社アットムービー代表取締役・プロデューサー)/ 上西充子(法政大学教授)/ 前川喜平(現代教育行政研究会代表)/ 中島岳志(東京工業大学教授)/ 香山リカ(精神科医)/ 若松プロダクション / 辛淑玉(人材育成コンサルタント) / 森重晃(プロデューサー)/ 蓮池透 / 中川龍太郎(映画監督) /生見司織(俳優/監督)/ 吉田奈津美(会社員)/ 阿部はりか(映画監督)/ 坂田貴大(映画監督)/ 工藤梨穂(映画監督)/ 横山翔一(映画監督)/ 崎山蒼志(ミュージシャン)/ 石田清志郎(映像監督)/ 細川岳(俳優)/ 大原とき緒(映画作家)/ 蔭山歩美(映像翻訳者)/ 秦 岳志(ドキュメンタリー映画編集)/ 目黒大輔(自主映画監督)/ 松本和久(プロデューサー)/ 鶴岡明史(ちば映画祭実行委員会)/ 雨宮真由美(アダムズ・アップルLLP)/ 坂上 香(ドキュメンタリー映画監督)/ 宮嶋僚子(株式会社U-NEXT 映画部)/ 鎌仲ひとみ(ぶんぶんフィルムズ代表 映像作家)/ 小原美由紀(ぶんぶんフィルムズ)/ 美波(俳優)/ キネマ旬報社 / 竹中啓二(姫路シネマクラブ運営委員/Animation Runs! 主宰)/ 山岡瑞子(映画作家)/ 片山享(映画監督/俳優)/ 堀江貴大(映画監督)/ 八木橋聡美(俳優)/ 藤井光(美術家/映画監督)/ 平野共余子(元ニューヨーク・ジャパン・ソサエティー映画部門ディレクター)/ 市山尚三(プロデューサー、東京フィルメックスディレクター)/ 橋本佳子(プロデューサー)/ 豊島圭介(映画監督)/ クリストフ・テルヘヒテ(DOCライプチヒ芸術監督、前ベルリン映画祭フォーラム部門プログラマー)/ パオロ・ベルトリン(カンヌ監督週間プログラマー、ベネチア、ロカルノ映画祭プログラムコンサルタント)/ 中村真夕(映画監督)/ クリス・フジワラ(映画批評家)/ マーク・ノーネス(映画研究者、批評家)/ シネマハウス大塚 / 坂本龍一(音楽家)/ 永瀬正敏(俳優)/ 永田浩三(武蔵大学教授)/ 坂手洋二(劇作家  演出家)/ 鈴木邦男 / マサ・ヨシカワ(プロデューサー)/ 長岡参(映像作家)/ 赤松立太(パッソ・パッソ代表)/ 榮拓志(独立映画鍋会員)/ ニック・ウエムラ(プロデューサー)/ 株式会社THE DIRECTORS ALLIANCE / 賀川良(CGアーティスト)/ チャン・ゴンジェ 장건재(映画監督)/ 沼田真典(フィルムメイカー)/ 姫路シネマクラブ / 榎園京介(映画作家)/ 海上ミサコ(インディペンデント映像作家)/ 久藤今日子(俳優)/ 木下雄介(映画監督)/ 新谷和輝(映画研究)/ 河野義勝(武蔵野興業)/ 武蔵野館 / シネマカリテ / 福島みずほ(参議院議員)/ 中垣内彩加(俳優)/ 小谷承靖(映画監督)/ 足立正生(映画監督)/ 祝大輔(映画監督)/ エリック・ニアリ(プロデューサー)/ 山崎エマ(映画監督)/ 石川優実(グラビア女優、フェミニスト)/ はらだたけひで(絵本作家・元岩波ホール)/ 河合知代(ラ・ジュテ店主)/ 武石昂大(映画監督) / 川島直人(映画監督)/ 佐藤浩市(俳優)/ 柄本佑(俳優)/ クレール・ドゥニ Claire Denis (映画監督)/ ジャン=ピエール・レオー(俳優)/ Do it Theater / 谷口雄一郎(監督)/ チェ・ナギョンCHOI NAG YONG(ソウル「アートハウス・モモ」副代表/韓国芸術映画館協会代表)/ ジョン・サンジン JUNG SANG JIN(ソウル「アートナイン」代表)/ ジュ・ヒJU HEE(ソウル「アートナイン」マネージングディレクター)/ チェ・ヒョンジュンCHOI HYUN JUN(仁川「ミリム劇場」支配人)/ 日向夏(俳優)/ ジャンヌ・バリバール Jeanne Balibar(俳優・映画監督)/ マチュー・アマルリック Mathieu Amalric(俳優・映画監督)/ ペドロ・コスタ Pedro Costa(映画監督)/ ジュリアン・ジェステール Julien Gester(映画批評家・「リベラシオン」文化欄チーフ)/ ニコラ・エリオット Nicholas Ellioptt(映画批評家・ロカルノ映画祭プログラマー)/ ケント・ジョーンズ Kent Jones(映画監督・元ニューヨーク映画祭ディレクター)/ 役所広司(俳優) 足柄製作所/アテネ・フランセ文化センター/アップリンク渋谷/アップリンク吉祥寺/飯田橋ギンレイホール/上田映劇/映画ランド株式会社/ガーデンズシネマ(鹿児島)/金沢21世紀美術館/鎌倉市川喜多映画記念館/川越スカラ座/川崎市アートセンター/川崎市市民ミュージム/KAWASAKIしんゆり映画祭/京都シネマ/京都みなみ会館/グリーンイメージ国際環境映像祭/高知県立美術館/神戸映画資料館/神戸文化ホール/コピアポア・フィルム株式会社/埼玉映画ネットワーク/桜坂劇場/札幌映画サークル/シアターエンヤ/シアターキノ/静岡シネ・ギャラリー  /シネ・グルージャ/シネコヤ/シネ・ヌーヴォ/シネ・ピピア/シネマ・アミーゴ/シネマイーラ/シネマヴェーラ渋谷/シネマ尾道/シネマ・クレール/シネマ・ジャック&ベティ/シネマスコーレ/シネマ・チュプキTABATA/シネマテークたかさき/シネマトーラス/シネマ5/シネモンド/有限会社  鈴木映画/生命誌を考える映画鑑賞会/せんだいメディアテーク/第七藝術劇場/シアターセブン/高崎映画祭/高田世界館/ちば映画祭/出町座/Denkikan(熊本)/名古屋シネマテーク/新潟・市民映画館 シネ・ウインド/兵庫県映画センター/広島市映像文化ライブラリー/フォーラム仙台/フォーラム盛岡/フォーラム山形/深谷シネマ/福山駅前シネマモード/ホール・ソレイユ/ほとり座/前橋シネマハウス/松本CINEMAセレクト/みやこ映画生活協同組合/宮崎キネマ館      /元町映画館/山形国際ドキュメンタリー映画祭/山口情報芸術センター/ユーロスペース/横浜キネマ倶楽部/横浜シネマリン/ヨコハマ・フットボール映画祭 横川シネマ /八丁座 /サロンシネマ /伊勢進富座 /シアターシエマ /本渡第一映劇/シネマルナティック/日田リベルテ   SAVE the CINEMA https://savethecinema.org/ https://twitter.com/save_the_cinema https://www.facebook.com/save.the.cinema2020/     【資料】他国の芸術文化への支援状況   2020年4月1日現在 ・ドイツでは、新型コロナウィルスの影響を受けたカルチュラル、クリエイティブ、そしてメディアを含む中小企業や 個人への支援として、個人の自営業者(従業員のいない自営業者)、個人のアーティスト、および最大 5 人の従業員を持 つ中小企業は 3 か月間、最大 9,000 ユーロ(約 107 万円)、従業員最大 10 人までの中小企業は、3 か月間、最大 15,000 ユーロ(約 180 万円)の一括払いの助成金(返済不要)を受け取ることができる。  ・アメリカでは、米国芸術基金が非営利の芸術団体を支援することを目的に、運営費に充当できる助成金 7,500 万ドル (約 80 億円)を用意している。・イギリスでは、月額 2,500 ポンド(約 33 万円)を上限に、従業員の賃金の 80%が支給され、加えてアーツ・カウンシル・イングランドが文化芸術に関与する個人や組織の保護を目的に、1億6000 万ポンド(約 213 億円)の緊急資金を提供する。 ===========================   April 6th, 2020   To: The Government of Japan and its lawmakers    URGENT: We Request Emergency Financial Aid for Small Art-House Theaters (“mini theaters”) amid the COVID-19 Outbreak.   After the new coronavirus pandemic reached Japan, the government requested the cancellation, postponement or downsizing of sports and cultural events in the country. This has caused immense damage to the country’s art-house movie theater industry, hurting productions, distribution, advertising and screenings. Independent art-house theaters, which are the hub of cinematic diversity, are especially at risk, with some facing extinction. We are seriously concerned about them. Since the new virus outbreak, audience numbers at cinemas have declined by 30 percent to 50 percent. After the government set the quarantine measures on March 26, the numbers dropped even more rapidly. Some theaters say they have seen an 80 percent decline in audiences, while others say no one turned up for screenings.  All the distributors that work with the cinemas providing quality art-house movies have had to postpone their schedules. This has pushed mini theaters to the edge of a cliff. At this extremely difficult time, managers and owners of the cinemas have been forced to shut their doors temporarily to cooperate with the government’s health advisory. But as of April 6, the government had not offered compensation for their losses. For many, this could mean their doors will stay closed forever. If this ordeal continues till June, many cinemas will go bankrupt before summer. Germany’s culture minister, Monika Grütters, said, “For our society, artists are necessary, no, not only ‘necessary,’ but ‘indispensable’ to maintain our lives. Especially now.” She added that it is the most important cultural and political priority for the German government to maintain cultural organizations and facilities as well as support those who make their living by art. Mini theaters have taken root everywhere in our country and have been the core of Japan’s film culture. They are not just for amusement. They offer diverse art experiences, which provide local communities with “cultural rights.” Their facilities are just as important for a democratic society as art museums, drama theaters, and concert halls. Their workers are equally important as theater group members, orchestra musicians and group artists.   Now we are facing the VERY MOMENT when cinema’s precious cultural cores are extinguishing. We, all filmmakers and cinema supporters, request the following to Japanese government.   ・As emergency financial support, the government should compensate for the loss and decline of box office at each venue after the quarantine policy was implemented.  (Mini theaters reduced seats and numbers of screenings to cooperate with the antivirus campaign.)    ・ The government should provide financial support to help the mini theaters recover after the pandemic is over. Such support would cover advertising, special screenings and guest invitations at special events.                                              PETITIONERS  #SaveTheCinema   Arai Haruhiko (Director/Screenwriter) Ando Sakura (Actor) Iura Arata (Actor) Inoue Junichi (Director/Screenwriter) Irie Yu (Director) Iwasaki Yuko (Managing Director, Japan Community Cinema Center) Ueda Shinichiro (Director) Eda Yuuka (Director) Emoto Akira (Actor) Otaka Takeshi (Producer/President, MotionGallery/ Co-Founder, POPCORN) Kamimura Naho (Director) Koreeda Hirokazu (Director) Saeki Toshimichi (Screenwriter/Managing Director, Japan Writers Guild) Shio Mutsuko(President of Cinematheque Takasaki/Director of Takasaki Movie Festival)/ Board Member, Japan Community Cinema Center) Shiraishi Kazuya (Director) Suwa Nobuhiro (Director) Soda Kazuhiro (Director) Tai Hajime(President, Oita_Cinema5/President, Japan Community Cinema Center) Tsuchiya Yutaka (Director / Co-President, Independent Cinema Guild Japan) Terai Takatoshi (President, CINEMA PLANNERS) Nishihara Takashi (Director) Hamaguchi Ryusuke (Director) Fukada Koji (Director/ Co-President, Independent Cinema Guild Japan) Fujii Michihito (Director) Funahashi Atsushi (Director/Independent Cinema Guild Japan) Hojo Masato (Manager, EuroSpace/Board Member, Japan Community Cinema Center) Matsumoto Masamichi (Athenee France Culture Center/ Board Member, Japan Community Cinema Center) Managi Izutaro (Lawyer/Producer) Mori Tatsuya (Director) Japan Community Cinema Center Uzumasa (Distributor) Independent Cinema Guild Japan ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●   <DATA: How are other countries supporting art and culture?>                                                                  (As of April 1.) <Germany> Germany’s government gives cultural/art organizations, small media companies, freelancers, or art individuals a one-time subsidy (NO need for repayment): 9,000 euros (1.07 million yen) for three months for individuals, freelancers, or small art companies with a maximum of five employees. It pays 15,000 euros (1.8 million yen) for three months to small/midsize art companies with a maximum of 10 employees. <USA> The American Art Foundation is preparing support worth $75 million (8 billion yen) to aid the running costs of nonprofit art organizations. <UK> The British government has come up with a nationwide bailout plan: Regular employees get 80 percent of their salaries, to a maximum limit of 2,500 pounds (330,000 yen) a month. Plus, Arts Council England will give 160 million pounds (21.3 billion yen) to artists and art organizations as an emergency support package.

SAVE the CINEMA
91,480 supporters
Update posted 1 month ago

Petition to トーマス・バッハ , アンドリュー・パーソンズ , 菅義偉 , 丸川珠代 , 小池百合子 , 橋本聖子

人々の命と暮らしを守るために、東京五輪の開催中止を求めます Cancel the Tokyo Olympics to protect our lives

EN / FR / DE 【ご署名前に必ずお読みください】 *注意  ご署名いただくと、本署名サイトChange.org様から寄付の呼びかけが表示されますが、宇都宮けんじへの寄付にはなりませんのでご注意下さい。あくまでもオンライン署名サイトChange.org様への寄付であり、寄付はチーム宇都宮けんじとは関係はありません。申し訳ございませんが、Change.orgさんのサイトのシステム上、チーム宇都宮けんじでは寄付について対処することはできません。寄付についてのお問い合わせや解除は、Change.org様へご連絡をお願い申し上げます(お問い合わせフォームはこちら)。また、「寄付なし」でも署名としてカウントされますのでご安心ください。 また、数名の無償ボランティアによって運営しておりますため、東京五輪中止に関する個別のご意見・ご要望やお問い合わせにつきましては、ご返答が難しい状況にあります。ご了承いただけましたら幸いです。 *お詫び インターネットを使わない方が署名できるよう、直筆署名をしてほしいというご要望をいただいておりますが、複合的な事情によってオンライン署名のみにしております。主な理由は下記2点です ① 新型コロナウィルスの感染防止のため② 署名者の重複を避けるため 署名サイトChange.orgさんは、同一人物が複数回署名できないよう厳重なシステムになっています。直筆署名も含めてしまうと、その中にオンライン署名をしている方もいる可能性も生じてしまいますので、そうした不正を防ぐためにもChange.orgさんでのオンライン署名に一本化させていただきます。 なお、インターネットの操作が不得意な方々向けに、添付のチラシを作成して署名方法をご案内しております。下記サイトをご覧いただけましたら幸いです。https://utsunomiyakenji.jp/wp-content/uploads/2021/05/print.pdf ============================================= 「人々の命と暮らしを守るために、東京五輪の開催中止を求めます」  現在、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、政府、東京都、および公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、2021年の東京オリンピック・パラリピック開催を強行しようとしています。 ところが、周知のように東京都のみならず、国内各地、さらには世界各国では今日に至るまで新型コロナ感染拡大はまったく止まっておりません 。昨年末から開始されたワクチン接種も、現在のところ欧米などの一部地域で普及しているにすぎず、感染防止の決定打とはなっておりません。 ── 命や暮らしを危険にさらしてまで東京五輪を開催するのか  このような状況下で、本年7月に東京オリンピック・パラリンピックを安全に開催できると考えることは極めて難しいと言わざるをえません。この状況で開催すれば、「平和の祭典」であるはずの五輪は、その理念から大いに逸脱することになります。出身国によって、満足のいく準備をまったくできなかったアスリートとそうでないアスリートのあいだに、多大な格差が生じます。また、東京に来たところで、感染のストレスにたえずさらされ、厳しい制限を課せられては、満足のいくパフォーマンスを発揮することは不可能です。 東京オリンピック・パラリンピックを7月に開催するためには、大勢の医療従事者の方々、また医療施設や医療設備などの貴重な資源、その他のさまざまなリソースを割かなければなりません。しかし、すでに各種団体が指摘するように、現在の東京都および日本全体にその余裕はまったくありません。外国からの観客を制限したところで、五輪は大規模な人の移動と接触を引き起こします。五輪によって感染状況が悪化することは大いにありうると言えます。 ただでさえ深刻な不足に直面している医療資源を五輪に回すことは、コロナ禍で疲弊している医療従事者の方々をさらに苦しめ、住民および参加者の命と暮らしを危険にさらすことになります。 ── 五輪中止で利用可能となった資源を人々の命や暮らしを守ることに使おう  また、新型コロナ感染症により、多くの人々は命を脅かされると同時に、経済的にも困窮を強いられています。とりわけ、非正規雇用で働くことの多い女性・若年層・高齢者の暮らしは、わずか一年たらずで劇的に悪化しました。現在、多くの方が、民間団体の主催する食糧や住居の各種支援に頼って暮らしています。このような状況のなか、五輪の延期にともなう追加費用は3000億円にも上りました(経費総額は1兆6440億円)。 人々の命と暮らしを守ることが自治体の本義であるならば、東京五輪は一刻も早く開催中止を宣言し、窮乏にあえぐ人々に資源を割くべきではないでしょうか。 ── 国内外から高まる五輪中止の声に耳を傾けて即刻中止判断を  すでに国内外での新聞等による各種世論調査では、五輪開催の中止または延期を求める声がいかに多いかが繰り返し示されています。また、国内外のメディア、多くの政治家たち、またアスリート自身も五輪開催を難しいとするとの意見を繰り返し発表してきました。 政府や都、組織委員会がいまだに五輪中止の判断や要請をしていないことはあまりに遅い失策ですが、今からでも東京オリンピック・パラリンピックの今夏開催中止を即刻決断し、五輪中止によって利用可能になった各資源を、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぎ、人々の命と暮らしを守るために向けることを強く求めます。   宇都宮けんじ(弁護士)〈宇都宮けんじ公式HP〉 1946年愛媛県生まれ。1969年東京大学法学部中退、司法修習所入所。1971年弁護士登録、東京弁護士会所属。弁護士として、クレジット・サラ金問題に早くから取り組み、多重債務に苦しむ多くの人を助けてきた。また、反貧困ネットワーク代表世話人として、貧困問題の解決に向けた運動にも取り組んでいる。コロナ禍においては、仕事を失う、住宅を失う、大学に通えない方が増える状況を踏まえ、「新型コロナ災害緊急アクション」として 、支援活動や「大人食堂」での生活相談などを行っている。 ▼本署名運動詳細は下記をご覧くださいhttps://utsunomiyakenji.jp/stoptokyoolympic/ ▼報道関係者さまは下記をご覧ください  https://utsunomiyakenji.jp/pressrelease-stoptokyoolympics-jp/  

宇都宮けんじ Kenji Utsunomiya
462,734 supporters
Update posted 1 year ago

Petition to 内閣総理大臣 菅義偉, 内閣官房長官 加藤勝信, 厚生労働大臣 田村憲久, 法務大臣 上川陽子, 内閣府 コロナ担当大臣 西村康稔, 文部科学大臣 萩生田光一, 総務大臣 武田良太, 法務省 人権擁護局

新型コロナウイルス感染拡大に伴う差別行為=「コロナ差別」に際して日本政府に対策を求めます ー #差別を許さない

※English version at the bottom みんなの命を守るために差別を許さないことが必要です。これは、そのための署名です。 命を守るためには差別を許さないことが絶対に必要です。人間が人間として生きるために。社会とみんなの命を守るために。正義が今必要です。 あなたは泥棒行為を許しますか? あなたは暴力行為を許しますか? あなたは殺人行為を許しますか? 差別行為を許さないのはこれらと一緒。 人間には各々自分一人分の力があります。 差別にムカついてる人はみんな署名してください。差別にムカついてる人は、差別をやめろと社会に言いましょう!政府に差別を止めろと言いましょう!   【閲覧注意】この概要欄には差別行為、言動が載っています。また、示したリンク先には差別言動が載っています。閲覧にはご注意ください。 1.要旨 新型コロナウイルス感染拡大(COVID-19)で感染者、医療者に対する差別発言・差別行為が頻発しています。 医療・介護者に対する差別行為の例 地域住民から『近づいたらあかんで』…続く医療現場への差別・偏見 医労連が会見 ー2020年5月20日 https://www.fnn.jp/articles/-/44235 感染者個人や学校や事業者やマイノリティに対する差別行為の例 弁護士ドットコム 京産大に「火をつけるぞ」と脅迫…深刻化する「コロナ差別」、悪質ケースは犯罪に-2020年4月10日 https://www.bengo4.com/c_23/n_11046/ (2021年5月2日まで 感染者の自宅に投石、落書きが起こっていると言う書き込みここにありましたが、事実ではないという報道が2021年5月1日朝日新聞のニュースでありました。訂正してお詫びします。 「感染者宅に投石」デマ拡散 知事も発信した未確認情報 https://www.asahi.com/articles/ASP4Z2GFLP4WPTIL01X.html?fbclid=IwAR2xNyMn6CsTQLAnNrYBrFUSvoZ9wLKkikYsZq33wXUrgG4_OG2VJD29C0g ) 最近、自粛警察と言うワードが話題に入っていますが、もちろん差別・暴力行為です。職業差別の仕組みが自粛警察行為に向かわせています。 行き過ぎた「自粛警察」“感情のコントロール心がけて”ー2020年5月19日 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200519/k10012436311000.html クラスター対策や休業要請で名指しをされたライブハウスや飲食店や風俗店やパチンコ店も苦境に立たされています。パチンコ店に「爆破する」と投稿もありました。これも差別構造のせいです。差別が社会機能不全に陥らせているのです。 大阪のパチンコ店「爆破」と投稿ー2020年4月28日 https://this.kiji.is/627742489397085281?c=39550187727945729 欧米ではアジア人に対する差別が横行していますが、日本でも中国人に対する入店拒否等が起こっています。人種差別行為が起こっています。セクシャルマイノリティ、障害者等に対する差別行為もあると考えられます。 「中国人は入店拒否」新型コロナで、飲食店の対応は違法になる?ー2020年2月23日 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200223-00276380-bizspa-life 2020年5月10日にはこの状況にも関わらず、ヘイトスピーチを伴う街宣が行われました。 警察は差別をする人を守り、政府・東京都・小平市は「差別をやめろ」と一言も言いませんでした。 #0510朝大前 #0510朝大前ヘイト街宣を許すな のツイッタータグや 【2020/5/10】佐藤悟志・村田春樹らによるヘイト街宣@朝鮮大前 #0510朝大前ヘイト街宣を許すな 【三密警察】 https://t.co/xUURFE9Z65 をご参照ください。 入管では難民として日本に逃げた人たちや技能実習生の過酷さで逃げた人たちなどが長期収容されています。ろくに医療もうけられない状態が続いています。 「家族が心配」「相部屋怖い」 面会制限で収容者に不安:朝日新聞デジタルー2020年5月18日 https://www.asahi.com/articles/ASN5K6WRCN5KUTIL00N.html   また、DVや虐待も頻発しています。DVは性差別から行われます。許してはなりません。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う家庭内被害―DV・ 虐待―の増加・悪化防止に関する会長声明(日弁連) https://www.nichibenren.or.jp/document/statement/year/2020/200417.html  4月29日参議院予算委員会で宮沢由佳議員から妊婦さんが里帰り先て出産拒否されたり、孤立されていたり、不当解雇をされるのではないかと不安に陥っている人がいると言う質問がありました。これも実を言うと差別構造からなるものです。     <新型コロナ>差別は感染防止の敵 医療関係者ら被害 行動歴調査に悪影響ー2020年3月28日https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202003/CK2020032802000138.html 東京新聞の記事にある通り、差別行為を恐れ感染を疑っても名乗り出られず病院に行けない人が出ている可能性がありますし(感染経路を追えなくなって来ている)、医療者はコロナ治療に集中できず医療が充分に機能せず「医療崩壊」に繋っている恐れがあります。介護従事者に対する差別も介護事業の機能不全をもたらす恐れがあります。     差別やデマは社会を壊します。 感染対策には差別やデマを許さないことは必須です。 仕方ないと放置をすることは不正義です。社会にダメージを与えます。 防疫施策はどうしても差別性を伴います。強化される差別には十分対策をせねばなりません。しかし、日本政府は差別を放置しています。政府は本格的対策をする必要があります。施策でこうなったのだから、日本政府には対策をする責務があります。見逃せば国際人権法・子どもの権利条約違反で不正義です。 2.政府に求める対策・総理大臣やその他大臣が強いリーダーシップをもって差別・デマ・DV・虐待等の暴力に毅然とした姿勢で強力でシンプルな対策をすること ・総理大臣やその他大臣が会見 議会答弁で 差別やデマやDVや虐待を許さない宣言をすること、「差別をやめろ」「差別をやめましょう」と宣言すること ・専門家会議の3月19日の提言の通り、差別を許さない本格的な対策をすること ・差別やデマやDVや虐待を許さない取り組みを策定し特措法に基づく「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に加えること ・ガイドラインを策定し差別を許さないルールを規定すること   ・どのような行為が差別行為に当たるのか国民住民に示すこと ・なぜ差別やデマやDVや虐待は許されないのか国民に説明し(医療崩壊など社会が機能不全に陥り、感染爆発の原因になるからなど)、SNSや書面やCMなど広報し、国民にそれを共有させること ・教育機関にもどういう行為が差別に当たるか教育するように奨励すること ・各都道府県にも差別を許さないという姿勢で対策を策定・実行させること ・官民挙げて差別やデマやDVや虐待を許さないことで感染拡大や医療崩壊や社会機能不全を防ぐ仕組みを作り実行すること ・コロナ差別・DV・虐待関連の人権相談体制の強化 ・収束後、人権に充分に配慮した上で差別行為・デマ行為・DV・虐待のデータを集めて公開すること ※署名提起者のツイッターアカウント@bobby_muntan ※目標署名数最低3000-4000筆は目指しています。出来るだけ世論を喚起したいです。 ※手交方法私は三重県に住んでますので郵送したいと考えています。 ※他都道府県に対しては、是非住まわれている所に各々署名を起こしていただければと思っています。 ※賛同いただいたみなさんにしていただいたら嬉しいこと1.SNSでのシェア2.1.をするときにご自分の意思を添えること3.官邸に意見することhttps://www.kantei.go.jp/jp/iken.html 自民党・公明党に意見すること 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contacts?_ga=2.157807290.1036087757.1590507337-1344319247.1590507337 公明党 https://www.komei.or.jp/etc/contact/4.1-3のどれかを定期的にすること ※他都道府県に対しては、是非住まわれている所に各々署名を起こしていただければと思っています。 私も住んでいる三重県に対しても署名を起こしました。 https://www.change.org/noracismtomiepref English  We demand anti-discrimination policy from the Japanese government for discriminatory actions linked to the spread of new coronavirus infection With the spread of new coronavirus infections in Japan, discriminatory acts are being made on infected people, medical staff, caregiver staff, race / ethnic minorities, sexual minorities, women and people working at restaurants. Japanese society has left this. "Stone to the infected person", "Refuse to enter the store", "Slander the targets" ,etc. are being performed. Discriminatory acts incite the spread of infection. The Japanese government should take measures. Japan does not have any law and any rule to strongly prohibit discrimination. As it is, no one can blame the act of discrimination.With the spread of new coronavirus infections, there has been severe harassment of infected people, medical personnel and caregivers in Japan.There's also the "self-restraint police", the idiots who monitor and harass the shops. I can not forgive this kind of behavior. I'm collecting signatures asking the government to clearly say "We won't forgive it.", etc. Please sign this petition. The government must at least declare"We do not forgive discriminatory acts!","Stop discriminatory acts! " I am collecting signatures for that. Do The Right Thing! Request to the government ・ The Prime Minister and other ministers must take strong and simple measures with strong leadership, with a strong attitude of being resolute to violence such as discrimination,slander, DV, and child abuse. ・ The Prime Minister and other ministers make a declaration that they will not tolerate discrimination, false rumour, DV and child abuse in a conference response. ・ The Prime Minister and other ministers declare that "Stop discriminatory acts!" ・ Properly implement measures that do not allow discrimination, as recommended by the expert meeting on March 19th. ・ To formulate an approach that does not allow discrimination, hoax, DV and abuse, and add it to the "new coronavirus infectious disease basic plan" based on the Act on Special Measures ・ Establish guidelines and establish rules that do not allow discrimination . ・ Indicate to citizens what kind of act constitutes discrimination. ・ Explain to the public why discrimination, false rumour, DV and child abuse are not forgiven (because society will fall into dysfunction due to medical collapse, etc. and cause infection explosion), publicize SNS, documents and commercials, and inform the public To share. ・ Encourage educational institutions to educate themselves on what kind of behavior constitutes discrimination ・ To formulate and implement measures with the stance of not allowing discrimination in every prefectures. ・ Create and implement a mechanism to prevent the spread of infection, medical collapse, and social dysfunction by not allowing discrimination, false rumour, DV, and abuse by public and private sectors. ・ Strengthen human rights consultation system related to corona discrimination, DV, and child abuse. ・ After convergence, collect and publish data on discrimination, false rumour, DV, and child abuse with due consideration of human rights. * The petition proposer's Twitter account @bobby_muntan * If you agree with this pension, please do something about these things. 1. Please share this signature on SNS. 2. Please indicate your intention when doing 1.3. Please give an opinion to the PM office https://www.kantei.go.jp/jp/iken.html 4.Please do any of 1-3 regularly.

伊藤  広剛
9,996 supporters