Topic

animals

21 petitions

Started 2 weeks ago

Petition to 内閣総理大臣 安倍晋三

STOP日本のお肉券

需要が低迷する和牛の消費のための経済対策として、日本政府は「お肉券(仮)」を配布する構想を進めています。 2012年、国連が地球環境や食料需給に大きな問題であると畜産業について警告し、地球環境問題、動物愛護、信条、健康等の理由で、訪日外国人客はじめ肉食を控える人が増えています。 畜産業者は困っているのでしょうが、それについては、他の方法で対策すべきです。世界中で進む代替肉開発の援助もできるでしょう。 政策費用は全て税金から支出されます。 お肉券配布は、肉食をしない人には不必要で税金の無駄遣いであるばかりか、環境や命を尊ぶ人への冒涜、不利益な税金の使用方法となります。 昨年小泉環境大臣がステーキを食べるアピールをしたことで、日本は環境大臣でさえ、環境に配慮する姿勢がないと批判を受けたことはまだ記憶に新しいことです。 お肉券発行は、SDGsを意識する企業が増える中、日本は地球環境意識が低いとさらに国際的評判を下げ、私たち国民みなの大きな不名誉、不利益につながります。 また、動物愛護意識も広がり、券で交換することにも不快感を覚える人がいます。 やめましょう、お肉券! As economic measure for consumption of the Japanese beef which demand hovers around, the Japanese Government pushes forward a design to distribute "a meat ticket" (provisionally) to.In 2012, the United Nations warns a global environment and the food supply and demand that it is a big problem about the stock-raising industry, and, for reasons of the issue of global environment, the animal protection, the creed, the health, people writing down eating meat in the visit to Japan foreigner visitor beginning increase.The stockbreeder will be in trouble, but, about it, should take measures by other methods. The support of the substitute meat development to advance all over the world will be possible.The policy expense is expended all from a tax.Not only the meat ticket distribution is unnecessary for the person who does not eat meat and is a tax loss messenger, but also it is the usage of the profanity to a person respecting environment and a life, the disadvantageous tax.It is still new in memory last year that Japan received criticism in having emphasized that Minister of the Environment Koizumi eat a steak if there is not a posture to consider environment even in the Ministers of the Environment.Japan lowers the international reputation while companies being aware of SDGs increase if global environment awareness is low, and the big dishonor of all we nations is disadvantageous, and the meat ticket issuance is connected.In addition, there is the person who feels a non-pleasure in changing the animal protection awareness with an expanse, a ticket.Stop the meat ticket! (by weblio) we need a translator !

一般社団法人 日本vegan協会
1,922 supporters
This petition won 2 months ago

Petition to 神戸市立須磨海浜水族園 , 鴨川シーワールド , 株式会社サンケイビル , 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート

日本のシャチたちをこれ以上家族から引き離さないで! Don't pull the orcas in Japan away from their family any more!

神戸市立須磨海浜水族園のリニューアルにあたり、シャチの搬入が予定されています。同園は鴨川シーワールドと提携し、シャチを移動させる予定とのこと。(鴨川からの移動については、市議会でも話題に上がっているようなので、間違いはないのかな…と、思います https://youtu.be/wxiZ8ouIzzc?t=1417 ) シャチは本来、家族単位のポッドと呼ばれるグループで生活をしています。現在日本で飼育されているシャチはすべて血縁関係にあり、鴨川シーワールドと名古屋港水族館の2館に分かれて生活をしています。シャチの大きさを鑑みれば1館だけで全頭を飼育するのは難しく、これまでにもシャチの飼育経験のある2館がこれまで日本のシャチたちを飼育・展示してきました。 鴨川シーワールドと提携を結んでいるといえど、これまでシャチの飼育経験のない須磨海浜水族園へわざわざ分離する必要はあるのでしょうか? これまでも日本のシャチたちは鴨川シーワールドと名古屋港水族館の間で移動を繰り返してきました。シャチたちに負担をかけ、家族を引き離してまで移動させる意味とは何でしょうか。 動物園や水族館は、その性質上”種の保存”に多大な貢献をする場所だとこれまで思ってきました。しかし、今回の須磨海浜水族園のリニューアルについては、入園料の値上げなどにより地元神戸の市民からもシャチの搬入をやめて欲しいという声が上がり、署名活動も行われています。 リニューアルされる須磨海浜水族園では、人工授精による繁殖設備の強化なども取り上げられていますが、果たしてそれは現在の2館では不可能なのでしょうか。 鴨川シーワールドと名古屋港水族館では、これまでにも自然交配によるシャチの出産、育成に成功しています。人工授精による繁殖となれば課題はもっと多いはずです。それなのにシャチの飼育経験もない須磨海浜水族園でそれを行うことが、本当に動物のためになるとは考えられません。 本当に”種の保存”が目的なのであれば、シャチたちが今以上に増えて、2館では飼育しきれなくなった段階で須磨海浜水族園さんに手を貸していただくわけにはいかないのでしょうか。 ただの話題作り、ただの金儲けのためにこれ以上シャチたちに負担をかけてまで移動させることはどうかやめていただきたい。   The current plans for the renewal of the Suma Aqualife Park includes the transfer of orcas in cooperation with Kamogawa Sea World. Usually, orcas live in the family groups, called pods, and all orcas bred in Japan are from the same pod. As they are large animals and it is difficult to breed them all in one place, they live separated in two groups, one at Kamogawa Sea World and the other at the Port of Nagoya Public Aquarium. Until now only these two aquariums with experience with orcas where breeding and exhibiting them. However, the orcas will be pulled away from their familly and transfered to Suma Aqualife Park, which, while it will be in cooperation with Kamogawa Sea World, has no experience with orcas. Is it necessary and in their best interest? What do you think about this? The orcas have been transfered many times between Kamogawa Sea World and the Port of Nagoya Public Aquarium. Why burden them with more unnecessary transfers and pull them away from their family? Citizens of Kobe also are campaigning for the cancelation of the orcas transfer and are currently petitioning against it. Suma Aqualife Park has been accepted by the citizens, as an inexpensive and friendly aquarium but the arrival of the orcas will more than double the entrance fee Both the orcas and the citizens of Kobe do not venir from the plan which will serve only the interests of the aquarium owner by creating buzz and money. We do ask for the cancellation of those plans to protect the comfortable life of the orcas. We ask you one more, "What do you think about this?"   ※R1.10.31 言葉が足りず、一部の方にご指摘いただいたため文章の一部を変更しました。繁殖→出産  R1.11.11 英文を追記しました。

Ohkubo Hitomi
1,350 supporters
Update posted 2 months ago

Petition to 環境省 野生生物課 御中 環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室 御中 環境省 官房総務課 御中

奄美大島ノネコ管理計画に係る捕獲殺処分の廃止を求める署名

奄美大島5市町村及び環境省で計画されたノネコ管理計画ですが、この計画は本来の目的である環境保全とは大きくズレてきており、法令違反にも抵触してきております。   その原因と根拠は以下となります。   ノネコ管理計画開始間もなく一般人が許可なく不当捕獲したとされるさくらみみの猫を奄美環境省が不適切に受け取るというあってはならない事態がありました。   環境省、業務委託先業者の捕獲方法も不適切と思います。大自然で襲われる可能性があるのにも関わらず、また熱帯夜に一晩中カゴわなを放置したり、そして檻がこわくて逃げたい一心が原因と思われるケガをしている猫が多数います。これは虐待ネグレクトです。また、有識者の方が見つけていただきましたが、捕獲器を瀬戸内町の許可をなく設置し道路法違反をしました。(瀬戸内署把握)   奄美環境省及び奄美市は捕獲から短期間で何回も不必要な麻酔をかけ死亡のリスクを高めており、動物愛護、動物医療の観点から不適切です。       情報によるとおよそ収容された猫の1割がさくらみみの猫です。また、ほとんどが一歳前後の幼齢であり人馴れしていることから環境省のノネコの定義には当てはまらず、奄美大島は自然保護区とは関係のない地域で無差別に捕獲しており野良猫もしくは飼い猫の可能性が高いです。これは動物愛護管理法や民法である所有権問題に抵触しています。   また、殺処分担当でもある島の委託獣医がマッチングを終え譲渡先も決まっていた小さな幼齢の猫に不適切な手術を行い無惨な死亡をさせるという事が起こり国民は悲しみに苦しんでおります。   なぜこれだけの問題を起こすのでしょうか、   奄美大島はマングース駆除が終わる10年前から殺処分計画を立てており、地元民の書き込みから島の収入のために立ててた計画、奄美大島を6割はげ山にし環境破壊したのは人間、殺処分する方向に持っていくための論文を書いた、といった聞き捨てならない情報や猫もうさぎの命も大事というご意見が多数あり島民もこの管理計画には批判的な様です。   1年で100匹満たない捕獲、そもそもその数で猫が環境破壊をするとは到底考えにくい、また人馴れしている市街地の猫が山で生息しているはずがないと考えます。   環境保全を掲げるならゴルフ場等の建設で山を開拓するのは不自然です。環境破壊はこの様な人間のおごりが原因であり猫のせいにするのは幼稚で浅はかです。   本来、国の目的は環境保全であり猫の殺処分ではありません。保護譲渡でいいはずですが、奄美大島の関係者であろう保護譲渡反対派いわゆる駆除派は何故か命を善意且つ自力で守る有志の方々に嫌がらせをしたり言葉の暴力を振るい続けており、国の施策でもある譲渡事業への妨害行為も犯罪化しております。   これは殺処分を生業にしている方々の反対勢力であり、如何に動物利用し収入にするかとビジネスとし国の施策に乗せてきた外郭団体のいつもの動物愛護関係者への妨害パターンと危惧します。   また、過激な発想はエスカレートし海外の様に毒撒きをしたらいいがまだましな殺処分方法をすることにしている、など恐ろしい発信をしており、島の獣医もこれについては賛同されている様です。   このままでは何でも簡単に命を絶つ国に成り下がります。教育上や精神衛生面でもよくありません。   駆除と正当化し不必要な動物殺しや忌まわしい犬狩り…、過去の過ちを繰り返さないために以下を要望します。       1.黒うさぎも猫も人間も共生できる健全な施策にシフトしてください。   2.猫の捕獲殺処分の制度を即廃止してください。 国家予算、およそ3000万の血税を捕獲殺処分ではなく保護譲渡に使用してください。   3.猫にも山で暮らすにはリスクがあります、侵入しなくていい様に緩やかな保護にシフトし譲渡事業を奄美市から環境省(中央)が仕切り直しをしてください。   4.国の民度を下げる様な反日行為を監視してください。     [English edition] It is a cat management plan planned by Amami Oshima 5 municipalities and the Ministry of the Environment.This plan is far from the original objective of environmental conservation,and has also violated laws and regulations.   The causes and grounds are as follows.   Soon after the start of the cat management plan,there should have been a situation where the Amami Ministry of Environment improperly received Sakuramimi's cat,which was assumed to have been caught illegally by ordinary people without permission.   I think that the capture method of the Ministry of the Environment and subcontractors is also inappropriate.In spite of the possibility of being attacked by nature,there are many cats that have been injured due to leaving the basket trap all night in a tropical night,and the cause of a heart that wants to escape due to the scare  The  This is an abuse neglect.In addition,an expert found it,but installed a trap on the town road without permission and violated the road law.  (Understand police station)   The Amami Ministry of Environment and Amami City have increased the risk of death by applying unnecessary anesthesia many times in a short period after capture,which is inappropriate from the viewpoint of animal welfare and animal medicine.   According to the information,about 10% of cats housed are Sakuramimi cats.In addition,because most of them are young childreわn around 1 year old and are familiar with them,the definition of cats by the Ministry of the Environment is not applicable,and Amami Oshima is caught indiscriminately in areas unrelated to nature reserves and stray cats  Or the possibility of a domestic cat is high.This is in conflict with the animal rights management law and civil law.   In addition,the nation's contracted veterinarian,who is also in charge of slaughter,has suffered sadness as a result of improper surgery on a small infant cat who had been matched and given a transfer destination to cause miserable death.   Why do they cause these problems!!   Amami Oshima has been planning to kill cats 10 years before the end of mongoose extermination,A plan made for the island's income from the writings of local people,Amami Oshima made 60% bald mountain,the human being destroyed,wrote a paper to take in the direction of killing,There are a lot of opinions that such information that can not be abandoned and the life of the cat rabbit is important,and the islanders are also critical of this management plan.   Capture less than 100 in one year,it is hard to think that cats will destroy the environment in the first place,Also,I think that familiar urban cats should not live in the mountains.         It is unnatural to cultivate mountains by constructing golf courses etc. if we are to protect the environment.The destruction of the environment is caused by such human waste,and it is childish and shallow to blame cats.         Originally,the purpose of the country is environmental conservation,not the killing of cats.The transfer of protection should be fine,but the so-called extermination group,who is related to Amami Oshima,continues to harass and wave violence of words for volunteers who protect their lives in good faith and on their own.The act of obstructing the transfer business,which is a national measure,is also criminalized.   This is the opposition of people who are killing their lives,and they are concerned about how to use animals and make income,and the pattern of obstruction to the usual animal welfare personnel of the outer organization that has been put into business as a business.       In addition,we are terrifying that radical ideas are escalated and poisoned like overseas,but we still have a better way to kill,The island veterinarians seem to agree with this.   In this situation,anything can easily become a country that will die.  It is not good for education and mental health.   Exterminating and justifying,unnecessary animal killing and obscene dog hunting ...、 In order not to repeat past mistakes,we request the following.   1. Shift to a sound policy that allows black rabbits,cats and humans to live together.   2. Please abolish the system for cats killing. Use the national budget,approximately 30 million blood taxes,for the transfer of protection,not capture and killing.   3. Cats also have a risk to live in the mountains,so please shift to gradual protection so that they do not need to enter and transfer the transfer business from Amami City to the Ministry of the Environment (center).   4. Please monitor anti-Japanese acts that reduce the country's population.  

NO CULLING & NO ABUSE PROJECT TEAM 殺処分ゼロ*虐待防止
1,459 supporters
This petition won 6 months ago

Petition to 名古屋簡易裁判所 刑事係 名古屋地方検察庁, 名古屋地方裁判所

インコ虐待犯坂野嘉彦の厳罰を求めます!

2019年7月18日 飼育していたインコを執拗に虐待し続け、死に至らしめたとして、名古屋市中村区の無職 坂野嘉彦(34)(以下、坂野)が逮捕されました。この署名は逮捕されたとはいうものの、今後再犯を犯す可能性が非常に高いために、司法により厳罰を求めるためのものです。坂野は2019/6/22 SNSのツイッター上でインコ可愛がり総合ニユース(@inko_kawaigari 現在削除されている)というアカウント名で、白いインコちゃんを様々な方法で虐待し続ける動画や画像を投稿しておりました。その凄惨な行為は多くの愛鳥家や人々の心を痛めた事は記憶に新しいと思います。その後も2度にわたり、アカウント名を変え同様の投稿を行い、その中でも雛から育てて懐いたインコを虐待するのが目的といい、凄惨な投稿をし続けました。また、2018年にも坂野と思われる虐待投稿が確認されています。多くのインコちゃん達が親とも家族とも思っていた筈の坂野に殺害されました。坂野の元に行かなければまだまだ、幸せに生きていた筈です。多くの犠牲になったインコちゃんの為に、そして今後二度とこのような被害を出さないために、坂野に厳罰を求めます。どうか、皆さんのお力をお貸しください。よろしくお願いいたします。 Yoshihiko Banno, a resident of Nakamura-ward, Nagoya, Japan was arrested for the continuous abuse and slaughter of parakeets, July 18th, 2019. Your contribution to this Change Org. Campaign by giving your signature is highly appreciated to sentence Banno to the felony without being given a suspended sentence, as this sort of crimes tend to be easily repeated. <Background Info.>Banno posted the videos and images on continuous abuse to a white parakeet leading to death in various ways on his Twitter account. Those who watched the video and images may have still remembered the nightmare. Banno continuously posted the horrible contents for two times saying he enjoys betraying the birds after fostering them to build a happy relationship from baby bird period. This is not the first time for Banno to commit the same sort of crimes. Many parakeets became the victims feeling him as a beloved mother. If the birds didn’t meet with Banno, they would have been lived longer the happy lives. For the existing victim birds, and to avoid the further expansion of the abuse crime to the birds, we appreciate your cooperation by signing up this form. 要求严惩虐待鹦鹉的犯人坂野嘉彦! 已有11000人的赞同者 发信者:从虐待犯人保护鹦鹉 收信者:名古屋簡易裁判所 刑事係 名古屋地方検察庁 因为对饲养的坂野嘉彦进行持续的虐待最终导致鹦鹉死亡,于2019年7月18日住在名古屋中村区无职业的坂野嘉彦(34)(以下坂野)被逮捕了。 这次署名运动是虽然犯人已被逮捕,但因为再犯的可能性非常高,向司法机构要求对犯人进行严格惩罚。 坂野2019年6月22日在网上的一个综合新闻(@inko_kawaigari 现在已删除了)用网页上对白色鹦鹉以各种各样的方法进行持续的虐待的视频和影像投过稿。那种惨人的行为伤害了众多的爱鸟者以及人们的心灵让大家记忆犹新。以后还有又换2次网名进行了投稿。其中以虐待为目的从雏鸟开始饲养鹦鹉连续不停的投稿凄惨的内容。还有2018年被认为是坂野的人也进行虐待,被当做父母,家人的很多的鹦鹉被坂野杀害了。如果不被坂野饲养的鹦鹉 它们还会幸福的生活下去。为了很多牺牲的鹦鹉而且不会再发生同样的被害,要求坂野严厉惩处。 希望大家齐心和力。给于支持。

インコちゃんを虐待犯から 守ろう
12,195 supporters