Topic

animal welfare

5 petitions

Started 6 months ago

Petition to 環境大臣, UNESCO

奄美大島世界遺産登録申請に伴い生息する猫の大量殺処分検討を取り下げ生かす為の検討、議論に変えて頂きたい!

来年夏の世界自然遺産登録を目指す奄美大島で、希少な野生動物を襲う野生化した猫=ノネコについて、環境省などが捕獲後に譲渡できなかったものを殺処分していく可能性を検討していることがわかりました。 奄美大島にはノネコが600匹から1200匹いると推定され、希少なアマミノクロウサギなどを襲っていることが、環境省などの調査でわかっています。 MBC南日本放送9月1日(記事抜粋) クロウサギの保全をする取り組みはH.26徳之島で既に行われて居り一定の成果が出て居ます。徳之島は世界自然遺産を目指す「奄美・琉球」の一部です。 【猫の捕食によるクロウサギの死亡数】 取り組み当初、死体数は9頭から2015年0頭、2016年1頭に激減、クロウサギが確認された生息域は5キロ平米も広がりました。 奄美大島の一部である徳之島での取り組み 伊仙町を含む島の3町は平成26年11月、公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県)と共同でプロジェクトを始めました。島一体で徹底的に実施するのは世界初となりました。 http://www.sankei.com/region/news/160415/rgn1604150006-n1.html この取り組みが実行される際、伊仙町の職員さんは下記のように述べています 伊仙町の美延治郷さん(60)は・・・「何千匹も殺処分すれば、世界遺産の価値もなくなる」 世界遺産登録についてUNESCOとは? 1946年11月、国際連合教育科学文化機関UNESCO(United Nations Educational,Scientificand Cultural Organization)は国連の専門機関として誕生しました。UNESCOは憲章の理念を実現するために、教育、科学、文化、コミュニケーションの分野で国際協力を進め、平和のとりでを築く活動をしています。 「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」(UNESCO憲章前文より) この度の奄美大島における1200頭からの猫の大量殺処分検討論については上記、UNESCOの教育という理念、観点から大きくかけ離れることであり未来を担う子供たちにこのような対応がなされた世界遺産を残すのでしょうか? 世界遺産とは、そこを訪れた人々が・・・ そこを訪れる為に世界遺産登録までのプロセスを知りたいと思った人々が素晴らしいと感じてもらえるものであるべきだと確信しています。 人道的配慮からもアマミノクロウサギの安全だけを確保したいが故偏った考えによる猫の大量殺処分は到底、容認できるものではありません。これが美しい自然を残した世界遺産となるのでしょうか? ◆多くの人々は何かを犠牲にした美談を希望していません◆ 殺処分検討議案から生かす為の検討議案へ ・希少動物であるアマミノクロウサギの生命を守る為、保護区を設ける。 ・猫の生息率など経過を観察しながらクロウサギの生息域を拡大して行く ・猫は徳之島同様、全頭TNRを行う。 ・島内において猫のリターン(R)が出来ない場所があると予測し  保護管理場所を設ける。(保護シェルター) ※保護後、譲渡適正と判断されるまでに至った個体については 譲渡事業を推進する。 上記、殺処分案からの生かす為の代替案、要望として環境大臣に届けたいと考えています。同時に現在、世界遺産登録申請を控えた奄美大島で起きて居る問題をUNESCOに知って頂きたいと思い同署名を提出します。 日本が誇る事としてアマミノクロウサギを守り猫の生命も確保し世界遺産登録が成就することを願います。

Mine Masahime
6,733 supporters
Started 6 months ago

Petition to 大田原検察審査会

動物愛護法 44条2項違反(ネグレクト)の適正な運用と起訴を求めます!

平成28年検第100441号の栃木県矢板市の動物取扱業者の動物愛護法不起訴処分について、不当であると考え、検察審査会にて厳正なご判断を求めます! 動物愛護法の適正な運用を求め、今後、他の事例でこのようなことがまかり通らないように、今の世の流れを司法の場にお伝えすべく、皆様のお力添えをお願い致します! この事件では、行き場のない動物を有料で引き取って、劣悪な飼育環境で飼い殺しにしたり、さらに転売して命を使い切るような引取り屋という存在が広く知れ渡ることになりました。今の動物をめぐるビジネスにおいて、余剰動物の悲惨な犠牲の典型例ともいえるこの事件です。<経緯>本件は、昨年度、動物愛護法44条2項(ネグレクト)違反と狂犬病予防法違反で告発し、証拠として9名の獣医師によるネグレクトとして視察報告書及び診断書を提出しました。しかし、今月、狂犬病予防法については略式命令が確定しましたが、被告発人を動物愛護管理法違反容疑は不起訴との判決でした。その理由は、嫌疑不十分であり、その内容として、被告発人の施設で健康状態が悪くなったのか、被告発人に引き渡された時点で罹患していたのかを立証することが困難との判断でした。<不起訴を不当と考える理由>動物愛護管理法44条2項は、「排せつ物の堆積した施設・・・であつて自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管すること」を罰則の対象としています。本件で、確認できた排せつ物が堆積し、一部は変色していたことからも、排せつ物を長期間放置していたことは明らかであり適切な飼養管理がされていない(ネグレクト)という証拠となります。この行為については、被告発人が引き取った時点で犬猫が衰弱していたか否かは、全く無関係です。さらに、被告発人が劣悪環境下で犬猫を飼養していた事実自体は争いがないところ、獣医学的見地から、このような劣悪環境下で犬猫を飼養すれば、肉体的及び行動学的異常所見が生じ、悪化するということも説明できます。現に、被告発人から保護した19頭の犬猫は、7人の臨床獣医師によって診断治療され、短期間で体重増加(BCSの改善)及び全身状態の回復が認められたことから、保護された犬猫の全身状態の悪化は適切な飼養管理下では回避可能であり、いわゆるネグレクトがあったと獣医学的に判断されています。 収容されていた犬猫の中には、長期的な寒さと栄養失調により、衰弱著しく、救出後、死亡した犬や視察時にすでに死亡していた犬もいました。重篤な症状を示し削痩していた猫について、管理者(白取氏)から、「このまま放置すれば死亡する」というような発言があり、本人自身が不適切な管理を認め更にその状況を継続すること示唆しています。<展望>こういった事件の背景には、犬猫を無秩序に大量生産している一部の悪質繁殖業者があることを見過ごしてはなりません。そのような日本の流通システムが譲受飼養業者(引取り業者)を増やした要因の一つと考えられ、動物取扱業者に対する飼育環境等のより細かな規制というのも今後必要不可欠であり、今回の事例はその議論に一石を投じるものです。本件は、氷山の一角に過ぎず、今後も同様の事件が発生する可能性があるため、ネグレクトはれっきとした虐待行為であるといことを周知し、未然に防ぐという意味でも、法に則り、処罰されることは重要だと考えています。<本件に係るメディア報道>本件は、多くのメディアからも注目され話題となりました。・クローズアップ現代+(NHK 2016年5月26日放送)http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3811/1.htmlhttps://www.youtube.com/watch?v=cXGPKCo-GVk(動画)・バイキング(フジテレビ 2016年5月30日放送)https://matome.naver.jp/odai/2146465492413948001・朝日新聞デジタル(2016年9月3日記事)https://sippolife.jp/article/2016092600008.html・朝日新聞デジタル(2015年5月14日記事)https://sippolife.jp/article/2015051400005.html・ヤフーニュース(2016年5月16日記事)https://news.yahoo.co.jp/byline/ohtamasahiko/20160516-00053862/・DAYS JAPAN(雑誌 2016年11月号)https://www.daysjapan.net/bn/1611.html

Kawasaki Akiko
36,566 supporters
This petition won 2 months ago

Petition to 東京地方検察庁 , 裁判所

猫に熱湯をかけ、バーナーで焼くなどして虐待死させた、大矢誠容疑者を懲役刑に!

English version: https://goo.gl/aVwRZh 8月27日埼玉県の税理士 大矢誠容疑者が動物愛護法違反で逮捕されました。  大矢誠容疑者は、鉄製の捕獲器に閉じ込めた猫3匹に熱湯を繰り返し浴びせたりバーナーであぶったりして殺したとして逮捕。 警視庁保安課によると、大矢誠容疑者は今年4月までの約1年半に、少なくとも13匹の猫を虐待し、その虐待の様子を撮影し、動画共有サイトに投稿していました。 動物虐待愛好家のネット掲示板では「神」と呼ばれ有名人物であったとのこと。  大矢誠容疑者が行った虐待方法は、鉄製の捕獲器に猫を閉じ込め 熱湯を数回に分けてかける ガスバーナーであぶる 熱湯に沈める 爆竹を入れる 肛門に水を注入する ペンチで歯を抜く 水に水没させる などです。   とても、まともな人間が行う行為とは思えません。 また、「有害動物の駆除なので、法律違反にはならい」などと話していることから、反省はおろか、自分の行った行為を正当化しています。 猫は有害動物ではありませんが、有害動物であったとしても、このような虐待行為が正当化されていいわけがありません。  現在の動物愛護管理法では、2年以下の懲役 、もしくは 200万円以下の罰金となっておりますが、略式起訴で済まされることが多く、罰金刑で終わってしまうのです。  つまり、何の罰をうけることなく社会復帰するのです。  こんなことが許されていいのでしょうか?  今後このような動物虐待愛好家たちが、平然と生きていける社会であってはならないと思うのです。 どうか、大矢誠容疑者に執行猶予のつかない懲役刑を!  

大矢誠容疑者に懲役刑を求める会
162,140 supporters
Update posted 2 months ago

Petition to 妊娠ストールを使用した豚肉を扱う企業やスーパー、国や自治体の政策を司る機関

母豚の拘束飼育「妊娠ストール」の撤廃を

写真は日本の養豚場で2017年に撮影されたものです。これが何か、みなさんご存知ですか?これは妊娠ストールといって、日本の養豚場で使用されている「母豚の檻」です。子豚を産むために飼育されている母豚たちは、一頭一頭がこういった拘束状態で飼育されています。檻の幅は狭く、母豚たちは方向転換もできません。前後に一歩動けるかどうかというスペースしかありません。母豚たちは、妊娠中の長期間にわたり、この妊娠ストールの中に閉じ込められます。 豚はとても好奇心が旺盛な生き物です。本来なら一日中あちこち探索し地面を掘り返したり、木に体をこすりつけたりして、とても忙しい日々をおくります。きれい好きでトイレと食事の場所を必ず分けます。私たちと同じように仲間とコミュニケーションをとり、社会的な生活を営みます。しかしこの妊娠ストールの母豚たちはすべての自由を奪われています。長期にわたり拘束された母豚たちは苦悩し、この檻の中で目の前の鉄柵をかじり続ける、口の中にものが入っていないのに口を動かし続けるなどの異常行動を起こすことが知られています。 私たち自身が、このような狭い檻の中に閉じ込められたとしたら、たった一日でも耐えらるでしょうか? 「非人道的だ」という市民の声をうけて、EUではすでに妊娠ストールは禁止になっています。アメリカでも10の州で禁止が決まっています。南アフリカ共和国やカナダも廃止に向けて動いています。諸外国では多くの企業がこのストールの廃止を公表しています。 しかし日本における使用率はいまだ88.6%*です。廃止しようという動きはなく、いまだに妊娠ストールの新設に国の補助金がおりているという状況です。 この署名は、妊娠ストールを使用した豚肉を扱う企業やスーパー、国や自治体の政策を司る機関へ、国民の意見として届けます。 署名へのご賛同をよろしくお願いします。自ら声をあげず、ただじっと耐えている豚たちのために、「妊娠ストールを止めてほしい」という皆さんの声が必要です。 多くの人は実態を知らないだけで、日本人は決して動物への思いやりのない国民ではありません。日本人の85.5%**は母豚がこのような飼育をされていることを「知らない」と答えています。この署名をシェアして、一人でも多くの人と、ぜひこの問題を共有してください。 妊娠ストール廃止キャンペーンサイトhttp://www.arcj.org/savemotherpig/ 妊娠ストール動画・写真(日本)http://www.hopeforanimals.org/animals/buta/00/id=389 *2014年畜産技術協会 飼養実態アンケート調査報告書http://jlta.lin.gr.jp/report/animalwelfare/index.html **2017年畜産動物に関する認知度調査http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=526

アニマルライツセンター
21,088 supporters