Topic

animal rights

13 petitions

Update posted 1 week ago

Petition to 内閣府 官房総務課 御中 環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室 御中

インターネットにおける動物虐待の動画・画像に法規制を‼︎(Do not put videos of animal abuse on the internet‼︎)

昨年、さいたまで元税理士が動物愛護管理法違反である動物虐待をした動画を5ちゃんねる(掲示板)にUPしました。それを目にした多くの国民が悲しみ、今も苦しんでいます。それだけでは終わらず、他者がその残虐な動画を芸術と謳い多岐にわたるSNSにUPし、悪質な嫌がらせを繰り返しております。しかしながら現行の法律ではこの猟奇的な言動を取り締まる法律がございません。この件は大手新聞社も取り上げてくださったくらい社会問題に発展しております。インターネットの犯罪に対して法律が追いついていない現実を危惧した念を抱きます。そこで法改正にあわせて早急に以下の法整備を要望致します。      ⑴ 憲法及び法律でも動物を“物”から(命ある生き物”とし、人間と同等の権利を与えてください。 ⑵ インターネットに係る犯罪の危機管理対策とし特別法案を国会と協議してください。 *動物虐待の動画及び画像をUPした者に対する規制 *動物虐待の動画を売買した者に対する規制     〈英語版〉 Last year Makoto Ohya did animal abuse and breached the law.I posted the video on 5 ch.net.Many people who saw it are sad and still suffering.That alone is not over, others have said that cruelt that movie as art, posting and harassing a lot of SNS.However, the current laws of Japan do not have laws that control this bizarre behavior.This incident has appeared in the newspaper company and has developed into a social problem.I am worried that laws are not catching up with Internet crimes.So as soon as the law is revised we urgently request the following law maintenance. ⑴ Please also change the animals from "things" to "life" with the Constitution and laws and give them the same rights as human beings. ⑵ Please discuss the special legislation as a measure against Internet crime by the Diet and the government. * Restrictions on persons who upload animation abuse videos and images. * Regulations on persons who buy and sell animation abuse animals.      

Team Anipal Japan
41,636 supporters
Update posted 2 weeks ago

Petition to 環境省 野生生物課 御中 環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室 御中

″ノネコ″というカテゴリーの廃止を求める署名~Signature requesting the abolition of the category "noneco"~

″ノネコ″と呼称されているネコは生物学的に愛玩動物と同種の猫です。住む場所が違うだけで区別するのは適切ではないと考えます。過去現在いろいろな問題が提起されております。野生動物であっても虐待は違法ですが兵庫県で掲示板(5ちゃんねる)のユーザーであると言われている者が猟銃免許を取り野良猫をノネコと偽り虐殺した事件がありました。また今まさに奄美市で行われている施策では一般人が人に管理されているであろう、さくら耳の飼い猫または野良猫を違法に捕獲し環境省に持ち込み、環境省は受け取ってしまったというあってはならない事が起こりました。飼い猫でも人里離れた山に侵入します。例え環境省であっても誤捕獲は違法です。こういった事故が起こらないため、又は識別不可なため、例えば大阪府では先進的に全域ノネコ認定をしておりません。つまり″猫″は″猫″なのです。余りにも身勝手な人間都合で差別をし殺処分を国が容認する事は虐待を助長したり、民度を下げる傾向になり得ます。奄美市のノネコ殺処分は社会問題に発展しつつあり、曖昧な定義をこれ以上、有耶無耶にする事は国民感情とし禁じ得ません。よって以下の要望を致します。                                   記 1 ) ″ノネコ″のカテゴリーを廃止してください。鳥獣保護法から動物愛護管理法に位置づけてください。 2 ) 野生動物の虐待が多発しております。野生動物であってもみだりに殺したり虐待は許せません。鳥獣保護法の条文に罰則を明記してください。                                                              以上     《English edition》 In Japan, cats living in the mountains are wild animals. And it is called noneko(wild cat).A cat called "noneko" is a biologically the same cat as a companion animal.I think that it is inappropriate to distinguish by just a different place to live. There are various problems in the past and now. A person who took a hunter's license and was abusing animals was in Hyogo prefecture.And massacred the cat as a noneko. Even in wild animals abuse is a crime, but Japanese law is ambiguous. Measures to eliminate noneko in Amami City began.Citizens illegally captured cats managed by people and brought them to the Ministry of the Environment.And the Ministry of the Environment illegally received.Even a domestic cat invades the mountain.Miscarrying is illegal even in the Ministry of the Environment. Osaka prefecture does not discriminate cats from noneko because such accidents do not occur or because they can not be identified. Naturally, "cat" is "cat". Admitting the killing by nation discrimination will induce abuse.It will lower the degree of civilization.Removal of noneco in Amami City has developed into a social problem.To abandon the ambiguous definition any more can not be allowed as a national sentiment. We will make the following requests.   1)Please abolish the category of ″noneko″. 2)Abuse of wild animals occurs frequently.Even wild animals can not tolerate abuse.Please specify penalties in the law of wildlife.    

Team Anipal Japan
19,412 supporters
Started 11 months ago

Petition to International Olympic Committee, Japan Olympic Committee(日本オリンピック委員会), Comité National Olympique et Sportif Français, brigitte henriques, Didier SEMINET, Thomas Bach

Ban all Horse competitions from the Olympic Games・馬術競技をオリンピックから外してください

During the Olympic Games, horses are used against their will in competitive sports such as Dressage, Eventing, or Show Jumping. In order for the horses to participate to the competitions in the host country, they first need to fly long distances. Air travel is simply stressful for animals, let alone being placed in an aircraft cargo hold,  locked in a cage for dozen of hours. The heat during the summer, and the shouts of Olympics spectstors, are among other factors of stress that can affect well-being of the horses, and some could even die of it. It's also very common for the horses to get injured during the competitions. When severly injured, the horse is often euthanized, even when rehabilitation or medical care would still be an option. This happened during 2020 Tokyo Olympics on August 1st, 2021, when a horse named Jet Set was euthanized after a ligament injury during the Equestrian Cross-Country competition.While it is certainly hard to imagine a similar decision taken for a human, that is sadly the cruel fate that awaits horses in such circumstances. This is mostly because of the cost and time it would take to rehabilitate an horse in order to compete again, and because it simply wouldn’t be worth it.During Tokyo 2020 Summer Olympics:・On August 1st 2021, a 14-year-old horse named Jet Set ridden by Swiss’ Robin Godel was euthanized following a ligament injury during the Equestrian Cross-Country competition, while he could have been saved and offered adequate medical care or rehabilitation.・On August 4th 2021, Kilkenny, a 9-year-old horse ridden by Ireland’s Cian O’Connor, suffers severe nosebleed during Olympics Individual Final. The images are distressing to see, as the blood —clearly visible for all viewers, judges and rider to easily spot— keeps spewing from his nostrils. Nothing is done to immediately stop the race or even to check the horse’s condition.・On August 7th 2021, during Modern Pentathlon competion, the coach of Germany team punches several times a horse out of anger as he refuses to jump, and urges rider Annika Schleu to "really hit" him. Soon after, the rider —in tears as she still fails to control the horse and her hopes of a medal fades away— is seen slapping and kicking the horse’s flank. Similar slapping scenes have been spotted during Show Jumping competition, for example when horse USA De Liverland ridden by Morocco’s Ali Ahrach refused to jump.Aren't the Olympics Games supposed to represent values of friendship, care, tolerance, solidarity and mutual understanding, while promoting a peaceful society Do you consider it is sport to put an animal life in danger? Together, we can change this. Please take a stand against these cruel practices and sign this petition to ban horse competition during the Olympic Games. You can also tell the International Olympic Committee to ban all horse competitions from the Olympic Games. Email adresses: thomas.bach@olympic.orgJapanese Olympic CommitteeYou can also sign this petition "Ban equestrian sports from the Olympics" and "Ban Horse racing,Ban Pentathlon Horse discipline and all Horse competitions from the Olympic Games" Please sign and share the petition. Thank you.オリンピックで行われる種目、馬術(馬場馬術、総合馬術、障害馬術、近代五輪での馬術)をオリンピック種目から外してください。開催国へまでは飛行機で長距離を移動、暑さ、観客の大きな声援は馬にストレスを与えます。また、怪我をした選手(馬)は殺されます。2021年8月1日の2020東京オリンピックでは非常に残念なことに、スイスのJet Set選手が総合馬術2日目のクロスカントリーの競技中に着地で足を怪我してしまい、安楽死されることになりました。人間の選手だったら、治療しリハビリを行うのになぜ馬なら殺すのでしょうか。競技ができなくなった馬の治療やリハビリの費用がかかるからでしょうか。怪我をした馬を国へ連れて帰るのはリスクが高いという意見もありました。そもそも、オリンピックでこの競技を行わなければこのような事故は防げたはずです。オリンピック委員会に、選手が殺されたという事実について再度真剣に考え直していただきたいと思います。2021年8月4日の障害馬術個人では、アイルランドの馬のKilkenny選手は鼻から血が出ていたにもかかわらず、競技を続けていました。2021年8月6日の近代五種女子の馬術競技中、ドイツのアニカ・シュロイ(Annika Schleu)のコーチ、キム・ライスナー(Kim Raisner)が拳で馬のSaint Boy選手を殴ったとして、大会から追放されました。馬を利用し搾取するだけでなく、虐待まで。そちらに関する署名も立ち上がっています。このようなことを繰り返さないためにも、オリンピックで今後馬を利用したスポーツの禁止を求めます。オリンピック憲章・Olympic Charter 1996年版 (財)日本オリンピック委員会「6 オリンピック・ムーブメントの目的は、いかなる差別をも伴うことなく、友情、連帯、フェアプレーの精神をもって相互に理解しあうオリンピック精神に基づいて行なわれるスポーツを通して青少年を教育することにより、平和でよりよい世界をつくることに貢献することにある。」スポーツでの馬利用は、オリンピック憲章に当てはまりません。平和でよりより世界をつくることが目的なら、オリンピックで選手を殺すこと、虐待することは当てはまりません。また、いかなる差別をも伴うことなくとおっしゃるなら、人間が怪我をした場合は殺さず、馬が怪我をした場合は殺すということは「種差別」にあたります。 こちらのキャンペーンの署名とシェアよろしくお願い致します。また、ぜひ日本オリンピック委員会へ馬術についての意見のメッセージもよろしくお願い致します。以下の署名もよろしくお願いします。"Ban equestrian sports from the Olympics""Ban Horse racing,Ban Pentathlon Horse discipline and all Horse competitions from the Olympic Games"  

Animal Liberation Japan
7,360 supporters
Started 1 year ago

Petition to 農林水産省, 水産庁資源管理課 , 和歌山県知事

太地町イルカ追い込み猟廃止を求めて

毎年9月から翌年3月まで和歌山県太地町ではイルカの追い込み猟が行われる。 猟船はイルカの群れを見つけると、強烈な水中音を出し始め、イルカをパニックにさせ入江に追い込む。イルカを疲弊させたところで捕獲し、水族館用と食用の選別を始める。 選別されなかったイルカは、子どもであろうと親から引き離され無残に殺害。群れ丸ごと殺害に追い込まれる事も少なくない。食用以外は肥料かゴミにされている。 あれほどまでにイルカを大量に残酷に捕獲し、国内外の水族館施設に売り飛ばし、世界最大のイルカ供給源となっているのは、「太地イルカ追い込み猟」のみである。 以下事実を列記する: ①娯楽用の販売目的で伝統ではない。1969年から始まった大規模なイルカ追い込み猟は母船式捕鯨とは違い、50年程度の歴史の浅いもの。 ②「イルカや鯨が増えすぎて魚を食べるから」ではない。イルカや鯨含め世界中の殆どの野生動物は、減少している。IUCNのレッドリストの種までも殺害している。猟継続するための理由付けの一つに他ならない。 ③ 野生生物のイルカは水族館で生きる動物でない。 イルカは仲間や家族と共に生きる野生動物、赤ちゃんイルカは母親と泳ぎ、仲間で見守られ、約一年間母乳で育つ。 雌イルカは2~3年に1回1頭の赤ちゃんを産む、人間に近い哺乳類。そして群れで1日に100キロ近くも移動する野生動物。 一方、水族館では、自由のない狭い塩素漬けのプールに置かれ海での行動パターンを全て奪われた状態で飼育される。ストレスからの常同行動も始まり、非常に苦しめられている。 人間の娯楽のために野生動物が本来持っている権利を全て奪われている。 ④イルカ肉も食用として販売されているが、体内に蓄積されているメチル水銀の量も多い  2020年9月〜2021年3月、水族館用捕獲140頭、殺害547頭、合計687頭ものイルカが犠牲となった。 イルカ猟を終わらせることは生態系、環境、動物の権利、全てにおいて必要である。廃止するよう関係省庁に要請するために賛同よろしくお願いします。 発信者 呼びかけ人  Eugene.N  NPO Voice for animals japan https://voice4animalsjapan.themedia.jp/ ________________________________ 参考動画:LIA「誰でも分かる、水族館のイルカがどこから来るのか?」https://youtu.be/KVn0Y8Ht31g タイトル動画引用元ドルフィンプロジェクトhttps://www.dolphinproject.jp/ 映画THE COVE https://vimeo.com/373074105 発信者Instagram こちらよりDM下さい https://instagram.com/voiceforanimals_japan

Eugene (Voice4animals japan)
4,589 supporters