Topic

震災復興

2 petitions

Update posted 9 months ago

Petition to 熊本市長 大西一史

熊本地震復興期に民意を置き去りにして進む、再開発事業を一時凍結し、再検証してください。

震度7の大地震に2度も襲われるという未曽有の大災害。大多数の市民は、日々の生活を送るのに精一杯で、市政に関心を示すどころではありませんでした。地震前の状態を完全に取り戻すには至っていないものの、ようやく日常生活が落ち着いてきた夏頃から、熊本市中心部の桜町再開発問題についてメディアで耳にすることが多くなりました。 その報道を通じて、地震からの復旧復興に多額のお金と時間がかかると言われている中で、市が計画しているMICE施設(国際会議場等の大型複合施設、再開発総事業費755億(補助金126億)、(仮称)熊本城ホール 事業費約298億)を整備する場合、更なるお金を市民が負担しなければならないことを、私たち市民の多くが初めて知りました。 市立学校の体育館の復旧、市民病院の再建、動植物園の復旧、熊本城の復興・・・。熊本が負った深い傷を癒し、元の姿を取り戻すためにやるべきことは山のようにあり、膨大な時間とお金がかかります。生活が日常に戻っていない市民が多くいます。それもまだ手つかずのいま、MICE施設をこの復興期に急いで整備することは本当に必要なのだろうか?こうした疑問がわいてきました。 MICE施設整備に関する市民の「民意」を知りたいと思い、私たち有志は10月後半に、世論調査の専門家のアドバイスを受けながら、市民を対象に電話世論調査を行い、市民がいま何を望んでいるのかをくみ上げることを試みました。 その結果、①いま市が取り組むべきはMICE施設の整備よりもむしろ復旧復興である、②MICE施設整備計画の廃止を望んでいるのでは決してなく、一時凍結してよく考えるべきである、との意見を持つ市民が多数を占めることが判明しました。つまり、市民は何よりも地震前の状態を取り戻すことを最優先に考えていること、復旧復興のめどがつくまでMICE施設の整備を凍結し、その間にメリット・デメリットについてよく考えて判断したいと思っていることがわかったのです。 11月22日、市の担当者(財政課、新ホール開設準備室、都市活性推進課)を招いての勉強会が開催されました。影響力のある各分野のリーダー的な方も多く参加され、関心の高さがうかがえました。今まで知らなかったことがわかった一方で、市の説明には問題点・曖昧な点が多くあるとも感じました。復旧復興に関する予算はαやβという不確定要素の多い中での事業とわかりました。この事業の責任は会場の市職員ではなく、決定してきた市議会議員にあるという共通認識を参加者は確認しました。   こうした経緯を踏まえて、私たちは下記の内容の陳情書を12月2日に提出しました。  一、桜町地区再開発ビルの保留床の取得に関する議案の採決を、12月5日開会の第4回定例会では行わず、一時凍結してください。その上、復興時期を考慮に入れて多面的な再検証をお願いいたします。 一、次ページ以下に示す、市民が抱く市の説明に関する疑問点及びそれへの対処策の提案について検討すること、その結果も含めて、MICE施設整備計画に関する情報を市民に誠実に提供することで説明責任を果たすことを、市側に求めて頂きたい。 しかし、市は民意を置き去りにしての事業推進、責任逃れで、一時凍結することなく、この12月の議会で可決しようとしています。 どうか皆様、熊本地震の復旧復興を最優先し、MICE事業の一時凍結と再検証を願う熊本市民を応援してください。  賛同者 公益財団法人 信頼資本財団 理事長 熊野英介  

熊本の復興を考える会
3,404 supporters
This petition won 11 months ago

Petition to 国会

ペットも一緒に避難させて!災害時のペット同伴避難所の開設を求めます

“同伴”避難は、避難所内にペットも入れるが、“同行”避難は、一緒に逃げることのみを指し、避難所には入れないことも。私は“ペット同伴避難”について、宮城や福島を視察しました。そこでは、避難所にペットが入れず、家に置いてくる人がほとんど。家族同然の犬や猫と離れたことで心の支えを失い、寝たきりになった人もいました。そして熊本地震でも同じ事が起きました。私たちは学ばなければならない。災害で本当に人を助けるなら、ペットも一緒に助けないといけません。飼主さんにとってペットは生きる希望です。 必死にガレキの下からペットを救い出し、やっと辿り着いた避難所で言われた一言は、ペットは外へ。ペットは家族です。互いに支え合う関係です。離れてはいけない。ペット同行ではなく、屋内で一緒に居られる同伴避難所が必要です。 熊本地震の際、当院をペット同伴避難所として解放しました。ペットが一緒にいることは、ペットのためにも、飼主さんのためにもプラスであることを確信しました。動物は人の心を動かす。震災によって人間と動物の絆が証明されたと考えています。 ペット同伴避難を実現するためには、普段からのペットの躾、それから、避難所でのペット同伴者とそうでない方の住み分けなどが重要です。『ペットは家族の一員』から『ペットは社会の一員』という認識の転換が重要であり、今回の経験を生かした災害時の動物に対する支援が必要です。災害時もペットという家族と安心して避難できるガイドラインの整備同伴避難所開設のマニュアル作りを行うために、この署名を国会へ提出します。 We need your signatures to support "pet friendly evacuation shelters" This petition seeks a plan to establish pet friendly evacuation shelters where pet owners are allowed to evacuate safely with animals during an emergency. I've seen that there are a lot of evacuationshelters where families are not allowed in with their pets in Miyagi and Fukushima prefecture.They had no choice but to leave their pets behind. The same thing happened in Kumamoto. We have to learn from the disaster. We provided our hospital for families with pets as a pet friendly evacuation shelter.Pets should never be separated from their owners under any circumstance.We convince that having pets nearby serve as a source of comfort to the owners.They are a family.They help each other.Their deep relationship was proved by the disaster. To realize the establishment of pet friendly evacuation shelters, it is important to think about the need of separation between families with pets and without pets, and health and safety regulations. It's time for us to change the concept of pets from"Pet is a member of our family" to"Pet is a member of your society" We need to support animals during an emergency. This petition seeks a plan of setting up pet friendly evacuation shelters where pet owners are allowed to evacuate safely with their pets during an emergency. We submit this petition to the Diet.  

德田 竜之介
22,879 supporters