Topic

動物

20 petitions

Update posted 2 days ago

Petition to 内閣府 官房総務課 御中 環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室 御中

インターネットにおける動物虐待の動画・画像に法規制を‼︎(Do not put videos of animal abuse on the internet‼︎)

昨年、さいたまで元税理士が動物愛護管理法違反である動物虐待をした動画を5ちゃんねる(掲示板)にUPしました。それを目にした多くの国民が悲しみ、今も苦しんでいます。それだけでは終わらず、他者がその残虐な動画を芸術と謳い多岐にわたるSNSにUPし、悪質な嫌がらせを繰り返しております。しかしながら現行の法律ではこの猟奇的な言動を取り締まる法律がございません。この件は大手新聞社も取り上げてくださったくらい社会問題に発展しております。インターネットの犯罪に対して法律が追いついていない現実を危惧した念を抱きます。そこで法改正にあわせて早急に以下の法整備を要望致します。      ⑴ 憲法及び法律でも動物を“物”から(命ある生き物”とし、人間と同等の権利を与えてください。 ⑵ インターネットに係る犯罪の危機管理対策とし特別法案を国会と協議してください。 *動物虐待の動画及び画像をUPした者に対する規制 *動物虐待の動画を売買した者に対する規制     〈英語版〉 Last year Makoto Ohya did animal abuse and breached the law.I posted the video on 5 ch.net.Many people who saw it are sad and still suffering.That alone is not over, others have said that cruelt that movie as art, posting and harassing a lot of SNS.However, the current laws of Japan do not have laws that control this bizarre behavior.This incident has appeared in the newspaper company and has developed into a social problem.I am worried that laws are not catching up with Internet crimes.So as soon as the law is revised we urgently request the following law maintenance. ⑴ Please also change the animals from "things" to "life" with the Constitution and laws and give them the same rights as human beings. ⑵ Please discuss the special legislation as a measure against Internet crime by the Diet and the government. * Restrictions on persons who upload animation abuse videos and images. * Regulations on persons who buy and sell animation abuse animals.      

殺処分ゼロ*虐待防止 NO CULLING & NO ABUSE PROJECT TEAM
16,851 supporters
Update posted 2 days ago

Petition to 環境省 野生生物課 御中 環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室 御中

″ノネコ″というカテゴリーの廃止を求める署名~Signature requesting the abolition of the category "noneco"~

″ノネコ″と呼称されているネコは生物学的に愛玩動物と同種の猫です。住む場所が違うだけで区別するのは適切ではないと考えます。過去現在いろいろな問題が提起されております。野生動物であっても虐待は違法ですが兵庫県で掲示板(5ちゃんねる)のユーザーであると言われている者が猟銃免許を取り野良猫をノネコと偽り虐殺した事件がありました。また今まさに奄美市で行われている施策では一般人が人に管理されているであろう、さくら耳の飼い猫または野良猫を違法に捕獲し環境省に持ち込み、環境省は受け取ってしまったというあってはならない事が起こりました。飼い猫でも人里離れた山に侵入します。例え環境省であっても誤捕獲は違法です。こういった事故が起こらないため、又は識別不可なため、例えば大阪府では先進的に全域ノネコ認定をしておりません。つまり″猫″は″猫″なのです。余りにも身勝手な人間都合で差別をし殺処分を国が容認する事は虐待を助長したり、民度を下げる傾向になり得ます。奄美市のノネコ殺処分は社会問題に発展しつつあり、曖昧な定義をこれ以上、有耶無耶にする事は国民感情とし禁じ得ません。よって以下の要望を致します。                                   記 1 ) ″ノネコ″のカテゴリーを廃止してください。鳥獣保護法から動物愛護管理法に位置づけてください。 2 ) 野生動物の虐待が多発しております。野生動物であってもみだりに殺したり虐待は許せません。鳥獣保護法の条文に罰則を明記してください。                                                              以上     《English edition》 In Japan, cats living in the mountains are wild animals. And it is called noneko(wild cat).A cat called "noneko" is a biologically the same cat as a companion animal.I think that it is inappropriate to distinguish by just a different place to live. There are various problems in the past and now. A person who took a hunter's license and was abusing animals was in Hyogo prefecture.And massacred the cat as a noneko. Even in wild animals abuse is a crime, but Japanese law is ambiguous. Measures to eliminate noneko in Amami City began.Citizens illegally captured cats managed by people and brought them to the Ministry of the Environment.And the Ministry of the Environment illegally received.Even a domestic cat invades the mountain.Miscarrying is illegal even in the Ministry of the Environment. Osaka prefecture does not discriminate cats from noneko because such accidents do not occur or because they can not be identified. Naturally, "cat" is "cat". Admitting the killing by nation discrimination will induce abuse.It will lower the degree of civilization.Removal of noneco in Amami City has developed into a social problem.To abandon the ambiguous definition any more can not be allowed as a national sentiment. We will make the following requests.   1)Please abolish the category of ″noneko″. 2)Abuse of wild animals occurs frequently.Even wild animals can not tolerate abuse.Please specify penalties in the law of wildlife.    

殺処分ゼロ*虐待防止 NO CULLING & NO ABUSE PROJECT TEAM
4,613 supporters
Update posted 1 month ago

Petition to 環境省環境大臣 原田義昭殿

狩猟における鉛弾(ライフル弾、散弾)の使用禁止をいますぐ、日本全国で。

*English Translation Below こんにちは、滝川クリステルです。 2020年、私たちは世界中からの人々を日本にお招きし、おもてなしすることになります。しかし一方で、日本は動物の保護・福祉に関しては他の先進国に比べてはるかに遅れていると言わざるを得ません。 このまたとない機会を、生きものたちとの共存を見直すチャンスとするために、私は2014年の春、人間と生きものたち、お互いの命が共存・共生し、調和する社会の実現を目指すために、一般財団法人 CHRISTEL VIE ENSEMBLE (クリステル・ヴィ・アンサンブル)を立ち上げました。 私たちの気持ちが少しでも動物たちに寄り添い、健全な支え合いをとりもどすことで、日本が本来持っていた、たくさんの思いやりや知恵が、再び甦ってくれることを信じています。 今回は財団から、国の天然記念物であるオオワシが直面する危機について、お話しさせてください。 *** 国の天然記念物であるオオワシやオジロワシなどの猛禽類が、鉛中毒によって大量に死んでいる現実をご存知ですか? 中毒死したオオワシの胃から、鉛弾(ライフル弾や散弾)の破片が発見されています。オオワシは狩猟の際に撃たれたエゾシカの死体と一緒に鉛弾の破片を食べ、鉛中毒になり死亡しているのです。 ワシの鉛中毒死は現在も続いています。これまでに150例以上が確認されていますが、もちろん人知れず死んでいる個体も多いものと推定され、この数字は氷山の一角に過ぎません。 北海道では、2004年からヒグマを含む全ての大型獣の狩猟で鉛弾が使用禁止になり、2014年からは、エゾシカ猟の際に鉛弾を「所持」することが条例で禁止されました。しかし、鉛弾の誤食による野生動物の鉛中毒を根絶するためには、全国規模で狩猟に使われる鉛弾を規制し、無毒の銅弾などに移行することが必要です。規制のない道外からハンターが鉛弾を持ち込み、使用している可能性が高いこと、そして鉛弾で撃たれたものの致命傷とはならず、逃げ延びた獲物がどこか別の場所で死に、オオワシなどに限らずこれを食べた他の動物が鉛中毒の被害に遭っている可能性が高いからです。 そして鉛弾の規制が遵守されていない現状を打破するためにも、鉛弾をカスミ網などと同様の「使用禁止猟具」扱いにし、狩猟時の鉛弾については使用のみならず、流通や所持に関しても原則的に規制することを求めます。 流れは確実に規制強化の方向へ動いています。いま私たちが声をあげれば、全国規模の規制の後押しとなります。 野生動物の鉛中毒根絶元年が宣言される日が、一日でも早く来ることを心から願っています。   参考リンク 中毒するオジロワシの映像 https://vimeo.com/112560933 一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル www.christelfoundation.org/ 一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル(フェイスブックページ) https://www.facebook.com/christelfoundation/timeline  財団のサイト、フェイスブックページでは猛禽類医学研究所(代表・齊藤慶輔先生)と連携して情報発信しています。   Hello, everyone. I’m Saito Keisuke, The wildlife conservation and welfare committee of Japanese Society of Zoo and Wildlife Medicine, the veterinarian in Institute for Raptor Biomedicine Japan. Whoever wants to rescue the wildlife from the lead poisoning and help them with anything you can do, please join the signature campaign from this link and share the information. Thank you. http://goo.gl/qkMwto (This website is written all in Japanese, so we translated into English so that more people understand what’s on it. The following is translated message on the website. ) “Ban the Use of Lead Bullets ( for Rifles and Shotguns) Right Now, in Japan.” Christel Vie Ensemble Foundation, Japan Hello, this is Christel Takigawa. In 2020, we will be inviting people all over the world to Japan with full of Omotenashi (hospitality). However we have to admit that Japanese approach to animal rescue and welfare is still far behind compared to other countries. In spring 2014, to make the best of this golden opportunity to take a second look at the coexistence with the animals, I started this general incorporated foundation, CHRISTEL VIE ENSEMBLE, in order to put into practice a world where humans and animals could coexist and live together in harmony. I believe that the compassion and wisdom that Japan originally had, will revive by letting our consideration be with the animals as much as possible and by getting back a healthy relationship with them. This time, from the foundation, I’d like to talk about the crisis that the Steller’s Sea Eagle has been facing. Do you know that many raptors, such as Steller’s Sea Eagles (Haliaeetus pelagicus) and White-tailed Eagles (Haliaeetus albicilla), which are nationally protected species in Japan, die of plumbism(Lead poisoning) ? Lead bullets for rifle and buckshot have been found from stomachs of Steller’s Sea Eagles which had died from lead poisoning. They ingest fragments of lead bullets while they prey on sika deers which are shot with lead bullets by hunters. Eagles have been killed by plumbism and it is happening even now. More than 150 eagles has been found poisoned with lead but there may be much more poisoned eagles that couldn’t been found. So this number is just a tip of the iceberg.   In Hokkaido the use of lead bullets when they hunt all large animals including brown bear has been banned since 2004 and hunters have not been allowed to have the lead bullets when they hunt Yezo-sika Deers (Cervus nippon yesoensis) from 2014 by a regulation. But we need to regulate the use of lead bullets for hunting all over Japan and change from lead bullets to nontoxic copper bullets in order to exterminate the incident of wildlife poisoned by accidental ingestion of lead bullets. To regulate the use of the lead bullets all over Japan is very important because there is possibility that hunters bring the lead bullets into Hokkaido from prefectures which don’t have any regulation for lead bullets if the regulation isn’t enforced all over Japan. And they are possibly poisoning not only the eagles but also any animals that harvest on wounded prey that are shot by lead bullets. And in order to break the status quo that the prohibition of the lead bullet isn’t followed, we request to handle the lead bullets as the prohibited tool just like Japanese mist nets and prohibit not only the use of them but also the distribution and possession of the lead bullets. The movement of lead bullet prohibition is certainly getting stronger. If we raise the voice right now, we can assist the prohibition in the country. We truly wish the day that we declare the eradication of the lead poisoning of wildlife will come soon. Reference web pages A movie of the White-tailed Eagle getting the toxicosis by the lead https://vimeo.com/112560933 General Incorporated Foundation“Christel Vie Ensemble Foundation” www.christelfoundation.org/ General Incorporated Foundation“Christel Vie Ensemble Foundation(facebook)” https://www.facebook.com/christelfoundation/timeline In these websites we provide the information cooperating with Dr. Keisuke Saito, the president and veterinarian at Institute for Raptor Biomedicine Japan. To Mr. Yoshiaki Harada, The Minister of the Environment of Ministry of Environment     Translation: 日本野生動物医学会 学生部会 Japanese Society of Zoo and Wildlife Medicine student group

一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル Christel Vie Ensemble Foundation
63,885 supporters
Update posted 1 month ago

Petition to 環境省、環境大臣 , 東京都知事 , 東京都福祉保健局 , 環境省自然環境局 , 東京都

東京オリンピックまでにペットショップの犬、猫の生体販売をなくそう Petition to ban all pet shops from selling dogs and cats

☆ショーケースに入った犬、猫に違和感はありませんか? ペットショップで売られている犬、猫たちの裏では、ショーケースに並ぶ前の、“流通過程” で、1年に25000匹もの命が犠牲になっています。この数は保健所での殺処分数に含まれていないのです。 なぜこんなにも命の余剰がでるのかは次の通りです。 ①繁殖所で大量に生産される→②セリ市に出される→③不良品や売れ残りが出る 店頭に並ぶ前にはじかれる命です。またボロボロになるまで繁殖に使われた子も処分の対象です。 保健所は業者からの犬猫は受け付けません。それで悪徳な “引き取り屋” に引き渡され、劣悪な環境でやがて息絶えたり、大量に遺棄される事件も多数起こっています。 温かい、血の通った、罪のない命です。せまいケージの中で、一度も空を見ることもなく、一生を終える。病気であろうと誰にも気づかれず苦しみ死んでいく。 「大量生産、大量廃棄」、ペットショップのショーケースに並べるために起きているこの流通システムを根本から変えましょう!闇に葬られる何万もの命をなくしましょう。 そもそも生き物を、野菜と同じように販売していてはおかしいのです。そんなあたりまえの倫理観に、もう私たちは気付かなければなりません。 2020年、東京オリンピックで、“成熟国家” “輝く東京” をアピールしても “生体販売” している日本は輝いて見えるのでしょうか? このまま “まだまだ遅れた国” であり続けないためにも、東京オリンピックに目標を定めて “ペットショップの犬、猫の生体販売をゼロ” にするよう、今こそ声をあげましょう! Petition to ban all pet shops from selling dogs and cats by the year of the Tokyo Olympics 2020!  Mass-produced, mass-dumped…  We have to stop this cruel cycle.  No less than 25,000 dogs and cats (per year) are abused to die in the process of trading before being sold and more than 80,000 abandoned are sent to the brutal gas chamber every year in Japan.  Your single click can change the current animal protection law and reform the pet industry of Japan. It’s high time for Japan, for Tokyo to change with the Tokyo Olympics close at hand!

茶谷 富佐子
17,455 supporters