Topic

人権

16 petitions

Update posted 6 days ago

Petition to 週刊SPA ・フジメディアホールディングス,CSR, Kazuna Yamamoto

女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい

    「ヤレる女子大学生RANKING」が先日、週刊SPAにより10/23日に出版されました。 (English, Spanish, Norwegian  below) 2018年、世界中の女性達が戦い、女性の権利を、女性の声が届くように働きをかけました。 日本で初めてのG20が今年、2019年に開催される中新年早々こんなランキングを出版するのは、冗談にもほどがあると思います。   週刊誌および出版社による、女性の差別用語、軽視する発言を今後一切やめる他、 今回の記事の撤回及び謝罪をお願いします。   女性の軽視は笑い事ではありません。   こう行った発言により性犯罪に合う女性は後を絶ちません。 法務総合研究所「第4回犯罪被害実態(暗数)調査」によると、日本で性暴力を訴える女性はわずか18.5%となっています。 残りの81.5%は? 我慢しています。   性犯罪も、痴漢も、わいせつも日本の社会では「範囲内」だから。 世界では、5人に1人の女性が18歳の誕生日を迎える前にレイプ、もしくは性犯罪に合います。 法務省のデータによると、性犯罪で訴えられる人の10人に1人しか、罰しられません。   世界では2018年には女性が安全に中絶を得られる国が増えたり、 女性が投票権を得て100年を迎えたり、 サウジアラビアでは女性が運転できるようになったり、 また、 #MeTOO や #NoWomenEver 南米では #NoEsNo や #AbortoLegalYa などSNSを使い女性が声を上げています。   こうしてW20(ウィーメンズ20)やG20が開催される中、 メディアの女性に対する差別用語、軽視する発言を今後一切取りやめていただきたいです。   私達、女性は男性より下ではありません。 同じ人間です。 男性のために存在しているわけではありません。 声を上げて、日本でも女性に権利を、そして 女性に対する軽視を無くしましょう。 他の記事https://nikkan-spa.jp/144457  大元である富士メディアホールディングスのCSRhttp://www.fujimediahd.co.jp/csr/index.html   ENGLISH VIDEOhttps://youtu.be/9cIJdFEhhLk Recently a Company called Shuukan Spa has released a ranking of “University students with easy-access girls” on a public magazine. (Published October 23, 2018) 2018 was a year where women from all over the world fought for women’s rights, so that our voices were delivered. Japan will be having the first G20 summit this year, 2019 and it is ridiculous for an article such as this to be published. It’s not funny at all. I would like to fight so that especially on public articles such as this one,  sexualizing, objectifying and disrespecting women would stop. We demand Shuukan Spa to take this article back and apologize, and promise to not use objectifying words to talk about women. This sexualizing of women is not funny. In Japan according to a study done by the Ministry of Justice, only 18.5% of the women report sexual assault or rape. How about the left over 81.5%? They don’t speak up. Can not speak up. Why? Because sexual assault, random guys touching your butt in public trains, having their crotch up your butt, rape, is something women have to deal with. Because We use underaged girls in bikinis to fulfill the fetish of those who love baby faces. Because we idolize young girls. Because honestly, the society hasn’t changed ever since the time of comfort women. Because men and women do not believe that we are worth the same as men. In this world, 1 out of 5 women are raped or sexually assaulted before their 18th birthday. According to the ministry of Justice, only 1 out of 10 people actually get convicted, after being sued for sexual assault. In 2018, the world fought. In some countries, abortion finally became legal. 100 year anniversary since Women got voting rights. Women in Saudi Arabia were able to drive. And using Social Media, people spoke up using #MeToo #NoWomenEver and in South America, #NoEsNo and #AbortoLegalYa. This year we will not only hold the G20 nor but the W20 (women 20) We demand that the media stops using words to discriminate women, objectify women, disrespect women and sexualize women. We, women are not less than men. We are human too. We do not LIVE for men. We do not exist for men. Let’s raise our voices because I am sick of this society where women are objects.   Other GROSS articleshttps://nikkan-spa.jp/144457 The company behind called Fuji Media Holdings that also write about Corporate social Responsibility, talking about SDGs.http://www.fujimediahd.co.jp/csr/index.html Recientemente, una empresa llamada Shuukan Spa publicó un artículo con un ranking, una lista de Universidades con mujeres que son fáciles. En una revista pública.  (23 de Octubre, 2018) 2018 era un año donde las mujeres de todo el mundo lucharon por nuestros derechos, para que la gente escuchara nuestra voz. Japón va a tener a primera reunión del G20 de este año 2019, y es ridículo que un artículo así exista hoy día. No es chistoso.  Quiero recoger las voces de las mujeres, para que empresas de prensa así dejen a usar palabras que sexualizan y objetifican a las mujeres.  Shuukan Spa, queremos que ustedes saquen este articulo y pidan disculpas al público, y que den una promesa de que no van a usar palabras así para describir mujeres. No es una broma. No es chistoso. Según el Ministerio de Justicia, en Japón solamente 18.5% de las mujeres informa las agresiones sexuales y violación. ¿Qué está pasando a los otros 81.5%? No podemos callarnos. Hay que hablar por las que no pueden.  ¿Pero por qué es así Japón? Porque las mujeres, las niñas en Japón tienen que 我慢する, vivir con la violación, los hombres poniendo sus manos en nuestra falda en el metro en la mañana Porque los japoneses aman las mujeres jóvenes y tienen un fetiche asqueroso con las mujeres jóvenes con caras de niñas. Porque amamos a las jóvenes. Porque la sociedad no ha cambiado mucho desde la época de las “mujeres de confort”. Porque los hombres y las mujeres no creen que seamos iguales. En este mundo, 1 cada 5 mujeres es violada antes de su cumpleaños 18. Según el Ministerio de Justicia, solo 1 de cada 10 violadores es arrestados (En Japon) En 2018 empezamos un movimiento. En algunos países, el aborto se hizo legal. Era el aniversario del derecho a votar de las mujeres. En Saudi Arabia, las mujeres empezaron a manejar. Y las mujeres hablaban través de las redes sociales, usando #MeToo #NoWomenEver #NoEsNo #AbortoLegalYa. En Chile, en mi universidad, había paros, tomas, porque los jóvenes querían cambiar algo. Querían luchar para un mundo justo, un mundo igualitario. No hay paros ni tomas en Japón. Pero necesitamos cambiar esto. Porque hay bastante problemas. Este año vamos a tener el G20 y tambien el W20 (Women 20) Los medios necesitan dejar a usar palabras que discriminar a las mujeres,  objetifican a las mujeres, les faltan el respeto y las sexualizan. No somos menos que los hombres. Somos personas. Somos humanos. No vivimos para los hombres. No existimos para los hombres. No vamos a callarnos, vamos a alzar nuestras voces, porque estamos casadas de esta sociedad.Otras prensas que odio:https://nikkan-spa.jp/144457http://www.fujimediahd.co.jp/csr/index.html Fuso-sya publiserte Det uker magasinet "SPA -Den universitete lista som du kan lette å sex med kvinne-studenter-" I 2018 kjempet mange kvinner for likestilling i verden. Det er veldig skam at dette magasinet publiserte i år, selv om det holdes G20 i Japan i år. Vi krever at Fuso-sya anerkjente deres fail mot kvinner og slutter å diskriminere mot kvinner på noe magasiner.Denne boka bringer sexkrim.Forsøker sier kvinne som anklager voldtatt er bare 18.5 prosent i Japan.Hva gjorde resten?De resten kvinner måtte tåle.Sexkrim og "Chikan" som menn berører ukjente kvinner i toget er vanlig situasjon.I 2018 ble flere gutter fanget for sexkrim.De er studenter i veldig kjente universitetene.De brukte medisiner i alkohol for kvinner.Kvinner kjente ikke den inkluderte medisiner og drakk den .Etterpå ble de kvinnene voldtatt. I år holdes W20 også.Derfor krever vi mediene til å stoppe ordene som diskriminerer kvinner, ordene som ser kvinne som objekt. Vi , kvinner er ikke under menn.Vi er mennesker.Vi lever ikke for menn.Vi eksistere ikke for menn. Derfor skal vi reise opp våre stemme for å stoppe at menn ser oss som objekt.  

Kazuna Yamamoto
52,034 supporters
Update posted 6 days ago

Petition to NGT48運営 , 今村悦朗 , 株式会社AKS

NGT48運営と株式会社AKSは被害者メンバーに謝罪させたことを謝罪すべき

【現状の説明】2018年12月8日、NGT48のメンバーの一人である山口真帆さんがファンとされる男性二人から暴行を受けました。 >2人は山口さんの顔をつかんだなどとして暴行の疑いで逮捕され、「話がしたかった」と供述していたということですが、その後、不起訴になり釈放されています。 >警察によりますと、先月8日「NGT48」のメンバー、山口真帆さんの新潟市内にある自宅の玄関先にファンの男2人が押しかけ、帰宅した山口さんの顔をつかむなどしたとして暴行の疑いで逮捕されました。(共に引用元: NHK首都圏 NEWS WEB ) NGT運営はメンバーが不起訴処分になったとは言え暴行事件の被害者になっているのにも関わらず1ヶ月にわたりこの事件を公にしませんでした。さらに、事件について告発している山口真帆さんのSHOW ROOM(ライブ配信サービス)の配信を途中で強制的に終了させました。(事件の詳細を記した彼女のツイートも削除済み) そして、あろうことか2019年1月10日に行われたNGT48三周年記念公演で被害者である山口真帆さんに「お騒がせしてすみません」と謝罪させました。   【問題点】私が考える問題点は下記の通りです。 ・生命の危険を感じたであろう被害者に謝罪させたこと・1ヶ月もの間事件を公表せず、事件についてコメントを出さなかったこと   【問題視する理由】 1つ目の「生命の危険を感じたであろう被害者に謝罪させたこと」を問題視する理由は、被害者の心理的ダメージを考えず被害者に非を認めさせることはセカンドレイプと同じであり人権侵害とも言えるからです。自宅周辺で男性複数人に待ち伏せされ暴行を加えられたという恐怖は計り知れません。山口真帆さんは完全な被害者であり一切の非はないはずです。公演前にAKSの方と話し合ったようですが、仮に本人から謝罪の申し出があったとしても断るべきでしょう。一体どのような人権意識で被害者に謝罪させたのでしょうか。 2つ目の「1ヶ月もの間事件を公表せず、事件についてコメントを出さなかったこと」を問題視する理由は、被害者の告発という形で公表に至ったのはあまりにも不自然であるからです。山口真帆さんの告発ツイート(現在削除済み)においても運営が大事にしないようにしているとの旨があり真摯な対応をしなかった(できなかった)運営に対し不信感が募ります。 【要求】要求することは以下の点です 1つ目は「NGT支配人である今村悦朗氏と株式会社AKSが"被害者を謝罪させたこと"を謝罪すること」、一言二言で済ませるのではなく具体的に今村支配人とAKSの考える人権意識を交えた説明と謝罪をしてもらいたいです。 2つ目は「何故1ヶ月もの間コメントを出さなかったのかを説明すること」1ヶ月という長い期間事件について公表せず、本人の告発という形で公表に至った理由の説明をしていただきたいです。 3つ目は「事件を起こしたファンとされる男性らに厳重な処分を課すこと」、できれば半永久的且つ他グループにも同様の処分を適応させることが望ましいと思っています。 この活動に関し様々な意見を出して頂いた有志の方々に感謝します。 最後に、この署名運動をすることで事件が拡散されることもまたセカンドレイプと同じであろうことは重々承知しているつもりです。その上でやはり運営が被害者に謝罪をさせたという事実をファンの1人として見過ごせないという独善的な私の思いがありました。矛盾を孕んだ偽善的活動であることを理解をした上で、それでもなお賛同していただければ幸いです。   ひとりよがりな判断で不必要に事件を拡散させることを山口真帆さんに謝罪します。申し訳ありません。   NGT and AKS Co,they forced maho to apologize,should apologize to her for it. they have to explain what do they think about human rights. If responsible persons resign their posts, that couldn't be said this problem have been solved. points •they made victim apologize. •they didn't announce this problem for a month. request •Imamura and AKS apologize to her for it. •explaining "why didn't they announce for a month " •disposing of fans who assaulted maho yamaguchi from all groups' events. I explain my words simplicity in English.sorry for my poor English.

T T
4,658 supporters
Update posted 3 weeks ago

Petition to 山極壽一

安田淳敏君に対する停学処分の撤回を求めます! Revoke the Exemplary Suspension from Kyoto Univ.!

(English version below)  私たちは、貴殿が文学部4回・安田淳敏君=写真=に対して無期限の停学処分を下したことに抗議し、処分の撤回を求めます。 京都大学は処分理由である「職員の怪我」について、一切証拠を示さないままに処分を下しました。そもそも京都大学は一度「公務執行妨害」容疑で安田君を逮捕させたものの、裁判官が勾留理由開示公判の場で「職員の側が暴行した」と認め、安田君は不起訴釈放されています。  安田君は京大同学会の副委員長として、大学の先頭で反戦運動を闘っている学生です。学生の自由な活動を萎縮させようと狙う今回の処分を認めることはできません。 【呼びかけ団体】京都大学全学自治会同学会執行委員会    We, the signatories, seek revocation of the suspension of Atsutoshi Yasuda, a forth grader of the faculty of letters, from Kyoto University for an indefinate period.    You have suspended him for an alleged "injury upon an officer of the university" with no evidenve showed. Moreover, the university had police arrest him for alleged "obstructing the discharge of official duties", the investigation into which has revealed that it is the officer that harmed Yasuda.    Yasuda has been carrying the movement against Kyoto University supporting wars. It is far from permissible that a university suspends a student as a warning to the rest. [This campaign is called out by the Executive Committee of Dougakukai, the Student Council of Kyoto University]

Yasuda Atsutoshi
504 supporters
Update posted 2 months ago

Petition to 内閣総理大臣 安倍晋三, 厚生労働大臣 塩崎恭久, 加藤勝信

息子の死を無駄にしないために日本の精神科医療の身体拘束を見直してください。

去年の五月、日本で英語教師として働いていた私の息子、ケリー・サベジが神奈川県の精神科病院で入院中に心肺停止で見つかり、その後亡くなりました。 10日あまり精神科病棟で入院していたところの、突然の出来事でした。 ケリーが入院していた病院に、亡くなった原因の調査や、身体拘束の方針の見直しについて求めていますが、満足の行く回答をもらえていません。 交換留学で日本人の高校生を家族で受け入れて以来、ケリーは日本が大好きになり、折り紙やトトロなど日本の映画を見ては、日本文化に魅了されていきました。高校、大学を通して日本語を学び、日本で英語教師になるため資格を取り、鹿児島の小中学校で2年ほど子供たちに英語を教えてきました。同僚の先生方や生徒たちにもとても好かれていました。 そんな中うつ病が再発し、日本の病院で入院しましたが、2週間経たないうちに心肺停止で発見されました。入院直後から足、腰、手首を拘束されてベッドに寝かされていたようです。 実は日本の精神科医療の現場では、他国に比べて身体拘束の時間が著しく長いことが調査でわかっています。 日本での身体拘束の平均実施日数は、11病院の689の患者を対象に行った調査によると96日でした[1]。一方、諸外国の実施時間はせいぜい数時間から数十時間です。 精神科に入院する人は一握りだと思われるかもしれませんが、実は日本の精神科医療で身体拘束を受ける人の数は増加を続けています。 厚生労働省の調査によれば、身体拘束を受ける患者は2014年度に1万人を超え、過去最高を更新しています。ここ10年で2倍のペースです[2]。 長時間の身体拘束は、精神的な苦痛を与えるだけでなく、エコノミークラス症候群とも呼ばれる「深部静脈血栓症」を引き起こし、死に至る可能性があります[3,4]。これだけの患者の方々が入院する中で、適切な治療が行われるためにも、今、日本でも精神科医療の身体拘束のあり方を見直すことが必要ではないでしょうか。 そこで精神科医療の身体拘束について詳しい杏林大学保健学部教授の長谷川利夫氏とともに、精神科医療の身体拘束を考える会を立ち上げ、日本の身体拘束を改善するための要望を国などに訴えていくことにしました[5]。 長谷川教授によれば、同じような経験は日本のみなさんにも多く見られると聞きます。 せめて、ケリーに起きたことをもとに、こういったことが繰り返されないようにと願っています。日本に魅了されたケリーは日本から様々な経験や楽しい思いをもらってきたに違いありません。彼に起きた出来事が、今度は日本の精神科医療の改善につながるようにと願っています。 この要望を厚生労働省に届けられるよう、皆様もぜひご賛同をよろしくお願いいたします。 【要請項目】 精神科病院内において、長時間(24時間以上)の身体拘束を禁止すること。 精神科病院内において、身体拘束による人権侵害が起きていないかを早急に調査すること。 精神科医療における身体拘束による人権侵害や死亡が起きることがないように、精神医療の現場において、身体拘束の実施過程を録画などで可視化し、実施後に検証できるように14日間以内に患者本人もしくは遺族に公開すること。 身体拘束の実施人数の縮減し、実施期間の圧縮が図られるよう、目標値を設置し、実現向けて政府としてリーダシップを発揮すること。 患者、遺族への診療情報の提供については、厚生労働省の「診療情報の提供の指針」に基づき、情報の開示がなされるよう、病院に対し、強力に指導すること。 日本の精神科医療を受ける方々が必要以上に身体拘束をされ、命を落としたり、適切な医療を受けられないということがないよう、ぜひ、皆さんの賛同をよろしくお願いいたします。   参考資料:[1]長谷川利夫. (2016). 精神科医療における隔離・ 身体拘束実態調査 ~その急増の背景要因を探り縮減への道筋を考える~. 病院・地域精神医学, 59(1), 18–21.[2] https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170201-OYTET50013/[3] Dickson BC, Pollanen MS: Fatal thromboembolic disease: A risk in physically restrained psychiatric patients. J Forensic Leg Med 2009; 16:284–286.[4] https://www.e-rapport.jp/team/action/sample/sample07/01.html[5] 【ホームページ 精神科医療の身体拘束を考える会】https://www.norestraint.org English version: https://goo.gl/UBSyzd 【精神科医療の身体拘束を考える会】https://www.norestraint.org

Alliance against physical restraint in psychiatric care (精神科医療の身体拘束を考える会)
9,196 supporters