Topic

オリンピック

8 petitions

Update posted 3 weeks ago

Petition to 横浜市長

横浜・本牧にスケボーパークをつくるための賛同署名をお願いします!

「横浜・本牧にスケートボード練習場(スケボーパーク)をつくる会」は、スケボーパーク設置実現に向け、横浜市に「要望書」を提出するためのキャンペーンを開始しました。 2020年の東京オリンピックから正式種目となった「スケートボード」。国内でのスケートボード人口は年々増加しています。しかし、横浜市内にあるスケートボード練習場は、新横浜公園(港北区)、谷本公園(青葉区)の二か所にあるのみです。近々戸塚区にも設置される計画ですが不十分で、まだまだ練習場は足りない現状です。 そこで私たちは、横浜市が2022年完成をめざし計画を進めている、中区・本牧市民プール再整備事業にスケボーパーク(仮称)の設置を要望したいと考えました。横浜市は同プールを「夏場だけでなく一年を通して賑わう施設にしたい」としており、スケボーパークは正にうってつけと言えるからです。 スケートボードを愛する皆さん!年間を通して思う存分練習できるスケボーパーク(仮称)の設置要望にむけ、ぜひ賛同してください! 横浜・本牧にスケボーパークをつくる会  田中晶悟 ◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆ なお、紙面で署名運動に協力してくださる方は、下記のリンク先からダウンロードしてください。 <趣意書> ※こちらの趣意書をご確認ください <署名簿> ※署名用紙にご記入の上、下記へご郵送ください <郵送先>  〒231-0041 横浜市中区吉田町5-4 第6吉田ビル2-B Kukunochi 内 田中晶悟 宛 <TEL> 045-325-7738 ◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆ 【参考資料】 ◆本牧市民プール説明会資料 ◆本牧市民プール 企業サウンディング調査結果 ◆スケボー競技(東京2020:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)

★ HONMOKUスケボーパークをつくる会
2,434 supporters
Update posted 2 months ago

Petition to 内閣総理大臣 安倍晋三

命を守るために、サマータイムを導入しないで!

サマータイムは命を奪う 「サマータイム」は、人の命を奪うことが医学的に証明されている政策です。 人には体内時計があり(去年ノーベル賞を受賞した分野です)、これから外れて活動をすることは、様々な心身の不調をきたします。心筋梗塞、脳梗塞、肥満、癌、うつ、自殺など、様々なリスクを起こします。 睡眠における医学的権威である睡眠学会も、以前にまとめを出していますが、たとえばたった1時間のサマータイムの導入でも、導入時の最初の3日間で心筋梗塞を起こす確率が上昇し、そのリスクは5%に及びます。その他様々な致死的な健康被害が発生します。 実際にロシアでも、導入時に救急車の出動や心筋梗塞による死亡者が増加しました。そして省エネ効果などはなかったことから、サマータイムを廃止しています。 サマータイムでは睡眠も阻害されます。もしあなたがふだん朝6時に起きているとして、未明の4時にスムーズに起きることができますか? このようなことをさせると何が起きるかというと、交通事故が増えます。そして、様々な心身の不調をきたします。 睡眠時間の減少は自殺率を強く高めることも明らかになっています。(とてもよく眠り、すっきりと目が覚めた日の朝に、いきなり自ら死のうとは思わないでしょう?) たとえば若年者が8時間未満の睡眠時間しかとっていないと、自殺率が2.9倍になるということはご存知でしょうか? 大人でも、6時間未満の睡眠時間は、自殺行動リスクを約5倍に引き上げてしまいます。 いつも6時に起きている高校生や大学生は、サマータイムが導入されると4時に起きることになります。(自殺率が上がらず、様々な心身の問題をきたさない)8時間の睡眠を確保しようとすると、20時に眠らなければなりません。しかし、今は大人の皆様は自分が若かった頃を思い出してください。20時に眠れますか? 日が暮れて1時間くらいしか経過していない時間です。人の体は「時計を見て時間がきたから眠る」ようにできているのではありません。自然の太陽の動きに従って、「日が沈んでしばらくしたら眠くなる」ようにできています。(そして20歳前後の人は、日没後6時間後くらいに眠くなるのが普通です) また、体内時計がもともと夜型になっている「青少年の若者」と「睡眠リズム障害」の患者などもサマータイムの被害を強く受けます。世界では、「若者の早起きは心身の健康に害がある」というのが医学的に広く認識されてきており、実際に、「始業時刻を遅らせることで心身の健康が改善し、成績も向上する」事例・研究が数多く証明され、始業時刻を遅らせる法制化の流れも進んでいます。 サマータイムに対応するための労働力の浪費も問題です。2000年問題で大変な騒ぎになったことを覚えている方も多いのではないでしょうか? カレンダーや時刻というのは、手元のPCから鉄道や飛行機の発着、銀行のシステムに至るまで、膨大な方面に影響を与える事項です。現在、IT業界は慢性的な人手不足です。過労死がどれだけでるか想像もできません。 たった2年間のサマータイムのためだけに何万人ものIT技術者を浪費すべきではなく、もっと生産的で、多くの人や企業のためのシステムに注力できるようにしましょう。サマータイムのシステムを作った結果待っているのは「人の死」ですが、そうでなければ、社会を便利にあるいは豊かにするシステムの構築へ、労力を振り向けることができます。 サマータイムの導入で、心筋梗塞・脳梗塞・自殺・過労死など、千~万単位の死者が出てしまう可能性があります。誤った政策は簡単に大量の人を殺しうるのです。 サマータイムの導入で最も被害を受けるであろう「睡眠リズム障害患者会」は、睡眠に悩む多くの方、そしてこの問題に関心のある社会全体の方を代表して、サマータイムの導入に反対します。 人の命を軽んじる政策を、けして導入しないでください。

特定非営利活動法人睡眠リズム障害患者会
3,931 supporters
This petition won 2 weeks ago

Petition to 青木克德 葛飾区長, 德田正久 立石駅北口地区市街地再開発準備組合理事長, 旭化成不動産レジデンス株式会社 , 一般財団法人首都圏不燃建築公社 , 小池百合子 東京都知事

『下町の酒都』立石を、超高層ビルのまちに変えないでください!!

   ▼“聖地”が消える!この危機に立ち上がらなければのんべえじゃない!? 葛飾区の京成立石駅周辺には、長年こう着状態となっている再開発問題があります。  立石といえばモツ焼き屋街、昭和レトロな商店街で知られ、区内外から多くの人が訪れます。そのにぎわいから「下町の酒都」や「呑んべえの聖地」などとして取り上げられることも度々です。「鳥房」「江戸っ子」「宇ち多゛」「二毛作」「ミツワ」「おでんや」などなど、のんべえ界に名をはせた名店やディープ店も数多く存在します。まずは一度来てみてください^^ https://icotto.jp/presses/9263「立石の大衆酒場を飲み歩き!飲兵衛おすすめの居酒屋16選 前述の計画は、この商店街を取り壊して、4棟の超高層ビル(北口には約125mと約75mの2棟)と広い駅前広場に変えてしまおうと言うもの。2019年度着工予定。木密地域のリスク解消などが理由に挙げられています。「呑んべ横丁」がある北口の計画が先行しています。デベロッパーは旭化成不動産レジデンスです。 http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000060/1003609/1003628/1015071.html 「立石駅北口地区第一種市街地再開発事業|葛飾区公式サイト   ▼コミュニティーも地域経済も壊される!?  私たちは、立石を愛する一人の呑んべえとして、また再開発によって地域のコミュニティーや地域経済、住民の生活が破壊されることを憂う立場から、この再開発に反対します。 立石を支える特色ある個人店は、再開発ビルでは営業を続けることができないでしょう。チェーン店ばかりになっては、利益が地域に還元されず、地域経済は衰退します。立石のような人情溢れる商店街は、地域社会をも支えています。これを一方的な消費のための施設である商業ビルに変えてしまうのは、街をつまらなくすると同時に街から人のつながりや懐の深さをも奪う行為です。防災性を高めるだけなら、共同建て替えや修復型の再開発など、様々な手法が考えられます。なにより、災害時に最も頼りになるのは人のつながりであり、それを壊す再開発ビルは、減災の考え方に逆行します。 ▼住民の手によるまちづくりを! 地権者や周辺住民による反対運動も根強く行われています。区と準備組合は、住民自治を無視した強硬姿勢を改めるべきです。20年以上前に出されながら合意形成ができていない計画を、五輪の再開発ラッシュに便乗して一気に決めてしまおうという姿勢も不誠実です。  立石のアイデンティティーともいえる飲み屋街やレトロ商店街を守りつつ、どのように防災性を高めていくか。それは、住民や商店主たち自身が、じっくりと話し合うべき問題です。再開発業者の「そそのかし」や「地上げ」のようなやり方で進めていいことではありません。近頃「レガシー」という言葉をよく耳にしますが、将来の世代に残すべきは、人情溢れる商店街か、超高層ビルのまちかどちらでしょうか。  最後に、「立石は残してほしいけど、住民じゃない者が口を出していいのか」と迷う方もいるでしょう。はっきり言います。あなたの力が必要です。再開発を推し進めようとする巨大な利権集団に立ち向かうには、住民の力だけでは足りません。ぜひ、あなたの力を貸してください。そして、下町を愛する、あるいは酒文化を愛する、あるいは巨大企業の支配に抵抗する全ての人に、この署名を広めてください! ▼要求事項 ①葛飾区は、立石駅北口地区地区計画を見直し、景観やコミュニティー、「立石らしさ」に配慮した計画へと変更すること ➁東京都は、立石駅北口地区第一種市街地再開発事業の都市計画決定を撤回し、景観やコミュニティー、「立石らしさ」に配慮した計画へと変更すること ➂再開発準備組合および事業協力者の各企業、関係各行政機関は、再開発による新たな街づくりを、住民や商店主らの主体的なかかわりの下で進めること。 ※再開発の情報や立石の日常風景を、Twitterで発信しています!チェックしてみてください! https://twitter.com/non_be_tateishi  ※準備組合、葛飾区、および下記の企業に、まちこわし再開発反対の声を届けてください!! ◆葛飾区都市整備部街づくり推進課   03-5670-3174 ◆立石駅北口地区市街地再開発準備組合  03-5672-1596 ◆事業協力者:旭化成不動産レジデンス株式会社                               https://form.afr-web.co.jp/homes/pub/fudousan/inquiry 一般財団法人首都圏不燃建築公社  03-3436-2881 ◆総合コーディネート業務:協同組合都市設計連合   03-3539-3538 ◆都市計画検討業務:株式会社日本設計    050-3139-7100 ◆商業調査業務:株式会社オーク計画研究所   03-5155-6730 ◆交通調査業務:株式会社アルメックVPI  http://www.almec.co.jp/offices/head.html ◆現況測量調査業務:株式会社小川総合事務所   03-3815-0197 ◆公共施設基本計画案作成業務:株式会社フェニックスリサーチ      03-6908-8658 ◆障害調査業務:日本アンテナ株式会社  0570-091039 ◆風環境調査業務:株式会社風工学研究所   03-3237-2811

のんべえの聖地を 守る会
1,333 supporters