Topic

オリンピック

3 petitions

Update posted 4 months ago

Petition to 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会, International Olympic Committee, 日本オリンピック委員会, 小池百合子東京都知事 , 厚生労働大臣, 農林水産大臣

東京オリンピック・パラリンピックでアニマルウェルフェア(動物福祉)のレベルを下げないで!

2020年の東京オリンピック・パラリンピック(以下東京オリンピック)は、これまでになく動物を苦しめるオリンピック・パラリンピックになろうとしています。 オリンピックの選手村や会場で提供される食事で使われる畜産物「調達基準」の動物福祉のレベルが、過去のオリンピックと比べて大きく低下したためです。 http://www.arcj.org/tokyoolympiccruelty/JP/ 世界的なイベントであるオリンピックでは、社会的責任が問われるようになっており、環境や社会、人権や動物に配慮されたイベントであることが求められるようになっています。 とくにロンドンオリンピックからは、動物への配慮が加わり、会場で使われる畜産物のアニマルウェルフェアが高められてきました。そのレベルを、東京オリンピックが下げてしまうことになります。 例えば卵の基準は ◎ロンドンオリンピック=放し飼い以上の卵(放し飼い・オーガニック) ◯リオオリンピック=ケージ飼育ではない卵(平飼い・放し飼い等) ×東京オリンピック=飼育方法の規定なし=バタリーケージ飼育の卵もOK となります。 バタリーケージ飼育は、欧米、中南米、南アフリカ、韓国など世界中が廃止していっているものであり、劣悪飼育の象徴ともいえます。 日本ではまだバタリーケージ飼育が主流となっています。詳しくはこちら → http://www.arcj.org/tokyoolympiccruelty/JP/egg/ 豚肉は、 ◎ロンドンオリンピック=妊娠ストール(虐待的な拘束飼育)禁止 △リオオリンピック=規定はないが、大手企業が自主的に妊娠ストール廃止 ×東京オリンピック=飼育方法の基準なし=拘束飼育OK となり、虐待的飼育をされた豚肉が提供されることになります。この妊娠ストールも、世界的に廃止が進んでおり、EUや米国の10州、その他世界的な大手企業の多くが廃止していっています。 日本では豚の妊娠ストール飼育がいまだに増加しています。詳しくはこちら → http://www.arcj.org/tokyoolympiccruelty/JP/pig/ 東京オリンピックは過去のオリンピックよりも、動物を苦しめ、負のレガシーを残すことになります。 さらに、東京大会の後、2024年はパリ、2028年はロサンゼルスと続きますが、その2大会ではアニマルウェルフェアは向上することが見込まれ、東京オリンピックが残すであろう【負のレガシー】は、なお一層、際立つことでしょう。 詳細のレポートはこちらから → http://www.arcj.org/files/user/data/TOC_jp.pdf 東京オリンピックで世界レベルのアニマルウェルフェアを採用し、卵であればケージフリー以上、豚肉であれば拘束飼育禁止とすることを求めます。 どうか、せめて、ロンドンオリンピックやリオオリンピックで守られてきたアニマルウェルフェアのレベルを、東京オリンピックで下げないでください。 人間だけが楽しむのではなく、動物たちにも思いやりを持ったオリンピック・パラリンピックを実現できるよう、ぜひご賛同よろしくお願いします。

アニマルライツセンター
12,078 supporters
This petition won 11 months ago

Petition to 東京都議会議員選挙立候補予定者

【都議選候補者殿】マンガ・アニメ・ゲームの自由を守ることと、コミケなどのビッグサイト会場問題の解決を都議選公約に入れて下さい!

表現の自由を守る会(代表 山田太郎前参議院議員)では、来たるべき東京都議会議員選挙(告示日 6月23日、投開票日 7月2日)の候補者に対して、以下の2点を公約として掲げることを求めます。 本署名キャンペーン実施後に、この2点を公約に掲げることについての可否などについて主要候補者に対してアンケートを実施し、個別候補者の考え方を公式サイトにて結果を公表します。本会の趣旨に沿うと判断した候補者に対しては、選挙期間中を含め、表現の自由を守る会として積極的に応援していきます。 多くの署名が集まることで、本件が都議選での争点になることも考えられます。都議会議員候補者が積極的にこの問題に取り組むよう、是非、署名と拡散にご協力をよろしくお願いします。 https://goo.gl/HHdSrV↑こちらクリックしてTweetお願いします ■ 都議会議員候補者殿以下を都議選公約に入れて下さい1.マンガ・アニメ・ゲームの表現の自由を守る2.オリンピック・パラリンピック時のビッグサイト会場問題の解決 ○「1. マンガ・アニメ/ゲームの表現の自由を守る」について 東京都では青少年健全育成条例などによって、マンガ・アニメ・ゲームなどの表現の自由が制限されています。表現の自由を守る会では、こういった流通を含めた制限は極力排除するべきであり、青少年の保護については、青少年の権利を最大限考慮した上でのゾーニングなど最低限の対策のみが行われるべきと考えています。 東京都には出版社等が多く集まっており、都による過剰な不健全図書指定は出版社や作者の自主規制を招き、また、全国規模で流通の制約を事実上課すことになります。不健全図書指定のプロセスも不明瞭で、議事録が公開されない、自主規制団体聴き取り調査で圧倒的多数が非該当意見でも、知る限り審議会で非該当とされたこともなく、毎月の出版状況にかかわらず、毎月ほぼ同じ冊数が指定されるなど、「指定しないと仕事がなくなる」といったお役所仕事ではないかとも懸念されます。 こういった点などから、表現の自由を守る会では、最低限、現行の条例以上の規制強化の改正を行わないことと、運用面における流通を含めた表現の自由への配慮をさらに行うべきだと考えています。 ○「2.オリンピック時のコミケなどのビッグサイト会場問題の解決」について オリンピック・パラリンピックにおける「東京ビッグサイト施設利用の制約等に関する説明会」(4月26に東京ビックサイトで開催)では、2019年度および20年度におけるビックサイトの利用が制限されることについて説明がなされました。ビッグサイトの代表取締役である竹花豊氏からは「最終的なものであり、動かしがたいものである」とあり、ビッグサイト側の説明では、コミケなどをはじめとした即売会・展示会などの開催危機が解決されたとは言いがたい状況で、政治的な介入・決断が必要です。 説明会での資料によると既存の展示面積(約9.7万㎡;7,8ホール1.6万㎡含む)に対して、2019年度は5.2~7.2万㎡、2020年度については、7~9月のビックサイトでのイベント開催不可期間を除いても、2.3万㎡~7.2万㎡と通常通りの開催が難しい状況です。また、新しく建設される青海展示棟も1.5kmも離れた隣駅であり、同一のイベントを開催するのは難しい状況です。イベントが通常通り、開催出来ないことで、商談機会や印刷などの納品機会を失う中小企業やクールジャパンの土台を支えるコンテンツ文化への影響は計り知れません。 表現の自由を守る会としては、このビッグサイト会場問題について、現場対応ではこれ以上の進展は見込めないとして、政治主導での解決が必要であると考えています。そのためには、メディアセンターの移設や新施設の建設など抜本的な解決を図った上で、最低限、同一または近接の敷地内(以下、隣接地)で常時8万㎡以上(本来は現状の10万㎡)の開催を行うことができるよう積極的に検討するべきであると考えています。 ○5月末~6月上旬に予定している都議選候補予定者へのアンケートについて 表現の自由を守る会では、主要都議選候補者に対して、今回の署名結果を元に以下の質問を行い、表現の自由を守る会の公式サイト(http://hyogen.jp)にて結果を公表する予定です。多くの候補者に積極的に公約に入れてもらい、回答を得るためにも是非積極的に本キャンペーンへの署名と拡散をお願いします。 質問案 過激な表現も含め、マンガ・アニメ・ゲームの表現の自由を守ることについてどう考えていますか? a.現状よりもマンガ・アニメ・ゲームの表現を規制するべきだ b.現状のままでよい c.現状よりも、さらに表現の自由に考慮するべきだ 五輪時のビッグサイト会場問題の解決についてどうお考えですか a.現行のビッグサイトの案で問題ない【隣接地に限ると従来の面積の半減】 b.2015年度末の開催面積(約8万㎡)の規模のイベントを隣接地で行えるよう政治主導で整備を進めるべきだ【新規会場の追加建築などが必要】 c.2016年度末の開催面積(約10万㎡)の規模のイベントを隣接地で行えるよう政治主導で整備を進めるべきだ【メディアセンターの移転などが必要】 上記1,2についての回答を公約として掲げますか a.正式な公約として掲げる b.ブログ/HPなどで上記の意見を表明する c.特に公約としては掲げない   多くのマンガ・アニメ・ゲームを愛する皆さまの署名と拡散のご協力をお願い致します。 https://goo.gl/HHdSrV↑こちらクリックしてTweetお願いします 表現の自由を守る会代表 山田太郎   ■表現の自由を守る会HP:https://hyogen.jp/Twitter:https://twitter.com/hyogenjiyuFB:http://hyogen.jp/fb ■ 山田太郎 表現の自由を守る会代表略歴 http://taroyamada.jp/?page_id=13慶應義塾大学経済学部、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期課程外資系コンサルティング会社などを経てネックステック社を創業、同社を実質3年半で東証マザーズに上場参議院議員就任後は表現の自由を守る活動に奔走、2016年の参議院議員選挙では野党で最大となる29万票を獲得するも落選東大・東工大・早大などでも教鞭をとり、「表現の自由の守り方」など著書も多数現在、表現の自由を守る会代表、ニューカルチャーラボ代表ホームページ:http://www.taroyamada.jpYoutube:http://taroyamada.jp/ytFacebook:http://taroyamada.jp/fbTwitter:http://twitter.com/yamadataro43ニコ生:さんちゃんねる 毎月第1・3水曜日放送中 http://taroyamada.jp/nico

表現の自由を守る会(代表 山田太郎)
25,894 supporters
This petition won 5 years ago

Petition to 国際オリンピック委員会(IOC)

オリンピックにおけるレスリング競技の存続を求めます

※同署名活動は、9月のIOC総会まで継続することになりました。引き続き、ご賛同のご協力をお願いいたします。(書面での署名活動は終了いたしました) 2020年夏季オリンピックの種目からレスリングが除外勧告を受けてしまいました。   レスリングは古代オリンピックから行われている由緒ある競技の一つであり、国際連盟には177ヶ国が加盟する開かれた競技です。他の伝統ある競技とともにオリンピックを形成してきた歴史があります。   オリンピックはアマチュアスポーツ最高峰の大会であり、レスリングではオリンピックが競技者の最高の舞台であり、夢でもあります。このたびの除外勧告は、日本レスリング協会としても非常に残念に思います。   レスリングが2020年以降もオリンピック競技に残り続けられるよう、皆様、署名を何卒よろしくお願いいたします。 【主な賛同団体】 日本社会人レスリング連盟、全国高体連レスリング専門部、全日本学生レスリング連盟、全国中学生レスリング連盟、全国少年少女レスリング連盟、全日本女子レスリング連盟、全日本マスターズレスリング連盟、日本格闘競技連盟 ALSOK、クリナップ・レスリング部、アニマル浜口道場、新日本プロレス、ブシロード、全日本プロレス

レスリングを五輪競技に復帰させる会
10,669 supporters