Topic

アニマルウェルフェア

2 petitions

Update posted 2 months ago

Petition to 妊娠ストールを使用した豚肉を扱う企業やスーパー、国や自治体の政策を司る機関

母豚の拘束飼育「妊娠ストール」の撤廃を

写真は日本の養豚場で2017年に撮影されたものです。これが何か、みなさんご存知ですか?これは妊娠ストールといって、日本の養豚場で使用されている「母豚の檻」です。子豚を産むために飼育されている母豚たちは、一頭一頭がこういった拘束状態で飼育されています。檻の幅は狭く、母豚たちは方向転換もできません。前後に一歩動けるかどうかというスペースしかありません。母豚たちは、妊娠中の長期間にわたり、この妊娠ストールの中に閉じ込められます。 豚はとても好奇心が旺盛な生き物です。本来なら一日中あちこち探索し地面を掘り返したり、木に体をこすりつけたりして、とても忙しい日々をおくります。きれい好きでトイレと食事の場所を必ず分けます。私たちと同じように仲間とコミュニケーションをとり、社会的な生活を営みます。しかしこの妊娠ストールの母豚たちはすべての自由を奪われています。長期にわたり拘束された母豚たちは苦悩し、この檻の中で目の前の鉄柵をかじり続ける、口の中にものが入っていないのに口を動かし続けるなどの異常行動を起こすことが知られています。 私たち自身が、このような狭い檻の中に閉じ込められたとしたら、たった一日でも耐えらるでしょうか? 「非人道的だ」という市民の声をうけて、EUではすでに妊娠ストールは禁止になっています。アメリカでも10の州で禁止が決まっています。南アフリカ共和国やカナダも廃止に向けて動いています。諸外国では多くの企業がこのストールの廃止を公表しています。 しかし日本における使用率はいまだ88.6%*です。廃止しようという動きはなく、いまだに妊娠ストールの新設に国の補助金がおりているという状況です。 この署名は、妊娠ストールを使用した豚肉を扱う企業やスーパー、国や自治体の政策を司る機関へ、国民の意見として届けます。 署名へのご賛同をよろしくお願いします。自ら声をあげず、ただじっと耐えている豚たちのために、「妊娠ストールを止めてほしい」という皆さんの声が必要です。 多くの人は実態を知らないだけで、日本人は決して動物への思いやりのない国民ではありません。日本人の85.5%**は母豚がこのような飼育をされていることを「知らない」と答えています。この署名をシェアして、一人でも多くの人と、ぜひこの問題を共有してください。 妊娠ストール廃止キャンペーンサイトhttp://www.arcj.org/savemotherpig/ 妊娠ストール動画・写真(日本)http://www.hopeforanimals.org/animals/buta/00/id=389 *2014年畜産技術協会 飼養実態アンケート調査報告書http://jlta.lin.gr.jp/report/animalwelfare/index.html **2017年畜産動物に関する認知度調査http://www.hopeforanimals.org/animalwelfare/00/id=526

アニマルライツセンター
21,083 supporters
Update posted 2 weeks ago

Petition to 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会, International Olympic Committee, 日本オリンピック委員会, 小池百合子東京都知事 , 厚生労働大臣, 農林水産大臣

東京オリンピック・パラリンピックでアニマルウェルフェア(動物福祉)のレベルを下げないで!

2020年の東京オリンピック・パラリンピック(以下東京オリンピック)は、これまでになく動物を苦しめるオリンピック・パラリンピックになろうとしています。 オリンピックの選手村や会場で提供される食事で使われる畜産物「調達基準」の動物福祉のレベルが、過去のオリンピックと比べて大きく低下したためです。 http://www.arcj.org/tokyoolympiccruelty/JP/ 世界的なイベントであるオリンピックでは、社会的責任が問われるようになっており、環境や社会、人権や動物に配慮されたイベントであることが求められるようになっています。 とくにロンドンオリンピックからは、動物への配慮が加わり、会場で使われる畜産物のアニマルウェルフェアが高められてきました。そのレベルを、東京オリンピックが下げてしまうことになります。 例えば卵の基準は ◎ロンドンオリンピック=放し飼い以上の卵(放し飼い・オーガニック) ◯リオオリンピック=ケージ飼育ではない卵(平飼い・放し飼い等) ×東京オリンピック=飼育方法の規定なし=バタリーケージ飼育の卵もOK となります。 バタリーケージ飼育は、欧米、中南米、南アフリカ、韓国など世界中が廃止していっているものであり、劣悪飼育の象徴ともいえます。 日本ではまだバタリーケージ飼育が主流となっています。詳しくはこちら → http://www.arcj.org/tokyoolympiccruelty/JP/egg/ 豚肉は、 ◎ロンドンオリンピック=妊娠ストール(虐待的な拘束飼育)禁止 △リオオリンピック=規定はないが、大手企業が自主的に妊娠ストール廃止 ×東京オリンピック=飼育方法の基準なし=拘束飼育OK となり、虐待的飼育をされた豚肉が提供されることになります。この妊娠ストールも、世界的に廃止が進んでおり、EUや米国の10州、その他世界的な大手企業の多くが廃止していっています。 日本では豚の妊娠ストール飼育がいまだに増加しています。詳しくはこちら → http://www.arcj.org/tokyoolympiccruelty/JP/pig/ 東京オリンピックは過去のオリンピックよりも、動物を苦しめ、負のレガシーを残すことになります。 さらに、東京大会の後、2024年はパリ、2028年はロサンゼルスと続きますが、その2大会ではアニマルウェルフェアは向上することが見込まれ、東京オリンピックが残すであろう【負のレガシー】は、なお一層、際立つことでしょう。 詳細のレポートはこちらから → http://www.arcj.org/files/user/data/TOC_jp.pdf 東京オリンピックで世界レベルのアニマルウェルフェアを採用し、卵であればケージフリー以上、豚肉であれば拘束飼育禁止とすることを求めます。 どうか、せめて、ロンドンオリンピックやリオオリンピックで守られてきたアニマルウェルフェアのレベルを、東京オリンピックで下げないでください。 人間だけが楽しむのではなく、動物たちにも思いやりを持ったオリンピック・パラリンピックを実現できるよう、ぜひご賛同よろしくお願いします。

アニマルライツセンター
11,847 supporters