KFC・Taco Bell・Pizza Hut さん、鶏の虐待を支援するのをやめてください!

キャンペーン成功!

KFC・Taco Bell・Pizza Hut さん、鶏の虐待を支援するのをやめてください!

169,836人の賛同者により、成功へ導かれました!
発信者:Animal Rights Center アニマルライツセンター 宛先:Yum! ブランズ社

ケンタッキー・フライド・チキン、ピザハット、タコベルの親会社であるYum!ブランズ社は、何百万羽もの採卵鶏を狭く汚い檻に閉じ込めるという、残酷で時代遅れなことに加担しています


ケージは狭くぎゅうぎゅう詰めで、鶏たちは動くことも羽を広げることもできません。多くの場合、彼女たちの体の一部がケージに引っ掛かり、その結果、骨折し、脱臼し、また羽毛が剥げ落ちます。疲れ果て、動けない鶏は、餌を食べられず衰弱死していったり、ケージの仲間に踏まれたまま死んでいくこともあります。この虐待に耐えて生き残る鶏たちは、他の鳥の死骸がある中、閉じ込められたまま惨めな一生を送ります。


世界中の何百もの企業がケージフリーに移行しています。この世界的な取り組みは、バーガーキング、ユニリーバ、ネスレ、ヒルトン、マリオットホテル、インターコンチネンタルホテル、モンデリーズ、コンパスグループ、バリラなど、多くのグローバル企業が行っています。割安のファストフードやペットフード会社でさえ、この恐ろしい慣行から離れつつあります。日本でも100以上の企業やお店がこの飼育方法から遠ざかっています。


Yum! ブランズ社は「人々が信頼し称えるグローバルな象徴的ブランドの構築」に取り組んでいると述べています。KFC、ピザハット、タコベルが何百万もの動物たちの計り知れない虐待から利益を得ている中、世界中の顧客は信頼を失っています。この署名に賛同して、Yum!ブランズ社が日本を含む全世界でケージフリーになることを求めてください。

キャンペーン成功!

169,836人の賛同者により、成功へ導かれました!

キャンペーンをシェア