このキャンペーンは終了しました

世界最大級のキッズエンターテイメントチャンネル「ニコロデオン(Nickelodeon)」の日本放送復活を求めてます!日本全国に溢れ出すオレンジ(元気)カラーを再び!!

562人の賛同者が集まりました


 

海底に住んでいる愉快な海綿くん、元気で活発な動物大好き少女、世界を救うべく修行の旅をするアバターの少年に、突然変異でスーパーヒーローに変身した亀の四人組・・・。私たちは幼い時からこのエンターテイメントチャンネル「ニコロデオン」がもたらす元気なオレンジカラーと共に日々を歩んでいき、楽しいひと時を過ごしていきました。しかし日本での開局から11年を迎えた2009年の9月30日、突如としてこの楽しいひと時は惜しみなく日本国内から撤退していってしまったのです。

何故撤退する必要があったのか・・・ニコロデオン(旧ピンホイール時代も含め)が70年以上もの間手がけてきた数々の良質な番組を再び「ニコロデオン」というチャンネル枠としてまとめて放送出来る権利が今こそ必要としてもいいんだ!と長年のファンの一人である私は、このキャンペーンに熱い本気の心を賭けてでも署名企画を決意致しました。それでは今回のキャンペーン開始の理由の経緯を詳しく説明していきます。

1「まずニコロデオンとはなんの事なのか?」

今現在映画公開で話題を呼ぶアニメ「スポンジ・ボブ」や、最近リメイクされTVシリーズと映画が製作された「ミュータントタートルズ(TMNT)」、地上波で放送されティーンに大人気のドラマ「アイカーリー」などの作品を提供・放送・制作している世界有数のエンターテインメント会社、バイアコムの一員であるグローバルなキッズ向けエンターテインメント・ブランド名です。世界171の国と地域において、アニメーション、幼児向け番組、ドラマ・バラエティなど、良質でバラエティ豊かなコンテンツをマルチプラットフォームで展開しており、本国アメリカではTVアニメ及びTVドラマの人気はディズニーと肩を並べるぐらい大きなブランドですが、日本では「ニコロデオン」という名前の知名度が非常に低いです

ニコロデオンブランドには先ほどの作品のみならず、多種多様なアニメ、ドラマが多数あります。

しかし、現在テレビチャンネルとして独立していないため、世界的に評価されている作品を視聴することができず、ファンがチャンネルの復活を望んでいる、という現状です。

 

2.「ニコロデオンの歴史」


間違った解釈を持つ方もいると思いますがニコロデオンは「アニメ専門チャンネル」ではございません。アニメもそうですが、魅力的なドラマや、教育番組、本格的なバラエティと、有りとあらゆる分野を常に取り込んでいるのです。ニコロデオンのアニメ枠が本格的に始まったのは1990年頃でした。

ニコロデオンは1977年、創立当初は「ピンホイール」という名前でQUBE」というケーブルテレビ内の児童向けチャンネルとしてスタート。その後1979年に改称し現「ニコロデオン」が誕生、ワーナー・ケーブルで放送開始。1986年にはワーナー・ケーブルは各ケーブルチャンネルを独立会社とした事から、ニコロデオンもMTVなどとともに現バイアコムに売却。1990年には自社初となる制作スタジオを設立、それ以前には児童向け教育番組や子供向けドラマ等を放送してきたのですが、この年から本格的にニコロデオン製アニメ作品が次々と誕生して行きました。現在も新しい新作が作られており期待がより一層高まります!現在進行形でも世代を超えて愛される「魅力溢れるコンテンツ」を世界中の家族や子供たちに届けているのがニコロデオンブランドの大切な心得とも言えます。

3. 「ニコロデオン発のアニメ・ドラマ作品」

日本国民のニコロデオン視聴者として一番馴染みのある「アニメ枠」と「ドラマ枠」についてお話させていただきます。

ニコロデオン制作のアニメ作品で一番の長寿作品であり、昨年で放送から15周年を迎え現在も新作映画が公開され日本でも人気のTVアニメ「スポンジ・ボブ」。海外では大人向けアニメは除き、子供向けアニメとしては最長シリーズを誇るほど根強い人気を誇っていますが・・・・何か?お忘れでしょうか?彼、スポンジボブも捨てがたいがもっと捨てがたい存在・・・「レンとスティンピー」「ヘイ!アーノルド」「ラグラッツ」「アバター 伝説の少年 アン」「ジェニーはティーン☆ロボット」「Oops!フェアリー・ペアレンツ」「ジミー・ニュートロン」等を忘れていませんよね?彼らが活躍するアニメもスポンジと同じくらい素敵な世界観で生き生きとしており、私たちの目は思わず釘付けになること間違いなし!小さな子供も喜ぶに決まってます。同時にニコロデオンブランド発のTVドラマにも熱い魅力がそそられます。主な代表作に「アイ・カーリー」、その後もEテレで放送された「ビクトリアス」「サム&キャット」「超能力ファミリーサンダーマン」「ロメオ!」「ドレイク&ジョシュ」等、本格的な内容の強みや演出を生かしたエンターテイメント性は圧巻で、特に本国ではティーンや若者に絶大な支持を集めています。このニコロデオン製ドラマも日本の若者たちに知ってもらい、素敵なワクワク感を得てくれればと思っています。

各作品は今現在各他局で放送しておりますが、それはごく一部の作品に限られているだけで、「ニコロデオンブランド」枠で全てのアニメ作品・ドラマ作品を放送可能にして欲しいと私問わず、全ての日本のニコロデオンファンが大きく望んでいます。このように、日本で放送されないがために人気もでず、周知すらされない作品がたくさんあることは非常にもったいないことです。
もっとも、スポンジボブやアイカーリーなどの有名な作品の面白さは日本でも評価されています。私だけじゃない全体に大きく関わる放送希望者・・・未放送となっている作品も含めて良質のアニメやドラマ等を今の子供たちに視聴してもらい更なる知名度・コンテンツの普及・ファンによるコミュニティの拡大を意識してもらえばより一層ブランド等がどんどん盛り上がって行くであろうと物申します。

4.「最高の元気を再び日本で!」

ニコロデオンのイメージブランドカラーはオレンジ=「元気」です。世界中の子供たちがこれから先、そして常に元気でいてくれる事を表しての意味も込めて言います。

そのTV画面から溢れる夢・ワクワク・笑い・感動・ユーモアは私たちの心を元気にしてくれるのです。私たちはずっとニコロデオンの存在があってこそ共に育っていきました・・・。笑い、涙、アクション、ハッピー☆こんなに家族の、児童向けの為に徹底した工夫を凝らし見ていて飽きない、色あせない記憶を残していくニコロデオンの長年の「元気のおもてなし」は、今の日本にはとても必要とされています。何故なら・・・!子供たちや家族の笑顔は国民の宝!TVを通して笑顔を浮かべる元気こそ「最高のコンテンツ」だから・・!元気を与えてくれる最高のカラーを持つニコロデオンの、日本放送復活を私たちは祈りを捧げ応援を願います!



今日:Tさんがあなたを信じています

T Tさんは「Viacom Networks Japan K.K.: 世界最大級のキッズエンターテイメントチャンネル「ニコロデオン(Nickelodeon)」の日本放送復活を求めてます!日本全国に溢れ出すオレンジ(元気)カラーを再び!!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Tさんと561人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。