東京外国語大学図書館の印刷サービス有料化で、学生は困ってます

まず賛同者しかコメントが出来ないようしているのがくそ。

本当にしょうもないわ、、、

大学側は財政難の具体的内容を生徒に知らせるべき。今回なら毎年教授3人分に相当する予算カットが起きていること。流石に毎年3人ずつ教授を減らすわけにはいかないから、ということを。

ただそれにしてもこいつらはしょうもない。

今回コピー機を有料化にしたことで、コピー紙代金、インク、人件費のカットが可能になった。加えて、何台ものパソコン、コピー機を使わなくなったおかげで修理したときにかかる費用、メンテナンス費用が節約出来る。  

それだけでなく、わざわざ何十分もコピー機の前に並ぶ必要がなくなった。

たかが年1万円もいかないであろうコピー機代金を生徒が負担するだけで、大学が維持できるということがわからないのだろうか?

コピー機代金だけで財政難に陥る学生はバイトをしましょう。

やまぎし ひらく, Saitama, Japan
2 years ago
Shared on Facebook
Tweet