東京外国語大学図書館の印刷サービス有料化で、学生は困ってます

ある教授曰く、国際日本学部の設置含め、大学の意思決定はもはや教授会主体ではなくほとんど「上からの」決定で物事が進んでいるとのことです。

コピー機の導入含め、やはり大学運営自体が保守化している弊害が随所に現れてるのだと考えています。そういったことを積極的に学生の方から問いかけていき、大学上層部の中で完結させないようにする必要があると感じます。
コピー機の問題に関しては、設備・システム導入のために企業に支払った金額が本当に有料化に見合っているのかということを聞いてみたいです。

Mizuki KOMADA, Tokyo, Japan
2 years ago
Shared on Facebook
Tweet