東京外国語大学図書館の印刷サービス有料化で、学生は困ってます

最後に。よく考えたら大学の財政は私たちの学費でも成り立っているものです。学費納入者としては、
●クォーター制導入により授業が年30週から26週に減ったこと
●「財政難」による対策や、財務状況
などについては、透明化、開示をうけるべきであると考えるようになりました。どうなんでしょうね。

吉野 珠子, Tokyo, Japan
2 years ago
Shared on Facebook
Tweet