東京外国語大学図書館の印刷サービス有料化で、学生は困ってます

Reasons for signing

See why other supporters are signing, why this petition is important to them, and share your reason for signing (this will mean a lot to the starter of the petition).

Thanks for adding your voice.

やまぎし ひらく
2 years ago
まず賛同者しかコメントできないのがくそ。

本当にしょうもないわ、、、

大学側は財政難の具体的内容を生徒に知らせるべき。今回なら毎年教授3人分に相当する予算カットが起きていること。流石に毎年3人ずつ教授を減らすわけにはいかないから、ということを。

ただそれにしてもこいつらはしょうもない。

今回コピー機を有料化にしたことで、コピー紙代金、インク、人件費のカットが可能になった。加えて、何台ものパソコン、コピー機を使わなくなったおかげで修理したときにかかる費用、メンテナンス費用が節約出来る。  

それだけでなく、わざわざ何十分もコピー機の前に並ぶ必要がなくなった。

たかが年1万円もいかないであろうコピー機代金を生徒が負担するだけで、大学が維持できるということがわからないのだろうか?

コピー機代金だけで財政難に陥る学生はバイトをしましょう。

Thanks for adding your voice.

やまぎし ひらく
2 years ago
まず賛同者しかコメントが出来ないようしているのがくそ。

本当にしょうもないわ、、、

大学側は財政難の具体的内容を生徒に知らせるべき。今回なら毎年教授3人分に相当する予算カットが起きていること。流石に毎年3人ずつ教授を減らすわけにはいかないから、ということを。

ただそれにしてもこいつらはしょうもない。

今回コピー機を有料化にしたことで、コピー紙代金、インク、人件費のカットが可能になった。加えて、何台ものパソコン、コピー機を使わなくなったおかげで修理したときにかかる費用、メンテナンス費用が節約出来る。  

それだけでなく、わざわざ何十分もコピー機の前に並ぶ必要がなくなった。

たかが年1万円もいかないであろうコピー機代金を生徒が負担するだけで、大学が維持できるということがわからないのだろうか?

コピー機代金だけで財政難に陥る学生はバイトをしましょう。

Thanks for adding your voice.

Mizuki KOMADA
2 years ago
加えてですが、コピー機以前より使いにくいものになったということで、それは本当に学生の利益を考えて行ったのかということが気になります。外大上層部が企業の宣伝をはいはいと受け入れて、結局実態としてどのようなシステムが導入されるか周知せずに契約をしたのではないでしょうか。どういった経緯でこのシステムを導入したのかも開示が必要だと思います。

Thanks for adding your voice.

Mizuki KOMADA
2 years ago
ある教授曰く、国際日本学部の設置含め、大学の意思決定はもはや教授会主体ではなくほとんど「上からの」決定で物事が進んでいるとのことです。

コピー機の導入含め、やはり大学運営自体が保守化している弊害が随所に現れてるのだと考えています。そういったことを積極的に学生の方から問いかけていき、大学上層部の中で完結させないようにする必要があると感じます。
コピー機の問題に関しては、設備・システム導入のために企業に支払った金額が本当に有料化に見合っているのかということを聞いてみたいです。

Thanks for adding your voice.

旭 真梨絵
2 years ago
コピー有料はしょうがないとしても、同時に証明書発行機が謎の進化を遂げていたのは本当に謎。

Thanks for adding your voice.

河邉 今人
2 years ago
有料なのを100歩譲って認めたとしても現金とApplePayが不可なのは非常に困る。この為にICカードでも買えというのか。

Thanks for adding your voice.

井上 正樹
2 years ago
東京外国語大学が印刷代を有料にするなんて、何かおかしいです。たかが印刷代でなくこれをはじめとして他にも有料化することを考えている気がします。賛同します。頑張って。

Thanks for adding your voice.

吉野 珠子
2 years ago
最後に。よく考えたら大学の財政は私たちの学費でも成り立っているものです。学費納入者としては、
●クォーター制導入により授業が年30週から26週に減ったこと
●「財政難」による対策や、財務状況
などについては、透明化、開示をうけるべきであると考えるようになりました。どうなんでしょうね。

Thanks for adding your voice.

Nishino Naomi
2 years ago
学生への納得のいく説明と、学びに対する負担にならない対応を求めます。

Thanks for adding your voice.

Идзиева Диана
2 years ago
東京外国語大学の授業でレポートや発表をする機会が非常に多いので、印刷を有料にすると本当に困ります。学生にとって100円だって大きなお金です。