設楽ダム建設事業からの撤退を求める

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


50年も前に計画された巨大なダム建設事業
国と愛知県が、豊川上流部で本体の建設に取りかかろうとしている設楽ダムは、総貯留容量9,800万m3、総事業費3,000億円 という巨大な公共事業です。1970年代に計画され、50年近く過ぎました。

無駄な公共事業は市民の生活を圧迫します
不要なダムを造ることで愛知県の水道料金が確実に上がります。農家のかんがい用水の負担金も増えます。ダムは洪水対策にも有効ではなく、税金が無駄遣いされることになります。

自然環境を壊します
ダム湖に沈む自然豊かな設楽の地域には、クマタカなど絶滅危惧種を含む多くの希少・貴重な野生生物が棲んでいます。巨大ダムの建設と貯水は、国の天然記念物ネコギギの棲息地を奪い、アマゴやアユ釣りで有名な清流寒狭川をこわします。貯水と堆砂の影響は豊川下流部や三河湾まで及びアサリ湧く六条潟を台無しにします。

地盤が悪く住民を危険にさらします
建設予定地は、地質地盤条件が特に悪い場所として知られ、1960年代はじめに電源開発が調査に入ってすぐに撤退した同じ場所なのです。ダム湖に水がたまれば、地すべり、液状化、地下水汚染や漏水の恐れがあります。

愛知県が宣言すれば止められます
必要がなく、環境を破壊し、流域住民に危険を押しつける設楽ダム建設を愛知県が推進するなど許されません。愛知県が設楽ダムから水道用水を取水しないと表明すれば、ダムは止められます。

-----------------------------------------------------------------------

=愛知県民の生命と自然を守るために、次世代への負の遺産にしないために=
     設楽ダム建設事業からの撤退を求める署名

         愛知県知事 大村秀章 様

 国と愛知県が、豊川上流部で本体の建設に取りかかろうとしている設楽ダムは、総貯留容量9,800万m3、総事業費3,000億円 という巨大な公共事業です。1970年代に計画され、50年近く過ぎました。
 水は足りているし、洪水対策にも役立ちません。ダム湖に沈む自然豊かな設楽の地域には、クマタカなど絶滅危惧種を含む多くの希少・貴重な野生生物が棲んでいます。巨大ダムの建設と貯水は、国の天然記念物ネコギギの棲息地を奪い、アマゴやアユ釣りで有名な清流寒狭川をこわします。貯水と堆砂の影響は豊川下流部や三河湾まで及びアサリ湧く六条潟を台無しにします。また、建設予定地は、地質地盤条件が特に悪い場所として知られ、1960年代はじめに電源開発が調査に入ってすぐに撤退した同じ場所なのです。ダム湖に水がたまれば、地すべり、液状化、地下水汚染や漏水の恐れがあります。
 必要がなく、環境を破壊し、流域住民に危険を押しつける設楽ダム建設を愛知県が推進するなど許されません。愛知県が設楽ダムから水道用水を取水しないと表明すれば、ダムは止められます。
 私たちは、愛知県が設楽ダム建設事業から撤退することを求めて署名します。
---------------------------------------------------------------------

To protect the people and nature of Aichi, and to avoid passing the negative legacy for future generations

The petition to withdraw from the Shitara Dam construction

To Mr. Hideaki Omura, Governor of Aichi Prefecture,

 In the upper stream of Toyo River, the national and prefectural governments are trying to undertake the construction of Shitara Dam which total storage capacity is 98 million cubic meters, and it is a huge public works project which costs 300 billion yen in total.
 Water is sufficient. The construction does not help against flooding. In Shitara, the region to be sunk under the dam, many scarce and precious species of wild animals including endangered kumataka mountain hawk-eagles are living. The huge dam construction and water storage takes away the habitat of nekogigi, a national protected species of fish; and destroys Kansa River, a clear stream famous for fishing ayu (sweet fish) and amago (red spotted masu trout). Reservoir and sedimentation impact badly on the lower stream of Toyo River and Mikawa Bay as well as Rokujo Lagoon where asari clams grow. Also the planned construction site is known as its particularly bad geological and ground conditions. This is exactly the same site where an electric power development project was withdrawn right after its investigation started in the early 1960s. The water reserved in the dam will cause landslides, liquidation, groundwater pollution, and water leak.
 We don’t need Shitara Dam which destroys environment and endangers the residents in watershed areas. The promotion of the construction by Aichi Prefecture should not be accepted. The dam construction can be stopped if Aichi Prefecture declares not to intake the tap water from Shitara Dam.    

 Please sign here for the withdrawal of Aichi Prefecture from the Shitara Dam construction.



今日:和夫さんがあなたを信じています

市野 和夫さんは「tochimizu@aichi.pref.lg.jp: 設楽ダム建設事業からの撤退を求める」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!和夫さんと486人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。