キャンペーン成功!

2014年のポールマッカートニーさんの国立競技場公演中止は仮病であると誤解を招くような報道について、TBSは訂正して謝罪してほしい

824人の賛同者により、成功へ導かれました!


2018年11月10日放送のTBS番組「新・情報7Daysニュースキャスター」において、出演者が、ポールマッカートニーさんを公演ドタキャンの常習者として取り上げました。

この中で特に、2014年にマッカートニーさんが急病により全公演を中止せざるを得なくなったことについて、「この話には裏があり、この当時ツイッター上では六本木で飲み歩いていたという目撃情報が投稿された。仮病じゃないかと疑われた。酷いでしょう。飲んでたんじゃないかという噂がある」と発言し、かつ「六本木で目撃例多数!?」というイラスト入りのフリップを映し出しました。これを知らない一般視聴者が見れば、噂が本当であるかのような誤解を生じさせる報道のされかただったと思います。

実際に関係者によるとマッカートニーさんは来日当日から体調を崩し、その後、都内の病院に入院していることから急病は事実です。

 このような真偽が定かでないSNS発信を情報源とし、ドタキャンの常習者、仮病などと誤解を生む報道を行うことは、ご本人の名誉を著しく傷つけるものであり、また、当時、対応に追われた関係者、病状を心配していた多くのファンに不快感を与えるものでした。

テレビ局及び番組制作関係者の皆様には、この報道の情報源を確認し、伝え方に問題がなかったか検証の上、誤解を与えるような表現を訂正した上で謝罪をしていただきたいと思い署名を募りたいと思います。

 

 

呼びかけ人

Masahiro Makimoto

Twitterアカウント @Masahiro_0009

Instagramアカウント@masahiro0009

 

 

Yasuko Matsumi

Twitterアカウント @MatsumiYasuko 

 



今日:ポールファン有志さんがあなたを信じています

ポールファン有志さんは「TBSテレビ: 2014年のポールマッカートニーさんの国立競技場公演中止は仮病であると誤解を招くような報道について、TBSは訂正して謝罪してほしい」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!ポールファン有志さんと823人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。