このキャンペーンは終了しました

TBSよ ミャンマーはそういう国ではないよ

7,924人の賛同者が集まりました


 

                                                                                    平成 28 年 7 月 14 日

株式会社 東京放送ホールディングス

取締役会長 石原俊哉様

                                                                      在日ミャンマー人団体の代表

                                              要 望 書 

前略

不躾なお手紙をお許しください。日本在住ミャンマー人の率直な声をお伝えしたいと思います。

2016 年 5 月 24 日 19 時 57 分、TBSテレビで放送された番組「世界の日本人妻は見た」の中でミャンマーに嫁いた日本人妻が紹介されました。58分間の放送では、ヤンゴン市に住んでいる日本人女性がミャンマー人男性と結婚し、2人の結婚生活の様子や、男性の家族の生活習慣など(※例えば、結婚している28歳の息子が母親のおっぱいを揉むこと、上半身裸になった父親が義理の娘に背中を掻いてもらうこと、息子が母親を寝る前にハグすることなど)に関する話が取り上げられました。しかし、それはその家族独特の生活習慣であって、多くのミャンマー人に共通する生活習慣ではありません。放送された内容はあくまでその家族の生活習慣に関するものです。しかし、番組の司会者たちはこれを一般化するようなコメントを繰り返しました。あたかもそれがミャンマー人の一般的な生活習慣であるかのように意見を述べている箇所が何回も流されました。そのような正確でない意見を述べているのを見たミャンマー人のみならず、ミャンマー人と親しくしている日本の方たちも非常に不愉快な思いをしました。もちろん、納得もできません。その正確でない内容の放送を見られたであろう、数多くの日本の視聴者の方たちが在日ミャンマー人たちに対して偏見を抱いてはいないか、そして社会的な問題が引き起こされないか、懸念が拭えない状態です。

番組中の誤解を与えるような言葉使いやコメントなどにより、日本の小中高などで学んでいるミャンマー人子女への悪影響も考えられます。いじめの問題に発展する危惧さえあります。また、さまざまな職場に採用され、働いているミャンマー人も周りの日本の同僚から嫌な質問をされたり、差別的な扱いを受けたりするような問題が発生しています。この放送のために日本で生活している大勢のミャンマー人たちは、屈辱を受けたり不愉快な思いをするなどの深刻な問題を抱えています。

ミャンマーは礼儀正しい人たちの住む国として昔からよく知られていました。伝統文化や習慣などを大切に守り続けてきた人々です。今回の放送は、ミャンマーの伝統文化や習慣などに興味のある方々やミャンマーへの観光に関心のある日本の方たちに誤解を与えるものです。将来、ミャンマーに興味を持ち、旅行をしようと考えている方々や投資を検討している企業の方々などが勘違いした結果、ミャンマーに対する考え方を変えてしまったりする恐れもあります。

ミャンマーはこれからの発展が望める国です。しかし、今回の放送はミャンマーの発展にプラスになることは決してないばかりか、悪影響を与えることは必至です。予想のつかない大きな損害が発生しかねないものです。

日本は我々のミャンマー人にとってはあこがれの国であり、また尊敬すべき民主主義の先進国でもあります。さらに、日本では表現の自由が保障されております。それ自体は素晴らしいと思います。しかし、自由に放送できるとはいえ、特定の国の民族のみならず、世界中の人々の人権や尊厳を尊重するという気持ちやマナーが必要であると思います。このようなマナーを尊重したうえで、栄誉のあるメディアとして、責任をもってこの問題を解決していただくよう、ミャンマー連邦共和国と全国のミャンマー人の代表として在日ミャンマー人団体から強く要請いたします。

事実関係をまず明確にし、私たちが満足できるような対応をしていただくか、もしくは結論を出してくださることを期待しております。もし、誠意ある対応をしていただけない場合、私たち側はこれで諦めることはせず、ミャンマー連邦共和国と全国のミャンマー人の利益と尊厳のためにしかるべき手立てを講じるつもりです。

今回の事件につきまして、面談などで直接話をする機会を設けて頂けるのを心よりお待ちしております。宜しくお願い申し上げます。

草々

追伸 

この手紙と共に、様々な事情で日本での生活を営んでいるミャンマー人たちとミャンマーにご興味がある日本人たちによる意見調査の結果を添付致します。

 

၂၀၁၆ခုႏွစ္ဂ်ဴလုိင္လ ၁၄ရက္

သုိ႔

တုိရွိခ်ိက အိရွိဟရ

ကုမၸဏီဥကၠ႒

Tokyo Broadcasting Systen Holding Inc

ေလးစားအပ္ပါေသာ ကုမၸဏီဥကၠ႒ႏွင့္တကြ TBS၏တာဝန္ရွိလူႀကီးမင္းမ်ား

 ဂ်ပန္ႏုိင္ငံတြင္ ေနထုိင္လွ်က္ရွိၾကေသာ ျမန္မာလူမ်ဳိးအမ်ားစု၏ ကုိယ္စားေလးစားစြာတင္ျပလုိပါသည္။ လူႀကီးမင္းမ်ား၏ ကုမၸဏီ စီမံခန္႔ခြဲမႈေအာက္မွထုတ္လႊင့္လွ်က္ရွိေသာ TBSရုပ္သံအစီအစဥ္မွ ၂၀၁၆ခုႏွစ္၊ေမလ၊၂၄ရက္ေန႔ ညပုိင္း၇နာရီ ၅၇မိနစ္တြင္ ထုတ္လႊင့္ခဲ့ေသာ 「 世界の日本人妻が見た‘」အစီအစဥ္တြင္ ထုတ္လႊင့္ခဲ့သည့္ ၅၈မိနစ္တာကာလအတြင္း ျမန္မာႏုိင္ငံ ရန္ကုန္ၿမိဳ႕တြင္ေနထုိင္လွ်က္ရွိသည့္ ဂ်ပန္လူမ်ဳိးအမ်ဳိးသမီးက လက္ထပ္ထားသည့္ ျမန္မာအမ်ဳိးသားအပါအဝင္ ၄င္းတုိ႔မိသားစု၏ေနထုိင္မႈပံုစံကုိအေျခခံကာ တင္ဆက္ထုတ္လႊင့္သြားခဲ့ပါသည္။ (ဥပမာအားျဖင့္ဆုိေသာ္အိမ္ေထာင္က် ၿပီးသူ ၂၈ႏွစ္အရြယ္သားမွ မိခင္ႏုိ႔ကုိကုိင္ျပျခင္း၊ ေခြၽးမျဖစ္သူအား အက်ႌအေပၚပုိင္းခြၽတ္ထားေသာ ေယာက္ ခထီးမွ ေနာက္ေက်ာ ယားသျဖင့္ အကုတ္ခုိင္ျခင္း၊ ေယာက္ခမျဖစ္သူအား သမတ္ျဖစ္သူမွ အိပ္ယာမဝင္ခင္ ေပြ႕ဖက္ႏႈတ္ဆက္ျခင္း စသျဖင့္) အဆုိပါအစီအစဥ္ တင္ဆက္မႈမ်ားမွ ထုိမိသားစု၏  ေနထုိင္မႈဓေလ့ထံုးစံ မ်ားသည္ ျမန္မာလူမ်ဳိးအားလံုးကုိ ကုိယ္စားျပဳျခင္းမရွိပါ၊ အဆုိပါ ကာယကံရွင္မိသားစုႏွင့္သာ သက္ဆုိင္ ပါသည္။

 သုိ႔ေသာ္ အစီအစဥ္ထုတ္လႊင့္ေနစဥ္အတြင္း အစီအစဥ္တင္ဆက္သူမ်ားက ျမန္မာလူမ်ဳိးတုိ႔ကုိ ဓေလ့ စရုိက္အျဖစ္ ျခံဳငံုသံုးသပ္ၿပီး အႀကိမ္ႀကိမ္ ေဝဖန္မႈမ်ားျပဳလုပ္ခဲ့ပါသည္။ ထုိကဲ့သုိ႔လြဲမွာေသာ သံုးသပ္ေဝဖန္ မႈမ်ားေၾကာင့္ TBS ၏အဆုိပါရုပ္ျမင္သံၾကားအစီအစဥ္ကုိ ၾကည့္႐ႈခြင့္ရခဲ့ၾကေသာ ျမန္မာလူမ်ဳိးမ်ားႏွင့္ ျမန္မာယဥ္ေက်းမႈႏွင့္ကြၽမ္းဝင္ရင္းႏွီးေသာ ဂ်ပန္လူမ်ဳိးမ်ားအၾကား စိတ္အေႏွာက္အယွက္ ႀကီးစြာျဖစ္ေပၚခဲ့ ရပါသည္။ ရုပ္သံအစီအစဥ္၏ တင္ဆက္မႈမွလြဲမွားေသာ သတင္းအခ်က္အလက္မ်ားကုိ သန္းေပါင္းမ်ားစြာေသာ ဂ်ပန္ျပည္သူရုပ္ျမင္သံၾကားပရိတ္သက္မ်ားထံ ျဖန္႔ေဝခဲ့ျခင္းေၾကာင့္ ဂ်ပန္ႏုိင္ငံတြင္ အေၾကာင္းအမ်ဳိး မ်ဳိးျဖင့္ ေရာက္ရွိမွီတင္းေနထုိင္လွ်က္ရွိၾကေသာ ျမန္မာႏုိင္ငံသားမ်ားအတြက္ စိတ္ဆင္းရဲျခင္းႏွင့္တကြေနာက္ဆက္တြဲ လူမႈဆက္ဆံေရးဆုိင္ရာ ဒုကၡမ်ားႏွင့္ ရင္ဆုိင္ၾကံဳေတြ႕ရဖြယ္ရာအအေျခအေနမ်ားႏွင့္ ရင္ဆုိင္ေနရပါသည္။

  ရုပ္သံအစီအစဥ္၏ လြဲမွားသာ အဓိပၸါယ္သက္ေရာက္ေစသည့္ သံုးသပ္တင္ျပမႈမ်ားေၾကာင့္ ဂ်ပန္ႏုိင္ငံ၏ မူလတန္းေက်ာင္းႏွင့္ အလယ္တန္း၊ အထက္တန္းေက်ာင္းမ်ားတြင္ ပညာသင္ၾကားေနၾကေသာ  ျမန္မာ  လူမ်ဳိးကေလးငယ္မ်ားအေပၚ အႏုိင္က်င့္ဆက္ဆံမႈမ်ားခံစားရႏုိင္သည့္ အႏၲရာယ္ႏွင့္ရင္ဆုိင္ေနရပါသည္။ ထုိ့အျပင္ လုပ္ငန္းခြင္အသီးသီးရွိ အမ်ဳိးအမ်ဳိးေသာအဆင့္အတန္းႏွင့္ အတန္းစားအမ်ဳိးမ်ဳိးေသာ အလုပ္ အကုိင္မ်ားတြင္ လုပ္ကုိင္အသက္ေမြးျမဴေနၾကေသာ ျမန္မာလူမ်ဳိးမ်ားအတြက္လည္း မိမိတုိ႔၏ အလုပ္ခြင္ ႏွင့္လူမႈပတ္ဝန္းက်င္တြင္ မသင့္ေလ်ာ္အရွက္ရေစေသာ ေမးခြန္းမ်ား ေမးျမန္းခံရျခင္း၊ ႏွိမ္ခ်ဆက္ဆံခံရ ျခင္း အစရွိသည့္ လူမႈဝန္းက်င္ဆုိင္ရာအခက္အခဲမ်ားႏွင့္ရင္ဆုိင္ေနရပါသည္။ ထုိအခက္အခဲျပႆနာမ်ား   ေၾကာင့္ ဂ်ပန္ႏုိင္ငံတြင္ မွီတင္းေနထုိင္လွ်က္ရွိၾကေသာ ျမန္မာလူမ်ဳိး အေတာ္မ်ားမ်ားမွာ အရွက္ရျခင္း ၊ စိတ္ဆင္းရဲျခင္းႏွင့္ ကုိယ္ဆင္းရဲျခင္း ဒုကၡမ်ားကုိ ခံစားေနရပါသည္။

 ထုိ့အျပင္ ျမန္မာလူမ်ဳိးတုိ႔၏ ႏွစ္ေပါင္းမ်ားစြာ ထိန္းသိမ္းေစာင့္ေရွာက္ၿပီး အစဥ္အလာကုိလုိက္နာခဲ့ၾကေသာ ေကာင္းမြန္သည့္ဓေလ့ထံုးစံမ်ား၏ေနရာတြင္ မိသားတစု၏ ပံုမွန္မဟုတ္ေသာ ဓေလ့ထံုးစံမ်ားကုိအစားထုိးဝါဒ ျဖန္႔ခ်ီထုတ္လႊင့္ျခင္းခံခဲ့ရသျဖင့္ ျမန္မာႏုိင္ငံႏွင့္ျမန္မာ့ ယဥ္ေက်းမႈကုိ စိတ္ဝင္တစားေလ့လာ လုိသူ ျမန္မာႏုိင္ငံသုိ႔သြားေရာက္လည္ပတ္လုိသူ ဂ်ပန္လူမ်ဳိးမ်ားအေနျဖင့္လည္း အထင္အျမင္လြဲမွာသြား ႏုိင္ဖြယ္ရာ အေၾကာင္းေပၚေပါက္လွ်က္ရွိပါသည္။ ထုိကဲ့သုိ႔ေသာ အထင္အျမင္လြဲမွာမူမ်ား က်ယ္က်ယ္ျပန္ ႔ ျပန္႔  ေပၚေပါက္လာခဲ့လွ်င္ ျမန္မာႏုိင္ငံႏွင့္ျမန္မာလူမ်ဳိးမ်ားအေပၚ ဂ်ပန္လူမ်ဳိးမ်ား၏သေဘာထားရပ္တည္ ခ်က္ ေျပာင္းလဲသြားႏုိင္မည္ျဖစ္ၿပီး၊ ဖံြ႕ၿဖိဳးတုိးတက္မႈအတြက္ အားထုတ္ရုန္းကန္ေနရဆဲ ျမန္မာႏုိင္ငံ၏ခရီး သြားလုပ္ငန္းမွအစ၊ ျမန္မာႏုိင္ငံႏွင့္ျမန္မာျပည္သူမ်ား၏ အက်ဳိးစီးပြားအတြက္ ဂ်ပန္ႏုိင္ငံဖက္မွ ကူညီေထာက္ပံ့လွ်က္ရွိေသာ အစီအစဥ္မ်ား၊ ေထာက္ပံ့ကူညီလွဴဒါန္းမႈမ်ားကုိပါ ထိခုိက္ေစႏုိင္သည့္ အေၾကာင္း ေပၚေပါက္လွ်က္ရွိပါသည္။ သုိ႔ျဖစ္ရာ လူႀကီးမင္းတုိ႔၏ ကုမၸဏီမွ စီမံခန္႔ခြဲလွ်က္ရွိသည့္တီဗီ အစီအစဥ္၏ လြဲမွားေသာ သတင္းအခ်က္အလက္မ်ား၏ သက္ေရာက္မႈမွာ ဂ်ပန္ျပည္တြင္းေနျမန္မာလူမ်ဳိးမ်ားသာ မက ျမန္မာႏုိင္ငံႏွင့္ျမန္မာလူမ်ဳိးမ်ားအတြက္ပါ မွန္းဆ၍မရႏုိင္ေသာ ထိခုိက္နစ္နာမႈမ်ား ေပၚေပါက္ေစႏုိင္သည့္ အေျခအေနမ်ား ျဖစ္ေပၚလွ်က္ရွိေနပါသည္။

 ဂ်ပန္ႏုိင္ငံသည္ ကြၽႏု္ပ္တုိ႔ျမန္မာလူမ်ဳိးမ်ားအတြက္ အားကုိးစံနမႈနာျပဳစရာ ဒီမုိကေရစီႏုိင္ငံတခုျဖစ္ပါ သည္။ ဒီမုိကေရစီ အေျခခံသေဘာတရားအရ လူႀကီးမင္းတုိ႔ကုမၸဏီ၏ ရုပ္သံလႊင့္လုပ္ငန္းအေနျဖင့္လည္း သေဘာထားဆႏၵမ်ားကုိ လြတ္လပ္စြာထုတ္လႊင့္ေဖာ္ျပခြင့္ရွိမည္မွာ အျငင္းပြားစရာမရွိပါ။သုိ႔ေသာ္ ထုိကဲ့သုိ႔ေသာ လြတ္လပ္ခြင့္မ်ားကုိ က်င့္သံုးရာတြင္ လူတဦးတေယာက္မွ ႏုိင္ငံတခု၊လူမ်ဳိးတခု အစရွိသျဖင့္ကမၻာေပၚရွိ က်န္ရွိေနေသာ ပုဂၢိဳလ္မ်ား၏ လူ့အခြင့္အေရးႏွင့္ ဂုဏ္သိကၡာကုိလည္း ေလးစားမႈထားရွိေသာ က်င့္ဝတ္ဂုဏ္သိကၡာ လည္းလုိအပ္မည္ဟု ကြၽႏု္ပ္တုိ႔အေနျဖင့္ ယူဆမိပါသည္။ လူႀကီးမင္းတုိ႔ကုမၸဏီမွ က်င့္ဝတ္ဂုဏ္သိကၡာ ေလးစားလုိက္နာေသာ လုပ္ငန္းေကာင္းပီသစြာ၊ ဂုဏ္သိကၡာရွိေသာ သတင္းမီဒီယာ ပီသစြာ လံုေလာက္ေသာ အေရးယူတုန့္ျပန္မႈႏွင့္ တာဝန္ယူမႈတုိ႔ကုိ ေဆာင္ရြက္ေပးပါရန္ ျမန္မာႏုိင္ငံေတာ္ ႏွင့္ျမန္မာႏုိင္ငံသားမ်ားကုိယ္စား ကြၽႏု္ပ္တုိ႔ဂ်ပန္ႏုိင္ငံေရာက္ ျမန္မာႏုိင္ငံသားမ်ားက ေလးနက္စြာ တုိက္ တြန္းေတာင္းဆုိအပ္ပါသည္။

  ဤကိစၥ၏ ျဖစ္ရပ္မွန္အေၾကာင္းအရင္းကုိ ခုိင္မာသည့္အေထာက္အထားျဖင့္ ရွင္းျပကာ၊ ကြၽႏု္ပ္တုိ႔   ေက်နပ္အားရေစႏုိင္ေလာက္သည့္ ေျဖရွင္း တုန့္ျပန္မႈမ်ဳိးကုိ ေမွ်ာ္လင့္ထားပါသည္။ လူႀကီးမင္းတုိ႔၏ တုန့္ျပန္မႈကုိ မရရွိပါကလည္း ကြၽႏု္ပ္တုိ႔အဖုိ႔ စိတ္ပ်က္အားေလ်ာ့ျခင္း ရွိမည္မဟုတ္ပဲ ကြၽႏု္ပ္တုိ႔၏ ျမန္မာ ႏုိင္ငံေတာ္ႏွင့္ျမန္မာလူမ်ဳိးမ်ား၏ အက်ဳိးစီးပြားႏွင့္ ဂုဏ္သိကၡာအတြက္ ဂ်ပန္ႏုိင္ငံ၏တရားဥပေဒေဘာင္ အတြင္းမွ တရားမွ်တမူကုိ ဆက္လက္ရွာေဖြသြားမည္ ျဖစ္ပါသည္။

  ဤကိစၥႏွင့္ပတ္သက္၍ လူႀကီးမင္းတုိ႔ဘက္မွ တုိက္ရုိက္ေတြ႕ဆံုေဆြးေႏြးခြင့္ေပးမည့္ အေျခအေနတရပ္ ကုိယံုၾကည္ ေမွ်ာ္လင့္ထားပါသည္။

 ေလးစားမႈျဖင့္

………………………………………………….

………………………………………………….

ဂ်ပန္ႏုိင္ငံေရာက္ ျမန္မာမိသားစုမ်ား၏ကုိယ္စား

ပူးတြဲေဖာ္ျပခ်က္။    ။ ဤစာႏွင့္တကြအေၾကာင္းအမ်ဳိးမ်ဳိးျဖင့္ ဂ်ပန္ႏုိင္ငံတြင္ ေရာက္ရွိေနၾကေသာ အလႊာ အသီးမွ ျမန္မာႏုိင္ငံသားတုိ႔ႏွင့္ျမန္မာႏုိင္ငံအေပၚစိတ္ဝင္စားေသာဂ်ပန္လူမ်ဳိးတုိ႔၏ ထင္ျမင္သံုးသပ္ခ်က္ႏွင့္ စစ္တမ္းေကာက္ ယူမႈရလဒ္ကုိလည္း ပူးတြဲတင္ျပအပ္ပါသည္။

 

 



今日:Ni Niさんがあなたを信じています

Ye Lwin Ni Niさんは「TBSよ ミャンマーはそういう国ではないよ」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Ni Niさんと7,923人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。