科学的に不適切なPCR検査基準を見直し、正しい基準に改めるよう、日本政府に強く要望します。

0 人が賛同しました。もう少しで 15,000 人に到達します!


新型コロナウイルスの感染者数が毎日報道されていますが、「感染者」とされているのは、「PCR検査の陽性者」です。更に、この「陽性者」とする判断基準は非科学的であるうえ、不要な社会不安を過剰に煽る要因になっています。

国立感染研究所が推奨するCt値=遺伝子増幅回数は45回ですが、これは過大であり、陽性信頼度は3%以下との論文が発表されています。WHOの推奨値は34回、日本の専門家で構成されている日本感染症学会の推奨値は30回です。しかし、こういった情報が十分伝えられているとは全く言えない状況です。私達は、現行のCt値をただちに学会の推奨する30回に改める指導を日本政府に強く要望いたします。

現在PCR検査は一日約7~8万件行われていますが、その内約80%は民間会社発売の検査キットによるものです。キットとしての精度について政府の適切な指導、認可を受けていません。科学的根拠に基づく適切な指導を日本政府に要望いたします。

科学的に不適切な検査のもとに正しい社会政策は行えません。新型コロナウイルス禍への1年間にわたる対処の経験を踏まえ、日本政府はただちにしかるべき専門家らの意見を聴取の上、適切なPCR検査基準を設け、マスコミによる「感染者」拡大報道による情報パニックを収束させて下さい。

私達は、以上を強く日本政府に要望いたします。



今日:平さんがあなたを必要としています

よお 平さんは「PCR正常化プロジェクト事務局: 私たちは日本政府に強く要望いたします。科学的に不適切なPCR検査基準を見直し、科学的に正しい基準に改めるよう関係機関に指導下さい。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!平さんと13,228人の賛同者と一緒に賛同しましょう。