このキャンペーンは終了しました
宛先: Chile と45人の別の宛先

いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。話し合いで平和的に解決してください。仲裁に努めてください。

For English petition please see https://www.change.org/p/no-war-2

●(宛先:日本、オーストラリアなど) ⇒ https://www.change.org/p/no-war-1
●(宛先:イラク、イスラエルなど) ⇒ https://www.change.org/p/no-war-2
●(宛先:EU、アメリカなど) ⇒ https://www.change.org/p/no-war-3
●(宛先:コスタリカ、エジプト) ⇒ https://www.change.org/p/no-war-4
●(宛先:スーダン、パキスタンなど) ⇒ https://www.change.org/p/no-war-5


5つともそれぞれにご賛同お願いします。(宛先が違います) 宛先詳細は
http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/2015/06/blog-post_22.html
をご覧ください。

------------------------------------------------------------------------------------

 人類は戦争や紛争を武力で解決することの悲劇を繰り返し学んで来ました。しかし、今も各地で武力によって多くの市民や子ども達を残酷な惨劇の中に巻き込んでいます。核兵器さえも作り出してしまった人類は武力によってではなく、いかなる困難があろうとも話し合いによる人類共存の道を選ぶべき時に来ていると思います。

 今も、この時も、この地上で、互いに自衛という名のもとに、武器をとり、人を人と思わず、傷つけあい、殺し合い、多くの人たちが戦争に巻き込まれ、血が流され、生活を破壊され、傷つき、殺され、恐怖と悲しみの中で生きる事を強いられています。

 私たちの生きている地球はつながっています。 

 そして、どの人も大切で愛すべき存在であることには変わりありません。

 世界中のすべての人たちがひとしく戦争の恐怖から免かれ、平和のうちに生きる事ができるように世界各国の指導者に以下の事を強く求めます。

①いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。 

②いかなる紛争も、話し合いで平和的に解決してください。

③紛争の当事国だけでなく、話し合いによる解決と和解を求め仲裁に努めてください。

世界中のすべての人たちがひとしく平和のうちに生きていくことができる世の中になりますように

平和への願いを込めて

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会

 

To the Leaders of the World

[No matter what reasons there may be, please do not wage war. Please settle disputes through peaceful negotiation. Please strive for peacemaking. ]

Human beings have learned repeatedly about the tragedy of settling wars and disputes by force. However, still today, many citizens and children around the world are being entangled in cruel tragedy by force. We believe, no matter how difficult, the time has come for human beings, even those who have made nuclear weapons, to choose a way of living together through negotiation and not by force.

Now, at this very moment, on the earth, in the name of self-defense, people are taking up weapons, are not treating people as human beings, are hurting and killing each other, are causing many people to become blood shed, are destroying people’s lives, and are forcing people to live in fear and grief.

The earth in which we live is connected as one.

Each person is important and deserves to be loved.

In order that all people in the world can equally escape from the fear of war, and live in peace, we request the following to the leaders of all the countries:

1) No matter what reasons there may be, please do not wage war.

2) Please settle all disputes through peaceful negotiation.

3) Please strive to mediate in seeking reconciliation through negotiation, without neglecting any parties.

May the world realize a society, where all people in the world can live alike, in peace!

 

With wishes for peace,

The Executive Committee of “The Nobel Peace Prize for Article 9”

 

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • Chile
  • Bahamas, The
  • Canada
  • Cabo Verde
  • Bhutan
  • chad
  • Belarus
  • Bosnia and herzegovina
  • algeria
  • Burundi
  • belize
  • Azerbaijan
  • albania
  • Cameroon
  • Andorra
  • JAPAN
  • Burkina Faso
  • Brunei
  • Botswana
  • Barbados
  • Antigua and Barbuda
  • Central African Republic
  • Cambodia
  • Bolivia
  • Australia
  • Armenia
  • Argentina
  • 世界各国リーダー (順不同)(随時宛先を追加していきます。)  
  • Bermuda
  • Burma
  • Aruba
  • Afghanistan
  • Austria
  • Bulgaria
  • Brazil
  • Benin
  • belgium
  • Bahrain
  • Bangladesh
  • Angola
  • Democratic People's Republic of Korea 
  • Democratic People's Republic of Korea KFA OD in Arabia
  • Democratic People's Republic of Korea KFA OD in Argentina
  • Democratic People's Republic of Korea KFA OD in Australia
  • Democratic People's Republic of Korea KFA OD in Belgium
  • United States of America


「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会 Executive Committee for “The Nobel Peace Prize for Article 9 of the Japanese Constitution” さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では5,607名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




今日:やよいさんがあなたを信じています

人見 やよいさんは「No war 1」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!やよいさんと5,606人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。