No Sweep! No Fence! in Little Tokyo!

No Sweep! No Fence! in Little Tokyo!

0 have signed. Let’s get to 2,500!
At 2,500 signatures, this petition is more likely to get picked up by local news!
J-TOWN Action and Solidarity started this petition to LA City Councilmember District 14 Kevin de Leon and

No Sweep! No Fence! 

For the Self-Determination of Little Tokyo!

下記日本語訳

Kevin De Leon has ordered the police to destroy the Toriumi Plaza encampment on March 17th. 

Unhoused residents will be violently forced from their tents by armed police. Kevin De Leon (KDL) will then cage off the plaza, cutting it off from our community. He has offered no livable housing—only the prison-like conditions of Project Roomkey hotel rooms and Tiny Home tool sheds, COVID-19-infested congregate shelters and bridge housing, or total displacement. 

Sweeps are state violence. Houselessness exists for one reason: a lack of accessible and livable housing. Sending the police to tear down tents does nothing to make livable housing accessible. 

Local organizations repeatedly tried to schedule a meeting with KDL to discuss our community’s needs—he instead ignored our requests and scheduled a sweep. We refuse to accept KDL’s violent order to forcibly sever community members from Little Tokyo; Toriumi Plaza, along with the rest of Little Tokyo, belongs to the people.

Sweeps are the weapon of developers, corrupt non-profits, and anti-Black racists. Developers want unhoused people swept out so they can get rich people to rent their properties. Corrupt non-profits want encampments destroyed so they can get paid at the peril of unhoused people who have to accept inhumane and humiliating services. The racists just want all poor Black people out of sight. KDL’s sweep serves them—it does nothing for our community. It does nothing to solve our very real issue of houselessness. 

There are over 40,000 unhoused people in L.A. Between LAHSA, Bridge Home, and Project Roomkey, the city offers only 2,700 beds. This crisis will not end until the city sets aside the interests of the developers and starts making unoccupied housing publicly available. Unhoused people literally have nowhere else to go. KDL knows this—for the last few months, his non-profit partners have been moving unhoused people to Toriumi Plaza as they continue their campaign of sweeps and displacement throughout the rest of CD14! His partners like The People Concern promise unhoused people shelter and then shuffle them to a different encampment. 

Until every last person is housed—no, Tiny Home tool sheds do NOT count—we can only improve the safety of our communities by improving the living conditions of our unhoused residents. The city must provide clean public bathrooms, consistent trash pickup, daily showers, warm blankets, and whatever else unhoused people need to live safely until there are real housing options available for them. 

The Little Tokyo we are fighting for is a Little Tokyo for the people. Through a century of struggle, we crafted our community for a noble purpose: to sustain and nourish the oppressed. Eighty years ago, our people were ordered to move into cages. Today, KDL dares to order the displacement of yet another group of people from our community, erecting a new cage to enforce this age-old violence.

Never Again is Now. We condemn KDL’s plan to sweep the unhoused residents of Toriumi Plaza and fence it off from our community. We defend the right of all unhoused residents to safe, non-carceral housing and their autonomy to decide whether or not they remain a part of our community. We assert our community’s right to self-determination over that of any politician. We, the undersigned, call for KDL to immediately cancel his violent plans for Toriumi Plaza and to begin a public dialogue with our community—including, most of all, our unhoused members. 

Our Demands: 

  • Cancel the planned March 17th sweep for Toriumi Plaza. 
  • Cancel the planned fence that will enclose Toriumi Plaza.
  • Meet with members from all parts of the Little Tokyo Community, especially the Unhoused residents.  
  • Reallocate the $8 million per day wasted by the LAPD towards permanent supportive housing with wrap around services for all Unhoused residents. 

Japanese Translation:

ケビン・デ・レオンが3月17日にトリウミプラザの野営地を取り壊すことを警察に指示しました。野宿者の方々は武装した警察によって強制的に彼らの住まいのテントから排除されます。ケビン・デ・レオン(以下KDL)はプラザをコミュニティから断ち切り監獄状態にします。彼は住まいにふさわしい住居を一切提供せず、刑務所のような条件のProject Roomkeyのホテル部屋かTiny Homeという道具小屋で作られた仮設住宅、コロナがまん延している密集した収容施設や一時的な仮設住宅、もしくは完全なる排除だけを提供しました。

強制的一掃排除は国家的暴力に値します。ハウスレス(住まいがないこと)は一つの大きな原因からなります。それは住まいにふさわしい入手可能な住居がないからです。そういった住居を入手可能にすることは、警察を動員し野宿者の方々の住まいのテントを崩壊させることによって起こることではありません。

地元団体は何度もKDLとコミュニティにとって必要なことを話し合うことを要求しましたが、彼は要求を無視し、代わりに強制的一掃排除を実行する手段をとりました。私たちはこのようなリトルトーキョーのコミュニティメンバーを強制的に切断するようなKDLの暴力的な指示を受け入れることを拒否します。トリウミプラザはリトルトーキョーの他の場所と同じように、人々のためにある場所です。

強制的一掃排除というものは開発者や、腐敗したNPO団体や反黒人主義の人種差別者のための武器のようなものです。開発者は高所得者が彼らの所有地を借りられるように野宿者の方々を排除します。腐敗したNPO団体は野営地を崩壊することにより、野宿者の方々に非人道的そして屈辱的なサービスを受け入れなければいけない危険な状況にさらすことにより報酬を得ています。人種差別者は貧しい黒人の方々を見えないようにしたいだけです。KDLの強制的一掃排除はそういった彼らのためであり、コミュニティのためではありません。ハウスレス、という問題を解決するためにはならないのです。

ロサンゼルス市内には4万人もの住居のない野宿者の方々がいます。Los Angeles Homeless Service Authority、 Bridge Home そして Project Roomkeyの間で市は2,700 台のベッドしか提供していません。この危機は、市が開発者からの利益を除外し、空いている住宅を公に利用可能にし始めるまで終わりません。野宿者の方々はまさに行くところがないのです。KDLはこのことを知っています。この数ヶ月、彼らは第14評議会地区内で強制的一掃排除のキャンペーンを続け強制的立ち退きを行う中、彼のNPO団体パートナーは立ち退いた野宿者の方々をトリウミプラザに置き去りにしていっているのです!彼のパートナーのPeople Concernは野宿者の方々に仮設住宅を約束したのち、彼らをあらゆる野営地にごちゃ混ぜに置いていくのです。

全ての人に住居が与えられるまで—Tiny Homeという道具小屋で作られた仮設住宅は含まれません—私たちに私たちのコミュニティの安全のためにできることは野宿者の方々の住まいを改善することです。市は清潔な公衆トイレを設置すべきであり、頻繁にゴミ収集すべきであり、日々のシャワーや暖かい毛布など野宿者の方々がちゃんとした住居のオプションが与えられるまでに安全に暮らせるように必要な全てのものを与えるべきです。

私たちが闘っているリトルトーキョーは住民達のためにあるリトルトーキョーです。世紀に渡る闘争を通じて、私たちはコミュニティの壮大な目的を築き上げました。それは抑圧された人々を支え、そして養うことです。80年前、私たちの人々は収容所に移るように命じられました。今日、KDLはまたもや私たちのコミュニティの一部のグループに強制排除を命じ、この昔から存在する暴行を強化するため、また新しい監獄を建てるのです。

今こそもう二度と起こさせない。私たちはトリウミプラザに住んでいる野宿者の方々の強制一掃排除とプラザをコミュニティから柵により断ち切るKDLの計画を厳しく非難します。私たちは野宿者の方々が安全でいる権利、非収容的住居と彼らが私たちのコミュニティの一部としてとどまるかどうかを決断する自律性を守ります。私たちはあらゆる政治家よりもコミュニティの自決できる権利を主張します。署名者である私たちはKDLに対し、直ちにトリウミプラザの暴力的な計画を止め、そして野宿者の方々を含めた私たちのコミュニティとの公開対話を始めることを要求します。

私たちの要求:

  • 3月17日のトリウミプラザでの強制一掃排除の計画を止めること。
  • トリウミプラザを柵で囲い監獄状態にする計画を止めること。
  • 野宿者の方々を含めた、あらゆるリトルトーキョーコミュニティメンバーと会うこと。
  • ロサンゼルス警視庁に浪費される1日あたり800万ドルというお金を、野宿者の方々にとって必要なサービスを備えた恒久的な支援住宅に使うこと。
0 have signed. Let’s get to 2,500!
At 2,500 signatures, this petition is more likely to get picked up by local news!