「麒麟が来たまち福知山」発! 大河ドラマ「麒麟がくる」番外編の制作を希望します!!

このキャンペーンは終了しました

「麒麟が来たまち福知山」発! 大河ドラマ「麒麟がくる」番外編の制作を希望します!!

1,047人の賛同者が集まりました

発信者:福知山光秀プロジェクト推進協議会 宛先:NHK(日本放送協会)

福知山光秀プロジェクト推進協議会は、大河ドラマ「麒麟がくる」で明智光秀役を演じた長谷川博己さんが、「番外編で、またお会いできたらうれしいと思います」とメッセージを発表したことを受けて、光秀ゆかりの地として、番外編の制作を希望する署名活動を始めます。
京都府福知山市は、光秀がまちの礎を築いて以降、「光秀マインド」ともいうべきまちづくりへの挑戦心を持った市民の皆さんの手によって発展を遂げてきました。その「光秀マインド」を受け継ぐ一員である私たちは、番外編の実現に向けてオンライン署名という形で挑戦を行います。

ご賛同いただける方は、是非ご署名をお願いします。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
*change.orgでは寄付なしでご賛同(ご署名)いただけます。
「今すぐ賛同」ボタンクリック後、「キャンペーンを世の中に広めるためお手伝いをしませんか?」と寄付の案内が表示されますが、これは当プロジェクトへの寄付ではなく、change.org宛の寄付で、サイト内での広告費に充てられます。
詳しくはこちら https://help.change.org/s/article/Promoted-Petitions-FAQs?language=ja
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【以下、全文です】
京都府福知山市の「福知山光秀プロジェクト推進協議会」は、大河ドラマの放送にあわせて、福知山城のふもとに映像や貴重な資料で歴史を紐解きながら光秀の軌跡をたどることができる期間限定の「福知山光秀ミュージアム」を運営し、91,400人もの方々に入館していただきました。

16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志をエネルギッシュな群像劇として描き、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語を届ける―。
「麒麟がくる」の制作決定が発表された日、長年の夢が実現した地元は歓喜しました。大河ドラマの期待とともに、福知山城の入館者が大幅に増加し盛り上がりを見せていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、福知山城や光秀ミュージアムが一時臨時休館するなど逆風にさらされました。

また、大河ドラマの撮影を中断せざるを得ないなど、「麒麟がくる」に関わる出演者やスタッフの皆様、そして番組を放送するNHKも多大な影響を受けられたことと思います。そのような困難な状況の中、全44話を描き切っていただいたことには、光秀ゆかりの地として感謝の気持ちしかありません。

総集編が放送された2月23日に番組公式サイトと公式ツイッターが3月31日をもって閉鎖されることが発表されました。ツイッターの最後の投稿には、「光秀とともにつづけた旅は、皆さまの熱い声援に後押しされここまでくることができました。長い間、本当にありがとうございました!」とつづられています。
ファンからは、「ずっと忘れない作品です」「素敵なドラマをありがとうございました!」といったコメントのほか、「3月で終了なんて悲しすぎる」「終わってしまうなんてそんな、、、」と別れを惜しむ声もあがっています。

「麒麟がくる」に魅了された多くの皆さんは、光秀とともにこれからも旅を続けたいと願っています。その願いは、光秀ゆかりの地も同じです。福知山市は、光秀がまちの礎を築いて以降、「光秀マインド」ともいうべきまちづくりへの挑戦心を持った市民の皆さんの手によって発展を遂げてきました。その「光秀マインド」を受け継ぐ一員である私たちが呼びかけ人となって、番外編の実現に向けた署名活動を始めます。

大河ドラマの放送を機に設立した当協議会は3月で解散しますが、「光秀が築いた城下町 福知山」の発信は今後も続きます。番外編の実現は、将来につながる希望の種になるはずです。

ご賛同いただける方は、是非ご署名をお願いします。
さあ、皆さんもう一度、光秀とともに旅に出よう!

※3月下旬頃の署名数をNHK京都放送局に報告する予定です

このキャンペーンは終了しました

1,047人の賛同者が集まりました