けものフレンズの監督「たつき」氏の、KADOKAWA側の都合による降板に対する抗議の署名活動

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


2017年9月25日、アニメ「けものフレンズ」の監督を務めている「たつき」氏のツイッターに、このような投稿がされました。(以下、ツイート原文)

「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です」(ここまでツイート原文)

 

氏の投稿によれば、KADOKAWA側からの一方的な通告と共に、けものフレンズの監督の座を辞することになったとのことです。一体どういった経緯でこのような事になったのかは、私達一般の視聴者にはわかりません。

が、今後のけものフレンズの制作において必要な人材は、原作者の吉崎観音氏、そして他ならぬたつき氏であると私は考えます。

これからのけものフレンズの発展には、両氏の存在が不可欠ではないのでしょうか?

私がこの署名を通してKADOKAWA側に求めることはただ一つ、「たつき氏の監督降板の決定を取り消す」ことです。

どうか、宜しくお願い致します。

駄文にて、失礼いたしました。



今日:典明さんがあなたを信じています

麦野 典明さんは「kadokawa.co.jp: けものフレンズの監督、たつき氏のKADOKAWA側の都合による降板に強く抗議する!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!典明さんと78人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。