JR西日本駅ホームの禁煙化

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


首都圏の駅はホームの禁煙化が進んでいますが、JR西日本の中国地方については多くの駅が喫煙可能な状態です。駅ホームに設置してある喫煙コーナーから流れる臭いや喫煙コーナーから駆け込みで乗車される方のサードハンドスモーク(残留受動喫煙)により、JR西日本による移動をあきらめています。公共交通機関であるJR西日本を安心して利用できることを願ってキャンペーンを始めました。

法律的には健康増進法第25条に規定されてる受動喫煙対策と関連してきます。
 たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約(FCTC)では、2007年の第2回締約国会議で「喫煙室や空気清浄機による対策は不適切であり、受動喫煙を防止するためには100%全面禁煙とする必要がある」という方針が示されています。(日本は2004年に批准)

●受動喫煙関連情報リンク

厚生労働省「受動喫煙問題 eーヘルスネット」

厚生労働省「進んでいる世界の受動喫煙対策 eーヘルスネット」

政府公報「たばこの煙の恐ろしさ吸ってる人にも吸わない人にも」

政府公報「それでもたばこを吸いますか〜たばこが与える健康被害」

外務省「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約(概要)」



今日:昌高さんがあなたを信じています

新家 昌高さんは「JR西日本: JR西日本駅ホームの禁煙化」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!昌高さんと548人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。