JR東日本仙台駅発車メロディに、2016年6月末まで使用されていた曲を一部復活させて下さい。

JR東日本仙台駅発車メロディに、2016年6月末まで使用されていた曲を一部復活させて下さい。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:ネモト ユウセイ 宛先:JR東日本仙台支社 さま

全国各地の駅で採用されている発車メロディ。首都圏の主要な駅では、路線毎にメロディを変え、どの路線が発車するのかが明確に案内されていることもあります。

東北の玄関口と言ってもよい仙台駅では、30年以上前から全国でもかなり早い段階で発車メロディが使用されており、今日に至るまで、乗客に向けて列車のアナウンスを行っています。特に初代の曲は、新幹線ホーム向け、在来線ホーム向け共に大変好評であり、私自身、いつ耳にしても大変嬉しくなったものです。冬の寒い朝も、若葉かおる初夏の日も、人でごった返す帰省シーズンも、発車メロディは人を出迎え、見送る役割を担っていました。

しかしながら、2016年6月末をもって、約30年間使用されてきた発車メロディは突如廃止されてしまい、新たな発車メロディが使用されるようになりました。現在では、新幹線ホームにはさとう宗幸さんの代表曲である「青葉城恋唄」が、在来線ホームでは東北本線・常磐線向けにHOUND DOGさんの「ff」、仙台空港アクセス線向けにMONKY MAGICさんの「AROUND THE WORLD」、仙山線向けに「すずめ踊り」が使用されています。もちろんどの曲も本当に素晴らしいのですが、初代の2曲が長きにわたって愛されてきた発車メロディであり、やはり全国のファンからも惜しむ声がしばしば見受けられます。

そこで、鉄道ファンの1人である私を代表として、JR東日本仙台支社様へ提案させていただきます。今年行われる東北ディスティネーションキャンペーンの一環として、仙台駅の発車メロディへ、2016年6月末までに使用されていた2曲を復活させていただきたいです。全国から仙台へ足を運ぶファンも増えるでしょうし、仙台に住む方々も、懐かしい曲に想いを馳せることができます。東北の魅力の一つに数えられるくらい、素晴らしいメロディだったと感じています。

また、東日本大震災から間も無く10年が経とうとしています。震災からの復興を象徴するものとして、復活した旧発車メロディに、復活した常磐線特急の組み合わせは、鉄道の復興という観点からはこれ以上ない組み合わせではないかと思っています。

厚かましいかもしれませんが、発車メロディに関する提案として、以下の要望を書かせていただきます。キャンペーンをご覧の皆様や、仙台支社の皆様がメロディ変更の実施を承認していただいたとき、参考にしていただければ幸いです。

東北本線 「ff」

仙台空港アクセス線「AROUND  THE  WORLD」

常磐線 「復刻版旧発車メロディ」

仙山線「すずめ踊り」

東北新幹線上り「青葉城恋唄」

 〃 下り 「旧発車メロディ」

仙台にゆかりのある方々や仙台に伝わる歴史的伝統芸能の表現が可能となるのではないでしょうか。多くの皆様の賛同を心から願っています。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!