このキャンペーンは終了しました

活撃/刀剣乱舞脚本家近藤光氏と8話演出家高橋タクロヲ氏の永久追放を求めます。

71人の賛同者が集まりました


活撃/刀剣乱舞8話にてあるキャラクター(以下:Y)が馬に舐められるというシーンのカットの一枚に馬を男性器に見立てるものが存在しました。しかもそのシーンの音声も卑猥にしたりYの表情も性的に見えるようになっていたりと酷い有り様です。この件に関しての謝罪文も公式サイトに上げられていましたが酒に酔っていたとの言い訳と取れました。これはYとその元となった刀と馬に対する冒涜です。決して社会的にも許されない事態です。その上当該シーンの作画を務めた方は女性でありセクシュアルハラスメントとも取れます。高橋氏の人間性が問われます。

 

脚本の面ではまず無駄に会話が長くしかも似たような内容となっていて会話だけで内容を説明しているように感じます。もっと映像を駆使することもできたのではないかと思っています。せっかく剣術の専門家や優秀な歴史考証もあるのに脚本のつまらなさのせいで作品が死んでしまいます。近藤氏は何年も脚本を書いているとされていますが成長が見受けられないとの声がありますし同氏は代表者故に一人二人が容易に口出し出来ない状況でしょう。しかし同時に今回の件で代表者として然るべき処分も行っていないということから責任能力までも問われます。

 

以上の事を踏まえて今後の業界には特にこの二人と類似の件を行っている方々は悪影響を来すため存在してはなりません。いち早く処分を行うよう働きかけましょう。



今日:明音さんがあなたを信じています

佐藤 明音さんは「jinji@ufotable.com: 活撃/刀剣乱舞脚本家近藤光氏と8話演出家高橋タクロヲ氏の永久追放を求めます。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!明音さんと70人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。