Stop parental child abduction in Japan: grant joint custody and access for both parents

0 have signed. Let’s get to 500!

Aussie Japan
Aussie Japan signed this petition

Every year an estimated 150,000 children in Japan lose access to one of their parents due to no guaranteed and protected visitation rights for parents, the country’s sole custody system and a lack of enforcement of court orders.

日本では、毎年推定15万人の子ども達が、片方の実父母との人生、一緒に過ごす機会を失います。日本が単独養育の社会システムしか持たず、全生活時間の0.2~0.3%程度のごく限られた裁判所が命じる面会交流ですら保証されず、実行されない事が日常です。

Countless children are abducted by a Japanese parent solely for the purpose of obtaining custody. These abductions occur both internationally from foreign countries to Japan, as well as domestically within Japan. These abductions take place within international marriages, but also within marriages between two Japanese nationals. Once the abduction has taken place, sole custody is almost certainly guaranteed to be awarded to the abducting parent.

日本では数え切れない子ども達が、単に監護権、親権(日本には子どもの養育を確実に1語で表す法律用語すらありません。)を自分だけが手に入れる為に、片方の実父母に連れ去られ、そしてもう一人の親から切り離されます。これらの連れ去りは、国境を越えてのもの、日本国内のもの、国際結婚やカップル、日本人同士の結婚やカップル、どの様な場合でも起こり続けています。どちらかの実父母が子ども達を連れ去り、もう片方の実父母から切り離せば、ほぼ間違いなく、監護権、親権を、裁判を通じてすら手に入れることが出来るのです。

Japanese police routinely fail to investigate these abductions, spurious reasons are claimed as justification for these abductions which are almost never investigated. Japanese lawyers regularly advise parents on how to abduct children in order to secure custody and for financial advantage. Japanese Family Courts simply process these abductions with little meaningful investigation or consideration of the rights of the child.  

日本の警察は当たり前の様にこの様な実父母の片方による最初の連れ去りの捜査を行いません。警察はこの最初の連れ去りの捜査を行わない事を正当化する為に、法的に整合性の無い主張を繰り返します。日本の弁護士達はお金を稼ぐ為に日常的に、単独の監護権、親権を手に入れる為として連れ去りを行う方法をアドバイスします。そして日本の裁判所は、国連からの勧告でも指摘されている通り子どもの権利を優先する事は無く、最初の連れ去り行為をしっかりと調査もしなければ審理の中でまともに取り扱う事もありません。

Once a child is abducted, the left behind parent is often unable to even get information about the new address of the child or even the name of the school that they attend from local authorities despite still being married and legally having full parental authority. Parents who attempt to see their children fear being arrested by police for attempted abduction of their child as police will investigate so-called ‘second abductions’.

実の子どもを連れ去られた親は、しばしば連れ去られた子どもの居場所すら知る事が出来なくなります。離婚が成立していない中に現行の法律上ですら監護権、親権を両方の実父母がまだ持っている状態ですら、市町村の行政が、連れ去られた親に子どもが通っている学校の名前も教えない事がよくあるのです。そして子ども達を連れ去られた親は、子どもの様子を知ろうとするだけで警察に逮捕される事に怯える事になります。警察は最初に子どもを連れ去った親は逮捕せずに検察も起訴しませんが、子どもを連れ去られた親が子どもの様子を知りたくて子どもや連れ去った実父母、親族の身の周りに近づくと、今度は逮捕、起訴されているのです。

Japan’s sole custody system provides no guaranteed visitation rights and in the vast majority of cases the non-custodial parent will be denied a meaningful relationship with their child(ren) without any consequences to the abducting parent. This may be in the shape of little to no visitation rights (a few hours a month, on average) but if the abducting parent doesn’t comply, there is no attempt at enforcement and no penalty.

日本の単独養育システムで、子ども達を連れ去る一方の実父母は何の苦も無く子ども達を養育する事が出来る一方、子ども達を連れ去られたほとんどの実父母は、充実した親子関係を失います。一カ月に数時間といった面会交流と呼ばれる時間が裁判などでも認められる事がありますが、子ども達を連れ去った親は、望まなければ実質的にあらゆる理由をつけて拒めるのが実態です。裁判所は自らが判決を下した不十分極まりない内容ですら現実的に実行させようともしなければ、連れ去った親に罰則を与える事もほぼありません。

Abducting parents with full custody can remarry and their new partner is able to adopt the child(ren) without the knowledge or approval of the biological parent.

子ども達を連れ去った方の実父母は単独で監護権、親権を得て、連れ去られた方の実父母には協議や同意どころか知らされる事も無いまま、再婚し、再婚相手と子ども達を養子縁組させる事で、子ども達の実父母との法律関係を無くす事も出来ます。完全に他人と扱われるのです。

All of these factors are in direct violation of the United Nations Convention on the Rights of the Child, ratified by Japan in 1994, and a grave human rights abuse. International abductions are a violation of the Hague Convention, ratified by Japan in 2014. 

この日本における実態は、日本国が従う義務がある事を法務大臣、最高裁からの出席者が令和1年11月27日国会衆議院法務委員会にても認めている、子どもの権利条約の明白な違反です。日本が1994年に批准している国際条約なので当然です。そして世界では当たり前に認識されている重大な人権侵害です。また日本は、2014年にハーグ条約にも批准していますが、国境を越えた連れ去りはこれにも違反しています。

Children in Japan, whether born to parents of different nationalities or to two Japanese parents, have a universal right to have a meaningful relationship with both parents. In many cases in Japan children of multicultural backgrounds whose parents have separated or divorced are being denied: meaningful relationships with their non-Japanese family, and the ability to communicate in the language of their non-Japanese family, and a strong connection to their non-Japanese culture and identity.

日本においても、国籍の異なる父母の許に生まれた子ども達であれ、日本人同士の父母の許に生まれた子ども達であれ、子ども達は実父母の両方と充実した直接の関係を持ち続ける普遍的な権利があります。また、父母両方が異なる国のバックグラウンドを持つ場合の例では、多くの子ども達が離婚や切り離しにより, 日本人でない家族、親族との充実した直接の関わりを失い、日本人でない家族の話す言語の能力を失い、日本人でない家族の有する、その国の文化やアイデンティとのしっかりしたつながりも失います。

Japanese authorities are unable to enforce their own or overseas court rulings about either visitation or custody without the agreement of the abducting parent. So even if a left behind parent is awarded custody, they are often still unable to see their child(ren).

日本における裁判所を含む公的組織は、監護権、親権、面会交流権、これらに関し、日本における既存の法律、海外の法律、国際的な条約、どの取り扱いにおいても、子ども達を連れ去り、切り離している方の実父母の同意が無いと実現をさせる事がほぼありません。それにより、連れ去られ切り離されている親に、たとえ裁判所から監護権、親権が与えられた場合であっても、しばしば自分の子ども達に会う事すら出来ないのです。実態として、子ども達を連れ去り切り離した親が、その瞬間から子ども達の、監護権、親権、面会交流権の実行、全ての権限を持ってしまいます。

It’s for all these reasons that Japan is known as a ‘black hole’ for child abduction. 

これらの日本の実態から、日本は、実子誘拐のブラックホール、連れ去り天国、として世界中で認識されています。

It’s time for Japan to join the majority of developed nations in implementing joint custody and guaranteeing children substantial and significant time with both parents following separation or divorce.

日本は変わらなければならない時です。国連からの勧告にある様に、離婚後であっても子ども達が双方の実父母と切り離されない様に、共同監護権、共同親権を導入し、多くの先進国の様に共同養育を実際に行うのです。子ども達はどちらの実父母とも、離婚、別離があっても、直接に充分に、国際的な子の最善の利益の標準である全生活時間の30~35%以上の時間を共に過ごし、充実した人生をどちらの実父母とも共に過ごすのです。そうでない場合の、子ども達が人生に被る不利益は、国連を含む世界中で認識されているのです。日本の裁判所で子の最善の利益が優先されていない事は、国連からの勧告でも直接指摘されています。

Please sign this petition to give a voice to the hundreds of thousands of Japanese children whose rights are not protected and have their rights returned to both them and their loving parents. 

どうか日本において、実子が連れ去られ切り離され、苦しむ親子、親族の実態を世に訴える為、署名にご協力をお願いさせてください。日本では毎年15万人以上の子ども達と、その実父母、親族が犠牲となり続けています。人権が侵害され続けている子ども達を、愛する両方の実父母、親族と共に人生を過ごせる様にしてあげてください。

WE ARE CALLING ON JAPAN TO:

私達被害者は日本にこれらの内容を求めています。

*immediately implement a joint custody system and,
*guarantee meaningful contact that is both substantial and significant between children and their parents after separation or divorce and,
*strengthen enforcement of visitation rights of parents after separation or divorce and, 
*ensure that Japanese Police rigorously investigate parental child abduction and, 
criminally prosecute any parent who abducts their child without proven legal claims to support removal of the child and,
*have complete and full investigations conducted by a criminal court into any claims of abuse or violence in the family that are often falsely used to obtain custody and, 
remove financial incentives for lawyers who advise parents on how to abduct children and,
*immediately enforce Hague Convention orders and swiftly return children abducted to Japan to their place of habitual residence.

・即刻の、共同監護、共同親権の実行

・実父母の離婚後、別離後に、実子の連れ去り切り離しによる被害者を含め、子ども達が両方の実父母と上記の通り直接に充分に一緒に過ごす関係の確保。

具体的な以下内容(※1~6)の実行を含む

※1 実父母の離婚、別離後、裁判所、及び該当機関は、実態として子ども達を実父母双方と上記の通り会わせる事を確保する。

※2 警察は、連れ去りを厳格に捜査する

※3 司法決定が行われた後による特別な場合を除き、実子の連れ去りを検察は刑事起訴する。(連れ去りは現行法でも刑法224条未成年者略取誘拐罪に一般に該当する旨を、令和1年 11月27日衆議院法務委員会にて法務大臣が認めているが、実際には、最初の連れ去りは起訴されておらず、連れ去られた親が子ども達に近づくと、同刑法により、起訴され有罪の判決が下されている。)

※4 親権、監護権を得る為の虚偽のDV、虐待の申請が行われている実態が横行している為、家族親族におけるDV,虐待の申請も、刑事事件として完全な調査を行う事。

※5 実子の連れ去りをアドバイスする弁護士が得る、金銭的な利得を取り除く事。

※6 ハーグ条約に関しても、連れ去られた子ども達を速やかに元の居所へ戻し、実態として実行する事。