OUR SYSTEM for Breakin' at Youth Olympics 2018

THE INTERNATIONAL OLYMPIC COMMITTEE HAS DEFINITIVELY DECIDED THAT BREAKIN’ WILL BE ADDED TO THE 2018 YOUTH OLYMPICS, AND HAS DELEGATED A TASK FORCE TO CREATE THE RULES & REGULATIONS, AND COME UP WITH AN OBJECTIVE AND FAIR JUDGING SYSTEM

阅读中文下面 (Chinese below)

下記の日本語を読む (Japanese below

Breakin’ will be part of the 2018 Youth Olympics and a judging system WILL be implemented whether we as a community are in support or not. Criteria-less Subjective Judging is unacceptable in the Olympics. Therefore there are only two alternatives: the Olympic Committee will create a new system OR use an existing system.

This petition was created to rally the Bboy & Bgirl community together to call for the OUR System to be used as the official judging system for Breakin’ at the Youth Olympics in 2018 in Buenos Aires. It is currently the only fair system for all approaches to Breakin' battles and proven to work at a global level.

Breakin’ will once again be mass-presented to the entire world by the media and we need to take charge of how our culture is presented to the public; those outside our community should NOT be calling the shots on our culture.

The OUR System is important because it aims to preserve and represent all the pillar perspectives of every different type of Bboy & Bgirl when it comes to judged competitions. We MUST educate the public that Breakin’ is not a competition about executing dynamic tricks (like gymnastics or skateboarding) but also involves other equally important elements such as Foundation, Originality, and of course, the Cypher mentality of responding to the opponent's style, moves and concepts.

The OUR System is advantageous to the Olympics and to the Bboy & Bgirl community because it creates an objective and fair assessment of a Breakin battle, it unifies all the different perspectives and approaches, and most importantly, educates the public on how a battle should be viewed and what the judges are looking for.

If the coming of Breakin' to the Olympics is inevitable, the least we can do is shape Breakin’ in the Olympics with a system that has already been tested, used and launched in the global Bboy & Bgirl community since 2011 at all R16 World Championship events in over 50 countries. It is the standard scoring system of the R16 Global Series, which was modeled after the Olympics! Creating a new system will be starting all over again, and to do nothing will allow Breakin’ to go the wrong way, like it did in the 80’s. Let’s be proactive in creating a better B-Boy future for us all. We believe the OUR System can meet the standards for Olympic level competition while preserving Bboy & Bgirl culture.

Let’s show the International Olympic Committee that we are united, and that we already have our own systems, rules & regulations in our culture. Let us decide which system, rules and formats we will use. Showing united and widespread endorsement of the OUR System can help show the Olympic Committee that this is the best way to display Breakin’ at the Olympics according to their standards of having an objective judging system, and that we are willing to work together to make Breakin’ at the 2018 Youth Olympics a success for both them, and our culture.

If you need more information on the OUR System, click on this link to find out more: https://www.youtube.com/watch?v=fqlIk-49e8U

To see a documentary about the first implementation of the OUR system, please click here: https://www.youtube.com/watch?v=9jKkNEjTgbg&t=590s 

To watch a good transparent battle using the OUR System overlay, see
Morning of Owl VS Jinjo @ R16 Korea Nationals
https://www.youtube.com/watch?v=UOIis7BoxSw

 

*************************************

國際奧林匹克委員會決定將BREAKIN列入2018年青年奧運項目中,並授權第三方為此制定一套規則,同時需提出一個既客觀又公平的評分系統。

無論BREAKIN這個群體是否被認同,它都將會成為2018年青年奧運的一部份。然而毫無標準且主觀的評分系統都不會被奧林匹克所接受,因此我們只有兩個選擇,接受奧林匹克委員會為此制定一套新的系統,或是選擇現成的系統。

對於BREAKIN相關賽事而言,OUR是近年來唯一一套公平的系統,同時也被證明過是可以在國際場合上運行的。而這份請願書存在的目的,是用來招集各位B-BOY跟B-GIRL,支持OUR系統,讓它能夠成為2018年在阿根廷首都佈宜諾市舉辦的青年奧運,BREAKIN項目的官方評分系統。

BREAKIN將會在一次透過媒體呈現給全世界,然而這個文化要如何呈現在大眾眼前,這是我們的責任,至於這個圈子以外的人,應該停止對我們這個文化發號命令了。

當OUR被使用在比賽性質的活動裡,就顯現它的重要性了,因為系統的各個評分項目說明了不同類型的B-BOY跟B-GIRL各自的優勢。我們必須要給予大眾一個認知,BREAKIN並非只是展現高難度動作的比賽(如:體操、滑板…),其中也包含了其他同樣重要的元素,像是基礎、原創,當然還有如何應對對手的風格、動作及概念。

對於奧林匹克及B-BOY、B-GIRL這個群體來講,OUR是有幫助的,因為它給予一場BREAKIN賽事,一個公平且客觀的評判結果,同時也統整了各項評分項目,最重要的是,它能讓大眾學會如何看懂一場比賽,以及看懂評審們評判的依據為何。

若是BREAKIN成為奧林匹克的項目之一為必然的,那至少我們能做的就是,讓一套已經過測試,並自2011年,在超國50個國家舉辦的R16賽事中使用的系統來讓BREAKIN這個項目成型。而OUR做為R16系列賽事的正規評分系統,這也足以成為奧林匹克參考的範本。相反地創造出一套新的系統則是讓一切從頭開始,對於BREAKIN的發展也沒有太大的幫助,就像回到80年代一樣。所以讓我們一起主動為自己創造一個更好的B-BOY、B-GIRL未來。而我們也相信,在保有這文化的同時,OUR系統也能成為奧林匹克層級的比賽的基準。

讓我們一起展現給國際奧林匹克委員會,我們並非亂無章法,在我們的文化裡,已具備我們自己的系統及規則。所以請讓我們自己選擇比賽所使用的系統、規則及格式。展現OUR的規劃性及廣泛的支持度都能幫助這套系統得到奧林匹克委員會的認同,一套客觀、公平的評分機制,也能讓他們看到,在奧林匹克裡,OUR系統是呈現BREAKIN的最佳方式。而我們也都非常願意共同合作,來讓OUR系統在2018年的青年奧運裡順利運作。


想要了解更多關於OUR系統的資訊,請點及此連結:
https://www.youtube.com/watch?v=fqlIk-49e8U

觀看第一次運作OUR的相關紀錄,請點及此連結:
https://www.youtube.com/watch?v=9jKkNEjTgbg&t=590s

觀看完整呈現OUR系統的比賽:
Morning of Owl VS Jinjo @ R16 Korea Nationals
https://www.youtube.com/watch?v=UOIis7BoxSw

 

****************************************************

OUR System in Youth 2018 Olympics 嘆願書

Translated by: Tasuku Onoda, Patrick De Montigny, Yohei Kano

 

国際オリンピック協会は、ユースオリンピック2018の協議の一つにブレイクダンスを加え、そのルールや規則、客観的で公平なジャッジシステムを作ることを特別委員会に委任することを決定した。


ブレイクダンスがユースオリンピック2018の協議の一つになり、私たちがコミュニティーとしてそれを支持するかどうかのいずれにせよ、何らかのジャッジシステムが使用される。あいまいで主観的なジャッジシステムは、オリンピックでは容認され得ない。したがって、選択肢は二つに一つ。新しいジャッジシステムを作るか、既存のものを採用するかである。


この嘆願書はブレイクダンスコミュニティーを一つにまとめ上げ、OURシステムをブエノスアイレスでのユースオリンピックに使用することを求めるものである。これは現在ある唯一の公平で、世界のレベルにおいて適用できると証明されたシステムである。


ブレイクダンスはメディアによって再び世界中に向けて発信されていくようになるだろう。我々は、この文化が世間に向けてどのように発信されるか、それを決める役割を担っていく必要がある。我々のカルチャーを知らないものによって決めるられるべきはない。


OURシステムは様々なbboy、bgirlすべてに共通したバトルに対する考え方や見方を代表し維持することを目的とするため、重要なものである。


ブレイクダンスでは、器械体操やスケートボードのようにただダイナミックな技を競い合っているのではないということを、我々は一般の人に知ってもらわなければならない。そこには、基礎、オリジナリティはもちろん、相手のスタイル、技、ダンスのコンセプトへのレスポンス(返答、応答)というサイファー的な考え方(その場の雰囲気や相手とのやり取りを大切にしながら踊る、ダンスにおける一つの考え方)など、技の難易度と同等に重要な要素が含まれている。


OURシステムは、オリンピックにとっても、ブレイクダンスコミュニティーにとっても有益なものである。なぜならそれは、客観的で公平な評価指標を実現し、様々な視点と評価方法を統一し、さらには、ダンスバトルをどのように見るべきか、ジャッジが何を見ているのかを世間に示す役割をも担うものだからだ。


ブレイクダンスがオリンピック競技になるのが決定した今、せめて私たちにできることは、2011年にR16 World Championship本選・予選において50か国以上で採用されて以降、広く採用されているOURシステムでオリンピックのブレイクダンスを形作ることである。それはオリンピックを模して開催されたR16の世界シリーズでは標準的な点数システムである。また新しいシステムを作ったのでは同じことであり、何もせずにいればブレイクダンスは1980年代のように間違った方向に進んでしまう。よりよいブレイクダンスの未来のためにこれまでよりも積極的になろう。我々はOURシステムならばブレイクダンスカルチャーを尊重しつつも、オリンピックレベルの大会でもその評価基準して機能すると信じている。


国際オリンピック委員会に、我々は一致団結している、我々はすでにこの文化の中に自分たちのルールやジャッジシステムを持っている、ということを見せてやろう。OURシステムが広く認められたものであると示すことは、オリンピック協会に対して、「ジャッジシステムは客観的なものでなければならない、という彼らの基準にならえば、オリンピックでブレイクダンスを見せるにはこの方法が一番だ」と示すことに繋がる。さらに我々が、ユースオリンピック2018におけるブレイクダンスバトルを、双方や我々自身のカルチャーのために、成功させることを目指し、ともに協力していく意思があるということを示すことにも繋がるのだ。

 
OURシステムについてもっと知りたい人はここをクリックhttps://www.youtube.com/watch?v=fqlIk-49e8U

OURシステムが初めて採用されたときのドキュメンタリーはこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=9jKkNEjTgbg&t=590s 

OURシステムを採用したバトルの例はこちら
Morning of Owl VS Jinjo @ R16 Korea Nationals
https://www.youtube.com/watch?v=UOIis7BoxSw

This petition will be delivered to:


    Karl Dyzee Alba started this petition with a single signature, and now has 1,441 supporters. Start a petition today to change something you care about.