植物のプロの皆様へ 「植樹」という言葉で、 一般人が誤解を招かない為の広告表示を考えて欲しい。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


植物のプロから「植樹されます。」との説明文があれば、あなたは、どう思いますか?

①樹木として育てられる。

②材木として利用される。

上記の①と②、あなたは、どちらを想像しますか?

さて、植物のプロが「植樹されます。」と広告しながら、実は鉢植えに展示された後は、材木利用が目的とされる樹木イベント(期間限定イベント)があります。

それは、神戸開港150年記念「めざせ世界一のクリスマスツリー輝け命の樹」です。

主催者「そら植物園さん」は、ホームページの説明文に…

①「巨木をメリケンパークに立てるプロジェクト」

(巨木をメリケンパークに立てる。)

②「史上最大の樹木輸送プロジェクト」

(巨木を富山県から神戸まで移動し、植樹されます。)

と広告されています。

植物のプロとして、表現を「立てる」と「植樹」という言葉を明確に分けているところに着目しました。

私は、プロが「立てる」と「植樹される」という言葉をきちんと明確に区別をして表現されていることと、「植樹される。」と明記されていることから、ずっと、育てられるんだ~と思いました。

でも、実際は「めざせ世界一のクリスマスツリー」は、クリスマスが終了すれば、木を育てるのではなく、材木利用するという企画でした。

最初から、そのように広告されているのであれば、特に問題は無かったのですが、それを公表せずに「植樹されます。」という広告は、植物のプロとしては、「一般人に誤解を招く表現方法じゃないか?」と思いました。

そこで、主催者さんと神戸市などに「一般人が誤解を招く表現を改めて欲しい。」と訴えたところ、電話口では「分かりました。表記を改めます。」と仰って頂けました。

しかし、数日経過しても表示が改まりません。

そこで、私は根気強く「材木利用のイベントで、植樹という言葉を使い続ける危険性(一般人が誤解を招く危険性)の説明を繰り返しました。

又、私の主張の裏付けとして、国の機関や植木や森林などに関係のある植樹をされている各種協会さんに問い合わせたところ、全ての機関で「期間限定で、材木利用が前提では、鉢に植えたとしても、私達は植樹とは言いません。」との回答を得ました。

更に、「めざせ世界一のクリスマスツリー」として巨木を送った街(富山県氷見市)の方々にも確認したところ、氷見市民からは「主催者さんからは植樹と言われたので、最初は、遠く離れた神戸で植樹され育ててくれるんだ。」と思ったとの証言も得ました。

更には、神戸市民も、「植樹されるんだ。」「育てられるんだ。」と誤解されてる市民も多いのが現実です。

そして更には、そら植物園さんへの電話で、仕事として見積依頼をしてみました。それは「そら植物園さんでは、仕事で、私が私の樹木をどこかに移植して欲しいとの依頼を受ければ、どのような見積と計画書が出来ますか?」と仕事として見積依頼相談をしました。そして最後に、私から「そら植物園さんでは、仕事で、植樹を依頼されたら、神戸市メリケンパークで鉢植えに植樹したような作業を計画実施されますか?」との質問に、職員さんからは、「いいえ、そのようなことはしません。」との回答を得ました!

それらを説明すると、主催者(そら植物園さん)以外の、神戸市と神戸国際観光コンベンション協会さん並びに、神戸開港150年記念事業実行委員会さんらのHPからは直ちに「植樹されます。」という表現が削除され、新たに「そびえ立つ」という表現に改められました。

主催者(そら植物園さん)以外は!

尚、そら植物園さんは、次のような発言をされています。

「この1本の木を見て、植物について色んなことを考えて欲しい。」や「世界を変えたい」と仰っておられています。

ということで、そら植物園さんのイベントを通して、今後、業界で定義の作られていない「植樹」という言葉の業界広告における定義(一般人に誤解を招かないように)を定めて欲しい。

更には、「植樹」という表示に関して、一般人に誤解を招かないように、業界広告の表示における正しい方法を考えて欲しい。

生きているモノ(自然)を扱う業界として・・・

一般人に「植樹というから、育ててくれると思ったのに」と誤解を招かないために・・・

最後に、

この呼びかけの題目に「そら植物園さんと業界に」とありますが、宛先には、そら植物園さんしか表示しておりません。

その理由は、各種協会など植木関係のプロの人に聞くと、「業界内で、短期イベントで鉢植えに植えるだけなら、私達は『植樹』という言葉は使わない。」と言われたので、そら植物園さんだけが守って頂けたなら、それで解決されるという理由です。

微力ですが、小さなことではありますが、一人でも、誤解を招かないために、一本の樹でも、誤解から大切な命が無駄にならない為に・・・

 

 



今日:樹さんがあなたを信じています

植 樹さんは「info@from-sora.com: 植物のプロの皆様へ、「植樹」という言葉の定義作成と、一般人に誤解を招かない広告表示を求める。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!樹さんと68人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。