UNESCO, please don`t ignore your own official rule unjustly and assess our MoW nomination.

0 have signed. Let’s get to 100!


We 169 nominators consist of Japanese, American and English citizens are nominating historical documents testifying who was the birth father of Japanese Constitution`s article 9 providing renunciation of armed force and war for UNESCO`s memory of the world (MoW).

私たち日本、アメリカ、イギリスの市民からなる169人は、戦力及び戦争の放棄を定めた日本国憲法9条の生みの親が誰だったかを証する歴史的資料をユネスコ世界記憶遺産に登録申請しています。

 

In the email dated 6 August 2016 UNESCO officially stated about its ‘Memory of the World programme’ that “The current nomination 2016-2017 cycle is conducted under the existing General Guidelines and Register Companion.” and “It operates under strict and clearly defined rules and criteria.

2016年8月6日付のEメールの中で、世界記憶遺産事業について、ユネスコは「現在の2016―2017サイクルは現行のジェネラルガイドラインと登録の手引きに従って行われます。それは厳格に明文で定義されたルールと基準に基づいて運営されています」と公式に声明してきました。

 

On April this year, UNESCO let us know that it rejected assessing our nominating documents.

今年4月、ユネスコは私たちにあなたたちの登録申請資料は審査しませんと通告してきました。

 

It stated about the reason why it rejected assessing our nomination that “You submits this nomination with the intention to correct a historic ‘misunderstanding’ which may influence decisions by the present Japanese Government. The use of nominations to take a stand in current political discussions is explicitly not supported.” “Explicitly not support” meant “UNESCO reject assessing your nominating documents. We will shut the door.

その理由としてユネスコが書いてきたのは、「あなたたちは、現在の日本政府の決定に影響を与えるかもしれない歴史的な誤解の是正、を行おうという意図をもってこの登録申請を行いました。現在の政治的な議論に関する立場を公言するために登録申請を利用することは、明らかに支持されていません」というものでした。「明らかに支持されていません」の意味するところは「ユネスコはあなたたちが登録申請している資料を審査せず、門前払いします」ということです。

 

But, the rule that “the use of nominations to take a stand in current political discussions is explicitly not supported” is not strict and clearly defined in either the existing General Guidelines and Register Companion. UNESCO determined to reject assessing our nominating documents based on unofficial rule unjustly, in spite of saying officialy that “It(=‘Memory of the World programme’) operates under strict and clearly defined rules and criteria.”.

しかし, 「現在の政治的な議論に関する立場を公言するために登録申請を利用することは、明らかに支持されていません」というルールは、現行のジェネラルガイドラインと登録の手引きには、厳密な明文で記されてはいません。つまり、ユネスコは非公式なルールに基づいて私たちの登録申請文書の審査を不当に不公正に拒否したのです。「それ(=世界記憶遺産事業)は厳格に明文で定義されたルールと基準に基づいて運営されています」と言っているにもかかわらず。

 

Why UNESCO treat us so?

何故、ユネスコはそのような不当で不公正な扱いを私たちに対してするのでしょうか?

 

Last year and this year the Japanese government has delayed paying its share of UNESCO funding in an effort to prevent documents which is inconvenient to it, such as documents related to the comfort women, from being registered with UNESCO’s Memory of the World.

And our nominating documents which testify that Article 9 of Japanese Constitution providing renunciation of armed force and war was proposed not by General MacArthur but then Japanese prime minister Kijuro Shidehara are also inconvenient to the Japanese government. Japanese prime minister Shinzo Abe who want to remilitarize Japan is insisting that ”Article 9 should be revised in order to have armed forces again because it was proposed by not Japanese but General MacArthur and GHQ."

昨年及び去年、日本政府は、従軍慰安婦資料など、自分たちにとって不都合な資料がユネスコ世界記憶遺産に登録されるのを阻止するために、ユネスコへの分担金の支払いを遅らせています。そして、戦力不保持と戦争放棄を規定した日本国憲法9条がマッカーサー元帥ではなく当時の日本の幣原喜重郎総理大臣によって提案されたことを示す、私たちの登録申請資料は日本政府にとって不都合なものです。日本の安倍総理大臣は「憲法9条は、日本人ではなくマッカーサー元帥とGHQによって作られたので、軍隊を持つことができるように改憲すべきだ」と主張しています。

 

The amount of Japanese government`s share of UNESCO funding was 4400 million yen in last year and 3480 million yen in this year. Now the Japanese government is practically the world's number one funder to UNESCO. It pressured UNESCO by the power of money to prevent documents inconvenient to it from being registered.

日本政府のユネスコ分担金は、昨年は44億円で、今年は34億8千万円です。現在日本政府は実質的に世界でナンバーワンのユネスコへの資金提供者で、お金の力によってユネスコに圧力をかけて、自分に不都合な資料の世界記憶遺産登録を阻止しようとしています。

 

If not for the pressure, why UNESCO dear to ignore its own official rule unjustly to reject assessing our nominating documents? Does UNESCO really wish to ignore it?

その圧力なしに、どうしてユネスコはあえて自分たちの公式のルールを無視してまでして私たちの登録申請資料の審査を拒絶するでしょうか? ユネスコは本当に自分たちの公式のルールを無視することを望んでいるのでしょうか?

 

We repeatedly requested UNESCO to assess our nominating document based on its strict and clearly defined rule justly, but there has been no answer.

私たちはユネスコに「厳密に明文化されたルールに基づいて私たちの登録申請資料を正当に審査して下さい」と何度も申し入れましたが、回答はありません。

 

Citizens of the world, please convey together the opinion “UNESCO, please don`t ignore your own official rule unjustly and assess our nomination for your Memory of the World based on your official rule” to Director-General of UNESCO, Irina Bokova who will make final decision in early October,  in order to encourage UNESCO so that it can do the right thing.”

世界の市民のみなさん、ユネスコが正しいことをできるように促すため、「ユネスコよ、どうぞあなた自身の公式ルールを不当に無視しないで、私たちの世界記憶遺産への登録申請を審査して下さい」という意見を、どうぞご一緒に、10月初旬に最終決定を下すユネスコ事務局長イリナ・ボコヴァさんに届けて下さい。

 



Today: Jun is counting on you

Arai Jun needs your help with “i.bokova@unesco.org: UNESCO, please don`t ignore your own official rule unjustly and assess our MoW nomination.”. Join Jun and 16 supporters today.