このキャンペーンは終了しました

通訳案内士の業務独占廃止はやめてください

1,228人の賛同者が集まりました


現在、観光庁は、通訳案内士の業務独占廃止を含む観光立国推進基本計画を国会に提出する予定となっていますが、通訳案内士の業務独占が廃止されると以下のような問題が発生すると考えられますので、業務独占は廃止しないようにお願いします。

(1)通訳案内士の業務独占が廃止されると、誰でもが、通訳案内の仕事をすることができるようになり、通訳ガイドの質を保つことができなくなる。現在でも、多数の無資格ガイドが、外国人観光客を「ぼったくり免税店」などに連れて行き、怪しげな健康食品などを売り付け、免税店から多額のバックマージンを受け取って大きな社会問題となっている。

(2)現在、数千人の無資格ガイドが、日々、通訳案内士の仕事を奪って仕事をしている状況があり、多くの有資格通訳案内士は廃業に追い込まれる可能性がある。

●解決策

国は、業務独占廃止により、通訳ガイドを増やすのではなく、有資格通訳案内士を活用する方法をとるべきである。



今日:源一郎さんがあなたを信じています

植山 源一郎さんは「hqt-kankorikkoku@ml.mlit.go.jp: 通訳案内士の業務独占廃止はやめてください」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!源一郎さんと1,227人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。