YouTubeは炎上動画の対策を強化してください。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


現在のYouTubeでは注目を集めるために事件・事故・災害を嘲笑・揶揄したり、その被害者たちや病気の人、亡くなった人など他人を侮辱・誹謗中傷して再生数を稼ぐ炎上動画が横行しています。

このような行為は人権侵害にならないのでしょうか?

YouTubeに報告してもなかなか削除されず、あろうことか収益化さえ通れば広告収入が投稿者に入ってしまいます。

こんなことが許されていいのでしょうか?

再生数を稼ぐためとかネタなら何をしてもいいのでしょうか?

さらに問題なのは仮にアカウントが削除されても、またアカウントを作り直せば投稿できる上、審査に通ればまた収益化できるということです。

これでは何の意味もないのではないのでしょうか?

このまま放置すれば、大きな事件や事故・災害が起きるたびに首里城焼失の時ような不謹慎動画が繰り返されたり、マネをする人間が増えたりエスカレートするのは容易に想像できると思います。

そのため私はGoogle Japanに対し、炎上動画の対策の強化を求めます。

具体的には

1.事件・事故・災害を嘲笑・揶揄したり、その被害者や病気の人、亡くなった人など他人を侮辱・誹謗中傷する動画を早急に削除。

2.1のような悪質な動画を投稿し続けるユーザーのアカウントをサブアカウントも含め全て削除し、その上でアカウントを作り直しても投稿できないようにする。

 

以上の措置を求めたいと思います。

現在のペナルティである、収益化剥奪やすぐに作り直し可能なアカウント削除では不十分だと思います。

私としても、なんでもかんでも規制してと言っているわけではありません。

ただ、再生数を稼げれば何をしてもいいという状態を是正してほしいだけなのです。

他人を傷つける動画は決して表現の自由でもエンターテイメントでもありません。

心無い動画で傷つく人や不快な思いをする人を少しでも減らすため、どうかよろしくお願い致します。

1/13追記 ノーモア映画泥棒のパクリと批判されそうですが、ハッシュタグはこういうのでいいのでしょうか?

#ノーモア炎上動画