このキャンペーンは終了しました

フォーブス記事訂正と謝罪要求 Forbes! Correct the article, Apologize

614人の賛同者が集まりました


 

Mr. Eamonn Fingleton of Forbes wrote an article concerning to the civil suit on the Statue of Comfort Women erected last July 2013 in Glendale City CA USA. (Forbes 4/13/2014, under the title “‘Disgusting!,’ Cry Legal Experts: Is This The Lowest A Top U.S. Law Firm Has Ever Stooped?”  http://goo.gl/gojMNL) The principal point at issue of the suit does not exist in the verification of the historical truth on the comfort women system but in the competence of the municipal government. The USA Constitution prohibits the local governments to take side with any party at the international disputes. Glendale City takes side with Korea with the inscription on the monument next to the Statue. (https://www.youtube.com/watch?v=ZvQ_kdv5z00) Nobody can deny that the Comfort Women Issue is an international dispute principally between Japan and Korea. Nevertheless Mr. Fingleton didn’t mention this point of the suit and denies the controversial situation saying that,

“On the basis of 27 years of on-the-spot Japan-watching in Tokyo, I can report that Mayer Brown’s suggestion that the facts “remain an active topic of political debate” is sheerest sophistry. (1)There are no two sides to this issue and (2) no decent Japanese citizen I have ever met questions the validity of  the comfort women’s allegations. Anyone who does has a manipulative agenda and doesn’t believe a word he is saying.” (The numbers, (1) and (2) were added by the promoter of this campaign.)

The (1) is an absolute misunderstanding. The reasons why are;

1, Japanese Yomiuri Journal, having the largest subscribers in Japan, in an article on May 15, 2013, criticized Japanese Asahi Journal which diffused wrong information on the forcibility of prostitution at the war (comfort women) and fabricated articles on the comfort women issue that Women volunteer corps at the war was a forcible prostitution system for Japanese Imperial Army.

2, Oct. 16, 2013, Sankei journal scooped the report of interviews of 16 Korean former comfort women done in 1993 by Japanese government, which has not been open in public, based for Kono Statement and disclosed that there was no cross-examination in the interview and the allegations are contradictory in some aspects and incomplete.

3, More than 160,000 signatures ,during only two months, March and April in 2014, to demand to revise Kono Statement was submitted to the Japanese government.

 

4, More than 120,000 signature of the petition to the White House of USA to remove the Comfort Women Statue in Glendale City was collected during just one month.

The appearances of these articles and the considerable signatures indicate that half of the Japanese nation at least doubt the validity of the allegations and that the situation is nationally and internationally quite disputable.Then, Mr. Fingleton suggested his opinion that people who doubt the validity of the testimonies are not “decent” (2). He means that half of the Japanese nation at least is not decent. This is a discriminative prejudice.

Furthermore his article might intervene to the freedom of contract between clients and lawyers, and violate the independence of Justice.

So, we strongly demand correction of the article and apology.

Refusal or non- response amounts to self-acknowledgement that Forbes is a third-class journal. 

フォーブスの記者イーモン・フィングルトン氏は、昨年6月米国カリフォルニアのグレンデール市に設置された慰安婦像の訴訟についての記事を書きました。(Forbes 4/13/2014, under the title “‘Disgusting!,’ Cry Legal Experts: Is This The Lowest A Top U.S. Law Firm Has Ever Stooped?”  http://goo.gl/gojMNL) この訴訟は、歴史の真実がどうであるのかということについて争うものではなく、地方政府に慰安婦像設置を許可する権限があるのかどうかというのが主な争点になっています。というのは、米国憲法は国際的紛争になっている案件に関しては地方政府が関与することを禁止しているのですが、正に国際的争点になっている内容そのものが慰安婦像の脇に設置されたモニュメントに書かれており、これはグレンデール市が一方の当事国の主張(韓国)に同意加担していることを意味しているからです。(テキサスおやじ動画https://www.youtube.com/watch?v=ZvQ_kdv5z00)

慰安婦問題が日本と主に韓国との間で争点となっていることは周知の事実です。しかしフィングルトン氏はこのことについて何ら言及しないばかりか、慰安婦問題が争点となっていることを否定さえし次のように言っています。

“私は27年間東京にいたので、日本側弁護を請け負ったメイヤーブラウン法律会社が「日本ではこの慰安婦問題は依然アクティブな時事問題となっている」と言っているが、これはうそだとわかる。(1)この問題について日本の世論は分かれていない。(2)私が知っている穏健で良識的な人はすべて慰安婦証言の有効性を否定していない” (注:(1)と(2)は本署名活動発信者が附記)

この記事内容(1)は全くの事実誤認です。なぜなら、

1、日本で最大購読者数を持つ読売新聞は2013年5月15日付け記事で、朝日新聞の慰安婦強制についての誤情報と女子挺身隊捏造記事を非難した。

2、産経新聞は、未だに公開されておらす、河野談話のもとになっている、1993年に日本政府が実施した16人の韓国元慰安婦聞き取り報告書を、2013年10月16日にスクープし、この調査が裏付けをまったくとっておらず、ずさんで不完全なものであったことを報じた。 

3、本年4月と5月のたった2か月間で、16万以上の河野談話見直し署名が集まり政府に提出された。 

4、ホワイトハウス宛てグレンデール市慰安婦像撤去請願がたった1か月で12万以上の署名を集めた。 

このような記事が報じられたことや、多くの署名がなされたことは、少なくとも日本国民の半分は慰安婦証言に疑問を持っていること、慰安婦問題が内外において大きな争点となっていることを意味しています。

フィングルトン氏は、慰安婦の証言を信じない人は“穏健で良識的”でないという趣旨の表明をしていますが(2)、これは日本国民の少なくとも半分は穏健で良識的ではないと言っていることになります。 

更に、彼の今回の記事は、私的契約の自由を妨害するものであり、司法の独立を侵している危険性さえあります。

したがって私たちは記事の訂正と謝罪を強く要求いたします。 

もし訂正も謝罪もなく、返事もないということになれば、それはフォーブス自ら三流紙であることを認めたことになるでしょう。

 



今日:捏造慰安婦問題草の根会さんがあなたを必要としています

捏造慰安婦問題草の根会さんは「Forbes headquarter, Mr.Eamonn Fingleton: フォーブス記事訂正と謝罪要求 Forbes! Correct the article, Apologize」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!捏造慰安婦問題草の根会さんと613人の賛同者と一緒に賛同しましょう。